Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

スポーツサンデー ( スポーツ ) 

昨日、ytvではない某他局のタイムテーブルはスポーツ三昧…


朝から、
男子学生駅伝⇒男子ゴルフ⇒世界フィギュア⇒プロ野球日本シリーズ

かつてはスポーツの…と言われていた我が系列はどうなってしまったのでしょう…(悲)


そんな中、男子ゴルフではやってくれましたね!
17歳プロゴルファー石川遼選手のプロ転向後ツアー初優勝!

ミスタージェントルマン深堀圭一郎プロとの一騎打ちに目が離せませんでした。

このページ内のプロフィールで、今年注目の人のような設問に、
私は迷わず‘石川遼‘と記入しました。

去年アマ(現役高校生)の立場でツアー優勝したスーパースターののプロ転向…
彼のパフォーマンスはもちろん、他のプロゴルファーの戦いぶりにも期待してでした。

6月のミズノオープンで一緒に仕事をさせて頂きましたが、
振る舞いから何から何まで‘爽やか’さん!

キー局の男性アナや女性アナならいざ知らず、
年に1~2回しか会わない私のような男性アナまで覚えて下さって…


『途中、泣きそうになちゃいました…』


昨今、すぐに涙を見せる男児が多い中、彼の涙には色々な意味があったはずです。

優勝したがためについて回る期待
自分の力以上を期待されるプレッシャー
大勢のギャラリーのマナー違反や同伴競技者への気遣い
プロとしての結果
などなど…


自分の力を知っているからこそ猛練習する
自分の力を知っているからこそスタイルを貫ける


そんな石川プロでも、
プロ転向後ツアー初優勝がかかった最終18番ホールのティーグラウンドでは、
『マンガのように、ティーアップする手が震えました』
と、その重圧を吐露しました。

さらに、優勝を決めたパットでは
『今までのゴルフ人生の中で、一番緊張しました』


まだ17歳
これから大人になって、きっと今はない色々なものを背負っていった時、
また違ったプレッシャーが訪れるはずです。

そんな過程をも楽しみにさせてくれるスーパーアスリート。
一体、どこまで上り詰めるのでしょうね。


万人を清々しくさせてくれた石川遼プロ…
素晴らしい日曜日でした。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年11月03日(月) | コメント (0)

アナウンサー