Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「高校サッカー大阪大会2次予選」

今年もこの季節がやって来ました!

日曜日、高校サッカー大阪大会の2次予選・最終戦を取材してきました。この試合に勝てば、いよいよ中央トーナメント・ベスト16入りとなります。

まず、大阪大会3連覇がかかる関大一高と大阪府立・芥川高校の一戦は、関大一高がロングスローから先制点をあげました。このロングスローは今や関大一高の伝統で、フリーキックやコーナーキック同様、ゴール前にボールを直接放り込むことで得点の機会を広げることができます。

しかし関大一高は全体的にもう一つ動きが重く、先制したにもかかわらず試合の主導権を掴みきれず、1−3で逆転負け。大阪を代表する強豪チームに先制を許しながらも、終始主導権を渡さなかった芥川高校の戦いは見事でした。

関大一高の主将・和田君は、1年生の時にレギュラーとして全国大会でベスト4を経験。昨年度も全国大会に出場し、今年は主将としてチームを引っ張り大阪大会3連覇に挑みました。

敗退後の落胆は声を掛けられない程でしたが、チームが会場を後にする帰り際に会うと、「全くダメでした・・・高校サッカーが終わっちゃいました・・・」と悔しさをにじませながらも、「大学に行ってもサッカーを続けますから、また見に来て下さい!」と前向きに話してくれました。

関大一高の選手だけではなく、敗れてしまった高校3年生にとってはこれで高校サッカーから引退となります。皆、進路もそれぞれでしょうが、次のステージでの活躍を期待しています!





<関大一高vs芥川>

そして、互いに優勝候補にあげられる大阪朝鮮と履正社の一戦は、前半程なく大阪朝鮮の選手に退場者が出る波乱の幕開け。

大阪朝鮮は10人での戦いを強いられながらも、持ち前の激しい運動量で前半を0−0で折り返しました。しかし後半、履正社の丁寧な繋ぎのサッカーが功を奏して1点を先制。そのまま1−0で履正社が勝利を収めました。




<大阪朝鮮vs履正社>

この試合を観戦して感じたことは、退場者を決めることができる唯一の決定権者である審判の難しさです。今回審判が下した判定が不当であったというわけではありませんが、退場となった3年生の選手は、その瞬間に集大成となるはずだった3年間の高校サッカー生活の全てが終わってしまいます。

この出来事は弱冠18歳の高校生の、これからの人生に影を落とすことになるかもしれません。やり直しの利かない“無条件の退場”を示すレッドカードを出すにあたっては、100%完璧な判断の下に行って欲しいと切に願います。

さて、これからいよいよ大阪の頂点をかけた戦いが激しさを増します。

今大会は節目の90回大会。これまで以上のドラマが起こる予感!

大阪大会の決勝は11月12日土曜日。勿論、読売テレビで中継します!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月25日(火) | コメント (0)

「悪いコンディションの中でこそ光るプロの技」

マスターズGCレディースの2日目(土曜日)を取材して来ました。

ここ数年、関西で開催されるこの大会を取材していますが、この日は一番難しい一日になったのではないでしょうか。

今年は芝の生育に必要な雨量も多かったことなど、どのコースでもラフの丈を長く設定できるため、この試合でも例年よりラフの丈が長めに設定されていました。

それに加え、試合途中から雨が降り、風が強く吹き、最後は落雷により試合がサスペンデッドとなる悪天候。

ラフにボールが掴まれば、水分を含んだ重たい芝に手を焼きます。

そんな難しい状況だからこそ、トッププロの技を随所に見ることができました。

女子プロゴルファーの皆さんのフェアウエーウッドの扱いの巧みなこと。

ラフに少々沈んでいる程度なら上手くボールを払ってナイスショットを放ちます。

長く賞金女王に君臨した不動裕理プロなどは、ラフに深く沈んだ状況でも3番ウッドを持ち、ボールにクラブヘッドを上手くぶつけ距離を稼いでいました。

男子プロならば、ラフからアイアンで打ってフライヤー(ラフから打ったボールが通常の飛距離以上に飛んでいくこと)をかけることができますが、これにはラフの抵抗に負けないパワーも必要になります。

コンディションが整った状況でのバーディー合戦もギャラリーを魅了しますが、難しいコンディションの中で、トッププロが苦しみながらも見せてくれる素晴らしい技には「これぞプロ!」と惚れ惚れしてしまいます。

さて今週は、男子ツアーが兵庫県で開催されます。ここでも目を凝らしてプロの技を学ばせてもらいます!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月24日(月) | コメント (0)

「阪神、オリックス終戦」

両チームともシーズン成績は4位、クライマックスシリーズ進出を逃し、阪神、オリックスどちらのファンにとっても大変残念な結果になりました。

同じ4位という成績でも、選手個々が残した成績を考えれば、阪神の成績には少々納得が行かないような悔しさが残ります。

特に打撃の個人成績などは中日の選手のそれと比べても圧倒的な結果を残しています。

十分な戦力を持つ阪神に何が足りなかったのか、3位を争って絶対に負けられない巨人との最後の3連戦でも完敗を喫しました。

「こんなはずではない!!」きっと阪神ファンの皆さんも同じ思いでいるはずです。

来シーズンこそは、新監督を中心に、「フロント・首脳陣・選手」の三位が一体となった揺ぎ無いチーム体制を築き、優勝に向けチームが一丸となることを期待しています。

そして、オリックスのクライマックスシリーズ進出は最終戦までもつれ込み、わずか1毛差で敗退という結果に終わりました。

今シーズンのオリックスは大型連勝があったと思えば、大型連敗もあり、安定しない浮き沈みの激しいシーズンでした。

最終戦が終わった夜に岡田監督とお話させて頂きましたが、開口一番「今年は負けて良かったわ。今の力でクライマックスシリーズに進んでもあかん。」と、負け惜しみではなく、冷静に自軍の力不足を認めていました。

