Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

HOME |  巨人

巨人

キャンプ取材記 【巨人編】   2012年02月28日(火)

G坂本はベーブルース???   2010年08月24日(火)

キムタクさんどうぞご無事で…   2010年04月03日(土)

ON@宮崎   2010年02月22日(月)

グータッチ!   2010年02月21日(日)

巨人広島戦   2010年02月20日(土)

胴上げに見た団結   2009年11月09日(月)

勝負の月   2009年09月02日(水)

亀なのに…   2009年08月13日(木)

原監督の涙   2008年10月26日(日)

ついに出た!メーク○○   2008年09月06日(土)

ジャイアンツ@大阪   2008年09月02日(火)

永遠の若大将!   2008年07月23日(水)

2008年の巨人軍(2)   2008年03月04日(火)

2008年の巨人軍(1)   2008年03月03日(月)

先輩後輩の相乗効果   2008年03月01日(土)

宮崎での1コマ   2008年02月05日(火)

ビールのお味は???   2007年10月03日(水)

今日こそ‘巨人軍魂’を…   2007年09月19日(水)

巨人の逆襲は???   2007年09月17日(月)

小笠原に脱帽…   2007年05月29日(火)

キャンプ取材記 【巨人編】 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 




巨人と阪神のオープン戦が那覇で開催されました!


昨年から2次キャンプを沖縄で行っている巨人。
ほとんどの球団が沖縄に集結している中、
対外試合を求めて巨人もプランを変えてきたのです。


ほんのちょっと前までは、
高知や宮崎でのキャンプが当たり前でした。
沖縄はこの時期、雨が多く、
球場や室内練習場設備が整っていないので、
いくら温暖でも各球団敬遠していたのです。。。


ですが、沖縄県の設備投資や積極的な誘致の結果、
ここ10年で様変わりし、
離島を含めて今や10球団+韓国数球団がキャンプを張っているのです。


巨人も宮崎での基礎キャンプを終え、沖縄での実践キャンプへ。
主力もしっかり名を連ねた阪神とのオープン戦。
先発には話題の沖縄出身の高卒2年目:宮国。
3回パーフェクト投球で地元を沸かせました…


…が、
タイガースは主力が実践初出場とあってまだまだの状態。
シーズンに入ったらそうはいきませんよ!


野手では、意外と評価の高い新外国人ボウカーやFA村田の加入で、
またまた競争激化。
投手陣はFA杉内や移籍ホールトンが加わり地球規模の大補強をした巨人。
ただ、やみくもな補強ではなく、
まさに足らない所を補ったのは事実でしょう…


阪神和田監督は
「タイガースである以上、巨人を倒して優勝する」と言明!
この日は、0-1で敗れてしまいましたが、
この借りは公式戦できっちり返すと和田監督の目は真剣でした。


今シーズンの伝統の一戦も目が離せません。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2012年02月28日(火) | コメント (0)

G坂本はベーブルース??? ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

珍しく巨人選手ネタです。


先週末の東京ドーム。
首位阪神と巨人の直接対決は巨人の3連勝…
阪神リポだった私はこてんぱんに打ち砕かれてきました…


それは別として…


試合前のドーム内でこんな光景を見ました。
巨人の背番号「6」のユニフォームを着た足の不自由な少年3人と、
坂本選手との交流です。


昨オフ、施設を訪問した坂本選手に励まされた彼らは、
車椅子だけの生活から、すべてを車椅子に頼らない生活へ…


彼らにとっては想像を絶するリハビリを乗り越えて、
義足や器具をつけながらではありますが、
しっかりと立って坂本選手との久々の対面でした。


さらには、その時に「キャッチボールしたい!」との約束もあり、
立つだけでなく、投げる捕る練習もしてきたとのこと。


実現したキャッチボールのシーンを横で見ていて、
子供の可能性って無限大だな…やる気を出した人間の成長ってすごいなと感じました。


そして、坂本選手は、その子供達にある約束をしました。
『今日の試合で打つからね…』


1ウラの攻撃、先頭打者坂本は、
阪神先発メッセンジャーのストレートを叩き、打球はレフトスタンドへ…
見事な先頭打者ホームラン…


かつて、アメリカの大スター:ベーブルースの伝記を読んだ時に、
似たようなエピソードがあったのを思い出しました。


打たれた瞬間、三塁側リポーター席はため息に包まれはしましたが、
坂本選手は格好いいな…とも思ったわけです。。。


正式に聞くのを忘れてしまいましたが、
おそらく、今週末の24時間テレビの中で放送されると思います。
阪神巨人どちらのファンとか関係なく、是非ご覧下さい!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2010年08月24日(火) | コメント (3)

