Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

2013年スポーツBEST10 ( スポーツ ) 

2013年のスポーツ界もたくさんの感動的なシーンがありました。
ここ数年さぼっていた年末恒例…
私、尾山が独断で選ぶ2013年スポーツBEST10!!!



●第10位
【箱根駅伝:我が母校中央大学シード権失う…】


28年続いたシード権を失った中大は、今回は予選会からの出直し。
ただ、そこでも記念大会での出場校数増に救われギリギリでの本戦出場。
連続出場回数は途切れずにすんだが…果たして…厳しいのかな…


●第9位
【サッカー:A代表W杯最終予選を突破!】


2014年はいよいよブラジルW杯!サッカー日本A代表もいよいよ本番です。
実は、私、本田圭佑選手が大ファンでして…
キャプテン翼世代の私としては、どことなく日向小次郎と被るんですよね。
ポジションは違いますけど、、、
日本代表って、なんだか大空翼ばかりでストライカー不在な印象だったので。
本田選手のグイグイ感で何とか予選リーグ突破して欲しいですね!


●第8位
【モーグル:上村愛子選手、ソチの表彰台を希望!】


冬季ソチ五輪へ向けて、各種目で続々と出場者が決まっています。
この間の男女フィギュアの選考は熱かったですよね!
でも、私は女子モーグルの上村愛子選手に注目しています。
ソチが決まれば5大会連続の五輪出場となります。
これまで長野7位→ソルトレイク6位→トリノ5位→バンクーバー4位
『何で、こんなに一段一段なんだろう……』の言葉がこの4年頭から離れません。
次こそ表彰台へ!1段とは言わず、
ど~んと飛び越えて表彰台のてっぺんへ上がって下さいね!


●第7位
【プロ野球:東北楽天球団創設9年目での日本一!】


この順位は申し訳ないのですが、
田中投手の開幕から負け知らずの24連勝はもはや破られることのない大記録かと…
近鉄の球団消滅からの流れでできたチームだっただけに色々な想いが駆け巡りました。


●第6位
【プロレス:NOAH新たな船出!】


故三沢光晴さんを船長に2000年に設立されたNOAH
その中心選手であった小橋建太さんの引退試合の翌日から『方舟新章』として再出発。
選手1人1人が危機感を持ってファンサービスに取り組んでいます!
ファンの皆様、ファンでない方も、一度NOAHの試合見て下さい!
プロレスへの印象が変わりますよ!


●第5位
【バレーボール:グラチャンバレー女子で新戦術!】


コート内6人でプレーするバレーボール
セッター1人、オポジット(セッター対角)1人、ウィングスパイカー2人、
ミドルブロッカー(MB)2人がベーシックな考え方でしたが、
この秋開催されたグラチャンバレーで女子の眞鍋監督は、ミドルブロッカーを1人にして、
ウィングスパイカーを3人にする斬新なアイディアを披露しました。
MBが1人なことから『MB1(エムビーワン)』と名付けられました。
体格やパワーの点で、世界を勝ち抜くのが困難な日本バレー界。
『必ずMBを2人にしなさい』なんて規定はないんです。
アメフトのように相手を考えさせる効果もあって見事3位に輝きました。
こういった新しい考え、ぜひ男子にお願いしたですわ。


●第4位
【アメフト:関西学院大学が学生日本一3連覇達成!】


関西を勝ち抜くのが大変な学生アメフト界。
東日本代表と戦う『甲子園ボウル』は一発勝負、下馬評通りにいかないこともありました。
アメフト戦国時代と言われている中、
日本一3連覇はあっぱれ!としか言いようがありません。
どうしても関東に集中がちな学生スポーツにあって、関西が日本一になれる種目がアメフト。
東京キー局様、皆様に身近じゃなくてもちゃんと見つめて下さいね。


●第3位
【女子ゴルフ:森田理香子選手初の賞金女王に!】


初めて関西出身選手が頂点を極めました!
京都出身の森田選手。
今季開幕戦で優勝してからシーズン通して安定した戦い。
終盤、横峯さくら選手から猛追され、一回逆転されたものの、
最後は僅差で逃げ切り、栄冠を手にしました!
とにかくストイックな頑張り屋さんですし、何より1/8で24歳とまだ若い!
間違いなくしばらく森田理香子時代が続くはずです!


●第2位
【プロ野球:阪神藤浪晋太郎はやはり黄金ルーキーだった!】


大阪桐蔭高校で甲子園春夏連覇を達成し、阪神にドラフト1位で入団した藤浪投手。
じっくり慎重な育成計画ではありましたが、
首脳陣やファンの期待に見事応え、高卒新人ながら10勝を挙げました。
もちろん、勝ち星では松坂大輔投手や田中将大投手よりは少なかったものの、
熱狂的な阪神ファンや報道陣とちゃんと向き合いながらの10勝は、
単なる10勝とは違う気がします。
クライマックスステージで初戦の先発を託され、残念な結果ではありましたが、
来季は結果だけでなく、内容も濃い二桁勝利を期待してまっせ~!


●第1位
【男子ゴルフ:宮里優作プロ悲願の初優勝!】


いやぁ~久々にテレビの前で泣きました・・・
鳴り物入りでプロに転向してから11年、
藍ちゃんのお兄ちゃんがようやくてっぺん取りました!!!
今季最終戦のゴルフ日本シリーズ。
これまで幾度となく最終日最終組で涙を飲んできた優作プロ。
相当な重圧はあったと思いますが、それをはねのけました!
間違いなくゲンを担いだと思われる‘ヒゲ’の長さがそれを物語っていました。
二人三脚3年目、帯同キャディーの杉澤さんも感涙。
『去年は1打足りずに出場できず、今年は1打差で出場しての優勝。
1試合1試合、1日1日、1ホール1ホール、1打1打を疎かにしなかったことが
この結果につながったはずです』
と振り返りました。
現場でゴルフの話をするのはもちろん、その次は野球の話題…
そう!優作プロは阪神ファンなんです!!
今季最後の最後でいいもの見せてもらったので、
来年は優作プロの複数優勝とタイガースの優勝を願いましょう~!!!



2014年はどんなスポーツシーンが待っているのでしょうか?
心揺さぶる素晴らしいプレーを期待しています!


まずは、3日アメフトのライスボウルで関学が社会人撃破するのを楽しみにします。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2013年12月31日(火) | コメント (0)

アナウンサー