Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

青春の涙… ( スポーツ ) > ( アメフト ) 

関西学院大学 対 立命館大学

今年も全勝対決となり、まさに関西学生アメフトのNO.1を決める戦いとなった。


17−7

立命館が3年ぶりに関西を制した。
アキレス腱断裂のため出場できない浅尾主将を筆頭に、素晴らしいチームだ。
去年までの悔しさを見事晴らした立命館の皆さん、おめでとうございます!

死力を尽くした両校…

選手の涙は最終戦ならではの光景だが、こんな涙もあった。


『勝たせてやりたかった…』
敗れた関学のあるコーチは、フィールドにひざまずきながら、喜ぶ相手を見つめていた。

新チーム本格始動前から、4年生の熱い想いを受け止め、
この日までプライベートをも犠牲にして、学生達と真正面から向き合ってきたコーチだ。

アメフトは、最後は選手の力・理解力・ハート勝負になるが、
作戦を立てたり、指示を出すコーチの力がとても重要なスポーツ。

『向こうの作戦はわかっていたけど…止められなかった…
俺が悪い…勝たせてやりたかった…』

その目は大粒の涙であふれていた。


その横で、カメラのファインダーを覗き込む1人の女性…
腕章を見ると‘関学スポーツ’と書いてある。
学生新聞の記者さんのようだ。

母校の敗戦、選手の表情を撮影していた彼女の頬は涙で濡れていた…

負けたら引退の4年生が後輩達の肩を叩く…
号泣の下級生がこの悔しさを引き継いだ。
来年晴らすために…


私ももらい泣きしてしまった。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年11月30日(日) | コメント (0)

アナウンサー