しかし、岡田監督の右腕としてチームを支えてきた高代ヘッドコーチが、今シーズンの戦いを振り返りながら悔し涙を流すと、その姿を視線をそらさずみつめていた岡田監督も目を赤くしながら・・・

「ええんよ。こういう気持ちがあれば次に繋がるんやから。来年はやるで!!」と来シーズンへ闘志をみなぎらせました。

この熱い気持ちは選手にも伝わるでしょう。

何はともあれ、11月に入ると両チームともに来シーズンに向けた秋季キャンプが始まります。

今シーズンのこの悔しさ、そして残った課題を是非来シーズンへの糧にして欲しいものです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月22日(土) | コメント (0)

「9年ぶりの優勝!」

週末のキャノンオープンで、明治大学ゴルフ部の後輩、久保谷健一プロが9年ぶり5度目の勝利を挙げました。

大学時代、久保谷プロは私が4年生の時の1年生で、団体戦では一緒に戦っていた仲間です。お互いの実家が同じ県内だったこともあり、試合や合宿の時などは久保谷プロが迎えに来てくれました。

久保谷は1年生からレギュラー選手として活躍しチームの勝利に貢献してくれました。

当時の彼のプレースタイルは若さもあってか‘アグレシッブな攻めのゴルフ’で、気持ちいいほどクラブを振り切っていました。

近年自分の思うような成績が残せていなかったせいか、ぼやきを連発し“ネガティブ”が久保谷の代名詞のようになっていますが、学生時代は気持ちもプレーもかなり強気で、またここ一番でうまく開き直れるタイプでしたので、当時から勝負師としての資質も十分に兼ね備えていました。

2002年の2週連続優勝以来、優勝こそは逃していたものの、翌年にはアメリカツアーに挑戦、2004年の日本ツアー復帰後は2位を5回、3位を4回と間違いなく日本ツアーをけん引しています。

2009年のミズノオープンでは3位タイで全英オープンへの切符を掴み、全英の本戦では初日2位タイ、2日目4位タイで決勝へ進出。最終結果も27位タイと善戦して日本のゴルフファンを沸かせました。その実力は誰もが認めているでしょう。

きっと最近のネガティブ発言も、久保谷なりの照れ隠しなのではと私は思っています。

その裏に勝利への闘志はみなぎっていたはずです。

この勝利をきっかけに、ポジティブな久保谷も表に出てくるはずです。

ケンケン、本当におめでとう!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月12日(水) | コメント (0)

「スイーツとゴルフのコラボ」

“御影高杉”と言えば、神戸で知らない人はいない程の人気パティスリー。

シェフの高杉良和さんは、テレビチャンピオンの全国クリスマスケーキ職人コンテストで優勝したのを皮切りに、数々の技能賞や、今年春の褒章では“黄綬褒章”を受賞された大変な実力者です。

先日、その芦屋店を貸し切りにして行われた、友人の誕生日パーティーに行って来ました。

誕生会では高杉シェフオリジナルのバースデーケーキが登場!

ケーキの上にはゴルフボールのキャンドルが。


トップアマである主役の為の特注ケーキです。

この日はケーキだけではなく、通常お店では味わえない高杉シェフお手製のフレンチも頂きました。



更に、芦屋店にはサロンの隣りにゴルフコーナーが併設されており、クラブの調整や修理が出来たり、シューズやベルトなどのゴルフ用品も販売しています。

キラキラのベルトに、


世界最軽量!のゴルフシューズなど、


レア物が沢山置いてあります。

“御影高杉・芦屋店”では美味しいケーキと可愛いゴルフ用品が一度に楽しめます。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月07日(金) | コメント (0)

「オリックス花火ナイター」

ほっともっと神戸スタジアムでの、今シーズン最終戦となるオリックス戦に行って来ました。

対戦相手はロッテ。この日私はお休みだったので、オリックスファンに囲まれながらのスタンド観戦でした。

先発の寺原は攻めの気持ちが前面に出ており、足に鋭い打球を受けても、その後何事もなかったかのようにロッテ打線を抑え、素晴らしい完封勝利を収めました。

チームは5連勝!

2位の日本ハムとのゲーム差もこの時点で1.5ゲームに縮めました。




打の方でも、4番T−岡田の一発も飛び出しスタンドは大盛り上がり!私もオリックスファンと一緒に思い切りタオルを振りました。

先制、中押し、ダメ押しと試合展開も理想通り。

クライマックスシリーズ出場に向けて、一体となっているオリックスの野球を観ていると、とても清々しい気持ちになりました。



その素晴らしい勝利に花を添えるように、神戸の空に大輪の花火が打ち上げられました。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2011年10月01日(土) | コメント (0)

アナウンサー