Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

ため息&マイブーム ( よもやま話 ) 

最近、残念なことが続きました…


ある日の電車内…
私の前に座っていた20歳代後半と思われる女性の携帯電話が鳴りました。
まずもって着信音が鳴るのはいかがなものか???

その女性は、最初のうちは小さな声で話していたのですが、
内容が盛り上がって来たのか?だんだん声の音量が大きくなってきたのです。
最後には車内中に響き渡るくらいのビッグボイスに…

下品な笑い声も加わり、ついには横に座っていた女性は席を立ちました。
それでもその方の電話は止まらなかったので、
ついに私が立ち上がり注意したのです。

そしたらその彼女は…

『ごめんね、なんか電車の人に怒られたわ、またかけるわ~』

電車内で大声で電話していたことをまったく悪びれておらず、
逆に注意した私が悪者みたいに思っていた感じです。


ある日の阪神2軍の鳴尾浜球場周辺にて…


母親と子供が出入り口付近へ選手を見にきた時…

警備員さんが
『ここではなく、スタンドにてご覧下さい!』
と声を掛けました。

そしたら、その後ろからひょっこり出てきた父親らしき男性が

『サインくらいえぇ~やんかぁ~サインくらいしたれやぁ~』

と思いっきり輩を発揮していました。

選手はファンサービス仕事の1つでしょうが、サインするの仕事ではありません。

こんな父親に育てられた子供は果たしてどう育っていくのでしょうか?
阪神ファンは大人の方がマナーが悪いと選手も話しています。



はぁ~




ガラッと話題を変えて…最近の私のマイブーム!

女性は多用していると思われますが…

『顔の角質取り!』

男には縁がない中、妻の物を拝借して挑戦してみました。

最初は鼻の周り&眉間など、いわゆる‘Tゾーン’をゴシゴシ…
そしたら、消しゴムのカスみたいなものが出るわ出るわ(驚)

でも、その後、洗顔したら肌がトゥルットゥル~(感動)

たまに借りてキレイにしていましたが、
どうせなら…と顔全体に挑戦してみました。


この夏の猛暑で日焼けした顔面の老廃物が取れた気がして気分爽快っす!!!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月31日(日) | コメント (0)

史上最強の助っ人… ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

昨夜のytv野球中継‘阪神中日戦’は、開局50年記念ナイターと銘打って、
豪華ゲストとともにお伝えしました。

おなじみの川藤幸三さん・掛布雅之さんと、
アメリカ・オクラホマより阪神史上最強の助っ人ランディ・バース氏を加えました!!!

阪神ファンの座標軸である1985年の日本一トリオが、
当時の仲間であった岡田監督率いる現チームに放送席からエールを送るという趣旨。

85年当時は中学3年生だった私…
もちろん、バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発を鮮明に記憶しています。


初めてお会いして、初めてのシェィクハンド(握手)!!!

その手の大きいこと…分厚いこと…力強いこと…(驚)

さすがはトリプルクラウン(3冠王2回)の‘手’

さらに穏やかな笑顔は、バースさんの人間の大きさを表していました。

ここ数年、阪神野手は外国人選手に頼らなくてもいい力が付きました。
投手ではジェフ・ウィリアムスもバース級に愛されています…


ドラ党のはずの中京テレビの佐藤アナは、バース氏と写真を撮っていました。
私もそうですが、佐藤アナも野球ファンなのです。

私は写真を撮るタイミングを逸しましたが(悲)
一夜明けた今も、バースさんの手の温もりが残っています!!!


皆さんのご贔屓の球団の‘史上最強の助っ人’って誰ですか???


そう言えば、東京ドームでは、
85年阪神クリーンアップの3連発を彷彿させる3連発がありましたね。
今日から直接対決っす!!!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月29日(金) | コメント (0)

ちょっと待ってて下さい! ( プロ野球 ) 

北京五輪野球に関して、私なりのエントリーをしたいのですが、
明日、約1ヶ月ぶりの本拠地甲子園に戻ってくる阪神の中継準備で、
時間がとれません…


明日、阪神中日戦(ytv・CTVにて放送)
早速五輪組がスタメンに登場するのか???
楽しみですね~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月25日(月) | コメント (0)

歴史が動いた! ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

昨夜の陸上男子400mリレーで、日本がリレー種目初のメダルを獲得!

