Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「大阪マラソン“みんなでかける虹”」

日曜日、第2回大阪マラソンが開催されました。


大会前日の記者会見、特に車いすランナー達のレースに掛ける思いは一方ならぬ物でした。自分のコンディションや、どういうレース展開をしたいのかなどを明確に語り、言葉の端々から「車いすレースをもっと普及させたい」という熱意もひしひしと伝わってきました。





(車イスランナーの皆さん)


私はトップランナーのゴール実況を担当。トップランナーの優勝は男子がモンゴルのセルオド・バトオチル選手(31歳)。2時間11分54秒の大会新記録で初優勝を飾りました。20キロから独走状態で他を寄せ付けない完全優勝でした。日本人選手は中村泰之選手(27歳)が2時間15分39秒で2位に入り、北京五輪マラソン代表の佐藤敦之選手34歳が3位に入りました。





(トップランナーの皆さん)


女子はルーマニアのリディア・シモン選手(39歳)が優勝。2時間33分14秒で大会2連覇です。日本人選手は猪野祐貴選手(20歳)が2時間43分26秒で3位に入りました。


車いすランナーの部の男子は、ロンドンパラリンピック代表の山本浩之選手(46歳)が1時間28分16秒で優勝し、女子は土田和歌子選手(38歳)が大会新記録の1時間53分47秒で優勝しました。





(記者会見にのぞんだランナーの皆さん)


そして、気になるす・またん代表ランナー・吉田奈央アナウンサーの結果は先日のす・またんでもたっぷりとお伝えしましたが、6時間16分25秒のタイムで見事完走!


スポーツ経験が全く無いとは言え、人一倍の負けず嫌いですから、きっと完走してくれるだろうとは思っていましたが、ゴールまで一度も歩かずに想像以上の頑張りを見せてくれました。


中継後、中継アナウンサー有志で打ち上げをしました。





高校サッカー、阪神巨人OB戦、大阪マラソンとスポーツ中継が続き、伴走リポートしたアナウンサーもいて疲労の色は隠せませんでしたが、楽しい打ち上げとなりました。


3万人のランナー、沿道からランナーを励まし続けた119万人、沢山のボランティアやスタッフなど、この大会に関わった全員が力を合わせ、大阪の街に素晴らしい虹をかけました!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月29日(木) | コメント (0)

「大エルミタージュ美術館展&京都紅葉」

現在京都市美術館で好評開催中の“大エルミタージュ美術館“にやっと行って来ました!




16世紀の初期ルネサンスから始まり、17世紀のバロック様式、18世紀のロココ様式、19世紀のロマン派&ポスト印象派、20世紀初頭のマティス、ピカソを中心としたアヴァンギャルドの時代まで、約400年に渡る西欧の83作家の名画が計89点展示されており、見応えも十分でした。

ルーベンス、レンブラント、モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなど誰もが知っている巨匠達の、常設展示されている作品が一度に国外に貸し出されるのは異例だとか。


中でも印象に残ったのはレンブラントの老婦人の肖像画、大好きなモネの霧のウォータールー橋、そして、マティスの最高傑作と言われる“赤い部屋(赤のハーモニー)”です。

当初この“赤のハーモニー“は”青のハーモニー“として青色を背景に描かれたのですが、完成後何か釈然としなかったマティス本人が急遽青の上から赤に塗り変えたというエピソードがあります。


作品には所々青のハーモニーの痕跡が残っています。絵の前に立ちこの絵が青のハーモニーのままだったら・・・と想像してみようとしましたがイメージが沸きませんでした。同じ構図でもテーマカラーが変われば全くの別物ですよね。

赤い部屋(赤のハーモニ)の公開は京都では30年ぶりだそうで(名古屋には20年前に来た事があるそうです)、絵の前には人だかりが出来ていました。いつかサンクトペテルブルグのエルミタージ美術館にも行ってみたいです。

ちょうど京都では紅葉が見頃を迎えており、美術館前の紅葉も真っ赤に
色づいていました。



紅葉の赤のハーモニーも存分に堪能して来ました。







日も暮れ体も冷えたので、湯豆腐を食べて帰りました。今回は豆乳とにがりから自分で作って食べるコースを選択。出来たてのお豆腐は大豆の味が濃厚で甘くてぷるぷるでとても美味しかったです。






