Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

今年は背番号の下一桁が「6」の年? ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

阪神タイガースの春季キャンプも昨日で打ち上げ、
選手・首脳陣・関係者の皆さんも、
昨夜は、およそ1ヶ月ぶりの家族・友人との楽しいひと時を過ごされたことでしょう。

まずはお疲れ様でした。
明日からはオープン戦、3・28の開幕へ向けて、ベストの調整をして下さいね!

さて、一昨日、ブルペンで若手投手のピッチングを取材した時のこと…

我々報道陣のスペースから一番遠いところで投げ込みをしていた投手が目に入りました。

6年目の阿部健太 背番号「56」
愛媛の松山商から大阪近鉄へ入団し、球団合併の際にオリックスへ、
昨オフのトレードで阪神へやってきた23歳です。
1軍のマウンドはこれまで15試合で2勝1敗と、まだまだこれからの選手。
体重をキャッチャー方向へ移し、目一杯腕を振っている姿が活き活きしていました。

その後、同じ場所で投球練習を始めたのが、
入団3年目の鶴直人 背番号「46」
06年高校生ドラフト1位で近大付から入団しました。
同期入団の若竹投手が去年1軍デビューしたので、少し遅れた感はあるものの、
ケガを抱えていたため、こちらもこれからの選手。

「ケガさえ治れば、すごいストレート投げるよ」
と、チーム関係者が口を揃えて話すだけあって、
スピンのかかった素晴らしいストレートを投げていました。

プロの体が出来てきたら、あの藤川球児並みの直球になれるかもしれません。


56の阿部、46の鶴、
サブグラウンド&室内では、背番号「6」のアニキ金本選手!
3・28から逆算しての左ひざ手術。
安芸キャンプからチームに合流し、回復は順調のようですよ!
今年のラッキートレードカラーは‘ライトブルー’だそうです。

「16」の安藤投手は、昨年の悔しさから、オフは休まず体を動かし続け、
復活を期す今シーズン、この1ヶ月のキャンプを振り返って
『これまでで1番のキャンプが送れた』と話してくれました。

笑顔が優しい安藤投手…
この1ヶ月間、我々の前では笑顔を封印していました。
その想いが存分に伝わってきます。

「26」の江草投手も、あわよくば先発ローテ入りへ名乗りを挙げるべく、
順調なキャンプだったようです。

「36」は高校生ドラフト1位の高濱選手(横浜高卒)
「66」は昨年の北京プレ五輪で日の丸をつけた大和選手
この2人もまだまだこれから…明日の阪神を支えるであろう選手。

去年は、背番号の下一桁「1」が出てきましたよね。
「21」…岩田
「31」…林
「41」…上園(新人王)
「51」…桜井


勝手な勝手な第六感ですが、
ファームも含めて、今年は下一桁「6」に注目してみて下さい!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年02月29日(金) | コメント (0)

アナウンサー