キムタクさんどうぞご無事で… ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

キムタクと言ってもSMAPの木村拓哉さんではありません…
昨シーズン限りで現役を引退し、今季から巨人のコーチを務めている木村拓也コーチです。
昨日、マツダスタジアムでのゲーム前シートノックでノッカーをしていて突然倒れ緊急搬送、
くも膜下出血との診断で、搬送時は意識不明だったとのこと。


私、来週火曜日の阪神巨人の今季1回戦を担当するにあたり、
昨日まで横浜スタジアムでの横浜巨人戦を取材しておりました。

挨拶した時も人懐っこい笑顔を見せてくれて、
まさか突然倒れるなんて想像できないくらい元気でした。。。

一日も早い回復を心より祈るばかりです…


新聞によると、
突然の出来事に動揺した選手達を前に、原監督以下全員が手をつなぎ、
「この手を離した瞬間から試合に集中しよう」
と声をかけ、ゲームに臨んだとのこと。


主砲ラミレスの1試合2ホームランの活躍で1点差逆転勝利。
今日も1点差逃げ切り…


一方の阪神は2試合連続での1点差負け…


まだシーズン始まったばかりとは言え、両チームの明暗が分かれる出足となっています。


両雄の激突まであと3日。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2010年04月03日(土) | コメント (0)

ON@宮崎 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

土曜日に続いて昨日もサンマリンスタジアム宮崎に行きました。




今年は寒い寒いキャンプ取材ばかり続いていましたが、
昨日は絶好のキャンプ日和でした。


巨人vsソフトバンクの練習試合。
開幕が6日早いパリーグの方が投手も野手も仕上がりの早さを感じます。


さて、昨日は王さん長嶋さんの‘ON’が宮崎で再開!
お2人が監督を務めていた2000年の‘ON’日本シリーズを思い出します。。。


長嶋茂雄 巨人終身名誉監督とは、ブルペンで遭遇。
新戦力の小林雅投手のピッチングを見て激励していました。
大勢のファンがいる中、元気な姿を見せてくれました。


王貞治 ソフトバンク球団会長も顔色が良く、
試合前の3塁側で、我々マスコミ陣やお客様と談笑。
私も大ベテランの先輩の紹介で王会長にご挨拶させて頂きました。


昨日の日曜日、宮崎に集まったファンは38000人…12球団で最多人数。
こういった偉大な先人達があって今の野球界。
改めて、その存在の大きさを間近で感じました。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2010年02月22日(月) | コメント (0)

グータッチ! ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

昨日の巨人広島の練習試合。
結果は、
巨人3-2広島


広島は、初回の2得点のみでしたが、
盗塁・ヒットエンドラン・ランエンドヒットなど、
足技を絡めた機動力野球を存分に見せてくれました。
かつてのカープの姿が甦ってきた感じです。


今季からサードへコンバートした主砲栗原。
キャンプ第1クールからノックをたくさん受けていたのもあって、
守備面では軽快なゴロさばきでした。


一方の巨人。。。
スタメン発表から、この選手の時が一番大きな歓声があがっていました。


高橋由伸


腰痛のため、昨季はたった1打席のみの出場…
若手がぐんぐん力をつけてきただけに、今季にかける想いは人一倍です。


第1打席は代名詞でもある‘初球打ち’でのライト前ヒット!
第2打席は、1-3からのカーブをライトスタンドへホームラン!!


ファーストの守備も難なくこなし、やはり一流プレーヤーであることを証明してくれています。


対外試合初戦、巨人が勝利したということで…





巨人、今日はソフトバンクとの練習試合です。
ホークス王会長と巨人長島終身名誉監督が宮崎で対面するそうですよ!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2010年02月21日(日) | コメント (0)

巨人広島戦 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

やってきました宮崎市!
沖縄から転身し、昨日まではとてつもなく寒かったキャンプ取材。。。
今日はようやくキャンプらしい気候になりました!





