Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

花いちもんめ ( よもやま話 ) 

♪勝って嬉しい花いちもんめ~負けて悔しい花いちもんめ♪

男女を問わず、
幼稚園や小学校時代に一列に向かい合って足を蹴った記憶ありませんか~?


先日、幼稚園から帰ってきた我が子達が歌いまくっていました…


が…


♪勝って嬉しい花いちもんめ~負けて悔しい花いちもんめ~
タンス長持ち・あの子が欲しい~あの子じゃわからん~
相談しましょ~そうしましょ~ベェ~♪

タ・タ・タンス???長持ち???
しかも、ベェ~でアッカンベェ~の仕草をするんです…


何じゃそりゃ???


幼少期を埼玉で過ごした私は…
♪~隣のおばさんちょっと来ておくれ~鬼がいるから行かれない~
お釜被ってちょっと来ておくれ~お釜底抜け行かれない~
布団被ってちょっと来ておくれ~お布団ビリビリ行かれない~
あの子が~♪
だった気がします(記憶が正しければ…)
幼少期が東京だった妻もそうだったとのこと。。。


これは‘ザッツ関西テイスト’なのか???
それとも、時代の流れ的な変化なのか???


ウィキペディアで‘花いちもんめ’を検索してみたところ…

まず、もんめ(匁)とは花を買う時の単位のことで、花を一匁買う時の歌であるので、
‘勝って’ではなく‘買って’
‘負けて’ではなく‘まけて(値切る)’
が正しい解釈らしい。

また、時代背景として、
花を買う代わりに子供を売るような人身売買的な要素もあったとかなかったとか。


ウィキペディアによるとですよ…


これをご覧になった皆さんの地域では、何て言ってましたか???


って、何だか道浦アナの平成ことば事情的になってしまいましたね。。。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月28日(土) | コメント (3)

落選… ( よもやま話 ) 

ミスター鉄っちゃんアナこと新人の山本アナのブログにもありましたが、
昨日、九州新幹線の愛称決定のニュースがありましたね。


決まった名前は…『さくら』
なぜ‘さくら’かは山本アナのブログをご覧下さい。


さて、私がこのネタをエントリーしたかと言うと~



実は…私もネーミングに応募していたのです…




残念ながら落選してしまいましたが、
私は九州新幹線‘みらい(未来)’で投函しました!


★基本は3文字
★音の響き重視
★様々な願いを込めて…
★九州の方の悲願でもあった九州新幹線

このような観点からパッと浮かんだ‘みらい’
しかしダメでした…

めっちゃいいと思っていたのですが、やはり自画自賛はあきませんなぁ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月27日(金) | コメント (1)

草食系?虎谷おめでとう! ( よもやま話 ) 

本人からの報告&他の同僚アナのブログでも投稿されている
虎谷アナの結婚報告!

ホンマおめでとう~

お相手とは入社前から交際していたのは知っていましたが、
‘男性側は一般の職業で、女性側は一見華やかなアナウンサー’とあって、
周りは『長く続かないとちゃう?』と言う声が大だった気がします。

記憶は定かではありませんが、私も破局派だったと思います。

なぜなら、実は私も学生時代からの長い交際期間を経ておりまして…
ただ、虎谷アナとの決定的な違いは、
’男性(私)が一見華やかなアナウンサー、女性(妻)は一般の職業’
この違いは間違いなく‘あると思います’と考えていたわけです。。。

しかししかし…そんな雑音を乗り越え、うまく交わし…
この度めでたくゴールイン!とは2人の絆が思いのほか強固だった証。
これからの方が色々あるから、2人で乗り切って欲しいものです。


周りからの見られ方が昔と違う女性アナウンサーの世界…

ブログでは執筆しにくい色々な人種が集う放送業界の中で、
自分自身をしっかり守り、他からのアプローチにも屈しなかった虎谷アナ。

個人的には、彼女を‘草食系女子アナ’に任命したい気分です!
昨日のエントリー参照

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月25日(水) | コメント (0)

肉食? or 草食? ( よもやま話 ) 

先日、とある番組を見ていた時のこと。
最近は男女の習性が逆転しているのではないか?という検証コーナーがありました。

それは何かと言いますと、タイトルにもある‘肉食? or 草食?’のことで…

近々、これについてエントリーしようかと思っていたところ、
脇浜アナの今日のブログに似たようなことが書かれていたので重ねてみようと思います!


