Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「夕方の顔、来阪!」

“news every.”メインキャスター、日本テレビの藤井貴彦アナウンサーが大阪に遊びに来るということで、藤井アナが高校サッカーを担当していた頃の仲間が関西各地から集まりました!




今では高校サッカーを離れ、夕方の顔として大活躍している藤井アナですが、時々こうやって全国各地を回り、高校サッカーのメンバーに声を掛けてくれます。


毎年年末年始、全国43社から中継スタッフが集結し、局の垣根を越えて力を合わせ、そこが選手達にとって一生の思い出に残る素晴らしい舞台となるように、心を込めて最高の中継を目指します。


高校サッカーに携わったアナウンサーにとって、一緒に仕事をした仲間は仕事を越えて特別な存在になります。集まれば馬鹿話がほとんどですが、時には熱く、時にはしんみり、あっと言う間に時間は過ぎて行きます。


この日もお好み焼きをつつきながら楽しい時間を過ごしました。


ゴルフ大好きの藤井アナ。次はゴルフの約束をしました。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月28日(金) | コメント (0)

「ヒョンソン祝勝会!」

キム・ヒョンソン(金亨成)の初優勝のお祝いをI・Jジャン、J・Bパク、スリクソンやパーリーゲイツの方々と開催しました。







ヒョンソンは「皆さんのサポートのお陰で優勝出来ました。ありがとうございます。」と集まったメンバーに感謝の気持ちを伝えました。


私もヒョンソンが苦しんでいた頃を思い出しながら、この日を迎えられたことに感慨無量でした。気の置けない仲間達と一緒にヒョンソンの初優勝をお祝い出来て本当に嬉しい限りです





サプライズでI・Jの中日クラウンズの7年ぶりの優勝お祝いと、J・Bの昨年の日本ツアー選手権での初優勝お祝いもやったのですが、帰り際ヒョンソンは、


「I・JやJ・Bのことまで気に掛けてくれた気持ちが何より嬉しかったです。今日は本当に感動しました。心がとても幸せです。」と私に言いました。


本当はヒョンソンが主役なのに、そんな時でも人を思いやる気持ちに溢れているんです。プレー中でもギャラリーにまで気を配っていますから。これがヒョンソンが国境を越えて老若男女から愛される理由です。
そこに不動の強さも加わりました。


“幸運のす・またんタオル”も渡しましたので、必ず2勝目、3勝目とやってくれるはずです!





ヒョンソン、改めておめでとう!!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月21日(金) | コメント (0)

「御殿場高原・時之栖へ」

“あなたへ”の高倉健さんに触発された訳ではないのですが、休日、車でふらっと旅に出ました。


行き先は、静岡県の“御殿場高原・時之栖”。6万5千坪の敷地に5つのホテル、4つの温泉、レストランに美術館、サッカーやテニス、スケート場など色々なスポーツ施設を擁する一大リゾートです。


毎年年末、高校サッカーの本大会前に各都道府県の代表チームがここ時之栖で合宿を行います。私も取材でかれこれ20年お世話になっているでしょうか。


全国から集まったチームの選手や監督、系列のアナウンサーやスタッフ達と、サッカー談議を繰り広げる、特別な場所。

高校サッカーだけでなく、男子日本代表チーム、なでしこジャパン、ヤングなでしこ達もこちらで合宿をしている程有名なサッカーの合宿地になりましたが、最初はこのサッカーコート1面から始まりました。





(この日も高校生が合宿に来ていました)


今では各施設も充実し、サッカーコートは10面、こんな立派なサッカーのクラブハウスも出来ました。





ホテルの部屋や大浴場からは見事な富士山が見えます。この日はちょっと雲がかかっていましたが。





食事はいつものビアガーデンで、富士山の湧き水で作られた地ビールの御殿場高原ビールと名物のソーセージ&スペアリブを頂き、心もお腹も満たされました。
私にとって、第二の故郷の様な、ふと帰りたくなる、そんな場所です。




近くの富士サファリパークにも寄って来ました。
雨が降っていたので、動物達も少し元気がないように見えましたが、車の中から間近で見る動物達は迫力満点でした。







それから、行き帰りにこの夏に開通したばかりの新東名を通ったのですが、NEOPASA(ネオパーサ)と言われるサービスエリアがとてもお洒落でびっくりしました。レストランやお土産店も未来的で、有名な洋服のセレクトショップまでありましたよ。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月18日(火) | コメント (0)

「アニキ、引退・・・」

金本知憲選手がバットを置く日が近いことは、阪神ファンの誰もが覚悟していたこと。とは言え、実際にその日が訪れると何とも言えない寂しさが胸に込みあげてきました。


会見場、記者やアナウンサーから多くの質問が浴びせられる中、金本選手は一つ一つの質問に丁寧に答えていました。私は金本選手に一つだけ質問を投げかけました。


「金本選手の仕事はもちろん野球なのですが、人生そのものであるとおっしゃる野球を、仕事として割り切って考えたことはあったのですか?」


「あります。好きな野球ですが、好きなだけでやっていては乗り越えられないこともありました。‘これは自分の仕事なんだから・・・’そう思えばやらざるを得ません。ただ好きなだけでやっていたら厳しいトレーニングも途中で止めてしまっていたでしょうね。」