リーグ3連覇中の巨人キャンプ。
オレンジ色の旗がなびくサンマリンスタジアム。
今年はお客さんも多いようです。




いよいよ対外試合が始まります。
今日は巨人vs広島。
野村謙二郎新監督率いる新生カープの初陣です!


スタメンは…


<巨人>
1番 ショート   坂本
2番 センター   松本
3番 セカンド   エドガー
4番 DH     ラミレス
5番 ライト    亀井
6番 ファースト  高橋由伸
7番 キャッチャー 阿部
8番 レフト    長野
9番 サード    太田

ピッチャー     野間口


<広島>
1番 セカンド   東出
2番 ショート   梵
3番 センター   天谷
4番 サード    栗原
5番 ライト    フィオレンティーノ
6番 ファースト  フューバー
7番 レフト    廣瀬
8番 DH     丸
9番 キャッチャー 會澤
ピッチャー     篠田


この試合の結果や内容など、なるべく早めにお伝えしますね!


なかなか情報をアップできない状況で申し訳ありません。
阪神、西武、広島、ソフトバンク、そして巨人と…
時間を作って早めにエントリーしますので、少々お待ち下さい!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2010年02月20日(土) | コメント (0)

胴上げに見た団結 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

土曜日、アメフト中継が終わったあと、テレビにて原巨人の日本一を確認しました。
(アメフトに関しては、また後日エントリーします!)


皆さん、おめでとうございます!
そして、今シーズンもお疲れ様でした。
以前も執筆しましたが、なかなか見応えある日本シリーズでした。
できることなら第7戦でダルビッシュ投手をもう一度見たかったですが…
日本一となった原監督も「セとパの覇者同士、素晴らしい戦いができた」
と相手への敬意も忘れていませんでした。


MVPに輝いた阿部捕手。
前回02年の日本一の時にはまだ駆け出しの若手、
翌年からヤンキースへFA移籍した松井秀喜選手が、
海を渡る前に阿部捕手を後継者として巨人を託したのは有名な話。


その松井秀喜選手がワールドシリーズでMVP
阿部慎之助選手が日本シリーズでMVP
何とも言えない‘縁’を感じた瞬間でした。


それと…


ナインの手によって10回宙に舞った原監督。


原監督を高々と担いだ選手が、
誰1人として監督とは反対の方向のカメラを向いていなかった姿に美しさを感じました。。。


いつの日からか、胴上げの輪の外で、
センターカメラ方向を向いてはしゃぐ選手が目立ち始めていたので…


このあたりからも、原巨人が、言葉だけでなく本当に‘一丸’になっていたことがわかります。
この世の中、言葉だけは一丁前なこと言うけど、行動が伴っていない人が多いですからね。


いいシーンを見させて頂きました。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年11月09日(月) | コメント (0)

勝負の月 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

プロ野球シーズンもボチボチ佳境に入りつつあります。

約半年に渡る長いシーズン。
勝負所は誰もが8月9月と認識してのいよいよ終盤戦です。


9月は勝負の月と話す首位巨人の原監督。
これまでの育成&経験からの脱却を名言していました。


昨日、毎年恒例、大阪での巨人主催試合。
ナニワのジャイアンツファンが目の前でナインの白ユニフォームを見る数少ないチャンス。


最下位横浜を一蹴した原監督は「勝負の月にいいスタートが切れた」


28打席ノーヒットだった5番亀井選手にもやっとヒットが生まれました。
試合前、大学の後輩へエールを送りに行った成果が出ました。
嬉しい限りです!
(結果が出たことと私のエールに何の因果関係もありませんが…)


甲子園では
クライマックスシリーズ(3位チームまでのプレーオフ:以下CS)進出へ向けて、
4位阪神が目先の相手3位ヤクルトと対戦。
3連勝すればゲーム差が一気に「3」縮まるとあって気合十分。
その初戦を鳥谷・金本・新井のクリーンアップで4打点!
こちらも勝負の9月にいい勝利を飾りました。

