Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「せこいぜ!」

週末は巨人の第二次キャンプ地、那覇の沖縄セルラースタジアムへ。





巨人のキャンプ地におけるファンサービスの充実ぶりは、12球団の中でも随一です。




球場周辺はいつも賑やか。特設ステージを作って何かしらイベントが催されており、お祭りの様な雰囲気です。


さて、この日は横浜DENAとのゲーム。


巨人のキャンプ地でありながら、横浜が主催試合を行うというちょっと変わったスタイル。


両チームのファンの皆さんは午後1時の試合開始を前に朝9時頃から列を作って待っていました。


巨人の見所は勿論沢山ありますが、この試合に限って私は、阪神の開幕戦の相手である横浜にポイントを置いて取材しました。

特に、横浜の開幕投手候補に名前があがる高崎健太郎投手が先発するとあって興味津々。


その高崎は初回、巨人の新外国人ボウカーにいきなり2ランホームランを浴びましたが、その後はしっかりと修正して3回をこの2失点に留めました。


高崎本人は「オープン戦とはいえ、チームの最初の試合に登板させてもらう緊張感がありました。次は立ち上がりからきっちり投げます!」と、しっかりした口調で話していました。


それを聞いていた横浜担当のメディアの方は「高崎があんなにしっかり話すようになるなんて」と驚いた様子。


聞けば、去年までは何を聞いてもリアクションがなく、メディアとの接触を避けるような雰囲気すらあったそうなのですが、底抜けに明るい中畑清監督が高崎の内向的な性格をも変えつつあるようです。


試合は、横浜がスター軍団・巨人を相手に4−3で逆転勝利!


「巨人はまともに当たって勝てるチームじゃない。せこいぐらい隙を狙っていく」と中畑監督が宣言していた通り、泥臭く粘り強い野球で、オープン戦初戦を勝利で飾りました。


中畑監督は選手全員とハイタッチ!横浜ベンチには喜びの声が響き渡りました。


オープン戦とて、新生・横浜の船出ですから、この勝利は格別な物でしょう。どこまで勢いをつけて開幕を迎えられるのでしょうか。


各チームの調整もいよいよ大詰め。開幕まであと1カ月です!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月28日(火) | コメント (0)

「中日キャンプへ」

再びプロ野球のキャンプ取材で沖縄に来ています。

昨日は高木守道・新監督の下でスタートを切った中日ドラゴンズのキャンプを取材してきました。




この日は韓国のLGツインズとの練習試合。


試合前、球場入り口に長蛇の列が・・・。


何かと思い行ってみると、試合開始直前にも関わらず高木監督がファンの皆さんのためにサイン会を開催していました。


今年から“ファンサービス部”を新設した中日。更なるファン拡大に向けてフロントのみならず、現場の監督自らが率先してファンサービスに努めていました。


さて、試合はというと、ラッキーなことに中日投手陣の豪華リレーを見ることが出来ました!


先発は去年18勝の吉見一起。


押しも押されもせぬ中日のエースで開幕投手の大本命です。2回をわずか16球、無失点で抑えました。スライダー、フォークも交え順調な調整です。


その後、岩瀬仁紀や浅尾拓也もマウンドに上がり、スタンドの中日ファンの皆さんは大喜び。


そんな主力選手達以上にこの日一番の歓声を浴びたのが、ドラフト1位・高卒ルーキーの高橋周平内野手。


第二打席で追い込まれながらも粘りに粘り、10球目をジャストミート。打った瞬間にホームランと分かる見事なホームランをライトに放ちました。


18歳の高橋選手にとっては初めてのプロのキャンプに付いて行くだけでも大変で、終盤に差し掛かり疲れはピークだと思いますが、それでもこの様な素晴らしい結果を出すところはさすが複数球団が獲得に動いたドラ1です。


高木監督は高橋について「今後もスタメン起用します。」と断言していましたので、これからのオープン戦で結果を出し続ければ、開幕スタメンだって十分狙えるでしょう。


将来が楽しみな新人です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月25日(土) | コメント (0)

「きみはペット」

休日にチャン・グンソクさん主演の映画、“きみはペット”を観てきました。


周りを見渡すと観客はほとんど女性。


この話は日本の漫画が原作で、日本でドラマ化もされていたようですが、私はこの韓国映画版で初めてストーリーを知りました。


まるでチャン・グンソクさんの為に作った様な話でした。


本当にはまり役!


