Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

32人目の指揮官誕生! ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 



シーズン4位の責任をとって辞任した真弓前監督に代わって、
本日、新しい指揮官が誕生しました!


阪神タイガース第32代監督:和田豊氏


1985年新人ながらタイガースの日本一に貢献。
以来、現役17年・コーチとして10年、
一度も縦じまのユニフォームを脱ぐことはありませんでした。
タイガースひと筋27年の生え抜き監督の誕生です。


ただ、晴れやかな席にも関わらず笑顔はほとんどありませんでした。


阪神がここ数年ずっと抱えていた主力選手の高齢化と若手の伸び悩みです。
今季最後には若手を起用するシーンが目立ちましたが、
決してポジションを与えたわけではありません。
「ベテランが元気なうちにポジションを奪い取って欲しい」と和田新監督


打撃コーチとして我々と接してきた近年。
和田さんは、相手投手に対して見事な分析を毎日話してくれました。
その分析力を明日からは、チーム内の戦力分析で発揮して欲しいです。


「これまで仕えた歴代監督のいいところを見習って、
その状況に応じた対応していきたい。
これまで監督経験がないので、やっていくうちに‘これ’というものが出来たらいい」


そんな新監督の目指す野球は
「今すぐにとはいかないかもしれないけど、広い甲子園で戦う以上、
ピッチャー中心にセンターラインを強化して守り勝つ野球が理想」
とのこと。
果たして2012年シーズンはどんな野球を見せてくれるのでしょうか?


また、伝統ある阪神タイガースの監督就任にあたり、
12球団で最も厳しい阪神ファンに対して「お手柔らかに・・・」
と、先に釘を刺しました。
お嬢さんが今季甲子園で売り子さんのアルバイトをしていて、
ファンから指揮官への厳しい生の言葉を聞いていたそうです。
だからこそ、
「6年間も優勝を逃しているので、何とかファンを喜ばせたい」
と誓った和田監督。


契約は3年。
ですが「契約はあってないもの1年目から勝負する」と位置づけました。
今日はまだコーチ陣の発表はありませんでしたが、
サポート体制をしっかりしてもらい、いい船出を飾ってもらいたいものです。


私が93年に入社してから19年間の付き合いになりますが、
今日の会見であんな緊張している和田さんを見たことがありません。。。
熱い性格ですが、あまり表には出さないタイプながら、
汗をダラダラ流し、時には顔を拭うシーンがしばしば。


新監督の現役時代からお世話になっている私は、
来年の今頃、和田監督が選手達によって何度も宙に舞う姿を今から想像しておきます。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年10月28日(金) | コメント (0)

復活優勝! ( スポーツ ) > ( ゴルフ ) 

『嬉しいです!本当嬉しいです!!』
会見中、この言葉が十数回連発されました…


先週末行われた女子プロゴルフツアー「マスターズGCレディース」で、
3年ぶりの優勝を飾った大山志保選手の記者会見でのひとコマです。。。


大混戦となったこの大会、
最終日にピンクパンサーことポーラ・クリーマー選手が
ー7の大躍進でトップに立った中、
クリーマーを1打差で追う大山選手が最終18Hで超ロングパットを決め、
プレーオフへ突入。
3ホールに渡る激戦の末、大山選手が優勝をもぎとりました。


特に、決着がついた3ホール目のティーショットはOBゾーンへ
しかし、偶然にもフェアウェイへ転がってくる幸運。
どうやらギャラリーの手の甲に当たったそうです。


ですが、大山選手はプレー中、そのことを告げられなかったとのこと。
終了後に聞かされてとても心配していました。


一昨年、ついに悲鳴をあげた左ひじを手術。
医師からは「こんなひどい状態は見たことがない」と言われたそうです。
そこからの復活優勝でした。


思うようによくならない左ひじの状態に目標を見失う時期もあったそうですが、
それよりも、周りからあきらめの言葉が相次いだことに滅入ったそうです。


そんな中、豪州でのホームステイ先の老夫婦に
人間:大山志保として可愛がってもらったことが大きな転機になったそうです。


この2人を最終戦に招待する!と新たな目標を立てたものの、
シーズン前にご主人が急逝…さらに東日本大震災…


大山選手はトーナメントの合間の月曜日に、
ずっと被災地を訪問し続けています。


『本当に嬉しい…』
優勝して恩人を招待するために…優勝して被災地を励ますために…



最高の笑顔と宮崎なまりが抜けないしゃべり方、、、
すべてのファンが本人と同じくらい喜びに包まれた最終日でした!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年10月26日(水) | コメント (0)

オレと選手の絆… ( プロ野球 ) 

昨夜でプロ野球セパ両リーグの順位が確定した。


セでは中日が最大10ゲーム差を逆転し、
球団史上初のリーグ連覇を達成した。


落合監督以下、選手・スタッフの皆さんおめでとうございます。
阪神を追い続けている私にとっては悔しいシーズン結果となったが、
中日の戦いっぷりはお見事としかいいようがない。


