Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

最後の聖戦(2) ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

(1)からの続き・・・


今回の世界戦をボクシング人生の集大成と位置付けていた長谷川
事前の取材でもその覚悟とこれまでとの違いを発信していた


10回防衛したバンタム級はファンや周りで応援してくれた方のため
フェザー級で頂点を極めた時は今は亡き母のため
そして今回のスーパーバンタム級は自分自身のため


母のためにフェザー級のタイトルを奪取し、
それを失った時にすでに燃え尽きていたとも聞くが、
今回は【自分が本当に強いのか?】【本当にボクシングが好きなのか?】
【本当に満足できるのか?】【相手は王者でなく過去の自分】


3年間、待ちに待った世界戦は究極の自己満足な戦(いくさ)と考えていた



疲れが取れにくい、体重が落ちにくい、ケガをする…
世界戦ができなかった3年間、長谷川は寄る年波とも戦っていた


09年からタッグを組んでいる管理栄養士と綿密な計画を立て、
食事内容、単なるミネラル補給だけでなくナトリウム入りの水分補給、
ケガ防止のためコラーゲンの摂取、いつもより早めの減量など、
やれることは全部やった


「ケガなくリングに上がれることがすべて」
山下会長のこのひと言が物語っていた


しかし、すべて順調に進んでいたリズムが唯一狂わされたことがあった


今回はいつもの慣れ親しんだWBCではなく、
新しく日本でも認められたIBFという団体での世界戦
IBFのルールとして、前日計量だけでなく翌朝の当日計量も義務付けられていた


定められた時間まで、
スーパーバンタム級リミットの55.3kgから
+10ポンド(4.5kg)以上増やしてはいけない


これまでも過酷な減量を強いられてきた長谷川
今回は順調に体重は落ちたが、その後の安堵感がまったく違った
「慣れないっすね・・・勘弁して欲しいわ」この第一声は本音だろう
本来ならゆっくりと体重を戻し、心と身体を休めつつ翌日の決戦への準備をするはずが
食事後、半身浴を2回もするなど若干ペースを乱された



***********************************


山下) 「どうや?マルチネスのパンチどうや?」
長谷川)『硬いっすね』


これが大観衆に見守られて始まった決戦の第1R終了後の最初のやり取りだ


2Rダウンを奪われた後のインターバル
山下) 「これで緊張とれたんちゃうか?」
長谷川)『うんうん』とうなづく


6R終了後、運命の7Rへ向かう直前
山下)「俺達これまでもこんな場面何回も経験してきたやんか!諦めるなよ」
長谷川『あきらめません…』



残念ながらレフェリーに止められたが、
直前の言葉通り、長谷川は最後の最後まであきらめなかった


事前取材のインタビューで長谷川はこんな発言をしていた
『ボクシングを見に来る人が何を見たいか?というと
人間味あふれるボクシングだと思うんです。
(12R)36分に自分の人生を戦っているような…
36分に自分の人間性が出ていると思っている』


鳴り止まなかった大きな拍手
永遠に続きそうだった長谷川コール
涙を流したファン


結果は22分20秒…(7R 1:20 TKO負け)
36分とはいかなかったが、長谷川穂積の生き様は万人に伝わったのだ


日本のエースとしてバンタム級で君臨していた頃、長谷川はいつも強い相手と戦っていた


ただ、強い相手だからこそ最初の頃は判定も多かった
それは長谷川が距離を取るタイプ(アウトボクサー)だったのもある


このリアルなボクシングは玄人受けしたが、万人受けにはやや遠かった
そこで長谷川はKO(倒すこと)を追及した
バンタム級6度目の防衛からは5試合連続KO防衛を果たした
フェザー級へ転向後はパワーをつけた


その後、バンタム10回防衛・2階級制覇と栄華を極めたが、
逆にこのことで、長谷川は原点を忘れることになった
本来はスピードを生かし、打たせないで打つスタイル
それは頭ではわかっていても身体と本能が許さなかった


ただ、本能のままに打ち合い敗れた姿を誰も非難しなかった
もちろん、ただ勝つためだけならばアウトボクシングを徹底していたはずだ



【ボクシングが好きだって再確認できた』
前日計量をリミットでパスした直後の囲み取材で話したこの言葉
この時点ですべてを超越したように思った


まだ何も発表されていないがおそらく引退する方向だろう


勝って、静かに、グローブを置いて欲しかった…


敬称略

投稿者: 尾山憲一 日時: 2014年04月25日(金) | コメント (0)