前回アテネの金銀銅チームがバトンリレーの失敗で敗退する中でしたが、
見事な見事な銅メダル!!!

5大会連続出場、36歳の朝原選手のラストランとあって、
最高の結果になりましたね(涙)


陸上短距離界は世界に歯が立たないと言われ続けた中、
朝原選手が100mのファイナリストになったり(今回は予選敗退)
リレーでもアテネでは4位と、この種目では世界との差が縮まっていました。


ただ走るでは敵わなくても、日本には抜群の‘バトンリレー’があるのです!

そりゃ~日本では幼稚園から‘運動会の華’と言えば『リレー』ですから。。。

筆者も、昔は、第1走者やアンカーを任されたものです。

(…とプチ自慢……と昔話をし始めたらおっちゃんの証???)


ボルト&パウエル擁するジャマイカには遠く及ばなかったものの、
日本陸上短距離界では80年ぶりのメダルですって…

4人の選手の口からは
『これまで歴史を作ってきた皆さんがあっての今回の結果…』
先人達への感謝&敬意を忘れていませんでしたね。

これは、我々もまったく同じです。

今の自分があるのは、先達のおかげ…

ですから。

皆、個人種目では無念の敗退でしたが、どうぞ胸張って帰国して下さいね!!!


お~っと、野球が始まる…見なきゃ…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月23日(土) | コメント (0)

無念… ( プロ野球 ) 

ご存じの通り、
北京五輪野球準決勝は宿敵韓国に逆転負け…
頂点をかけた決勝進出なりませんでした(涙)

中盤までリードはしていたものの、
追加点が奪えず、何となく嫌なムードが漂う中、
休日だったため自宅で見ていた私の独り言に家族はやや引き気味…(苦笑)


ただ、最後の打者・阿部の打球を捕球した韓国のライトの選手が、
そのままグラウンドにうずくまった姿を見て、
相手韓国も必死のパッチで戦ってたのだと再認識。

あきらめずに戦った姿勢は称賛に値しますね。

巨人に在籍の李スンヨプに勝ち越しホームランを打たれ、
その後もミスで追加点を許しましたが、
映像って残酷ですね…
終了後、打たれた投手などをずっと映します。

我がytvは

『その選手にも家族がいる』

とコメントや映像を考えて発信するのが伝統。

もちろん、勝負の世界、勝つために選ばれし戦士達ですから、
上記の考え方は甘いのかもしれません。

ただ、このytvの考え方…私は大好きですし、誇りに思います。


一番輝く色のメダルは獲れませんでしたが、
どうか手ぶらでの帰国だけはしないで下さいね!

明日、またテレビの前で応援しますよ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月22日(金) | コメント (0)

おめでとう!ソフトボール!! ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

うちのマンションでもテレビ観戦者が多数いたようで…

ソフトボール決勝戦の7回ウラ、
アメリカ最後の打者がバットを振った瞬間、他の家庭から歓声が響き渡りました。

私は、なんの騒ぎ???と首をかしげましたが、
理由はその3秒後にわかりました。

私はたまたま地上デジタル放送を見ていたのです…
アナログ放送より3秒程度遅れるので、あちらの歓喜の瞬間がちょっと早かったのです。


それにしても、やってくれました!
予選と準決勝で敗れたアメリカに対し、
昨日は全選手の意地と金メダルへの枯渇した想いが伝わりました。

特に、エース上野投手の3連投!!!
準決勝のアメリカ戦と3位決定戦オーストラリア戦で計318球を投げ、
決勝戦でも95球を投じ、‘金’腕に輝きました!

