Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「関西オープン2013」

先週は関西オープンに取材に行って来ました。


酷暑の中、練習ラウンドから熱中症でリタイヤをする選手やキャディさんが続出したかと思えば、最終日は記録的な豪雨の為に中止となりました。


3日目が終わってトップに立っていた、オーストラリア出身39歳のブラッド・ケネディがそのまま優勝。昨年のミズノオープン以来の日本ツアー2勝目です。6週間の夏休みはほとんど練習もせずに家族とバカンス三昧だったそうですが、ブランクも何のその。ショットもパターも冴えわたっていました。




1打差の単独2位に付け初優勝が掛っていたS.J.パク(パク・ソンジュン)プロや、2打差の単独3位に付け復活優勝が期待された矢野東プロは豪雨でもやりたかったでしょうが、優勝は次週以降にお預けです。






9位タイで“中部銀次郎杯(ローウエストアマチュア賞)”に輝いたのは大阪学院大学4年生21歳の大堀裕次郎選手。2日目が終わって単独首位に立ち、松山英樹に次ぐアマチュアVも期待されました。



182センチの長身から生み出される切れの良いスイングと飛距離が魅力です。勿論QTを受験予定だそうで、来年はプロとしての活躍を楽しみにしています。


夏の試合がめっきり少なくなり、今シーズンは6週も空きました。ゴルフがない週末はやっぱり寂しいです・・・。いよいよ後半戦スタートです!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年08月28日(水) | コメント (0)

「桧山選手にご協力頂きました!」

今週末、24日(土)25日(日)は24時間テレビです。


放送に先駆け、今年も阪神タイガースの背番号“24”、桧山進次郎選手から24時間テレビにご協力頂きました。






桧山選手は、毎年の24時間テレビへの寄付だけでなく、年間を通じて様々なチャリティー活動をされています。中々継続して出来ることではありません。本当に尊敬します・・・。


桧山選手が“未来に残したい種”は何か?放送の中で話して下さっています。


その模様は25日(日曜日)の11時27分~12時27分の昼枠にて放送予定です。是非ご覧下さい。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年08月22日(木) | コメント (0)

「韓国ゴルフツアーへ」

韓国のゴルフ事情を覗きに、韓国南端の木浦(モッポ)近郊、パインビーチGLで行われた“ソラシド・パインビーチオープン”にKTX(韓国の新幹線)に乗って行ってきました。





(韓国モッポ駅にて)


会場のパインビーチコースは海沿いのリンクスコース。「韓国で一番綺麗なコースです。」とキム・ドフンに聞いていた通り、選手がプレーする横をのんびりとクルーザーが行ったり来たりとリゾート感溢れる風光明媚なコースでした。大人気ドラマ”シークレット・ガーデン“のゴルフシーンの撮影でも使われたそうです。





(セカンドショットを放つキム・ヒョンソン)

試合中、クルーザーから大音量の韓国演歌が流れてきて選手が仕切り直しする場面も。それでも選手は怒りもせず、クルーザーが通過するのを笑って待っていました。


ちなみに韓国ツアーではよほど大きい大会ではない限り、本戦でも写真撮影OKで、入場料も一切無し。一般のギャラリーもクラブハウスに自由に出入り出来ます。コース内の売店などでは、選手とギャラリーが一緒に休憩して和気あいあいのムード。試合中でもギャラリーが選手にサインを求めています。





(ホールアウトしたキム・ヒョンソンと)


韓国でのゴルフツアーの観戦はこれで3試合目となりますが、どの試合も趣が異なり、行くたびに色々な発見があります。以前このブログでも書きましたが、4年前に韓国で一番大きい大会となる“韓国オープン”に行った時は、石川遼やローリー・マキロイなども招待選手として出場していて、緊張感も少しは漂っていたのですが、それでも日本ツアーや欧米のツアーに比べると、ざっくばらんな印象です。


韓国のコースはフェアウェーの芝生の丈が日本より長いので、日本ツアーの綺麗に整備されたコースセッティングに慣れている韓国選手には、母国の試合といえども違和感があるそうです。


勝ったのは韓国プロゴルファー界NO1イケメン!!のホン・スンサン。トータル19アンダーでの見事な優勝でした。





(優勝したホン・スンサン)


このブログでもお馴染みのキム・ヒョンソンが、勝ったスンサンに「いや~、顔も良くて、体格も良くて、運動神経も良くて、ゴルフも上手くて、お金も稼いで・・・。羨ましいよ。おめでとう!!」と言っていました。私から見たら、スンサンに負けないぐらい色々な面で恵まれているヒョンソンも羨む程の選手なのです。


ホン・スンサンは今年、日本ツアーのQTにチャンレンジする予定とのこと。日本ツアーに参戦すれば人気・実力ともにブレークも間違いなしでしょう。楽しみに待っています。


試合が終わって、ヒョンソンの運転する車でソウルまで約5時間のドライブ。途中のドライブインで名物のクルミ饅頭や栗、軽く炙ったたたみいわし?のような物などを買って食べ、K−POP最新チャートを聞きながらあっという間の5時間でした。


猛暑の中での試合を終えてクタクタのはずなのに、「小澤さんは私の家族ですから」と色々と世話をしてくれたヒョンソンに感謝です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年08月18日(日) | コメント (0)

アナウンサー