Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「松井秀喜選手」の一日契約!!

松井秀喜選手が
NYYと一日契約を結び…


という話。


最高ですね!!!
嬉しいです!!!

誇らしいですね!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月31日(金) | コメント (0)

徒然なる「問責」…そもそも……

橋下市長に対して問責決議案が出され、
可決される可能性が出てきています。

松井知事は、
出直し市長選の意向を示しました。

もし問責決議が可決されれば
出直し市長選をすべきというのは、
一理あると思います。


この際、有権者に問うというのは、
一つの妥当な選択肢かもしれません。

そうでなくても、
大阪W選挙の際の「公約」が、
次々と暗礁にのりあげそうな気配をみせています。

「大阪」がどちらの方向に進むべきなのか、
このタイミングで信を問い直すというのは、
一つあっていい選択肢かもしれませんね。


従軍慰安婦に関する発言問題については、
さかんに「誤報」と主張する橋下さんに対し、
ついに、
「誤報ではない」と反論するメディアが、
相次ぎ始めました。


けさのある新聞では、
発言の「文脈から伝わったのは…
橋下氏の人権感覚、人間観ではないだろうか」
としました。

「国内外に批判が広がったのもこの点にある」
としています。


松井さんは橋下さんを評し、
「人権を大切にする政治家」としています。

橋下さんも、
「報道で、正反対の人物像・政治家像が流布してしまった」
としています。


私は
長年橋下さんを取材してきた印象から言えば、
橋下さんは、大変、
人権を大事に考えている人だという印象を持っています。

が、
橋下さんの今回の当初の発言は、
「正反対の印象」を与える可能性が極めて高い、
不用意な発言ではあったという印象を持っています。

切り取る切り取らないに限らずです。


「正反対の人物像」が
結果として流布してしまったことについては、
私も同じ印象をむしろ持っていますが、

その原因は、
各社の報道にあるというよりも、
むしろ、
当初の発言の不用意な表現にあったという印象を
持っています。

そもそも論として、
玉石混交の多数メディアが、
時として、
「誤報」や「ミスリード報道」を発している状況は、
悲しいかな、存在することは
否定できません。

悪意に満ちた、
恣意的な、
しかも事実誤認の内容も、
時にあります。


もっとも、
新聞、テレビ、週刊誌、
そんな報道の頻度は、
それぞれ
全然違いますが。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月30日(木) | コメント (0)

徒然なる「阪神」が弱い…

う~ん…

楽天に、よもやの連敗。。。。


久保投手も
2軍落ち…


このスパイラルから、
抜け出さないとねぇ…

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月29日(水) | コメント (0)

安堵

とりあえずは、
本当に、良かった…

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月28日(火) | コメント (0)

徒然なる「欧州CL」を終えて…

そうそう。欧州CLも、凄かったですね。

ドルトムント応援してましたけど… 


監督が香川のこと、評価高いから… 
その監督の名声上がればいいな…と思うと、
ドルトムント応援しちゃいました! 

プレミアの試合みてると、
「こりゃ日本人選手、厳しいなぁ」という、

とにかく、フィジカルコンタクト、
すっごいですが、


ドイツのチームの試合みてると、
なんか、日本人でも、
マッチできそうなんですよね…

でも、全然、
ボールとられないんですけど…笑 

香川選手が、
あの中で持ち味を発揮するのは、
よく分かる。

まさに、
香川選手にあったプレースタイル… 

観ていると、
プレミアのほうが「別世界」なんですが、
いざ対戦すると、
最近は、
ドイツ勢のほうが「優勢」というのが、
これまた面白いですね…

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月27日(月) | コメント (0)

徒然なる「ダービー」を終えて…

今年のダービー。素晴らしかったですね。
キズナ号。
ダービー馬に相応しいレースぶりでした。
あっぱれ!! 

しかし、
「前が残る」「前が残る」と
さんざ言われたこの馬場で、

武豊騎手の、
あの落ち着き払ったレースぶりは、
何なんだ!!?一体!!? 