その番組では…

かつての男女は
「肉食系男子」と「草食系女子」
だったが、
今はの男女は
「草食系男子」と「肉食系女子」
と逆転しているらしい…と締めくくっていました。


一体何のこっちゃ???


これは食生活のことではなく、異性に対する行動パターンのことらしいです。

要は、獲物を狙うかの如く、異性に対して積極的な肉食系に対し、
戦いを好まず群れて平和を求める草食系と言う例えのようです。

そう言えば、流行のアーティストの歌声を聞いても、
高音でソフティーな男性やハスキーでパワフルな女性が多いような…


‘声は人なり’


それにしても、いつの頃から逆転してしまったのでしょうね?

私は人生の諸先輩方から
「男たるもの女には言い訳を作ってあげるもの」と教わってきただけに、
傷つくことを恐れてガッつかない現代草食系男子の行動学が私は理解しにくいです。


相手に何かをして欲しいと求めるよりも、
相手に何かをしてあげたいと与える人間でありたい…


脇浜アナが伝えているように、
異性のために一生懸命な姿が男には必要だと言う意見には賛成です!


注)ただ、これは決してどちらが良いとか悪いとかの話ではありません。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月24日(火) | コメント (0)

チャンピォン ( スポーツ ) > ( プロレス ) 

200902192036000.jpg


左はプロレスラー佐々木健介選手。
第13代GHCヘビー級王者の佐々木選手は、
来月1日、日本武道館で3度目の防衛戦を行います。

挑戦者はNOAH生え抜きの秋山準選手。
この日の大阪大会では、タッグマッチながら最後のタイトル前哨戦。
佐々木選手は、自身の持ち技を隠すことなく秋山選手に見せ付け勝利。
必殺技のフルコースを挑戦者の目の前で披露して3・1を迎えます!

NOAHの至宝が流出して5ヶ月…
秋山選手の久々の暴れっぷりにも期待です!


チャンピォンとは昨年9月の初防衛戦を実況させて頂いた縁。
今回、久々の再会にも関わらず私のことを覚えてくれていました。
試合後に快く写真にも応じてくれた佐々木選手。
ありがとうございました!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月23日(月) | コメント (1)

ある日の休日… ( よもやま話 ) 

最近恐ろしいくらい増えているんです(悲)




白髪が…




元々、白髪派だったのですが、ここ数年は一気に増えました。




そこで、ある日の休日に、子供達に抜いてもらいました!
(お見苦しい姿をさらして申し訳ないっす…)

昔の‘そろばん’ではありませんが、
子供に手先を使わすことで、頭の回転をよくさせよう…
って魂胆ではありませんが…

時間をかけて懸命に抜いてくれた子供達よ…ありがとう!


なお、先日見たある番組では、
★白髪を抜くと増える
★ストレスで白髪になる
と言うのは違うらしいです。
白髪は白髪になる運命で生えてくるとのことです。

ですから、この投稿は‘ストレス’が溜まっているアピールではありません~


では…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月22日(日) | コメント (1)

あっぱれ! ( よもやま話 ) 

昨日、タレントの劇団ひとりさんと大沢あかねさんの結婚会見がありましたね。

お2人には一度もお会いしたことはありませんが、とてもお似合いのカップルですね~

おめでとうございます。

劇団ひとりさんは、芸もさることながら、クイズ番組での博学さに驚き!
ガチでクイズに答える番組も増えてきた中、個人的には刺激されることが多くなりました。

大沢あかねさんは、おじいさんが元プロ野球選手の大沢親分。
大沢親分には、以前近鉄バファローズナイターで解説をして頂いておりました。

その当時は子役タレントだったあかねさん。
親分から孫のあかねさんの話をよく話を聞いていました。


今日、サンマリンスタジアムで、取材に来られていた大沢親分に遭遇。


「大沢さん、ご無沙汰しております。お元気ですか?
あかねさんご結婚おめでとうございます!」

と挨拶したら…


『おぅ~ありがとう!あっぱれだ!!はっはっは~!!!』


かつて日本ハムの監督を務めていた時の顔とは違い、
すっかりおじいちゃんの顔でした。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月18日(水) | コメント (1)

