Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「東北取材」

先日、雪の東北へ高校サッカーの取材に行って来ました。

まず青森県代表の青森山田高校へ。

青森山田高校は1997年から15回連続17回目の出場を誇り、2009年度には全国準優勝という強豪校。

青森には既に沢山の雪が積もっていました。



思うような練習メニューが組めない環境の中にありながら、このハンディを乗り越えて全国の強豪へとチームを導いた黒田剛監督の情熱はさすがです。

青森山田が初めて選手権全国大会ベスト4入りを果たした2000年度の大会で、私はその準決勝戦の実況を担当しました。

あの時選手としてプレーしていた千葉くんがコーチとして母校に戻っていて、時の流れの速さを感じました。

翌日は岩手県代表の盛岡商業高校へ。盛岡商業も5年ぶり16回目の出場という強豪校。





盛岡商業は2006年度大会で、岩手県勢として初の全国制覇を成し遂げました。その時チームを率いていた齋藤重信監督は今年から総監督に、かつて盛岡商業でキャプテンを務めていた太田浩史さんがコーチから監督に昇格して全国大会に挑みます。

盛岡商業の選手達も雪がちらつく氷点下の中、元気にグラウンドを駆け回っていました。

太田監督は3月11日に発生した東日本大震災で、最愛の母を津波で亡くされたのですが、その際の状況、心境を克明にお話して下さいました。

「この被害を風化させない為にも、私の体験を語ることが使命だと思って。」

この気持ちになるまでには時間が必要だったようですが、目に涙をためながらもその涙をこぼさないよう必死にこらえながら話して下さる様子に、改めて伝え手としての責任の重さをひしひしと感じました。

取材後、テレビ岩手の高校サッカー中継スタッフと。



そして宮城県代表の聖和学園高校の取材もさせてもらいました。

ここにも家族を津波で亡くした選手がいました。それでも皆、前向きにボールを追っていました。

チームを率いる加見成司監督は、選手と一緒に津波で流されてしまった彼らの自宅地域を自転車で回り、「しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。」とやはり目には涙を浮かべながらも、

「彼らがこれまでやってきたサッカーを全国大会の舞台で100%表現できるよう万全の準備をしていきたい。」と強い決意で初出場の舞台にあがります。

各チームが、それぞれに抱えている背景、様々な思いを持って年末の東京に集結します。

開幕まであと3日、より良い中継が出来る様に、私も精一杯努力して90回大会を迎えたいと思います!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月27日(火) | コメント (0)

「明大ゴルフ部祝賀会」

先日、明大ゴルフ部OB会主催の“久保谷健一プロキャノンオープン優勝&櫻井勝之くん日本アマチュア選手権優勝&佐藤千紘さん日本女子学生準優勝・祝賀会”で司会をさせて頂きました。




久保谷健一プロについては10月のキャノンオープン優勝時にこのブログで書きましたが、

もう一人の主役、櫻井勝之くんは1991年1月生まれの現在20歳。杉並学院高校ゴルフ部にも在籍経験があり、一つ先輩には薗田峻輔プロ、一つ後輩には石川遼プロがいましたが、腰のケガの影響で2年生時には試合に出場出来ず、3年生の春から休学してアメリカへのゴルフ留学を敢行。帰国後に明治大学へ進学しました。

櫻井くんは今年7月、あの松山英樹選手も出場した“日本アマチュアゴルフ選手権”で初優勝を飾り、昨年8月に優勝した日本学生ゴルフ選手権競技と合わせて史上11人目となる日本タイトル二冠を達成。2011年度の日本ゴルフ協会男子ナショナルチームメンバーにも選出されている逸材です。

プレースタイルとしてはロングヒッター。普通にドライバーで300ヤード、6番アイアンで210ヤード打って来ます。昨年後半からはプロツアーにも参戦しており、今後が期待されています。

祝賀会の中で急遽、久保谷プロ、櫻井くん、現在明大ゴルフ部・副主将の薗田峻輔プロ、女子部員の佐藤千紘さんも参加してトークショーが行われることになりました。




櫻井くんより一つ下の佐藤さんのハキハキと切れ味あるトークに、会場はとても爽やかな雰囲気に包まれましたが、続いての櫻井くんのトークは世間話しでもしているかのような緩い口調。決して失礼な口調ではないのですが、佐藤さんの凛々しさとはあまりにも正反対で、途中薗田プロから「二人のギャップがありすぎてどっちが先輩か分からないな!」と突っ込みが入りました。