野球もソフトも絶対的なエースがいるチームの底力は恐ろしい。。。

新聞によると、ソフトバンクの王監督も上野投手の投げっぷりに、
『うちの投手は投げ込みが足らんのかな?一度、話が聞きたい』
と話したとか。


ソフトボールも野球同様、ヨーロッパでの人気や普及の少なさから、
2012年ロンドン大会から正式種目ではなくなります。

野球&ソフト王国‘JAPAN’の力を、まずは大和撫子が見せてくれました。

次は‘日本男児’の番です。
予選で惜敗した宿敵韓国に対し、現在、試合は中盤2−1でリードしています。

今日は阪神の矢野さんがスタメンマスクで落ち着いたリードをしています。
矢野さ~ん!頑張れ!!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月22日(金) | コメント (0)

‘柔道’と‘JUDO’ ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

北京五輪の柔道選手団の皆さんお帰りなさい!


今回、男子では内柴・石井、女子では谷・中村・谷本・上野・塚田の
7選手がメダルを獲得しましたね(敬称略)
獲れなかった選手も本当にお疲れ様でした。


それにしても、国際的となった柔道、
見ていてもピンと来ないことが多くなりました。

あのポイント制は、なかなか慣れません…
戦っている選手はもちろんそうでしょう。


1本にこだわり、柔よく剛を制す‘格闘技’である柔道は、
今、間違いなく‘スポーツ’のJUDOに変わってしまったのです。

これまでは、1本勝ちできなかった場合は審判による判定でした。
ポイント制になり、見ている側からすれば、確かにわかりやすくなりました。

昨日までメダルラッシュだったレスリングも同様です。

その競技が世界レベルで発展するためには、
誰もがわかるようにする流れに逆らえません…

そうでないと、ごく一部の国や地域での競技になり、
五輪種目でなくなる可能性があるからです。
競技を国際的に成熟させるためには、いたしかたないのかもしれません。


100キロ超級で金メダリストになった石井選手の
『どんなに格好悪くても、結果を追求したかった。
1本を狙って、1本で負けたら意味がない…』
まだ若い選手ですが、試合のマネージメントは正解だったのでしょう。


柔の道からの脱却なのか…???


意見は分かれるところでしょうね。


ただ、日本のお家芸を死守するために、

‘柔道’から‘JUDO’

へのいい転換期なのかもしれません。


個人的には、1本勝負の柔道が大好きですが…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月18日(月) | コメント (0)

目が点… ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

2005年7月19日
当時、横浜ベイスターズの守護神だった現巨人のクルーン投手が、
甲子園球場での阪神戦、打者赤星の時に球速161キロを記録。

(今年6月には自己ベストを更新し、162キロが日本最速)


これまで、スピードガンでは、当然150キロ台しか目にしたことがありませんでした。

(当たり前か…)


3桁の数字…‘1’の横に‘5’ではなく‘6’が刻まれた瞬間、
驚きとともに新鮮さを感じました。


昨夜の北京五輪陸上男子100m決勝…
ジャマイカのウサイン・ボルト選手(21)が出した世界新記録。


9.69


ボルト自身が今年5月に出した9.72を更新しての金メダル。
しかも、ラストは優勝を確信し余力を残しての世界新記録…


‘9’の横に‘6’が刻まれた時、
クルーンが出した‘1’の横の‘6’と同じような感覚でした。


目が点…

最後までちゃんと走っていたら、果たして‘9’の横が‘5’になっていたのでしょうか???


星野JAPAN…宿敵韓国に敗れて
目が点。。。


今朝の女子マラソン
予想外の超スローペースに目が点…土佐選手のリタイヤは残念…


柔道100キロ超級の石井選手の言動に爆笑!
『屁のツッパリは…』
人気漫画キン肉マンの名言。


女子レスリング
決勝で敗れ、2大会連続の銀メダルの伊調千春選手の清々しさ。

一度止まった公式戦連勝をバネに、2大会連続の金メダルに輝いた吉田沙保里選手の涙…
4年間という月日は人を大きくさせましたね。


閉幕まであと1週間。
もっと色々な人生模様を見せて欲しいです。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月17日(日) | コメント (0)

