Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「ニューヒーロー誕生!!」

先週末に行われた
「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」。

雨で3日目が中止になりましたが、今年も素晴らしい大会に
なりました。

勝ったのは昨年12月にプロに転向し、ツアー参戦5戦目ルーキーの
薗田峻輔プロ。ニューヒーローの誕生です!

この薗田峻輔プロ、石川遼プロの杉並学院高校の2年先輩で、
石川プロが目標としていた存在。薗田プロは石川プロの活躍を見て
「あいつに出来るなら俺にも出来る」と思っていたそうですが、
厳しいプロの世界に直面し、すぐにそんな思いは打ち砕かれたとか。

彼のプレースタイルを少し紹介すると、とにかくあの大きな体から
放たれる飛距離はツアートップクラスです。

そこに、柔らかさも備わっていて、スイングに力感はあるのに、
力みがまるでありません。アイアンのコントロールなどには抜群の
センスを感じます。

そして、ツアーで戦う上で一番重要なパッティングも言うことナシ。

以前、このブログでもご紹介させていただいた、韓国のノ・スンヨル(19歳)、そして石川遼と同様の‘輝き’を放っています。
いずれ世界に大きく羽ばたいて行くことでしょう。

石川プロは薗田プロの優勝を会場に最後まで残って見届け、
「先輩の優勝は僕もとても嬉しい」とスコア提出所の前で
がっちり抱き合いました。

あまりにもBIGになり過ぎた後輩からの思いがけない祝福に、
薗田プロの涙も止まりませんでした。

余談ですが実は薗田プロ、現在明治大学の3年生で、私のゴルフ部の
後輩にもなります。

後輩石川プロの大活躍を見て心機一転、学生ゴルファーから
今年プロに転向。試合前にはわざわざ私のところまで
「先輩、よろしくお願いします!」と律儀に挨拶に来てくれました。

石川プロに追われる立場から追いかける立場になった薗田プロ。
その心の中には複雑な思いもあったに違いありませんが、
同じ土俵に立った以上、もうそんなことは言っていられません。

「いつかは遼を追い抜きたい」というその言葉の先には、
偉大な後輩の背中をしっかりと見据えていることでしょう。

明治大学ゴルフ部の一OBとしても、薗田プロのこれからの活躍に
大いに期待しています。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月30日(水) | コメント (0)

「RAIN ZEPP TOUR」

主演したハリウッド映画「ニンジャアサシン」の好演で、先日、
アメリカのMTVムービーアワードという映画賞で韓国人で初めて
賞を受賞し、着実にハリウッドでも一歩一歩階段を上っている
韓国出身の ワールドスター、RAIN。

昨日、そのRAIN(ピ)のLIVEに行って来ました。

会場は南港のライブハウス、ZEPP大阪。




これまで武道館や東京ドーム、大阪城ホールなど東京や大阪の大きな
会場だけでLIVEを行ってきたRAINが、今回は全国各地の小規模なライブハウスを廻ってツアーを行なうことになった経緯について、

「今まで大きな会場でライブを行って来て、ファンの皆さんが公演を
見るため遠くから来てくださったが、今回は僕が皆さんの所に直接会いに行きます。友だちに会いに行くような気分。親近感のある、すぐ横にいるような、お客さんと対話するイメージです。“ファンの方々とのデート”とも言えると思います。」とその思いを語りました。

その言葉通り、オールスタンディングの2000人程のファンと一体になり、相変わらずパワフルなステージを見せてくれました。

途中、着ていた服をめくって自慢の腹筋を披露すると女性ファンからは悲鳴のような歓声が・・・。

また、たこ焼きが大好きだそうで、ファンに「たこ焼き下さい」を連呼していました。あの茶目っけたっぷりな所も年上の女性の心を掴む要因なのでしょうね。



これだけBIGになっても、「初心の気持ちを忘れていないか、常に自問自答している」というRAINの言葉に、私も身が引き締まる思いでした。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月29日(火) | コメント (0)

「石川遼に直撃インタビュー」

明日から始まる、「ミズノオープンよみうりクラシック」の
ディフェンディングチャンピオン・石川遼プロ。
先週行われた全米オープンでも素晴らしい活躍を見せてくれました。

その石川プロに話を聞こうと、全米オープン帰りの成田空港まで
直撃インタビューに行って来ました!!

インタビューの中で石川プロは、今の一番の課題は、
「4日間持続できる体力と精神力をしっかり付けること」
と語ってくれました。

今回の全米オープンで、世界のメジャー大会で優勝を争うために
今もっとも必要なものだと痛感したそうです。

また、「昨年の優勝は、自分自身の流れ変えてくれた。僕にとっての
ベストトーナメント」とも語ってくれました。
実況アナウンサーにとってこれ程嬉しい言葉はありません。

昨年この大会の優勝をきっかけに賞金王を掴んだ石川遼が、
一回りも二回りも大きくなり、ディフェンディングチャンピオンと
なって帰って来ます。その戦いぶりが楽しみでなりません。

「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」は
いよいよ明日開幕。

関西では金曜~日曜、全国ネットでは土曜、日曜と中継します。

ミズノオープンの公式HPと合わせて是非ご覧下さい!!
(HPへはこのページの右上から)

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月23日(水) | コメント (0)