パリーグに目を移すと、
05年から新規参入し球団創設5年目の東北楽天が、
今日の埼玉西武戦に勝利するとCS進出マジックが点灯します。


勝負の月からますます目が離せませんね!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年09月02日(水) | コメント (0)

亀なのに… ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

「うさぎとかめ」の話では、
ゴール手前まで進んだウサギが休憩している間に、
ゆっくりながらも確実に歩みを進めた亀が、寝ているウサギを抜かして勝利しました。


しかし…こちらの‘亀’は、ウサギの如く一気にその名を轟かせています。


そう…巨人の亀井選手。


上宮太子から中央大学を経て巨人入り。
大学時代はヒットメーカーだったことから『東都のイチロー』と言われていました。
なんと、私の後輩なんです(私、中大OBです)

もちろん、守備や足も評価され、3拍子揃った好選手としてのプロ入り。


ですが、プロの壁は厚く、
オールスターチームが出来るくらいの巨人軍では、チャンスもなかなかもらいませんでした。


それでも、不断の努力を怠らず、今春にはWBC代表入り。
シーズンに入っても一歩ずつ階段をのぼり、今では5番打者として定着。


このところの活躍はお見事としか言いようがありません。。。


笑顔がお茶目な亀ちゃんですが、
去年のキャンプくらいから、顔つきがガラっと変わり引き締まってきました。
チャーミングなスマイルは変わりませんが、今年は自信がにじみ出てきた気がします。


亀の如く一歩ずつレギュラーへの道を歩んでいる亀井選手ですが、
その名はウサギの如く一気に知れ渡りました。


ですが、本人は「必死です…」
原監督は一切の甘えを許しません。


今の気持ちをずっと忘れずに、巨人の主力選手として長年頑張って欲しいものです!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年08月13日(木) | コメント (0)

原監督の涙 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

昨夜、リーグ優勝の巨人がクライマックスシリーズを制し、
6年ぶりの日本シリーズ進出を決め、
同じくパリーグ優勝後、プレーオフを勝ち抜いた埼玉西武ライオンズとの対決が決まりました。


勝利監督インタビューで見せた原監督の涙…


昨年のことがあるだけに、様々な想いがあったでしょうね。


シーズン前、どの評論家も巨人のぶっちぎり優勝を予想しました。
そりゃ~あれだけ戦力補強すれば、机上の計算ではそうなりますわ。

でも、そうじゃないのが勝負事…

巨人にとっての計算外は、
‘開幕5連敗’と‘阪神の独走’だったでしょう。

ただ、思い出すのは、今春の宮崎キャンプ。

A班(外国人・主力ベテラン野手)C班(手術明けのけが人・新人)はマイペース調整させ、
B班(若手野手・1軍半選手ら)を徹底的に鍛え上げていたのです。
2008年3月のブログ参照


阪神や中日にはなく、今年の巨人にあったのは‘若手選手の底上げ’

それは、2月のキャンプから想定し、監督も我慢強く起用し、
最後に花咲いたこと。

19歳の坂本、一昨年は育成選手だった山口、越智・東野ら実績がない投手、
亀井・脇谷・古城らの中堅に加え、木村拓・大道らベテランの相乗効果。

序盤から夏場前まで、主力が万全でないことで、
若手の起用に思い切れたのではないでしょうか?


昨年のクライマックス敗退、巨大な選手補強…
逆に重圧だったかもしれない環境…


原監督の涙には、色々な想いが伺えました。


クライマックスシリーズ第2ステージは全試合見ましたが、
中日との熾烈な戦いは、野球の醍醐味でした。

タイガースでなかったのが残念ではありましたが、
皆さん、お疲れ様でした。
残った2チームは、日本最高峰の戦いで、また素晴らしい試合を見せて欲しいものです。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年10月26日(日) | コメント (0)

ついに出た!メーク○○ ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

今朝の巨人応援系スポーツH紙の1面の見出し…


‘メーク レジェンド’