1秒で人生は変えられます! ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

誰もがあきらめて観戦していたはずです。

北京五輪も後半戦。
今日から始まったレスリング種目。
4年前、決勝で敗れ銀メダルに終わった伊調姉妹の姉:千春選手(48キロ級)の戦い。

妹:馨(かおり)選手はアテネで金メダル。
前回達成できなかった姉妹で金メダルを目指して始まった千春選手。
試合前から散々バックグラウンドを放送していたので(他局ですが…)、
イチ視聴者としても、思い入れ十分で観戦していました。


初戦、地元中国の選手相手になんとか勝利を収め、ふぅ~と一息…
準々決勝ではアテネで屈辱を味わったウクライナの選手との事実上の決勝戦。

第1ピリオドを取られ、第2ピリオドもポイントを奪われ、
もうダメか…と誰もが思ったはずです。


しかし…


残り1秒でのフォール勝ち!!!
大大大大大大…逆転勝利!!!


私も、阪神タイガース葛城選手並みのお叫びを思わず上げてしまいました。


確かに、千春選手の目は焦りやあきらめの目ではなかった…
悔しさを4年間持ち続け、練習を重ねた自信の裏返しなのでしょうし、
もちろん、相手の前回金メダリストにも逃げ切れる油断があったのかもしれません。

しかしながら、1秒あれば人生変えられる…
あきらめなければ、何かが変わる…
スポーツだけではなく、我々の人生にも十分当てはまりますよね!


最大の敵を撃破した千春選手。
苦戦の準決勝を乗り越え、メダルは確定!
いよいよ悲願の‘金’まであと1勝です。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月16日(土) | コメント (1)

1年経つと… ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

選手に頼まれていた用事があったので、阪神2軍の鳴尾浜球場へ行ってきました。
試合のない今日、まだまだ猛暑が続く中、選手は練習をしていました。

平田2軍監督と遭遇すると…『お~久しぶりやな!』

(いえいえついこの間、暑いトークしたじゃないすか…)
どうやら、平田監督も暑さにまいっているようです(笑)


練習している2軍選手の中に、1人の高卒ルーキーが…


横浜高校出身の高浜選手。
去年は、甲子園を湧かせていた選手ですが、
ケガのため、まだ満足なプロの練習すらできていません。

甲子園と鳴尾浜球場はすぐ近く。
1年経った今、置かれている状況はかくも変わるのです…

でも、そのセンスはお墨付き。
ケガが治れば将来の主力選手候補間違いなし!
頑張れ!高浜選手!!!


さて、東京ドームでは、1軍がようやく連敗脱出。。。
延長に入って、アニキの勝ち越しホームランで決着がつきました。
巨人のクルーンの乱調に付け込めたのが、今後を見据えても大きかったですね。


阪神戦が早く終わったので、スムーズにJAPANの初戦へ…

先発のダルビッシュがなんしか調子悪かったですね。
中4日、中4日で決勝戦のマウンドに立っていることを願っていますよ!

今現在、2点負けています。でも、まだ4イニングあるぞぉ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月13日(水) | コメント (0)

超~感動!何も言えない(涙) ( スポーツ ) > ( 他スポーツ ) 

『すいません…何も言えない…金メダル獲れてよかったです』





私の中での「ミスター目力(めぢから)」である北島選手。
獣のような野性味あふれるその北島選手の目から涙がこぼれていました。


五輪連覇への自信と不安、全国民からのプレッシャー

そのすべてから解放された競泳平泳ぎの北島康介選手。
つい先程の100m決勝で五輪連覇&世界新記録!!!
1番背が低い北島選手が、表彰台の1番高いところに再び立ちました。


凄すぎる…


4年前のアテネ、自身初の金メダル獲得の際の
‘ちょ~気持ちいい~!!!’が流行語にもなった北島選手。


常に強気な発言と態度を繰り返してきた北島選手
(彼の中では‘強気’ではなく、普通なのかも…?)