久保谷プロは実に9年ぶりのツアー優勝でしたが、いつものぼやきは健在。「内容に満足しての優勝じゃなかったから、しばらく実感が沸かなかったんです。ぼやきとお酒は止められません・・・。」と。

それでも優勝争いの中でどのように自分自身をコントロールしているかという話しになると、ステージ上の後輩達は真剣な眼差しで聞き入っていました。

現在ゴルフ部監督の榎本剛之さんは久保谷健一プロと同期で、私が4年の時の1年生。

「小澤先輩が主将だった時の練習がきつくて、最初は11人いた同期部員が久保谷と僕の2人だけになった。」と未だに言われています。自分ではそんなに厳しい練習をさせた覚えはないのですが、久保谷と榎本が残ってくれたお陰で、今盛大なパーティーも開けているのです・・・。

こうやって個人の活躍だけを見ると、華やかな実績を上げている明治大学体育会ゴルフ部ですが、現在は男子も女子も関東Bブロック(二部リーグ)。来春には男女共に関東Aブロック(一部リーグ)へ男子は復帰、女子は昇格を果たしてもらいたいものです。

とにかく、皆、私の可愛い後輩です!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月22日(木) | コメント (0)

「宮本選手、次のステージへ」

サッカー元日本代表でヴィッセル神戸の宮本恒靖選手が昨日、今シーズン限りで17年間の現役生活から引退することを発表しました。



1995年にユースからガンバ大阪入りした宮本選手は、00年に日本代表入りし、02年、06年のワールドカップでは代表キャプテンも務めました。07年からオーストリア1部のザルツブルクに移籍して海外での経験も積み、09年に帰国して神戸でプレーしていましたが、3年契約最後の今季の出場は4試合にとどまっていました。

神戸は来季以降も契約延長オファーを提示していたものの、「選手としてピッチの中でこなせる役割はもうそう多くはないのではないかなと思った。まだやれるという内に余力を残して去りたかった。」という自身の意志を貫き、契約満了とともに次のステージを目指して引退を決意したそうです。

今後は「色々な可能性を持って進んで行きたい」と、来年9月からFIFAが欧州で運営する大学院でスポーツ学を学び、指導者資格の取得を目指します。

その会見後、宮本さんを直撃。



現役選手続行だけではなく、色々なオファーがあった中で敢えて険しい道を選ぶ理由を聞くと・・・

「プレーとしてはまだやれると思いますが・・・。もう一回勉強したいと思っていた。もう一度自分を鍛えなければいけないという気持ちもあって、現場とは一度距離をおこうかなと思いました。現役生活に対して悔いはないです。これから先始まるであろう新しい生活に、たくさんの希望を持って頑張って行きたいと思います。」と、とてもポジティブに気持ちを語ってくれました。

宮本さんにとってはこれで終わりではなく、ここからがまた新しいスタートなのです。しっかりと将来へのビジョンを持ち、自分を更に向上させるべく、新しいステージへと進んで行こうとする宮本さんの姿に、自分もこうありたいと思いました。

宮本さんとは15年程前に一緒にJリーグの番組をやっていたのですが、その時のことも良く覚えていてくれました。

「20年以内に日本が世界の頂点に届く日が来たらいいな。」という宮本さん。その時にはきっと宮本さんが代表監督としてピッチに立っていてくれるだろうと思います。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月20日(火) | コメント (0)

「豪華コンペ!」

今年もゴルフコンペ“小松屋杯”に呼んで頂きました。

毎年、野球界から現役監督、コーチ、現役選手、元メジャーリーガー、OBなど錚々たる顔ぶれが参加されるこのコンペを楽しみにしています。

この日私は阪神の片岡篤史バッティングコーチと同組。



時折みぞれも降る今年一番の寒さの中でしたが、片岡コーチとは同じ年生まれということで話も合い、とても楽しいラウンドになりました。

ちなみに私のスコアはパターが絶不調で、3パットを5回もしてしまい、片岡コーチから「気を遣ってわざと外してるでしょ!?」と言われる始末。トータル84と撃沈しました・・・。

家に帰ってすぐにパターマットを引っ張り出し、練習をしたのは言うまでもありません。

片岡コーチから秋季キャンプの話など、若トラの話も沢山聞かせてもらいましたので、“す・またん!スポーツ”の中で追々披露して行きたいと思います。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月16日(金) | コメント (0)

「SUPER SHOW4」

韓国で今、1、2の人気を争う、歌って踊れるアイドルグループ、SUPER JUNIORの“SUPER SHOW4 IN OSAKA”に行って来ました!!