昨日のエントリーの後のナイトゲーム。
阪神は広島に●、巨人はヤクルトに○で3.5ゲーム差に…


皆さんご存知の96年、11.5差をはね返しての逆転優勝した年の流行語が
『メーク ドラマ』


98年、最後追い付いて、中日との最終戦対決を制した方が優勝の年は
『メーク ミラクル』


私が阪神巨人戦を中継した7・10の試合前は、最大の13ゲーム差。

その時のテーマとして考え、発した言葉は…

「12年前、1996年ねずみ年は、
セリーグ史上最大の11.5ゲーム差をはね返しての逆転優勝。
メークドラマを演じたジャイアンツ。
干支が1回りした2008年ねずみ年、
それよりも首位とのゲーム差が開いて13ゲーム差の大逆転劇は、
ここ甲子園から始まるのでしょうか?」


「~でしょうか?」
としたのは、まさかなぁ~そんなことありえないわ~との想いが、間違いなく頭にあったので、
「~始まります」
と断言できなかったのです。


もちろん、我々の間でも、今年はメーク何や???
と話題にしてはいましたが、思いつくわけがありません…


‘メーク ドラマ’を超える‘メーク レジェンド’


新聞さんもどこまで迫ったら見出しにしようかタイミングゥ~を計っていたはずです。
それを今朝に選んだと言うことは、何かが起こる確信に近いものを感じたのでしょう。


巨人が阪神を抜いての連覇達成なれば、間違いなく伝説(レジェンド)ですから…


あ~巨人ファンである後輩の○○アナが喜ぶ姿が目に浮かぶぅ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年09月06日(土) | コメント (0)

ジャイアンツ@大阪 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

週末、甲子園で阪神との直接対決に勝ち越した巨人は、そのまま関西に残り、
今日から京セラドームで2試合、松山へ移動して広島との3連戦です。

2位巨人は首位阪神とのゲーム差を6まで縮め、
リーグ優勝の可能性をわずかに残しています。

一方の4位広島も、3位中日に2ゲーム差まで迫っています。

どちらにとっても大事な3連戦…


明日もここ京セラで試合があります。
甲子園での試合ではなかなかチケットが手に入りにくい巨人ファンの方々。
まだまだ席に余裕があるようですので、是非お越し下さい!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年09月02日(火) | コメント (0)

永遠の若大将! ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

え~なななんと…

昨日、誕生日を迎えた巨人の原辰徳監督。
変わらぬ笑顔、歩くと爽快な風が吹き抜ける爽やかさ…

そんな原監督、50歳になられたそうです。


私が小学生時代に巨人に入団し、その後は中心選手として活躍。
その当時とほとんど変わらない姿…
とても50歳には見えません。。。


試合はエラー続出、
柱になって欲しいと期待している左腕内海が4点のリードを守れず阪神に逆転負け。
その阪神に、優勝へのマジック46が点灯しました。


阪神は、序盤の4点ビハインドもなんのその…
赤星&新井、さらにバッテリーの関係で矢野もスタメンから外れた中、
5番に入った関本の見事な選球眼(四球)、
昨日昇格したばかりの庄田の進塁打意識(結果相手エラー)、
絶好調:高橋光のタイムリー、
代打桧山は内野ゴロ間の決勝点演出など、
出てくる選手がそれぞれ役割を果たす阪神。
投手陣も先発早期KOのあとを受けた23歳阿部健太が流れを引き寄せる投球。
こうなれば磐石のブルペンが点を与えるはずがありません。


両軍の力の差がはっきり出た昨日の一戦…


気になったのは、追い上げねばならない立場の巨人選手に、
泥臭さを感じなかったことですかね…

首位独走の阪神選手が「必死のパッチ」と言っているのに、
追いかけるチームに覇気がないのはいかがなものか???

‘気合から回り’や‘大事にいき過ぎ’とか言う方もいるかもしれませんが、
今の巨人は形はどうあれ『勝たなければならない』立場でっせ~

今月最後の直接対決…これから見てきます!


敬称略

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年07月23日(水) | コメント (0)

2008年の巨人軍(2) ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

ラミレス・グライシンガー・クルーン…

他球団のタイトルホルダーを次々に獲得した今季の巨人

そのあまりに巨大な補強に、各方面からは色々な声も飛んでいるようです。

しかし、よくよく考えてみると…

小笠原・二岡・谷・林らは昨オフに手術

もちろん今季の状態次第の部分が大きなウェイトを占めるのでしょうが、
8月の北京五輪で、上原・阿部・高橋由・高橋尚らが選出される可能性は大。
過去の五輪やWBCなども考えると、体調が万全なら小笠原・谷、
韓国代表では李スンヨプも…

それを考えると、勝負の8月に主力が大量に抜けそうなので、
戦力ダウンさせない補強が必要となるのでしょう。

現に、内海や木佐貫がキャンプ中に脇腹を痛めることにもなり、
やはり戦力は豊富なのに越したことはないと言うことなのか???