あの涙に、
4年という月日の長さ・連覇の難しさ・人間らしさなど、
色々なことが表れていた気がします。


近年の‘過剰’ともとられ兼ねないスポーツ報道で、選手にかかる期待度は膨らむばかり。

そのプレッシャーは本人にしかわからないものだったと推測できますね。


決勝のレース前の選手コールの際、目に力があった北島選手。
得意の200mで日本競泳界史上初の五輪2種目連覇だぁ~

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月11日(月) | コメント (1)

今年も開幕!!! ( よもやま話 ) 




大阪の真夏の風物詩『ディズニー・オン・アイス』が開幕しました。


今年初めて家族で観覧しましたが、言葉がみつからないくらい素晴らしいものでした。

‘7人のプリンセスが夢を叶える’というテーマなだけに、
6歳の娘は目をキラキラ輝かせながら見入っていました。


一方、同じく6歳の息子は…

女の子むけのテーマだっただけに、彼の中での関心度は低かったようです…


うだるような暑さの中、会場へ向かいましたが、
アイスダンスショーなだけに場内はヒンヤリしていて、
束の間の‘涼’でもありました。


大阪城ホールで17日(日)まで開催していますでの、是非ご覧下さい!!!


その帰り道…


足元を見ると、役目をまっとうしたセミたちの亡き骸があちらこちらに…

ytvもあるOBP(大阪ビジネスパーク)はアスファルトジャングル。
わずかな木々で懸命に鳴いていたセミたちです…


猛暑が続く今年の夏だけに、近づく夏の終わりはきっとせつなくなりそうです。



大田アナではありませんが、せつない夏を表現した1曲…


TUBE ~夏の終わりに~

友人である女性に恋心を抱いた男性が、
その女性に告白しようかどうか葛藤する夏…

自身の欲求を満たすのか?
それとも言わないまま友人であり続けるのか?

最終的には、思い出をなくしてでも、その扉を開け、
止められない想いを率直にぶつける決意をする夏。



是非、お聞き下さい…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月10日(日) | コメント (0)

カタカナリレー…ならず…残念… ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

昨日、京セラドームへ取材に行くと、虎の鉄腕:久保田の登録抹消の一報が…

北京五輪で守護神:藤川球児がJAPANに召集されたため、
05年に結成された最強リリーフ陣『JFK』一時解体。
幸い、ケガによる降格ではないらしいので、リフレッシュの意味合いも含まれているのでしょう。
05年の胴上げ投手だっただけに、早期復帰を待ちたいものです。

代わって登録されたのが、外国人投手のアッチソン。
JAPANに1チームから3人以上招集されたチームは、
外国人選手の登録が従来より1人増員できる特別措置があり、
それを利用したものです。


現在、阪神の1軍にいる外国人選手は
ボーグルソン・アッチソン・リーソップ・ウィリアムス・バルディリスの5人

中西投手コーチは
『これからは‘JFK’ではなく‘JRA’か???』
と話していたそうです。


さて、昨日の試合…
先発のボーグルソン ⇒ アッチソン ⇒ リーソップ ⇒ ウィリアムス
と、めったに見られない外国人投手リレーといきたかった所ですが、
勝ちパターンに持ち込めず、ウィリアムス投入できずに敗戦…


特にウィリアムスは、昨日が愛娘の4歳の誕生日だったので、
‘勝利’というバースデープレゼントを贈りたかったはずです。


『ダディ~今日は何の日かわかる?私のバースデーよ~!
ウェークアップよ~』
と、朝6時から大変だったようです。


今季、同一カード3連敗がない阪神。
今日は最後をウィリアムスでビシっと締めて欲しいものです。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月07日(木) | コメント (0)

快適でした! ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

昨日のエントリーにて、京セラドームの室温は果たして???と記しましたが…

実際、取材で足を踏み入れてみると、かなり快適でした!!!

午後4時に開門されてお客さんが入ってきた瞬間、
人の熱気で少しだけ温度が上がった気がしましたが、
試合が始まっても従来より快適に取材が出来ました。


残念ながら試合内容は快適…とはいきませんでしたが…
岩田投手&久保田投手、頑張れ!!!




