Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

頑張れ!龍神NIPPON!! ( スポーツ ) > ( バレー ) 

おとといから始まったW杯バレーボール男子。
植田辰哉監督率いる日本男子代表(龍神NIPPON)は
残念ながら開幕連敗スタート…


かつて72年ミュンヘン五輪では金メダルに輝いた日本バレー。
拾って拾って拾いまくる日本のお家芸も、
今や身長2mを超える諸外国の選手が
フライングレシーブしてしまう…


どうしても高さでは世界の強豪国に及ばない日本は、
00年のシドニー五輪を逃して以来、
プレーの速さで対抗していました。


昔の‘ふわ~ん’とした山なりのトス回しではなく、
「平行」と呼ばれる直線的なトスアップを軸に、
どのプレーもクイックに近い攻撃で、
相手ブロッカーを極力1人にさせ、
的を絞らせなくしていました。


しかし、昨日の対戦相手であるアルゼンチンは、
身長差だけでなく、プレーの速さでも日本バレーを上回る国。
そうなると日本はどうしたらいいのか…


1つの策として、強いサーブで相手の形を崩し、
その速い攻撃をさせないような対策を講じたものの、
フルセットの末、敗れてしまいました。。。




バレーボールは、
ボールやコートサイズなどの企画はもちろん万国共通で、
ネットを挟んで相手との接触がないスポーツ。
相手の力を利用したりできないだけに、
高さと力とスピードの差が如実にでてしまいます…


どうしたら国際舞台で日本男子が輝けるのでしょうか???


何か知恵があったら教えて下さい!!
あさってからの大阪ラウンドへ取材で伺うので、
その時に、植田監督・中垣内コーチに伝えます…


TWITTERにてご意見募集します。
@KenichiOyamaまでお願いします!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年11月22日(火) | コメント (0)

王手 ( プロ野球 ) 

プロ野球日本シリーズ。
セリーグ覇者:中日vsパリーグ覇者:ソフトバンクが
熱い戦いをしております。


後出しジャンケンっぽくてスミマセンが、
私の戦前の予想はソフトバンクがやや有利と思っていました。
両チームとも投手力は互角、打撃や走塁でSバンクが上の理由から。


ふたを開けると、やはり投手戦のロースコアゲームが続きました。
そして「打線は水モノ」でした。


シーズン中から少ない好機を逃さず1点の取り方がうまい中日が、
Sバンクの唯一の不安材料と言われたクローザー馬原を襲い、
敵地での1戦目・2戦目を延長の末に制しました。


ところ変わってナゴヤドームでの第3戦。
水モノの打線が奮起し、ホークスは12安打でシリーズ初勝利。
ただ、私は朝の番組でも「まだ中日有利」と発言しました。


理由は『中日バッテリーが‘お祭り男’を封じていたから』
短期決戦に必要なのは、その瞬間に爆発できる選手がいるかどうか?
普段通りの野球をすることはもちろん大事ですが、
+αがないと波に乗れません…


その1人は、今季FAでホークス入りし、
史上2人目のセパ両リーグで首位打者に輝いた内川です。
第2戦でバットのグリップに関して陽動作戦をされ、
邪念を植えつけられた内川は、
この第3戦でもいい当たりはするものの5打数無安打…


中日サイドは、
ホークスの得点パターンと元気印を封印することが大事だったのです。


その内川、さすが実力者です。
第4戦の第1打席でシリーズ2本目のヒットを打つと、
あとを打つキャプテン小久保のタイムリーを生み先制点をアシスト!
またもや接線となったこの試合も制し、2勝2敗のタイに持ち込ませました。


これでホークス打線は役者が揃いました。
逆に中日は、シーズン終盤活躍したキャッチャー谷繁が全試合で無安打。
野球界には「キャッチャーを打たすな。守りで乗るから」
との格言があります。