身も心も温まりました。


大エルミタージュ美術館展は12月6日(木)まで京都市美術館で開催中です!初冬の京都へ是非お出掛け下さい。


さて、明日はいよいよ大阪マラソンです。私はトップランナーのゴール実況を担当します。久しぶりのマラソン実況です。読売テレビでは9:55~11:25まで生放送!す・またん代表ランナーの吉田アナは無事完走できるのでしょうか!?乞うご期待!!吉田アナのゴールは生放送ではお伝えできませんが・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月24日(土) | コメント (0)

「阪神X巨人OB戦復活!」

快晴の日曜日、12年ぶりに開催された阪神X巨人OB戦。錚々たる顔ぶれが甲子園に集い、私も含め野球ファンにとっては夢の様な一日となりました。私はこの記念すべき伝統の一戦で実況を担当。


何が凄いって出場された全員がスター選手なんです!!


阪神OBチームの監督は我らが川藤幸三さん。対する巨人OBチームの監督は王貞治さん。とにかく王さんがいらっしゃるだけでもその場の空気が引き締まります。


阪神の先発は現役時代通算320勝の小山正明さん(現在78歳)で計12人の豪華投手リレー。巨人の先発は現役通算400勝の金田正一さん(現在79歳)で計10人の豪華投手リレー。


その他にも両チームの歴代監督の藤田平さんや中村勝広さん、堀内恒夫さん、現監督の和田豊さん、原辰徳さん、阪神OBは江夏豊さん、掛布雅之さん、田淵幸一さん、金本知憲さん、巨人OBは江川卓さん、槙原寛己さん、斎藤雅樹さんなどなど・・・往年のスター選手から現役生活が記憶に新しいスター選手まで。


選手は投手野手共に、何度でも何人でも交代OKというシステム。4万4千人の大観衆を前に、沢山の名対決、素晴らしいシーンが繰り広げられました。


江夏豊VS王貞治、江夏豊VS清原和博、江川卓VS掛布雅之、江川卓VS金本知憲、藪恵壹VS清原和博といった夢の対決が毎打席続きます。藪さんは何と140キロ出ていました!


現監督も大活躍です。原辰徳・現巨人監督の守備とバッティングは健在!真弓明信・前阪神監督のバッティング、和田豊現監督の守備もお見事でした。阪神ファンには堪らないジェフ・ウィリアムスと矢野燿大さんのバッテリーの復活にも歓声が上がりました。


一番のびっくりはスポーツニュースや新聞でも沢山取り上げられていましたが、金本さんが何と・・・!!


イニング間にはスペシャルゲストの亀梨和也さんと上田晋也さんも登場!亀梨さんはピッチャーとして金本選手と対戦。上田さんはバッターとして江川さんと対戦。会場も更に盛り上がりました。その結果は来週日曜深夜のGOING!でお楽しみ下さい。


本当に実況している私もワクワクする様な楽しい試合でした。解説の赤星憲広さんも偉大なる先輩を前にして緊張の様子。「小澤さん、僕の手を触って見て下さい!」と言われて手を触ると、びっしょりと汗をかいていました。


私もこれまでスポーツアナウンサーとして21年実況を続けてきましたが、中継を終えて純粋に「楽しかった!」と思えたのは初めてです。


これまで中継を終えた後は、「もっとこうすれば良かった」「あそこの言葉選びは正しかったのか?」など課題や反省点ばかりが先に浮かんでしまい、どれだけ素晴らしい試合に巡り合った時でも、実況を終えた直後に楽しい気持ちになれたことは一度もなかったのです。


勿論今回も反省点はあるのですが、出場された皆さんのとてつもない存在感、色あせない輝きに圧倒され、何よりそんな野球を愛してやまないスター選手達全員が、心から楽しみながら真剣勝負で戦う姿を前に、私の自省など取るに足らないものだと思えました。


次は12年後と言わず、是非毎年でも続けて行って欲しいです。


一つこれ以上の贅沢を言わせてもらえるならば、この場に長嶋茂雄さんがいらっしゃったならばなぁ・・・と。


野球好きの方は勿論、そうでない方もお楽しみ頂ける、伝統の一戦という名に相応しい素晴らしい試合でした。この試合の模様は12月29日(土)15時50分~読売テレビの関西ローカルでお伝えする予定です。是非お見逃しなく!!


