Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「ヒョンソン祝勝コンペ!」

先日キム・ヒョンソン(金亨成)プロの初優勝を祝い、11人のプロと約240人のお客さんが集まって盛大なゴルフコンペが開催されました。





(キム・ヒョンソン選手と)
*この記事の写真掲載にあたっては、ご本人の承諾を得ています

私もこれまで数々のゴルフコンペに参加してきましたが、こんな大きな規模のコンペは初めてです。これだけの人が集まったのもひとえに主役のヒョンソンと、会を主催されたヒョンソンの所属先の福住運輸・勘定社長の人柄と人望だと思います。


ラウンド後は祝賀パーティー。ABCで初優勝を飾ったヒョンソンの兄貴分のハン・リーも一緒にお祝いしました。





(左から、キム・ヒョンソン選手、小澤、ハン・リー選手)


ヒョンソンは普段、日本語をまったく問題なく話すことが出来ます。それどころか、ツアー会場ではウィットに富んだ日本語で日本人選手達を笑わせているほどのエンターテイナーです。


そんなヒョンソンもこの日ばかりは緊張している様子がうかがえました。「私は日本語下手なのですみません・・・」と前置きした上で、I・J・ジャンと相談しながら、メモ用紙に日本語での挨拶をまとめ、それを見ながらのスピーチとなりました。


「日本ツアーに参戦して4年目、皆さんの応援があって初優勝できました。ホントにありがとうございます。これからもどうぞ応援よろしくお願いします。」


ハン・リーは韓国生まれのアメリカ育ちですので、挨拶は英語。通訳は用具サポートをしているスリクソンの藤本さん。


「初優勝は本当に嬉しいです。来日5年目ですが、結果が出ない時も支えてくれた皆さんのおかげで優勝できました。これからも応援してください。ありがとうございました。」とそれぞれ集まった人達に感謝の気持ちを話しました。


私も昨年キャディとしてヒョンソンと一緒に味わった悔しさを思い出しながら、この日を迎えられたことが本当に嬉しくて、泣きそうになりました。ヒョンソンは全く泣いていないのに・・・。


ヒョンソンを始めこのコンペに出場した何人かの韓国人プロ達が、来年のアメリカツアーの出場権を賭けて今週からQTを受けに渡米します。受かればこれっきり日本ツアーは最後というプロもいます。


正直寂しいですが、夢に向かって次のステージで頑張りたいというプロ達を心から応援したいと思います。みんな、頑張れ!!


でも日本にまた帰って来ても温かく迎えるから!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月30日(火) | コメント (0)

「大阪高槻、大金星!」

週末、なでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻VS浦和レッズレディースの一戦を実況しました。


これまで女子サッカーは、なでしこジャパンとアメリカ代表の試合を実況したことはありましたが、なでしこリーグの実況は初めてとなりました。


試合はリーグ9位の高槻が、リーグ4位の浦和に2−0の快勝!


キャプテンの奥田亜希子選手が「これまで浦和に勝った記憶が無い」と言うくらい、格上相手の大金星です。


シュート数は高槻が4本、浦和が14本と攻撃力には歴然とした差がありましたが、立ちあがり10分間でFWの丸山桂里奈選手と島村裕子選手がチャンスにしっかりと得点を決め、後はGKの鈴木理紗選手を中心に浦和から放たれた14本のシュートを見事に守り切り、無失点に抑えました。これで高槻の順位も8位と一つ上がりました。


試合前、大阪高槻の本並監督は「無失点の時間を長く作り、後半に必ずくるワンチャンスを活かせれば」と話していましたが、選手達は試合開始早々から浦和を圧倒する攻撃を仕掛けました。2点リードを取った後の80分間の粘りは、大阪高槻のチームの成長を感じさせてくれました。お見事です!