「BLUE CLOVER JOYX OPEN 2010」

プロゴルファーのマネージメント会社、JOYX(ジョイックス)。

伊澤利光プロを筆頭に、小田孔明プロ、S・K・ホプロ、広田悟プロ、
小田龍一プロなどなど多くのトッププロが所属しています。

先日、そのJOYXが主催し、所属プロ達がこぞって出場した
「BLUE CLOVER JOYX OPEN 2010」に
行って来ました。

優勝したのはこの大会2連覇となった小田孔明プロ。
もはや「ミスターJOYX」と言ってもいいでしょう。



昨年の第1回大会では、かつて賞金王にも輝いた伊澤利光プロを、
プレーオフで退け優勝を果たした小田プロ。

「大先輩の伊澤さんが初代王者になるのが、皆が望むストーリーなのにKYで申し訳ありません・・・」優勝後にそう語っていました。

今年の優勝スピーチでは、

「この優勝を機に、シーズンに弾みをつけて賞金王を獲り、マスターズ出場を果たします!」と自信に満ち溢れた表情で今後の抱負を語っていました。

優勝賞金100万円の半分を、水害からの復興に取り組んでいる、
開催地・兵庫県佐用町の方達に寄付することを表明し、ギャラリーの方々から拍手喝采を浴びていました。

今シーズン、石川遼プロの連続賞金王に待ったをかけるのは、
JOYX所属の小田孔明プロになるかもしれません。

さて、いよいよ今週末になりました
「~全英の道~ミズノオープンよみうりクラシック」。

その公式ホームページで、
今年もコース戦略&みどころを紹介しています。

このページの右上にあるバーからミズノオープンの公式HPへ。
是非ご覧下さい!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月22日(火) | コメント (0)

「ひーやん、球団新記録達成!!」

最近、野球界でもゴルフ界でもめざましい活躍を見せてくれている
アラフォー選手達。

先日その一人、阪神タイガースの桧山進次郎選手が、球団新記録となる代打通算109本目の安打を打ちました!!

桧山選手本人は、ただ夢中で記録のことはすっかり忘れていたとの
こと。その安打を打った後、ベンチに戻ってチームメイトから
「おめでとう」と声を掛けられて、初めて自分の偉業に気付いたとか。

記録というものは、意識して狙うものではなく、一生懸命努力した結果として後から付いてくるものなのですね。桧山選手を見ているとつくづくそう思います。

新記録達成後に桧山選手にインタビューをさせてもらいましたが、
「新しい自分を発見しようと、一日一日一生懸命に練習に取り組んで
いる。」という言葉に心打たれました。

40歳を過ぎた今でも、日々進化しようと前向きに頑張っている
ひーやんの姿は、同じ44年生まれとして、私の気持ちも大いに
奮い立たせてくれます。

これからもひーやんの更なる活躍を期待しています!!


投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月08日(火) | コメント (0)

「九条葱うどん@京都」

先日、新緑の京都に行って来ました。



知恩院、円山公園、八坂神社、高台寺、清水寺と東山界隈を散策し、
この時期ならではの青もみじを楽しみました。

春の桜や秋の紅葉も良いですが、新緑の京都を歩くのも気持ちがいい
です。

もう一つの楽しみは勿論グルメ。

絶品おでんや、京懐石、甘味と名店の味を食べ尽くしました。

最後はこのうどん。



この九条葱の山を見て下さい。
1束入っているのではというような量です。
うどんまで中々辿り着けませんでした。

京都に行ってもやっぱり花より団子になってしまいます・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月04日(金) | コメント (0)

「ミズノオープン最終予選会」

先週末行われた
「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」の最終予選会。

結果は見事に撃沈・・・。奇跡は起こりませんでした。
やはり片手間で通る程、甘くはないですね。

予選通過ラインが2アンダーの70でしたが、
私のスコアは88(OUT41・IN47)。

最終予選会直前のラウンドが76で、
予選会の翌日のコンペでは74で回っているのに、
肝心の本番で大叩きしてしまいました・・・。

試合とコンペとではコースのセッティングから緊張感まで全然違いますが、何とか本大会出場ラインに近い、夢が膨らむようなスコアでは回りたかった・・・です。

今回また実力不足と試合経験不足を痛感しました。

しかし、トーナメントコースを緊張感ある試合でラウンドすると
色々な事が分かります。

プライベートのゴルフでは考えもしないようなミスが出て来ます。
悪いイメージがよぎると、必要以上に逃げのショットを選択して
しまい、これが悪循環の根源になるのです。

ただし、ここに至るまでに経験することが出来た全てを自分自身の
財産として、6月下旬の本大会実況に備えます。

本大会には出場出来ませんが、ミズノオープンよみうりクラシックの
ホームページ内で、今年もコース解説をさせて頂きます。

昨年は後半9ホールのINコースのポイント解説だけだったのですが、好評(?)につき今年は前半9ホールのOUTコースの戦略と見所も
合わせて紹介することになりました。

先日よみうりCCにて、そのコース解説のすり合わせを、
ミズノ・読売テレビ双方の担当者を交えて行いました。





コース解説は公式ホームページhttp://www.mizunoopen.com/で近日公開予定です。

是非ご覧下さい!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2010年06月01日(火) | コメント (0)

アナウンサー