宮崎大フィーバー ( プロ野球 ) 

WBC日本代表…通称‘侍ジャパン’の合同合宿が宮崎で始まっています。

原監督以下、33人の候補選手達が集結!

普段も巨人やソフトバンクのキャンプで賑わう宮崎は、
東国原県知事人気も加え、大大大フィーバーです。


球場へ向かうバイパスも観戦したファンの車で大渋滞…
地元宮崎ナンバーだけでなく、九州各県はもちろん、本州ナンバーも!

大阪…八王子…習志野…

沖縄で‘三河ナンバー’を見かけた時もびっくりしましたが、
日本中が注目している表れですね。。。


著作権の関係で、写真は掲載できませんが、
イチロー選手の一挙手一投足に大歓声が沸くサンマリンスタジアム。

今日のシート打撃で、久々に生で見るイチロー打席へ入る際のルーティーンに、
私も1人の野球ファンとして感激しました。

松坂・城島・福留・岩村…
メジャーの世界で戦っている選手も加わった侍ジャパン。

華やかすぎるこの集団…ずっと見ててもあきません!
いや、ずっと見ていたいっす!!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月17日(火) | コメント (1)

女子ボクシング ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

アマチュアや未公認では盛んに行われておりましたが、
昨年正式にプロ化された女子ボクシング。

昨日、初めて取材に行ってきましたが、
テクニックよりもただひたすら相手を殴る女性に驚きながらも、
攻めの姿勢はボクシングの本来あるべき姿かと…





多田悦子選手

男前な女子ボクサーです!

4月11日に関西で初めての女子世界タイトルマッチに挑戦することが決まっています。

アマチュアでは47勝を挙げ、プロデビュー後は4戦4勝中。
昨日、世界前哨戦で韓国の選手に完勝した多田選手。

WBCバンタム級王者:長谷川穂積選手が憧れなだけに、
攻守ともスピード速く、的確なパンチをヒットさせるボクシングスタイル。


試合後、報道陣に囲まれ、記者さんから「写真撮っていいですか?」の問いに…


『一緒に撮るか?』


彼女の周りは常に笑いであふれています。。。






男前な彼女なだけに会場は女性が多く、
これまでのボクシング会場とは雰囲気が違いました。
(一緒に写っている方は一般の方なので、プライバシーを保護させて頂きました)


JBC(日本ボクシングコミッション)に認定された女子ボクシング。
新たな世界が広がります!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月16日(月) | コメント (1)

空港にて… ( よもやま話 ) 

どうでもいいことだが…


長蛇の列に並び、
ようやく手荷物を預けて「出口」と書かれた看板方向へと向かった時、
複数人の方々が道をふさいでいる。。。

この手の方々って、必ずと言っていいほど通路のど真ん中に立ちはだかる。

そして、その99.9%は‘女性’だ。



どうでもいいことだが…




搭乗を待つロビーにて、初老の男性陣の会話。


初老男性A:お~小さいな~大丈夫かいなぁ~
初老男性B:おぅあれな。あれには乗らんで~あの手のは離島へ行くやっちゃ。島根とかな…


離島…島根???

まぁ確かに‘隠岐諸島’は島根県に属してはいるが…

今の言い方は間違いなく‘島根=離島’だ。


この手のことを言う方を見ていると、99.9%胸を張って自信満々だ。




どうでもいいことだが…


ホンマどうでもいいことだが不思議でならない…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月16日(月) | コメント (1)

寒暖の差 ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

阪神タイガースの沖縄キャンプを取材&中継し、関西へ戻ってきました。

先日のエントリーでも書きましたが、
短期間にもかかわらず、強い日差しのために顔面だけ真っ黒です。

アニメ『おでんくん』の中の‘ガングロタマゴちゃん’のようで、
一般社会では間違いなく浮いています…

ですが、大阪もこの冬一番の暖かさのようで、寒暖の差が少なくで助かります…


さて、今年の出張中はなかなかブログの執筆が出来なかったので、
ここでまとめてドドっと紹介しておきます!