スペランツァとはイタリア語で「希望」の意味。9月から元日本代表&ガンバ大阪GKの本並健治さんを監督に迎え心機一転、士気も高まっています。チームにとって未来への希望が膨らむ素晴らしい試合だったのではないでしょうか。実況をしている私もとても清々しい気持ちになりました。




(写真掲載にあたってはご本人の承諾を得ています)


解説は元なでしこジャパンの高倉麻子さん。引退後もコーチや解説者として女子サッカーの発展に努めていらっしゃいます。アトランタオリンピックでは私の妹がチームメイトとしてお世話になっていた様です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月22日(月) | コメント (0)

「ケンケン、日本一おめでとう!」

明治大学ゴルフ部後輩の久保谷健一プロが、日本ツアーNO1を決める“日本オープンゴルフ選手権”を制しました!!


昨年の同大会ではペ・サンムンにプレーオフで敗れたのですが、一年越しのリベンジです。メジャーとしては02年の日本プロ以来の2勝目、通算6勝目です。


久保谷プロは私が4年生の時の1年生。団体戦ではチームメイトとして一緒に戦っていた仲間です。1年生の時からレギュラーとしてチームの勝利に貢献していました。試合や合宿の時は家が近かった久保谷プロが私の送り迎えをしてくれたものです。


今シーズンは波に乗れず、予選落ちが続いていましたが、見事6打差をひっくり返してのこのビックタイトル。思うようなプレーが出来ない中でも辛抱強く耐えて自分のゴルフを貫いた結果だと思います。ぼやきながらも意志はとても強いですから。


一時、腰痛で日常生活もままならないよう状態の中でも欠場することなく戦い続けていました。痛みでクラブを強く振ることが出来ず、ただボールにクラブをぶつけているだけというスイングで、「少し休めばいいのに・・・」とこちらが心配してしまう程。


そう言えば、先日引退をした阪神・金本選手も骨折してもバットを振り続けていました。本当に強い選手は、自分の闘いの場から簡単には離れられないんですね。


久保谷本人は「僕がこんな(棚ぼたの)優勝をしちゃまずい」と謙遜していますが、彼の人一倍の根性、努力を考えるとこの優勝も必然の結果です。


日本ツアーで戦うプロにとって、日本オープンチャンピオンというのは誰もが目標とする憧れのタイトルです。


同じく明大ゴルフ部同期の深堀圭一郎プロも2003年にこの日本オープンを制していますし、学生時代のチームメイトから日本一のタイトルホルダーが二人も出たのは本当に誇らしいですし、勇気づけられます。


是非薗田峻輔プロ、櫻井勝之プロにも偉大な先輩の後に続いてもらいたいものです。


オフのOB会も楽しみです。ケンケン、本当におめでとう!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月17日(水) | コメント (0)

「第25回循環器病チャリティーゴルフ」

絶好のゴルフ日和となった秋晴れの週末、循環器病撲滅への支援を目的とした“循環器病チャリティーゴルフ大会”が開催されました。


ゴルフをしながら、困っている方のお役に立てるなんて、こんな素晴らしい試みはありません。




この大会は今年25回目を迎え、読売テレビでは毎年大会の模様を循環器病についての概要や予防法を交えながら放送しています。


私も入社1年目からこの大会に携わり、今年で21年目の参加となりました。杉原輝雄さんの解説で番組の進行を担当させていただき、杉原さんとの共演は毎年この時期の楽しみでもありました。


ご自身も長年ご病気を患っていらっしゃったので、大会の趣旨に賛同されご協力を頂いていました。杉原さんとご一緒出来なくなったのは残念でなりませんが、これからも杉原さんの遺志をしっかり伝えて行きたいと思います。


依然として、脳卒中や心臓病に代表される循環器病はガンと並び日本人の死因のトップにあげられていて、予防法の啓発や治療法の研究への一層の取り組みが求められています。


視聴者の皆さんが、少しでも循環器病について考えて頂けたら幸いです。


11月18日(日)の深夜に読売テレビで放送の予定です。是非ご覧下さい。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月14日(日) | コメント (0)

