Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

ユウキをもって… ( プロ野球 ) > ( 他球団 ) 

巨人の優勝で2009年シーズンも1つの節目ですね…
もちろんCS(クライマックスシリーズ)進出争いがセパともに激しいので、
残り試合から目が離せない状況には間違いありません。


これまでは、本日以降はいわゆる‘消化試合’となるだけに、
この制度の是非はあれど、まだまだプロ野球を楽しめます!


しかしながら、あの歓喜のシャンパンファイト&ビールかけの映像を見てしまうと、
やっぱり3位争いは3位争いなんだ…と現実に戻ってしまいます。。。



さて、そのセリーグ3位争い…
ヤクルトの転落が発端で混沌としていますが、
そのヤクルトで昨日、7年ぶりの完投勝利をあげた投手がいます。


ユウキ投手(本名:田中祐貴)12年目の30歳


近鉄→オリックスで活躍しながら、相次ぐケガに悩まされ昨年末解雇。
トライアウトでヤクルトが‘育成枠’で獲得しました。


今春、ヤクルトのキャンプ地:沖縄浦添でばったり会ったユウキ投手は、
「育成は厳しいっす…年齢1回りも下のプロ入りたての子と同室相部屋なんです…」
と漏らしていました。


「またユニフォームが着られたんやから頑張れよ!早く背番号を2桁にしろよ!」
と声をかけることしかできませんでしたが、
そのチャンスは想いのほか早くめぐってきました。

シーズンインから1ヶ月半の5月中旬の阪神戦で1軍マウンドに立ちました。
彼の武器は計測不能の超超超スローボール。
カーブでもナックルでもない‘スローボール’です。
昨日も広島の主砲:栗原選手へ投じていました。

色々なプロ野球関係者に聞くと、
遅い球は投手も打者もどちらも難しいそうです。
遅い球だけに、打つのは簡単???に思いがちですが、
打者心理では『遅い球を打ち損じた時のもったいなさ…』があるから手が出せないらしいです。


なるほど…10回中7回凡退しても3割打者=好打者な世界。
打者はそう考えるみたいです。


もちろん投手は、遅い球だけに打たれたら…と考えてしまうそうで、
投げる時は勇気をもって投げないといけないです。


その超超超スローボールを使って巧に緩急をつけて7年ぶりの完投勝利をあげたユウキ投手。


そういえば、一昨年のセパ交流戦の対巨人戦。
「このユウキ投手は、その名の通り勇気を出してスローボールを投げます」
とリポートを入れたことを思い出しました。


おめでとう!ユウキ投手!!
阪神戦では遠慮してね(笑)

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年09月24日(木) | コメント (0)

アナウンサー