さて、この足は誰だと思いますか?


正解は、阿部捕手の足です。
今年もキャプテンとしてチームを元気に牽引し、
オープン戦も全戦帯同して、自身の調整にも余念がありません。


打撃練習を見ていたら、ティー打撃 ⇒ フリー打撃の流れですが、
そのスイングの早さ&力強さに、目線をそらすことができませんでした。

そのスイングを支えるのが、この下半身の太さなのです。
ふくらはぎの太いこと…

ポジションもキャッチャーは扇の要…キャプテンという役割…


表向きは、実績十分の外国人の補強、去年までのFA加入、若手の底上げ…
がテーマの巨人ではありますが、

この阿部が見せる姿&存在感が、今季の巨人の強さを確信せざるを得ません。


この巨人に立ち向かう他球団。
今年の巨人戦は、どのチームももの凄い気迫で臨むでしょうね。
その戦う姿が、我々ファンの心を打つのです!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年03月04日(火) | コメント (0)

2008年の巨人軍(1) ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

オープン戦が始まり、日に日に開幕が近づいてきました。

先日、巨人を取材に行った際、
指揮官である原監督が若手へ直接ノックしているシーンに遭遇!





今季は巨大な補強ばかりが目立つ巨人ではありますが、
若手の底上げが大きなテーマでもあります。

実際キャンプでは、チーム全体を3つの班に分け、
2軍的な若手と1軍若手は一緒の班(B班)で泥まみれのキャンプを送り、
安心感を与えない雰囲気を作っていました。

この写真も、坂本・寺内・円谷ら若手内野手への愛のノック中!!!

内野では、小笠原・二岡が手術明けのリハビリ中であることと、
3年後5年後の1軍戦力になるために容赦なく厳しくなっています。


このキャンプ3班制度…各方面では賛否両論あるようですが、
あるレギュラー候補の若手選手はB班でよかったと話してくれました。

外国人やベテラン主体のA班だと、特打や特守をするにも若干遠慮してしまうけど、
B班だと、もっと若い選手と一緒に遠慮なく追加メニューが出来たと言うのです。

現に、今年にかけている選手達のスイングや動きは必死そのもの。。。

主力にはまだ及ばないかもしれませんが、
こういった姿が、これからの巨人軍にとっての明るい未来につながるのでしょうね!


‘PART2’では、今年の巨人の強さはここにある!って所を紹介します。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年03月03日(月) | コメント (2)

先輩後輩の相乗効果 ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

今日からは数日間は巨人情報をお届けします。


ソフトバンクとのオープン戦のマウンドには、
今季は先発復帰のエース上原が上がりました。
対するソフトバンクは、昨秋の大学社会人ドラフトで取り合いになった東洋大卒の大場。
試合開始前の場内アナウンスから、球場が盛り上がっていました。

その上原、去年は故障のため、この時期の実践登板はなく、
開幕から約1ヶ月遅れの合流後、クローザーとしてリーグ優勝に貢献。
今季は、前横浜のクルーンを獲得したことで、先発復帰となったわけですが、
さずがの上原もここまで不安があったそうです。

長いイニングを投げるために必要な緩急をつけるべく、
初球はカーブから入った初登板。
3回2失点ながらも、不安は少し減ったようです。


年明けの自主トレは、後輩の西村と行い(西村から志願され・・・)
上原はウィニングショットの‘フォーク’を伝授しました。
(聞かれたからだそうですが…)

その代わりに、西村の持ち球の1つ‘シュート’を教わり、
今日はその新球シュートを実践で試すのも課題でしたが、
本人は「いい球もあったけど、悪い球もあったので、手応えは半々かな」