尚、この試合のチケットや選手着用ユニフォームのチャリティオークションの収益金を、主催の阪神タイガース、読売テレビ、並びに両OB会より東日本大震災復興支援として寄付する予定です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月21日(水) | コメント (0)

「高校サッカー近畿代表決定!」

先週末はスポーツの話題が盛りだくさん。


まず土曜日、激しい雨の中高校サッカー大阪大会の決勝と奈良大会の決勝が行われました。総勢8人のアナウンサーで、2地区に分かれての中継となりました。私は奈良大会で、立田アナの実況のサポート係。


奈良大会のカードは奈良育英VS香芝。最後まで接戦が続き、延長戦の末、香芝が2−1で奈良育英を破って2年ぶり2回目の決勝進出を決めました。


両チームの選手はもちろん、応援席の生徒達もずぶ濡れになりながら最後の最後まで途切れることのない声援を送っていました。勝者と敗者は決まっても、どちらも素晴らしいチームでした。香芝の全国大会での躍進に期待しています!


大阪大会は東海大仰星と昨年の覇者・近大附属の対戦でしたが、東海大仰星が1点を死守し執念の勝利!8年ぶり4回目の全国大会進出を決めました。久々の全国の舞台で思う存分暴れて下さい!


その他の近畿勢は・・・
兵庫県代表は滝川第二が神戸弘陵を4−1で破り2年ぶり17回目、
京都府代表は京都橘が東山を3−2で破り4年ぶり2回目、
滋賀県代表は野洲が綾羽を2−1で破り2年ぶり8回目、
和歌山県代表は和歌山北が初芝橋本を3−1で破り7年ぶり9回目の全国大会出場を決めています。


ここ数年、近畿勢のチームは全国大会で素晴らしい活躍を見せています。今大会も必ず近畿のチームからベスト4・国立競技場に勝ち上がるチームが出てくることでしょう。


全国大会の組み合わせ抽選会は早速今日、日本テレビで行われます。私もこれから東京に向かいます!


そして日曜日、前日の荒天とは打って変わっての快晴の下、12年ぶりに阪神X巨人のOB戦が開催されました。この記念すべき伝統の一戦で私は実況を担当しました。


この模様は次回に・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月19日(月) | コメント (0)

「北海道物産展へ」

デパートで北海道展をやっていると聞くと、じっとしていられない私。


昨日のす・またんでもお伝えしましたが、放送中に食べたい物に目星を付けておき、会社帰りに寄って来ました。


海鮮丼からスイーツまで色々と買いました。

こりこりの蝦夷あわびがメインの海鮮丼。



濃厚な甘味のぼたん海老がメインの海鮮丼。


メイン以外にもいくら、かに、ほたて、サーモン、うになどなど・・・


盛りだくさん!正に海の宝石箱や~。


そしてぷりぷりのいか飯に肉厚な王様しいたけが乗ったしゅうまい。



スイーツは糖度25度というくりりんかぼちゃで作ったチーズケーキにマフィンです。



北海道展に行くとついつい財布の紐が緩みます。


気も緩んで、尿酸値高めなのも昨日は忘れました・・・。(忘れたふり!?)

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月15日(木) | コメント (0)

「遼プロ10勝目&ボミプロ2勝目」

石川遼プロが三井住友VISA太平洋マスターズで2年ぶりの10勝目を挙げました。史上最年少、21歳1カ月24日での10勝目です。


勝てなかった2年間は苦しかったと思います。私が見てもドライバーからパターまで試行錯誤、スイングを度々変えているのに気付いたぐらいですから。本人の中ではジレンマがあったはずです。