攻守の切り替えはできるベテランとは言え、
5戦無安打は堪えるでしょうね…



2003年、阪神ダイエーの日本シリーズは、
それぞれ本拠地で勝利しダイエーが日本一になった
‘内弁慶’シリーズ。
ですが、今年は敵地で勝利するという
‘外弁慶’シリーズとなっているここまでの流れ。


外弁慶が続くなら、
週末、福岡へ移動しての6戦目7戦目はまだわかりません…


敬称略

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年11月17日(木) | コメント (0)

気持ちの闘い! ( スポーツ ) > ( アメフト ) 



関西学院大学vs京都大学の伝統の一戦が明日に迫った。


5戦全勝の関学にとって、
4年ぶりの聖地甲子園へ出場するためにも撃破せねばならない宿敵。


2004年には3敗の京大に足元をすくわれ、
2009年は4敗の京大にまたもや苦戦し、
残り2秒のサヨナラFGで辛くも勝利を収めた苦い経験がある。


しかし、過去を教訓にし、
闘将松岡主将の下、『ALL GRIT』を合言葉に油断は一切ない。



一方、すでに2敗1分と今季も優勝がなくなった京大。
上記の通り、後がないギャングスターズほど怖いものはない。
『失うものはない。自分たちの存在意義をかけて、
すべてを関学にぶつけるだけ…』


木曜日まで行った丹波での合宿で、
今季不調だった攻撃陣が1つになったようだ。
途中から正QBになった2年生小原を中心にパッシングオフェンスが、
関学守備陣を切り裂く可能性は大だ。


徳原主将は不甲斐ない自分を責め続けた…
「序盤は一番大切なものを見落としていた。
我々は自分達の力を出し尽くすことが出来なかった」


04年以来、過去6年間屈してきたライバルに、
4年生となった闘将徳原が、その想いのすべてを蒼き戦士達にぶつける。



関学主将松岡のKGオフェンスvs京大主将徳原の京大ディフェンス。
熱く決して折れない心の持ち主同士がぶつかり合うこの対決に注目だ。


今年創部70周年の関学が、
‘甲子園を知らずに卒業’という史上2度目の屈辱を払拭することが出来るか?


宿敵関学に対し、
歴代の先人達から受け継がれてきた京大の遺伝子を見せ付けるのか?



明日14:00から神戸ユニバーにてキックオフ!
ytvにて深夜26:00からのVTR放送。
CS放送日テレG+にて20(日)ノーカット放送。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年11月12日(土) | コメント (0)

まいった…(><) ( よもやま話 ) 

先週の水曜日、す・またん出演を終え、
夜の予定に備えて自宅にて昼寝をした後に悲劇が待ってました…


約2時間後、首から肩にかけて鈍痛が走りました(T_T)


どうやら寝違えたようです(人生2度目)
座っていても、横になっても、どんな体勢をとっても痛かった…





ずっとこんな感じで過ごしていました(恥)
【あまりに汚い身体なので、画像を加工させて頂きました…】




1971年1月4日生まれの私にとって今年は前厄。。。
(ほとんどの同級生は70年生まれなので本厄)
たった4日だけの早生まれで、厄が1年も違うのはどうよと思いますが、
「この程度で済んでよかった」と前向きに考えております。


この数日間、止まない痛みが続いていたため、
大げさかもしれませんが、家族とお医者様のサポートに本当感謝しています。
皆さんもどうぞお気をつけ下さい。




追伸
僭越ながら、
今月も関西学生アメリカンフットボール連盟のホームページにコラムを執筆しました。
秋のリーグ戦もいよいよ終盤です。
中盤戦の様子を尾山目線で書かせて頂きました。
お時間あったらご一読下さい!

(2)嵐の中盤戦
(1)2011年シーズンは嵐の予感…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年11月06日(日) | コメント (0)

お宝写真ゲット! ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 




およそ10年前のヒーローインタビューのひとコマです。


和田選手から和田コーチ、そして和田監督へ…


3日から和田新体制での秋季キャンプスタートです!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年11月01日(火) | コメント (0)

アナウンサー