筋骨隆々の韓流スターが多い中、あの可愛らしい笑顔で「ワン!」って言われたら・・・。


日本の女性達がチャン・グンソクさんに夢中になる気持ちも理解出来ました。


あっと言う間の2時間でした。


そして休日のデザート。


行列の出来るバームクーヘンです。




箱を開けると中がヒョウ柄でびっくり。


冷やして食べると、バームクーヘンというよりアイスクリームの様な食感で二度びっくりでした。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月20日(月) | コメント (0)

「杉原輝雄さん」

日本プロゴルフ界の“ドン”と呼ばれ、長年ゴルフ界の発展に尽力されてきた杉原輝雄さんお別れの会に参列してきました。





(参列者にボールが配られました)


1957年にプロ入りし、通算63勝(うちツアー54勝、海外1勝、シニアツアー8勝)をあげ、優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司プロ、青木功プロに次ぐ歴代3位。(但しツアー機構発足後のレギュラーツアーでは、通算28勝。)永久シードも獲得し、50年以上に渡る“生涯現役”を貫きました。


私がゴルフを始めた中学生の頃にはすでに杉原プロのピークは過ぎていましたが、あの小さな体でも粘り強いゴルフで、勝負に対する執念は子供の私にも伝わって来ました。


憧れのプロの一人でした。


1997年に前立腺癌を告知されながらも、ツアー出場を優先して手術を拒否し、投薬治療を選択。


2006年のつるやオープンでは68歳10ヶ月で予選を通過し、日本ツアーでの最年長予選通過記録を樹立。


2008年に癌が転移していることが判明した後も、放射線治療を受けながらツアー参戦を継続されました。


2010年5月の中日クラウンズでは同一大会51回連続出場という世界記録も達成され、その翌6月のミズノオープンよみうりクラシックが最後の出場となりました。


私もゴルフの番組に携わるようになって、杉原プロとは毎年10月に、循環器病チャリティーゴルフのスタジオ収録で一緒に仕事をさせて頂くようになりました。


辛口な言葉の中にも愛情溢れる表現が込められていて、誰よりもゴルフが好きで、誰よりもゴルファーを愛してる解説でした。


私にとって雲の上の存在である杉原プロとの共演は緊張の連続でしたが、とても勉強になり、毎年の楽しみでもありました。


毎年ご一緒させて頂く内に、次第に杉原プロとの呼吸が合ってくるのが分かり、それがとても嬉しかっただけに、もっともっと一緒に仕事をさせてもらいたかったです。


願わくば、プロツアーの中継でもご一緒させて頂きたかったですし、プライベートでのラウンドもご一緒させて頂きたかったです。


杉原プロがゴルフ界に残した功績もさることながら、人としてとても器の大きな方でした。


杉原プロと一緒に仕事をさせて頂いたこと、そしてその姿から学んだことは私にとって大きな財産です。


ご冥福をお祈りします。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月15日(水) | コメント (0)

「藤井かすみプロと」

ミズノ所属の藤井かすみプロとオフに一緒にラウンドさせてもらう機会がありました。



藤井プロは通算10勝を挙げているトッププロですが、とても気さくな方で、一緒にラウンドしたメンバーを常に立てながら、ムードメーカーとしても場を盛り上げて下さり終始笑いの絶えない楽しいラウンドでした。

昨年6月のミズノオープンでも、プロアマやレッスン会に参加して大会に彩りを添えて下さいました。

これ程実績のある方なのに、こちら側を決して気後れさせない心遣いの達人で、藤井さんのいる所はぱっと明るくなります。私も是非こうありたいものだなと思わされます。

ファンとして、是非ともツアーに戻ってきてもらいたいものです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月13日(月) | コメント (0)

「ハワイグルメ」

ハワイで色々なグルメを堪能して来ました!


人気のパンケーキ屋3店は並んで食べました。





1店目はホイップ&ストロベリーがたっぷり。





2店目はクリーミーなマカダミアナッツソースが。




3店目ではワッフルもオーダー。


そしてエッグベネティクト。



マフィンの上にハム。またその上にポーチドエッグと濃厚なソースが乗っています。私の大好きな味です!