今季は、新しく導入された「統一球」いわゆる‘飛ばない球’に
各球団が苦しんだ。
阪神や巨人はもちろん、中日もその1チームだ。


昨季、リーグ優勝を勝ち取ったBMW(ブランコ・森野・和田)が
シーズン序盤からずっと不振を極めた中、
泥臭くなんとか1点を取りに行き、それを守り切るスタイルで終盤に猛追。
1死からでも犠打でランナーを得点圏に進める一見地味な野球は、
地元名古屋のファンの観客減少にもつながったとされるが、
落合監督のオレ流は決してブレなかった。


1点リードさえすれば‘負けない’のが野球。
0点に抑えれば‘負けない’のが野球。



チーム打率リーグ最下位・チーム防御率リーグ1位(10・18現在)
1点差勝利 ⇒ 33勝 (うち1-0試合が10試合)



この数字がすべてを物語っている。


2月のキャンプでは、月曜日のみが休日となる6勤1休スタイル。
これは、シーズン中がこのようなシステムだからとの考え。
しかも、毎日毎日、朝から暗くなるまで選手が練習する。
12球団で一番練習量が多いと選手が自負するだけある。


その成果は確実に表れ、
今季も、7月末には借金4、首位と9ゲーム差の4位だったのが、
8月+5、9月+9、10月+6
と、終盤の厳しい戦いを制してきたのだ。

 
落合監督の8年間の戦いをすべて見たわけではないが、
阪神戦をフィルターに見てきた試合で「おや?なんで?」という所はなかった。
まさに‘立て板に水’の采配だったように思う。


シーズン途中の異例の解任劇…
内部事情はわからないが、その後の結束⇒逆転リーグ優勝を見れば、
監督と選手の絆が想像以上に強固だったことがわかる。


その事は、
昨夜6回宙に舞った胴上げの時、
一部の裏方さんを除いて、選手全員が、
手が届かなくても落合監督を胴上げしていた事に象徴されていた。



文章が長くなったので、パリーグ3位争い…オリックスの悪夢は、
また後日執筆します。。。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年10月19日(水) | コメント (0)

き・・・筋肉痛です・・・ ( よもやま話 ) 

この3連休は素晴らしい秋晴れ!
おそらく各地で絶好の運動会日和だったでしょうね。


我が子の運動会はまだなのですが、
昨日、地域の町別運動会がありました。


私の住む地域では町別対抗のイベントが結構ありまして…
町別対抗バレーボールやソフトボールなど。。。


毎年参加者も多く、特にこの運動会は各町毎にかなり盛り上がるんです!


特に綱引きとリレーが熱い…
昨年は、○○連覇中の□□町を△△町が破ったでひと盛り上がり。
町別の対抗戦以外にも、子供達や親子が参加する競技もあり、
参加者多数につき締め切られて出られないなんてことがほとんど。


そんな中、私、今年は綱引きメンバーに選ばれてしまい…
綱引きなんていつ以来やろ???なんて思いながらも参戦しました。


町の数が多いので、まずは午前中の予選から行いましたが、
力関係が均衡の相手だったため、
相撲に例えるなら‘大相撲’並みの大熱戦の末、カツカツで勝利し、
見事午後の決勝ラウンドへ駒を進めました。


その時点で、すでに身体がガタガタでしたが、いざ準々決勝へ!
相手は身体つきだけ見たらあまり変わらない●●町でした。


ここに勝てば、準決勝の相手は、
昨年□□町の○○連覇を阻止し、今年も優勝候補筆頭の△△町。
そこに負けたら悔いはないだろうから、まずは●●町に勝とう!
と士気が高まりましたが、いざ試合が始まると●●町に秒殺され、
ベスト8止まりとなってしまいました…(><)



綱引きの結果は、見事△△町の大会連覇となり、
町別対抗リレーは■■町が男女アベック優勝を飾るなど、
大盛り上がりの1日となりました。


私に残ったものは身体のあちこちの筋肉痛…(TT)
最近走っているので、下半身の痛みはほとんどないものの、
上半身の普段使っていない箇所が悲鳴を上げています…


ですが、雲ひとつない青空の下で身体を動かし
心地よい疲れではあります。



それと、残ったものはもう1つ…



95年の阪神淡路大震災や今年3月の東日本大震災など、
あってはならない大災害が起きた時、
ご近所同士が助けあえるような地域のコミニュティーの大切さ…
こういったイベントがその第1歩なんだと感じられたことです。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年10月10日(月) | コメント (0)

恥ずかしながら… ( スポーツ ) > ( アメフト ) 

今朝はこの秋一番の冷え込みだったようですね…
いよいよ寒い季節の到来です。


となりますと、秋冬スポーツの季節でありまして…


私が毎年担当している関西学生アメリカンフットボールも、
先週末の第3節で波乱が起きるなど、熱いシーズンが始まっています。


そんな私に学連からこんな依頼が…


9月の開幕から1ヶ月、序盤の戦いの感想と10月の中盤戦に向けての展望を、
コラムとしてHP上で執筆して頂けないかと言うもの。


関西学生アメフトを実況して13~4年。
確かに見る目は多少凝えたかもしれませんが、何ともおこがましい…


少し迷いましたが、
ファン目線も大切にしながら、精一杯執筆させて頂きました。
よろしかったらご覧下さい!



関西学連HP → 連盟インフォメーションをご参照下さい

甲子園ボウルオフィシャルHP

投稿者: 尾山憲一 日時: 2011年10月04日(火) | コメント (0)

アナウンサー