Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

原点だなぁ~ ( プロ野球 ) > ( 阪神 ) 

タイガースが2次キャンプを張る高知県安芸市。
広~い太平洋を望む絶好の場所です。

200802280811000.jpg

この世界に入って、この仕事をし始めてからは、阪神のキャンプと言えば安芸キャンプ。
毎年、年に1度は訪問していましたが、沖縄で1次キャンプをするようになってからは、
日程上、なかなか行けませんでした。

今回の取材は、おそらく3~4年ぶりの安芸。
安芸市営球場は、太平洋の如く、いつでも優しく阪神を包み込んでいました。

200802280950000.jpg

1日から始まったキャンプも今日で打ち上げ!
赤星選手会長を中心に大きな輪が出来上がり…

200802281142000.jpg

1本締めで打ち上げました。
岡田監督は、新加入の平野選手以外、ケガ人がほとんど出なかったことと、
去年、打ち上げの日には不在だった安藤・福原が実践登板できてることなどから、
順調なキャンプだったと話しました。

野手では5年目の坂内野手の成長に目を細めていました。
茨城の常総学院から大阪近鉄に入団し、球団合併の余波から楽天へ、
その後、トレードで阪神へ来たセンス抜群の若き選手。

この坂選手については、また後日、綴るとして…

オリックスのBB打線に始まった今回のキャンプ取材。

‘映画:蒲田行進曲ばりの階段落ち’(詳しくは昨日・一昨日のエントリーをご覧下さい)

も経験した珍道中にはなりましたが…


私の若い時から知っている地元安芸市の皆さんに励まされ、
目の前には、母のように温かく、父のように雄大な太平洋が広がり、
細かいことにチマチマしていた自分自身を反省したりもしました。

もちろん、阪神・オリックスの情報もたっぷり仕入れましたので、
オープン戦や公式戦、さらには当ブログでも紹介していきますね~

私にとっては‘心’のキャンプも打ち上げです。
若かりし時、ガムシャラに突っ走っては怒られ、色々学んだ安芸市で原点に帰れました。
37歳とは言え、まだまだ若僧…
輝ける40歳を目指して、さらに驀進します!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年02月28日(木) | コメント (0)

アナウンサー