ノースショアでは名物のシュリンプ。



今回は定番ガーリックとレモンバターの2種類の味で。





アラモアナSCではパシフィックリムのお洒落なランチを。





パンに添えられたフルーツバターが美味しく、このパンを3つもお代わりしてしまいました。





デザートには行列の出来るチーズケーキ。





最後に、ハワイ在住の友人がホームパーティで韓国料理を作ってくれました。


こうやって写真を見ていると、お腹が空いてきました・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月08日(水) | コメント (0)

「オリックスキャンプ」

そして宮古島のオリックスキャンプへ。






岡田彰布監督は「全員で頑張って“優勝”という一文字を秋に報告したい」と力強く宣言。

何と言っても一番注目を集めていたのは韓国のロッテ・ジャイアンツから移籍した現在29歳のイ・デホ(李大浩)。





(写真掲載にあたっては、球団から了承を得ています。)


韓国で二度の三冠王、一昨年、昨年を含む、三度の首位打者という現在進行形のNO1バッターです。

イ・デホのバッテイング練習を岡田監督と一緒に見学させていただきました。

しばらくして「どうや、良いバッターやろ!?あんなに軽々スイングしてるけど、あのバットは1kg近くあるぞ。今はまだ5割から6割であれだけの打球を打つんだから、凄いバッターや。」と満足顔。

イ・デホがレフト方向に放つホームラン性の打球は、綺麗な放物線を描き、滞空時間が長いのが特徴です。

そして、大きな体に似合わず、柔らかなバッテイングフォーム。私が見ていても、手首、肩、膝など体の全ての関節が柔らかいのがわかります。


早く実戦での姿が見たくなりました。194センチ130キロの大きな体から放たれるホームランを楽しみにしています!

投手陣も顔ぶれが揃い、戦力は十分整っています。昨年の雪辱を是非果たしてもらいたいものです!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月04日(土) | コメント (0)

「熱いぜ!中畑監督!」

横浜DeNAベイスターズのキャンプが行われている宜野湾市立球場にも行って来ました。





今年から中畑清監督の下、心機一転の横浜。グラウンドには明るい雰囲気が漂っていました。

キャンプ初日には例年の5倍だと言う1000人の観客と、どの球団よりも多い数の報道陣が集まり大賑わい。

実は、中畑監督は私にとって母方の親戚になります。

今から21年前、アナウンサーへの道に進むことを報告した時に「アナウンサーもプロ野球選手と同じ。厳しい勝負が待ってるぞ。負けるなよ!」と激励してもらいました。

あの言葉は、肝に銘じ、今も大切にしています。

メイン球場で中畑監督へ挨拶を済ませると、「こいつ、俺の親戚だからよろしくな!」と、新聞記者の方に私をアピールしてくれました。

中畑監督は「今年一年は、勝っても負けてもこういう野球をするんだ!というものを作り上げたい。」と話し、4年連続最下位に沈んだチームから、まずは負け癖を払拭し、上を目指すための基盤を固めたいようです。

戦力的には去年から大幅な上積みのないチームが、中畑監督の熱血的な指導でどこまで変化を遂げてくるのか。

阪神と新生・横浜との開幕戦が楽しみです!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月02日(木) | コメント (0)

「キャンプイン!」

いよいよプロ野球12球団が一斉にキャンプイン!



早速私も、阪神タイガースの初日の練習を取材して来ました。

今年から1軍は後半も安芸に移動せずに、29日まで1カ月を通して沖縄県の宜野座村野球場でキャンプを行います。

球場までの道のりには各選手の旗が掲げられています。




期待の新人、伊藤隼太の旗も。



伊藤選手は当然ながらドラフト1位の肩書きから、このキャンプで一番の注目をあびます。

すまたんでもおなじみ阪神OB会長・川藤幸三さんは、第一印象として「ちょっとまとまりすぎている。もっと大きな姿で練習に取り組んで欲しい」との評。

ミスタータイガース・掛布雅之さんは「厳しく言うなら一つだけバッティングに欠点がある。そこをキャンプの間にどう矯正できるか。」とそれぞれ厳しい目でドラフト1位伊藤選手のキャンプ初日を見ていました。

このキャンプで、一日も早く本来の姿で練習にのぞみ、プロのレベルに自身を引き上げていけるか。

伊藤選手が外野のポジションを獲得することが出来れば、阪神の新しい時代が始まるでしょう。

今年はどんな顔ぶれが開幕スタメンに名を連ねるのか!?そしてどんなシーズンになるのでしょうか。

「キャンプを制するものはシーズンを制する」と和田豊監督が言った通り、キャンプでの調整が鍵になってくるのは間違いありません。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年02月01日(水) | コメント (0)

アナウンサー