まず、8日のボクシング。池原信遂選手の再起第2戦。
タイのチャンピォン相手の戦いは3−0大差の判定勝利!
なかなか倒れないタフな相手にKO勝ちこそなりませんでしたが、
序盤から泥臭いまでのボクシングで圧倒。
池原はまだまだいけるとファンに見せつけましたよ!

勝利者インタビューでは2人の子供がリングに上がり、
1年9ヶ月ぶりの勝利を共に喜んでました!


11日の阪神ー日ハムの練習試合中継。
岡田アキノブ前監督が語る真弓アキノブ現監督の初采配…
ご覧になった方はおわかりでしょうが、聞き応え十分の面白い中継でした!

野球人生で初めてユニフォームを脱ぎ、初めてバックネット裏から見る野球の試合…
岡田前監督も当然まだ不慣れなところもありますが、
やはり直前まで指揮を執っていた方だけに、選手個々の見方など重みがありました。

WBCを控えたダルビッシュはこの時期ながら150キロオーバーの直球を投げるも、
逆に藤川は調子が悪そうだ…

岡田さんは、藤川との直接会話で、いきなり『全然アカンなぁ~どうした?』
藤川投手も『足が痛くて登板を回避しようかとも思ったくらいです』
と本音をもらしてくれたくらいです。

岡田さんと藤川投手の間柄だからこそ放送上でも聞くことができた会話。
他にももっともっと伝えたいことがありますが、今日はこの辺で…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月14日(土) | コメント (1)

初采配&初解説 ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

沖縄にやってきました!
今年は天候に恵まれ、選手や関係者、取材をし続けている報道陣の顔は見事に真っ黒…

私もたった1日で顔がヒリヒリしております。。。


さて、明日は、真弓アキノブ新監督が日ハムとの練習試合で初めて采配を振るいます!

WBCを控え、阪神は岩田&藤川、日ハムはダルビッシュが登板予定。
見ごたえある一戦になりそうです。

古くは高知安芸での紅白戦から始まっているytv恒例の日本一早いプロ野球中継。

衛星波が増え、その称号も微妙ではありますが、
先人達が作ってきた歴史は継承せねばなりません。

さらに、今年の放送席には、岡田アキノブ前監督が…
岡田さんは野球人生試合初解説です!

アキノブさんが語るアキノブさんの初采配。


見所満載のytv練習試合中継。
15:50からたっぷりとお伝えします!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月10日(火) | コメント (1)

終息&開始のW宣言! ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

今週はナンギしました…

妻と長男がインフルエンザにかかり、家庭内の機能が麻痺…

多方面にご迷惑と心配をおかけしましたが、昨日より機能回復!

ようやく‘終息宣言’です!!!


さて、今、会社にてボクシング中継の準備中。

今日はこれから大阪帝拳ジムの池原信遂選手の再起第2戦を実況します。

先日伺った取材では、目を覆ってしまうほどの厳しい練習をしていた池原選手。
今年はデビュー12年目、‘ダイヤモンドホープ’と言われた彼も32歳。

もう辞めた方がいいのでは???
自問自答していた彼を再びリングに向かわせたのは、
奥様が初めて発したある言葉があったから…

行き着くところまで行ってしまえ!
世界のベルトを巻き、西岡選手同様、悲願の披露宴を挙げるために…


放送は17日(日)深夜です。


では、行ってきます!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月08日(日) | コメント (1)

非常事態宣言… ( よもやま話 ) 

我が尾山小隊は‘A型インフルエンザ’と名乗る見えない敵と交戦中…
前日には最終防衛ラインである妻までも感染。


幼稚園児のお世話、炊事、掃除…

必要な物が家の中のどこにあるのかもわからず。

戦局は極めて困難…


しかし、幸いなことに、
小隊長である私はまだ敵軍に屈しておらず、通常の感冒に留まっていたため、
志を完遂すべく、最後の最後まであきらめずに戦い抜く所存であります。