さて、7月26日付けのエントリーにて、
我が部の新人アナ:ハヤシマオ号(牝)のニュースデビューについて触れた際、
もう1つの注目として採り上げた小倉競馬:ニシノマオ号の結果は…


残念ながら‘5着’でした…


ytvのマオ号は…


初めてにしては上出来だったので、ハヤシマオ号に軍配かな???


ちなみに、その翌日デビューしたヤマモトタカヤ号(牡)も順調なデビューを飾りました。


これからどんどん皆さんの前に登場すると思います。
新人2人をどんどん叱咤激励してやって下さい!!!




以上、


ネタをふったものの、ふりっ放しで、結末は一体どうやってん…
結末はこうやった…


でした。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月06日(水) | コメント (0)

社会復帰 ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

昨日で休暇も終了し、今日から社会復帰です!


今回の部へのお土産は、巨大な‘外国製あめちゃん’にしました。



下が従来市販されているもので、上がその巨大版…


ここ数日執筆していますが、何事にもビッグサ~イズなお国柄?
その大味ぶりにウンザリ気味…


…ってな訳ではなく…
カマキリの卵の如く、この中に小さい物がたくさん入っているのです。

お土産にはもってこい!!!


さて、プロ野球も後半戦。
例年より遅めのオールスターゲームも終わり、
すでにマジックを点灯させている阪神は、着実にその数を減らしています。

本拠地甲子園は高校球児に明け渡しているので、
今日からはダブルフランチャイズでもある京セラドームでの3連戦です。

昨日の試合前の岡田監督のコメント

『明日からやっと涼しいところ(ドーム球場)に行けるなぁ~
ビール売るために(室温)上げさせんようにせんとアカンな…』

新聞で読みました。

先月は炎天下の甲子園開催が多く、直射日光を浴び続けていた選手・関係者、
我々報道陣もかなりバテバテでした。

ドーム球場だと、直射日光はないものの、自然の風が吹かない分、
屋外で言うところの‘凪’状態…
どっちが快適なのか???よくわからないことが多いのです。


今から出陣。
監督の一言が効いて、快適なドーム球場でありますように…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月05日(火) | コメント (0)

日本に生まれてよかった~(風情編) ( よもやま話 ) 

前々回のエントリーで日本の良さを再確認した私…
この数日、色々感じた事を小出しに吐露します。


まずは風情編


日本から3時間半の異国よりも暑さを感じるKANSAI’s Summer

気温はもちろん、湿度の高さやアスファルトの余熱など、暑さの要素は多々あるものの、
暑さを倍増させているものは、何と言って‘セミ’の鳴き声でしょう…

少し前のエントリーでも紹介しましたが、
朝から全開バリバリのセミの鳴き声で目が覚める今日この頃。

日本の夏の風情ですなぁ~

でも、慣れって怖いですね…
異国では聞くことが出来ず、逆に淋しくなりました。


さらに…




近所の小学校で開催された夏祭り!

夜店の屋台もありましたが、やはり、盆踊りでしょう!!!
炭坑節を筆頭に、全国各地の盆踊りが延々続きました。

でも、日頃は関東のことをヤンヤヤンヤ言う関西気質なのに、
‘東京音頭’もしっかり流れていたのは不思議でした。

これも、日本の夏の風情ですなぁ~


甲子園では夏の高校野球真っ盛り!青春やなぁ~


さらに、8月になると、戦争映画がテレビで放送される割合が増えてきます。

何度見ても『火垂るの墓』で泣いてしまいます。

今年で戦後63年…
今、色々なことができるのも、平和だからこそ!
過ちは繰り返してはいけません。


日本の8月は、平和の尊さを再認識する大事な夏なのです。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月04日(月) | コメント (0)

