Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

さようなら・・・ロボコップ ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 





毎回送って頂く大相撲の番付表…
丸で囲った中の「高見盛精彦」の四股名が春場所から見られなくなります。


角界のロボコップの愛称で親しまれた高見盛関。
勝ち越せなかったら幕下へ降格にしてしまう今場所で給金ならず…
自ら幕を引く決意をしました。


以前、高見盛関に取材したことがあります。


あのロボコップと言われた仕草はどうやって生まれたか???


実は、彼はすごく怖がりで緊張するタイプなんです。
立ち合いまでの間、怖くて怖くて仕方ないんだそうです。


その恐怖心を取り除くために、自分に気合を入れるためのポーズが、
いつしかパフォーマンスになってしまったのです。



それにしても、個性的な力士が少なくなった中、
記憶の残る力士が土俵を去ってしまいました。


お疲れ様でした。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2013年01月30日(水) | コメント (0)

アナウンサー