球史に数々の記録を打ち立ててきた金本選手でさえ、野球が好きという思いだけではここまで継続することは出来なかったのでしょう。特に肩を故障したここ3年間はどうにもならない苦しみと闘っていたはずです。


「もっと練習していればもっと良い数字が出せたんじゃないかという悔いもあるが、ホッとしたという気持ちが大部分」と言う言葉の通り、記者会見に臨む金本選手の表情はとても晴れ晴れとしていた様に見えました。


しかし、これだけの数字を残しながらまだ納得が行っていないとはやっぱり金本選手は器が違います・・・。


金本選手の闘う姿、本当にかっこ良かったです!!同じフィールドで金本選手と仕事させてもらったことを心から幸せに思います。21年間本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。


昨夏インタビューさせてもらった時に、「プロに限らず、社会人や大学の監督も含め、“監督”と付くポジションをやってみたいです。」と将来について話された金本選手。


ファンの一人として、再びユニフォームを着て甲子園に戻って来てくれるのを楽しみに待っています。


今季の最終戦まで阪神ナインと共に戦い抜くということなので、最後の日まで金本選手の勇姿を目に焼き付けたいと思います!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月13日(木) | コメント (0)

「あなたへ&ALWAYS‘64」

高倉健さんが6年ぶりに主演を務めた映画“あなたへ”を観に行って来ました。


一言で感想を言うなら、「健さん、かっこ良過ぎる!」に尽きます。


歳のことを言うのは野暮かもしれませんが、とても80歳を過ぎているとは思えない凛とした姿に、私もこういう風に歳を重ねたいなと思いました。


内容は高倉健さん演じる、妻に先立たれた富山刑務所の指導技官が、妻の生まれ故郷の長崎までお手製のキャンピングカーで一人孤独な旅をしながらも、色々な人と出会ってその人情に触れ、自分を取り戻していくという話。


見どころは何と言っても健さんの存在感、そのものなのですが、富山から始まり、兵庫、福岡、長崎と続く風景もとても綺麗でした。


中でも天空の城と言われる兵庫のロケ地には、近々行って見たいなと思いました。


それから、一作目、二作目と映画館で観てきたのに、三作目は見逃してしまった“ALWAYS三丁目の夕日’64”のレンタルが開始されていたので借りて来て観ました。


今回も古き良き昭和の時代が描かれており、現在と比べると物が無く、色々と不自由な生活の中でも、人との絆を大切にしながら幸せに暮らすその時代の人達の心に触れ、私の産まれていない時代の事を色々と想像しながらじんわりと心が温まりました。


おまけに、三作目には立田アナが出演していました!


ほんの一瞬で注意して観ないと分かりませんが。映画館で見逃した方はこれからDVDやブルーレイで是非立田アナを探して見て下さい。ヒントは白衣です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月12日(水) | コメント (0)

「絶品☆そばとあん食」

ミシュランで星を獲得している芦屋のそば屋さんに行って来ました。


前菜はそば粉で作ったニョッキ三種。





イタリアン風の味付けがそば粉に合います。


メインはこの時期、冷たいそばです。


まずは金ゴマたっぷりのそばと梅とろろそば。





そして定番のニシンそばと夏限定のすだちそば。





弾力がありながら喉ごしが良く、いくらでも食べられます。


デザートはそばがきぜんざいとわらび餅。




二品ともぷるぷるの食感でした。


関西に来てからはうどんを食べる事も多いのですが、阪神間にはそばの名店も沢山あり、お店選びに迷ってしまうぐらいです。


おまけに神戸で有名な私の好物をもう一つ。抹茶あん食です。




抹茶入りの生地に小倉あんと丹波産の黒豆がこぼれ落ちてくる程入っていて、あんこ大好きな私のツボにはまりました!


1斤500グラムと重量感たっぷりで、カロリーはきっと恐ろしいくらいあるんだろうなぁという懸念もありますが、ペロリといってしまいます・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月07日(金) | コメント (0)

「阪神−巨人OB戦」

この11月、「阪神タイガースOB会創立40周年読売テレビ開局55周ダイワハウススペシャル阪神×巨人OB戦」が開催されます。


甲子園球場では12年ぶり。その記者発表会が、8月31日、真夏の甲子園球場で行われました。


両チームのOB会を代表して阪神OB会長の川藤幸三さんがご挨拶。




(私は司会を務めさせていただきました)


「野球人気低迷と言われる時代に、この伝統の一戦のOB戦を機に、野球の素晴らしさを伝えたい!」と抱負を述べられました。


川藤OB会長自ら、陣頭指揮をとり巨人OB会長王さんにも働きかけ、素晴らしい顔ぶれの一戦となります。


OB戦は11月18日開催です。勿論この模様は読売テレビで放送しますので、是非ご期待下さい!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年09月02日(日) | コメント (0)

アナウンサー