Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

信じ…待ち…そして… ( スポーツ ) > ( プロレス ) 

他局で日本ー韓国の五輪最終予選の大一番が始まっていたが、
今日だけは、2画面同時進行ながら、99・9%はこちらの画面に釘付けだった。

CS放送日テレG+

プロレスリングNOAH 12・2日本武道館大会

小橋建太の復帰戦

三沢光晴・秋山準に対し、高山善廣と組んでのタッグマッチ

NOAHファンの誰もが待ちわびていた今日という日

去年の6月、じん臓ガンと宣告された時、小橋はこうつぶやいたと言う…

『これで、もうプロレスができなくなるのかな…』

自分の命のことよりも、リングに上がれないかもしれないことを心配したのだ。


7月にガンに侵されたじん臓を摘出、その後はまずは生きることを最優先に病魔と闘ってきた。

1年前の去年12月、武道館のファンの前に、スーツ姿で現れた小橋は、
『必ずここに帰ってきます』と宣言
<過去のブログ…12・17掲載分参照>

それから10ヶ月後、今日の復帰戦をファンの前で公言した
<2007年10月8日掲載分参照>

秋山⇒高山⇒三沢の順に入場、そして…

小橋のテーマ曲 『GRAND SWORD』が場内に流れると、
ファンは総立ちでの‘小橋コール’

私の目頭も熱くなった…

実況の日本テレビ矢島アナも早くも涙モードだ…

試合が始まると、三沢のエルボー・秋山のジャンピングニーが容赦なく小橋を襲う

‘お帰り!’の言葉は要らない…

小橋も代名詞である『逆水平チョップ』でお返し…
1年半の空白がスッポリ埋まった瞬間…

その後も、マシンガンチョップ・ローリング袈裟斬り・ハーフネルソンスープレックス・
スリーパースープレックス・そして豪腕ラリアット…

コーナーポストを借りてのバーニングハンマーは不発に終わったが、
小橋は小橋だった…


27:07の大激戦は、三沢が雪崩式のエメラルドフロージョンで小橋から3カウント
小橋は復帰戦を白星で飾れなかったが、勝った三沢のテーマ曲「スパルタンX」が流れる中、
ファンは『小橋・小橋』の大合唱…
ファンの想いが1つになった。

カウント3の瞬間、矢島アナの実況は
『小橋建太が勝ちました…じん臓ガンに勝ちました…』

私も同感だった(涙)

試合後、小橋は
『自分はリングに帰ってくるんだと‘信じ’、
自分を‘信じて’‘待って’くれたファンの想いに応えたかった』
と話した。

明日、精密検査をして、その結果を受けて、今後のことを考えていくという。


信じて、待った結果、小橋建太が小橋建太であったことが、何よりもうれしかった。


小橋さん…次の大阪大会で大阪のファンの前でその勇姿を見せて下さい!!!


さて、次は、日韓戦だ…
日本代表はまだリードしている。

別の局では、バレーボールのW杯最終ブラジル戦もやっている。
まだまだ目が離せない…

投稿者: 尾山憲一 日時: 2007年12月02日(日) | コメント (0)

アナウンサー