最後の聖戦(1) ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

最後の聖戦


インディージョーンズのことではありません…


昨夜、約12000人のボクシングファンで埋め尽くされた超満員の大阪城ホール


鳴り止まなかった大きな拍手
いつまでも続きそうだった長谷川コール
涙を流していたファンもいた


ここ大阪城ホールは、97年11月
浪速のJOEこと辰吉が下馬評を覆して3度目の世界王者となった聖地。
豪打の王者相手に勝てば3階級制覇となる長谷川にとっては格好の舞台が整った


序盤は距離をとって打ち合わず、ポイントをとりながら、
中盤以降チャンスがあれば勝負に出るというのが今回の陣営の作戦だった


が…


2R
闘う男の本能がそれをさせなかった


ロープを背に打ち合ってしまった長谷川は
王者の強烈なパンチを受けダウンを奪われる


その後、不屈の闘志で盛り返すも、
偶然のバッティングによる出血…蓄積されたダメージ…
ポイントではリードしていたが、7R1:20レフェリーが試合を止めた…



会場は一瞬静まり返ったが、誰もため息をつくファンはいなかった


その後、大きな拍手が沸き起こったのだが、
まず始めに拍手をしたのが、リングサイドで息子の勇姿を見届けた父だった
息子にボクシングの道を授けた元プロボクサーだ


そして、長谷川がどんな時も忘れていない家族の存在
長谷川がどれだけ打たれても視線を一切逸らさなかった


あくまでも想像の域を脱しないが、おそらく
「これが最後になるから、ちゃんと見届けてくれ」
というようなことが告げられていたのだろう。


妻は
「もうやめて!とも思ったけどいい試合でした。やるだけやったと思います。
どんな結果になろうとも、私は最後まで見届けるつもりでしたから」
と振り返った。



辰吉は大阪城ホールで伝説を創った
長谷川は大阪城ホールで伝説に終止符を打った


どちらもテレビ中継に携わることができた。
感謝したい



(2)では事前取材や当日のラウンドリポーターで得た生の声を綴りたい


敬称略

投稿者: 尾山憲一 日時: 2014年04月24日(木) | コメント (0)

見逃すな!~ボクシングダブル世界戦~ ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

アナウンス部HPタイムラインではその都度投稿しましたが、
いよいよ明日、ボクシングダブル世界タイトルマッチが大阪城ホールで行われます。


バンタム・フェザーに続き、3階級制覇を目指す長谷川穂積は、
IBFスーパーバンタム級王者キコ・マルチネスと対戦。
リミット55.3kgの計量をパスしました。



これまでだと、これで明日の決戦を待つのみとなるのですが、
IBFでは当日計量もあり、
リミットより約4kg以上オーバーしてはいけないルールとなっているんです。
まだまだ油断できません…







メインイベントはWBCバンタム級王者:山中慎介の防衛戦。
今回の挑戦者は同級3位のシュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)
この両者も一発で計量をパス。神の左が炸裂するのを待ちましょう!

ダブル世界戦の直前の試合を務める
元世界フェザー&スーパーフェザー王者:粟生隆寛も、
3階級目となるライト級での3階級制覇への前哨戦に気合い十分。
アニキと慕う長谷川、ジムメイト山中へいい流れを作ってくれるはずです。






公開練習での長谷川のシャドーとミット打ち。
あまりに早くてスマホカメラではちゃんと撮れませんでした…


敬称略


約12000人の大阪城ホールは超満員の予定です!


放送は、明日19:00~ytv日本テレビ系列にて放送。
【長谷川戦】
解説:浜田剛さん&飯田覚士さん
実況:鈴木アナ・赤リポ:上重アナ・青リポ:尾山
【山中戦】
解説:飯田覚士さん&西岡利晃さん
実況:中野アナ・赤リポ:上重アナ・青リポ:本野アナ(ytv)
【粟生戦】
解説:セレス小林さん
実況:上重アナ・リポ:尾山
【大阪帝拳:中澤戦】
解説:セレス小林さん
実況:本野アナ(ytv):リポ:尾山￿

投稿者: 尾山憲一 日時: 2014年04月22日(火) | コメント (0)

アナウンサー