言葉の力 ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

先日、阪神タイガースの2軍が練習する鳴尾浜球場に顔を出し、
平田2軍監督へ久しぶりに挨拶した時のこと…

この日も午前中から気温がグングン上昇していました。


尾山(以下:尾)「監督、ご無沙汰しております。それにしても暑い中、日々お疲れ様です」

平田監督(以下:平)「なにぃ~暑いだとぉぉぉぉ~暑くなんかないぞぉぉぉ~いい天気と言えぇぇぇ~」


…と、いきなりの洗礼…


(尾)「もしかして、ファームでは‘暑い’って言葉は禁句なんですか???」

(平)「だ~か~ら~ ‘暑い’じゃなくて、いい天気と言えぇぇぇ~」

(尾)「では、いい天気の中、練習大変ですね?」

(平)「本当だよぉぉぉ~大変だぁぁぁぁ~」

(尾)「やはり‘暑い’んですね…」

(平)「だ~か~ら~ ‘暑い’じゃなくて、いい天気と言えぇぇぇ~」

(平)「いい天気なんだから、ゆっくりしていけぇぇぇ~」

(尾)「…」


こんなめちゃくちゃなやり取りがありました。
さすがは明治大学出身の平田2軍監督。
明大野球部と言えば、故島岡監督時代の硬派な厳しさが有名でした。
闘将星野JAPAN監督の熱血指導法も、島岡イズム満載なはずです。


そんな時、ふと高校時代を思い出しました。
埼玉の端くれで甲子園を遠く夢見ていたあの頃…
きっと今ほどではなかったものの、かなり暑かった中の夏休みの練習。
いつからか私は‘暑い’と言う言葉を発するのを止めていました。
‘暑い’と発すると、暑さ倍増な気がしたのです。
‘涼しい’と言葉に出したり想ったりしたら、不思議と心地よい風を感じたりしたのです。


あれから20年…
昨日から始まった夏の高校野球は第90回の記念大会。
私が高校3年最後の夏は70回記念大会でした…


今、世の中は連日の猛暑。
地球温暖化が叫ばれている中、あきらかに20年前よりも気温が高くなっています。

我が家の子供達も「暑い暑い」と、事あるごとに口にします。

明大出身ではなく中大出身ですが、過去の経験則から…

我が家の家訓1つは…

『暑いと言うな』です。(寒いは可)

「暑いものは暑い…」
なんて屁理屈をこねないように言いくるめております(笑)


言葉の持つ影響力…
私がアナウンサーを志した原点はこんな所にあったのかも???
2008年盛夏
かく思う次第でありました。


追伸
日本から3時間半ほどの米国よりも、帰国後の関西の方が暑く感じます。
なんで?????

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月03日(日) | コメント (0)

○○に生まれてよかったぁ~ ( よもやま話 ) 

地球に生まれてよかったぁ~

は…

織田裕二さんの物まねをする山本高広さんのお決まりセリフですが…

日本に生まれてよかったぁ~

と、改めて実感しました。


昨年に引き続き、日本から飛行機で3時間半くらいの異国に数日間滞在し、
携帯電話もかかってこないのんびりした生活をしてきました。


出発の国際空港は妙に閑散としていましたね。。。
これも原油高による燃油サーチャージ値上がりの関係からでしょうか?

逆に、現地では韓国からの方々が去年よりドッと増えていたような…


それにしても、相変わらず、何でもビ~ッグサ~イズですなぁ~

『郷に入れば郷に従え』と言うものの、大味すぎますね。
容器をもらって、初めて外食先から食べ切れなかったものをホテルへ持ち帰りました。

それも2日間…

注文時の学習能力がないのか…???

いや、それを超越する‘大味’ぶりなんだ…と自己弁護。


肉料理に偏りがちになるためサラダも注文するも、出てきたサラダを見て目が点…

大道芸人でも回せない程の大きな皿で登場。。。

これは何人前???
(日本では5~6人前くらいかと思われます)

さらに料理に大切な要素でもある‘彩り’もあったもんじゃなく…
レタスや人参などがめちゃくちゃアバウトなぶつ切りサイズ。


わかっちゃているものの、一言、言わせて下さい…


‘頼むから…せめて人参は千切りにしてくれぇ~’


JAPANはなんてきめ細かい文化なんだろう!

食文化にイチャモンつけるようになったと言うことは、
齢を取ったと言うことなのでしょうか???

異文化に触れることで、日常のありがたみを知るのも必要なことかもしれませんね。

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年08月02日(土) | コメント (0)

アナウンサー