Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「僕ってKYですね・・・」

混戦のカシオワールドオープンを制覇したのは小田孔明プロでした。
昨年に続くこの大会二連覇!!

思い返せば、小田プロは昨年のこの大会で初優勝を決めましたが、
あの時は明らかに重圧を背負った表情で、最終日終盤に右のラフから
ハーフシャンク気味のミスショットをしたのを思い出しました。

あれから1年。石川遼プロの大躍進が際立った今季ですが、小田孔明プロも新たなステージにしっかりと上がってきました。

丸山茂樹プロ、石川遼プロを圧倒する最終日の素晴らしいプレー。
その堂々たる姿は、最終日最終組のプレッシャーをはねのけ、
ゴルフを楽しんでいるようにさえ見えました。

実は小田孔明プロのマネージメントを担当している「JOYX(ジョイックス)」の皆さんとは公私共に仲良くさせてもらっています。

今季は他にも日本オープンで小田龍一プロが初優勝。JOYX所属の二人の小田プロが男子ツアーを盛り上げました。

そのJOYX所属のプロがこぞって出場した「第1回JOYXオープン」(今年7月1日開催)に、私もプレーヤーとして参加しましたが、初代チャンピオンは小田孔明プロ!!

雨の中のプレーオフで伊澤利光プロ・増田伸洋プロを退けての優勝でした。歴代賞金王である伊澤大先輩を退けての優勝に「僕ってKYですね・・・。」と笑っていました。

ちなみにその時の私の成績はまた後日・・・。

さぁ、次週は男子ツアー最終戦となる「日本シリーズ」。賞金王争いも最終戦までもつれこみました。予選カットが無い試合ですから、トッププロの攻撃的な4日間のゴルフに期待しましょう!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2009年11月29日(日) | コメント (0)

熾烈な争い

今週高知県で行われているカシオワールドオープン。

会場の黒潮カントリークラブは、阪神タイガースのキャンプ地・安芸市から車で10分。私も何度かプレーしたことがありますが、穏やかな太平洋を眼下に見おろす戦略性の高いコースです。

当たり前ですが、プロってすごいですね!こんなにスコアが伸びるとは!!トップは3日間で−14。私は80を切れたらOK!ぐらいの感じです・・・。

さて、来週の今季最終戦である「JTカップ」には国内賞金ランク25位までの選手しか出場出来ない為、それ以外の選手はこの大会が事実上の今季最終戦。

私の第一注目は、来季のシード権を掛けた熾烈な争い。

ここでシード権を獲れなければ、この後行われるファイナルQTに参加して来季の出場権をつかまなければなりません。シード権はプロゴルファーにとっての「生活権」と言い換えても過言ではありません。

誰が生活権を獲り、誰が逃してしまうのか・・・。優勝争いとは、まったく違う重圧と闘うプロゴルファー達にも声援を送ります!

そしてもう一つ。

闘いの本命である、石川遼VS池田勇太の賞金王レース。現時点で700万円差で石川遼がリード。

今日3日目が終って石川遼が、復活が期待されている丸山茂樹らと並びトータル−14。トップタイに躍り出ました!対する池田勇太はトータル−7の21位タイ。

明日はシード権争いとともに、石川遼VS池田勇太の賞金王争い。そして、丸山茂樹が復活優勝を果たすのか!?目が離せない試合になりそうです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2009年11月28日(土) | コメント (0)

スタート!

今日からブログ始めます!
タイトルは『小澤のゴルフナビ』

14歳でゴルフと出会ってから、明治大学ゴルフ部時代を経て、
ゴルフ歴は26年。ベストスコアは「67」。

今でも日課は、自宅で行う15分間のアプローチとパター練習で、
この15分間の調子が悪いと気持ちよく眠れない程です。

それから韓流好きでもありまして、「天国の階段」では何度涙を流したか・・・。今は歴史ドラマの「イサン」と「イルジメ」を欠かさずに見ています!

話しが横に反れましたが、とにもかくにも、ゴルフに入れ込む気持ちだけならアナウンス界でも日本一なんじゃないかなぁと自負しています。

今後、ゴルフにまつわる話題をいろんな角度から思うままに書き込んでいきます。時には、ゴルフから少し離れて他のスポーツのことにも触れるかもしれませんし、また、韓流話しも出てきてしまうかもしれませんが、これからよろしくお願いします!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2009年11月26日(木) | コメント (0)

アナウンサー