「真珠の耳飾りの少女に再会!」

昨年この少女に会う為に、パリから高速国際列車のタリスを乗り継いでオランダのマウリッツハイス美術館へ行きました。




(現在は改修工事で閉鎖中)


貴族の邸宅を改装したこじんまりとした美術館ですが、現在、疑問作も含め30数点しか残っていないと言われているフェルメールの作品の内でも代表作の真珠の耳飾りの少女、デフルトの眺望などが展示されており、その他ルーベンスやレンブラントの名作もあって、とても満喫出来ました。


少女がいる小さな部屋には他に人はおらず(警備員もいませんでした!)、欧米の美術館には絵の前に柵などもあまりありませんので、少女の顔から10センチ程の距離で凝視したり、絵の前の椅子に暫く腰掛けて眺めたりして“北のモナリザ”とも呼ばれるこの少女をゆっくりと堪能しました。


何かをこちらに投げかけてくる様な深い眼差しです。


美術館のエントランスには少女のレプリカの絵と、「来年私は日本へ行きます。皆さんの気持ちを日本へ届けましょう。」というメッセージと共に東日本大震災への義援金の募金箱が置いてありました。9000キロ以上離れたオランダの地でも、日本の力になろうという気持ちに感激しました。




(エントランスのレプリカ写真です)


その少女が約束通り日本にやって来ました。しかも神戸に。こんなに早く地元で再会出来るとは!!厳重な警備と人の多さで、今回は少女とゆっくり語り合うことは出来ませんでしたが、一方的に親近感を覚えました。


さて、いよいよ明日10日から大エルミタージュ美術館展が京都市美術館で開催されます。エルミタージュ美術館と言えば、パリのルーヴル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並ぶ世界三大美術館のひとつです!こちらも本当に楽しみです。


芸術の秋です!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月09日(火) | コメント (0)

「あの韓流スターに遭遇!」

阪神退団後に韓国の斗山(トゥサン)ベアーズでピッチングコーチをされている、阪神OBの久保康生さんを訪ねて蚕室(チャムシル)野球場へ行って来ました。





久保さんのご厚意により、試合中にも関わらずブルペンで投球練習を見学し、関係者席でLGツインズとの試合を観戦させて頂いたのですが、何と!隣のテーブル席に韓流スターのチ・ジニさんが座っていらっしゃるではないですか!!


すかさずご挨拶させてもらうと、持っていらっしゃったスイカを「どうぞ」とお裾分けして下さいました。試合の間中隣の席にいらっしゃいましたが、ご自身も野球チームに所属されていて本当に野球がお好きなご様子。


かっこいいだけでなくとても気さくな方で、今まで以上にファンになりました。


同じ日に球場近くで行われていた映画“トドゥクドゥル”(訳して“泥棒たち”)のレッドカーペットイベントにも行って来ました。





この映画は10人の泥棒たちが香港のカジノに隠されたダイヤモンドを狙って奮闘するアクション映画。最初から最後までハラハラドキドキの展開で、言葉がほとんど分からなくても面白かったです。キャストの顔ぶれも豪華でスター俳優達が勢揃い。


韓国版・オーシャンズ11と言われ、現在1302万人の観客を動員し、韓国で歴代最高の記録を達成したそうです。日本でも上映されるでしょうから、是非もう一度字幕付きで見たいなと思います。


勿論、韓国グルメも満喫してきました!


俳優のソン・スンホンさんがオーナーのイタリアンや、(スンホンさんとも偶然ソウルでお会いしたことがあるのですが、とても紳士な方でした!)





歌手のSEVENさんがオーナーの“チムタク”のお店へ。


チムタクとは鶏肉と春雨、ジャガイモなどを甘辛く煮込んだ料理。辛さは4段階で調節可能です。




そして韓流スターも通うオーガニックレストランでチャン・グンソクさんがよく頼むというステーキのセットをオーダーしました。




デザートはマンゴーパッピンス(韓国のかき氷)とマンゴーケーキ。





我ながらとてもミーハーな旅でした・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年10月05日(金) | コメント (0)

アナウンサー