西村も1イニングを投げ、上原直伝のフォークを投じました。
試合後、新聞記者に西村のフォークの落ち具合がよかったと聞かれた原監督は、

『異議なし』

とだけ話しました。


共に自主トレを行った先輩:上原と後輩:西村
お互いの得意な球を教えあって、お互いの投球の幅が広がる相乗効果は、
リーグ連覇にむけて大きな財産になるかもしれませんね。

敬称略

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年03月01日(土) | コメント (0)

宮崎での1コマ ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

巨人の宮崎キャンプを訪問しました。

今季は、1・2軍の振り分けではなく、選手全員を3つの班に分け、
A班 ⇒ 主力・ベテラン
B班 ⇒ 主力・若手
C班 ⇒ けが人・新人他
となっています。


さて、サンマリンスタジアム宮崎では、新外国人選手も陽気にトレーニング!

200802051135000.jpg

遠めで申し訳ないですが、この背番号「5」は誰でしょう???

決して清原選手ではありません。


正解はヤクルトから移籍のラミレス選手です。
シーズン時より、若干太めですが、報道されている通り、
ひげのないラミちゃんは別人のようです。



さて、1959年、現ソフトバンクの王監督が巨人に入団した年から行っている
巨人の宮崎キャンプは、今年で50年。

その間の監督の変遷を見ると…
水原円裕~水原茂~川上~長嶋~藤田~王~藤田?~長嶋?~原~堀内~原?
と続いた50年。


節目の年に原監督との貴重なツーショット!!!

200802051343001.jpg

実はこれ、原監督の等身大の看板なんです。

ファンのためのインフォメーションスペース、通称‘ボールパークG’にあります。
選手も数名立っているので、記念にいかがですか?

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年02月05日(火) | コメント (0)

ビールのお味は??? ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

パリーグはすでに北海道日本ハムの連覇が決まっていたが、
セリーグは巨人があまりに劇的な勝利で5年ぶりの優勝を飾った。

皆さん、おめでとうございます!

巨人軍の歴史上、初の屈辱となった4年連続のV逸から始まった今シーズン。
原監督は強い選手を求めて、小笠原の獲得など、なりふり構わぬ補強をして臨んだ。

一見、オールパシフィックのようなメンバーになり、
巨人ファンですら『今の巨人は巨人じゃない…』と嘆いたほどだ。

あくまで推測だが、原監督は、そんなチームの方針を見せ付けることで、
高橋由・二岡・阿部といった、いわゆる‘生え抜き’選手に危機感を与えながら、
激しさ・厳しさといった部分を鼓舞したに違いない。

2日(火)は3位以上が確定した阪神戦を取材していたため、
試合の詳細を尾山目線で伝えられないのが申し訳ないが、
結果とニュースを見ると、1点を追う9回は、二岡の犠打・阿部敬遠・代打矢野がつなぎ、
最後は清水の内野安打&ヤクルトの名手宮本の悪送球で優勝となった。

過程の中では、ゴンザレスや李のHRや小笠原のチャンスメイクはあったが、
最後は‘生え抜き’がやってくれた。

さらに推測に過ぎないが、原監督は、離れたファンを再び戻すには、
何を思われようが、言われようが、とにかく優勝するしかなかったのだろう。


しかし、今年の場合は、まだ第1段階をクリアしたにすぎない。
ご存知の通り、クライマックスシリーズという高いハードルが待っている。
ここ数年のパリーグを見ていても、後から迎え撃つ上位球団が苦しんでいる。
短期決戦で勢いの付いた下位チームに対し、実践から遠ざかっている上位は
何とも言えぬ‘流れ’に飲み込まれ、日本シリーズ進出を逃しているのだ。

私が今年も1年間も続けてきた阪神も敗れ3位が確定した。
従って、13日から2位中日の本拠地:ナゴヤドームで1stステージとなる。

まだまだ予断が許されない2007年は、一体どんな締めくくりとなるのだろうか?


それにしても、ビールかけをしている選手の表情は、いつ見てもいいっすね…
私も、一昨年、阪神の祝勝会場に参加し、選手にインタビューしたことを思い出します。

苦しかったからこそ、その味は格別なものと聞きます。
それは、他の5球団は出来ないことだから…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2007年10月03日(水) | コメント (0)

今日こそ‘巨人軍魂’を… ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

伝統の一戦:阪神巨人@甲子園
阪神の2連勝で、今シーズンの最終戦を迎えます。

決戦の前の甲子園球場

グラウンドキーパーさん散水中…

カラスがカァ~カァ~鳴いています。

今夜はどんな一戦になるのか???