今季の開幕戦の東建の時に、堪らず石川プロに声を掛けました。ショットの際の両ヒザの使い方が明らかにタイガー・ウッズを意識した動かし方になっていたので、「インパクトでタイガーのスイングを意識した動きを取り入れている?」と私が尋ねると、石川プロは「そう見えますか!?」と驚いた表情を浮かべながら「そう見てもらえるなら、僕のスイングは良い方向に向かっています!!」と、その時は明るい表情を浮かべていましたが・・・。


この10勝目は本人にとってもこれまでとは意識がまるで違うでしょう。アメリカツアーでの戦い方を念頭に置いて、常に高みを目指し挑戦し続けてきた結果の優勝。今までの9勝とは見ている我々にも伝わるものが違いました。


最終18番ホールのティーショットをどの球筋で放ってくるのか、大変興味がありましたが、2オン狙いを楽にする飛距離が出るドローボールでのショットではなく、さほど飛距離を落とさずにフェアウェーをピンポイントで狙う球筋を選択しました。恐らくこのボールが来季アメリカで戦う際に頻繁に必要になってきます。勝負どころの局面でこの一打を放てたのは大きな手応えになったはずです。勿論2オンに成功したセカンドショットもお見事でした!


アテスト会場に向かう途中で、それまでは気丈に振舞っていた石川プロが、ジュニア時代からサポートしているヨネックスの宇野さんと抱き合って涙する石川プロを見て、私もうるうるしました。


ヨネックスがプロとしての石川遼と正式に契約してから、宇野さんは趣味のサーフィンも封印してプライベートもなく1年中帯同しています。マネージャーの板谷さんにしても同じ、全力でサポートしています。石川プロがまだプロになる前、宇野さんと一緒に飲みながら馬鹿話しをしていたのを思い出します。今では宇野さんにそんな時間はありませんが。


10勝目を祝うかのように、アメリカツアーのシード権が確定したという朗報も入ってきました。石川プロが日本ツアーを離れるのは寂しい気もしますが、世界の舞台で更なる活躍を期待したいと思います。


ベストアマは勿論、アマチュアとして大会連覇を狙った、石川プロと同級生の松山英樹選手。連覇は叶いませんでしたが、相変わらず柔軟性のある素晴らしいゴルフでした。彼もまた、必ず世界の舞台に進むであろう逸材です。


今年のソニーオープンでは二人からサインを貰いました。もう一人のサインは一足早くアメリカツアーで頑張っている二人の同級生、韓国のノ・スンヨルのサインです。



そして女子はこのブログにも度々登場しているイ・ボミプロが伊藤園レディースで2勝目を挙げました。終始安定したショットで、土壇場の18番でトップの有村智恵プロに追い付いたかと思うと、プレーオフ1ホール目で難なく逆転優勝を決めました。


アメリカツアーとの共同開催であった先週のミズノクラシックでは、最終日にパッティングが冴えず惜しくも優勝を逃してしまいましたが、この大会ではそのパッティングにも安定感があり、24歳とは思えない貫禄すら感じました。


本当に努力家で人一倍の根性の持ち主。わざわざ私に韓国から海苔をお土産で買って来てくれたり、心遣いも抜群です。ファンもとても大切にしていて、声援にも一つ一つ丁寧に笑顔で応えています。人気の理由はそんなところにもあります。


野球好きのボミプロとはオリックスの応援にも行きました。



この若い二人から真の強さを感じました。本当におめでとうございます!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月12日(月) | コメント (0)

「正倉院展へ」

紅葉が色づき始めた奈良へ正倉院展を観に行って来ました。




奈良時代の宝庫“正倉院”に納められている宝物の一部が、年に一度の点検期間を利用して、毎年この時期に一般公開されます。




絢爛な宝物を前に、天平文化の栄華を感じずにはいられませんでした。
特に18年ぶりの公開となるコバルトブルーのさかずき“瑠璃杯”が一番人気でした。


鑑賞後、近くの東大寺にも行って来ました。沢山の観光客や修学旅行生、鹿で賑わっていました。




奈良小旅行の締めくくりは吉野本葛で作った葛ぜんざいと葛切りです。







大エルミタージュ館展も京都で大好評開催中ですし、特別展「北斎」も大阪で始まりました。こちらも早く行かないと!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年11月05日(月) | コメント (0)

アナウンサー