会場となった京セラドームは最上階まで超満員!4万人の観衆が振るペンライトの青い光を見てメンバー達は「ここでこのまま死んでも悔いはありません・・・」と感無量の様子。




私も京セラドームには野球の取材でよく足を運んでいますが、最上階まで客席が埋まっている光景を観たことがなかったので、日本でもSUPER JUNIORの人気がここまできているのかと正直驚きましたが、初めて生でステージを観てそれも納得!

この日に備えDVDを繰り返し観て、イメージトレーニングはバッチリ!のはずでしたが、歌唱力、ダンス、そしてコント?まで4時間半に渡る多彩なステージはイメージしていた以上に素晴らしく、正真正銘の“SHOW”でした。

大人数(現在は9人で活動)ながらとてもチームワークが良く、端々からメンバー全員本当に仲が良いんだなというのも伝わって来ました。

韓国ではアイドル歌手でもレッスン期間が長く、長い人で10年、平均で5年と言われています。K−POP歌手の完璧なパフォーマンスと人気の陰にはそれ相応の理由があるんです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月14日(水) | コメント (0)

「神戸ルミナリエ2011」

今年も神戸ルミナリエに行って来ました。

17回目の今年のテーマは「希望の光」。テーマに沿ってゲートのデザインも毎年変わっています。




今回は新たな開催趣旨として「東日本大震災の被災地へ犠牲者の鎮魂の祈りと復興支援のエールを送る」ことが掲げられており、会場内にも東日本の被災地へ向けた復興支援ゾーンが設けられ、イベントが行われていました。




阪神大震災以降、被災者の方々の心を照らし続けてきた希望の光が、今度は東日本に届けとばかりに、神戸の街に一層の輝きを放っていました。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月11日(日) | コメント (0)

「2011年ゴルフ総括」

先週末、国内プロゴルフツアー最終戦、日本シリーズJTカップが行われ、今シーズンの全日程が終了しました。

42歳の藤田寛之プロと43歳の谷口徹プロのプレーオフになり、結果は藤田プロが勝ちました。

「もう、いっぱいいっぱいなんです・・・」と謙遜する藤田プロ、「日本人で誰が一番強いか見せてやる!」と最終日に同組の石川遼プロも顔負けの真っ赤なパンツで登場した谷口プロ、とても対称的な二人ですが、両プロから“真の強さ”を感じました。

同世代の私にとっては何とも心強く、心に残る素晴らしい最終戦でした。

若手の活躍が顕著だった昨今ですが、今シーズンは高山忠洋プロ、近藤共弘プロら30代中堅の選手の優勝に始まり、河井博大プロ、小林正則プロ、河野晃一郎プロ、賞金王のべ・サンムンプロ、最優秀新人賞のJ・B・パクプロ、史上3人目のアマチュア優勝となる松山英樹選手など初優勝者が10人!

そして最後はアラフォー対決で締めくくるという、話題の多い多種多様なシーズンでした。

私達伝える側にとっても、‘誰が優勝するかわからない’という状況の中で、どんな展開になってもベストな中継が出来るよう、より多くのアンテナを張って取材に取り組まなければいけません。

聞けば、オフと言っても既にトレーニング合宿の計画をびっしり立てていますし、年明けから海外でのツアーに参戦していくプロも多いようで、選手達はもう来季へ向けスタートしてるんですよね。

年明けから行われる試合や合宿などに、私も顔を出させてもらう予定です。

今から開幕が待ち遠しいです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月07日(水) | コメント (0)

「京都の紅葉」

紅葉が見頃を迎えた京都へ行って来ました。



燃えるように赤く色づいた紅葉を前に言葉は要りませんね。




今年は暖かい日が続いた影響で例年より葉の色づきが遅かったので、もう少し紅葉を楽しめそうですよ。




投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年12月01日(木) | コメント (0)

アナウンサー