大混戦のセリーグ。
今日、阪神が勝利し、中日が敗れると、阪神にマジックが点灯するとか。
現状の順位と、試合消化数の関係で、巨人がやや不利な状況に変わりありません。


巨人は、今回の甲子園遠征を終えると、残り試合はすべて東京ドーム。
だからこそ、原監督が去年から言い続けている
「甲子園を制せずして優勝なし」
を、今こそ実践するはずでした。


昨日、一昨日を悔やんでも仕方ありません。
ここ数年、阪神が‘真の虎戦士’になっているからこそ、
今日こそ‘巨人軍魂’を見せて欲しいものです。


この両チームが強いことが、野球界再興につながるから…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2007年09月19日(水) | コメント (0)

巨人の逆襲は??? ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

巨人が広島相手に3連勝し、阪神が中日に敗れたため、
首位が入れ替わり、巨人首位で、いよいよ甲子園での伝統の一戦です。


金曜日、5点差をひっくり返した巨人打線。
土曜日は高橋尚の好投、日曜日はローテの谷間に野間口が気迫の投球。

チームリーダー小笠原はお立ち台で、
『甲子園では‘みんな’で戦ってきます!』
と声を大にして叫びました。

地元東京ドームで3連敗と苦渋を飲まされた巨人。
残り試合数などを考慮しても、敵地甲子園での阪神戦に3連勝しないと
苦しい状況には変わりないでしょう。

クライマックスシリーズがあるとはいえ、
ペナントレースの順位がシーズンの順位なので、
球団史上初めて4年間優勝から遠ざかっている巨人は、
是が非でも‘優勝’を勝ちとらねばなりません。

阪神も、地元甲子園の大声援を武器に、首位巨人を迎え撃ちます。


甲子園での阪神巨人戦から目が離せませんよ~


ytvでは今日17日放送
関西地区以外の方は、日テレG+での放送になります。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2007年09月17日(月) | コメント (0)

小笠原に脱帽… ( プロ野球 ) > ( 巨人 ) 

巨人ーオリックスの第2戦。
この日はまさに「小笠原DAY」になりました。


オリックス先発カーターは、開幕当初のクローザーから転向し、
前回の広島戦で初先発。
持ち球を全て低めに集めることで、ゴロを打たせる投球が身上です。


初回、1・2番を狙い通りの内野ゴロで打ち取ったカーターでしたが、
3番小笠原に投じたワンバウンドすれすれの得意のチェンジアップを
左中間スタンドに運ばれてしまいました。


責められない1球でしたが、この結果がカーターを狂わせました。


女房役の日高の同点HRが出たものの、その直後、またも小笠原…
今度はインコースのストレートをライトスタンドへ…
終盤にはセンター左へ完璧なHR!
自身初の1試合3ホームランでオリックスに雪辱です。


巨人にとって、交流戦1勝3敗で迎えたこの試合。
オリックスの勢いもあって、今日落とすと去年の悪夢再び…
の雰囲気もいよいよ出てきそうな予感も、
ガッツの一振りがそんなムードを吹き飛ばしました。


この光景…どこかで見た記憶が…


03年、阪神に移籍したアニキ金本選手がまったく同じように
一振りで、その戦う姿で、チームを18年ぶりの優勝へ導きました。


今年の巨人は、ガッツ小笠原の侍スピリットが巨人を牽引しています!


敗れたオリックスのコリンズ監督も、
『今日の試合を一言で表現するなら‘オガサワラ’だ…』
と脱帽…


連勝が7でストップしましたが、
また明後日から出直すと手応えは十分の様子でした。


ところで…


阪神はロッテに今日も大敗したようですね(><)
昨日の矢野捕手に続き、JFKの一角‘ウィリアムス’までもが
左肩周囲炎で登録を抹消されたようです。


岡田阪神大ピンチ…


阪神ファンならおわかりのこの窮状…


その答えは明日にでもアップします。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2007年05月29日(火) | コメント (0)

アナウンサー