皆々様も、敵軍の攻撃に十分留意下され…




注)実話をもとに、かなり誇張した表現を使用した
ノンフィクションに限りなく近いフィクションです。。。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月06日(金) | コメント (1)

主夫… ( よもやま話 ) 

脇浜アナもきつ~い風邪に侵されているようですが、
私も社会人になって初めての風邪にやられています…


息子がインフルエンザを発症しただけに、もしや???


もしも私も陽性だったら…


会社で一緒だった方々に迷惑がかかってしまいます。。。


早速検査に行ったところ、何とか感染は免れました(ホッ)


しかし…


今朝になって、息子の看病をしていた妻が高熱に…


私もまだ完治していませんが、
どうやら、今日明日は‘主夫’のようです。


でも、必要な物が家のどこにあるのかもわかりません。


典型的なダメ亭主です。。。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月05日(木) | コメント (1)

男やねぇ~ ( スポーツ ) > ( ボクシング ) 

200902011654000.jpg

美男美女のケーキ入刀です!

左側は、WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃選手です。

今年1月3日に初防衛を果たし、晴れての披露宴…

世界チャンピォンになってから式を挙げると美帆夫人と約束をしていたものの、
ケガなどもありチャンスを生かせずここまで来てしまいました。

約4年前に入籍、娘さんにも恵まれ、残すは世界のベルトだけ…

その想いを本人はもちろん、家族も支え、昨年9月についに頂点に!

ジム関係者ら約150人に祝福された西岡選手。
今から9年前、彼自身が初めて戦った世界戦がytv中継だった縁も覚えていてくれて、
その時リポーターだった私も招待してくれたのです!

なんと義理堅い男…

もしも、1月の防衛戦で敗れていたら、
何とも言えない披露宴になっていたかもしれませんでしたが、
そうさせなかった西岡選手。

有言実行の男:西岡利晃…同じ男として格好え~でぇ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月03日(火) | コメント (1)

流れを変える選手 ( スポーツ ) > ( バレー ) 

週末、今季初めて男子バレー会場に顔を出してきました。

堺ブレイザーズのホームゲーム。
地元開催とあって、会場内は9割以上が堺サポーターで埋め尽くされました。

前節、まさかの連敗で勝率が5割になってしまった堺…

『ファンの後押しをもらってここから躍進を!』とは、
昔セカイの今はサカイ‘のガイチこと中垣内監督(本人談)
(ちなみにガイチさんには新人の時から可愛がってもらっていて、
私にとっては尊敬すべき人生の師匠です)

試合は、第1セットはリズムよく先取したものの、
その後、一度失った流れは取り戻せず、まさかの敗戦…

ガイチ監督はもちろん、選手も落胆の色を隠せませんでした…

チームの中心である‘ゴッツ’こと石島選手も精彩を欠いていて、
ミスが出るとチーム全体がガタガタと崩れ落ちていきました。


こんな時、流れを変える選手って必要ですよね~
いわゆる‘スーパーサブ’の存在です。

私が注目したのは、
女子バレー「パイオニアレッドウィングス」の控えセッター‘小濱ゆみ選手’です。

先日取材したデンソー戦。
セット内で流れが行ったり来たりしていた中で、正セッターに変わって登場した彼女は、
見事にアタッカーを使い連続得点を演出し、悪い流れをせき止めました。
それどころか、勝利に大貢献!

小濱選手とはまだ面識はありませんが、私が注目していく選手です!




地域の少年少女にエスコートされて試合が始まる「Vプレミアリーグ」
(写真は、1・31堺大会にての堺の選手と地元の少女バレーボーラー)

今秋には、ワールドグランドチャンピォンズカップ(通称・グラチャン)も開催!
12年ぶりの大阪開催も決定しているので今から楽しみです!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2009年02月02日(月) | コメント (0)

アナウンサー