武豊騎手以外、
ファンも関係者も、全員ドキドキ…笑

武豊騎手じゃなかったら、
ひょっとしたら、キズナはダービー馬じゃなかったかもしれない… 

お世辞抜きで、そう思います。 

武豊騎手でなくても勝てるであろうレベルの、
大変強い馬ではありますが…

ここ数年、
衰えただなんだと言われ続けた武豊騎手ですが、
やっぱり、最後方近くからいっての、
あのどっしり構えたレースぶりは、
経験とセンスがなければ出来ない芸当ですね!! 

ていうか、

そもそも、あの実績とセンスがなければ、
ダービーで一番人気背負って、
あれだけゆったりいけないだろうし… 

しかも、スタートとか、
全然出負けしてないのが、
さすが武豊流というか…

ロゴタイプは、
やっぱり、あの馬の特性というか… 

センスはあり、
今日も悪くない競馬してるんですけど、
「瞬発力」とか、そういうところでは、
分が悪いんですかね… 

でも、
3着にはきて欲しかったけど。。。。 

まあ、
3着狙いなら、十分3着あったでしょうが、
もちろん、G12勝馬だから…

エピファネイアは、
中間も順調さに欠けたし、レース中もつまずいたり… 

それでもあわやの2着にきっちりきたのは、
やっぱりもともと、前評判の高かった素質馬ならでは… 

でも最後に出たのは、何なのか?
父の偉大さの差か?? 

Sクリスエスも、十二分に偉大な馬ですが…

コディーノ、レッドレイヴンあたりは、
残念な結果… 

2歳時は、どこまで強いのかと思わせるコディーノだっただけに、
友人が言ってた
「コディーノは、ローズキングダム」という評価が、
現実味帯びてきたなぁ…

にしても、
2歳の年末時点では、

コディーノ、エピ、キズナの3強といわれたりしながらも、
少し差をつけられているのが「キズナ」という印象だった。

ラジニケ見終わった後は、
「果たして今後、エピに勝てるんか…キズナ…」と思ったものでしたが……


ダービーまでに、きっちりと逆転してきたキズナ… 

立場逆転です…… 

ラジニケ見終わった時に、
実は昔のライバル関係で、
思い出していたのがあるんです。 


ダンスインザダークとロイヤルタッチ。

ラジたん(今のラジニケ)の頃は、
3馬身くらい離されていて、
ダンスインザダーク、
ロイヤルタッチに一生勝てないと思わせる内容でした… 

イシノサンデーにも勝てなかったし… 

きさらぎ賞で一気に差を縮め、
そしてその後は、
ロイヤルタッチの後塵を拝することは、二度となかった…

皐月賞に出なかったこと… 
なのにダービーで一番人気になったこと… 

このあたりも、共通。 

唯一違うのは、
ダービーで、
傑物・フサイチコンコルドが、
衝撃の差し切りで、ダンスに勝ったこと。 

和製ラムタラなんていわれて、
フサイチコンコルドも、格好よかったですよね…

今となれば、
ロイヤルタッチ、イシノサンデー、バブルガムフェロー、
そしてフサイチコンコルドという華やかな同期で、
ダンスインザダークが、
ナンバー1の力を持っていた…ということは、
種牡馬成績も含め、
異論ないところではないでしょうか… 

キズナも、そういう存在になっていくんでしょうか…

ロゴタイプも、
イシノサンデーぽいしなぁ…笑 

器用で強い馬ですが… 

エピは、
ロイヤルタッチに似てるとこ、
ありますよねぇ… 


コディーノは… 
こっちがイシノサンデーか、
それともやっぱりこの馬は、
ローズキングダム的か…

フサイチコンコルドは、
でもやっぱり、格好よかった。

あの馬の「ロマン」は、
どうしても追いかけ続けてしまいます… 

だから、アンライバルドにも、
不思議な魅力を感じてましたよ。

あの馬も、すっごい強かった。
特に皐月賞の時なんて… 

雨のダービーで、ダメになっちゃいましたね…

そして、
ダービーを勝ったロジユニヴァースも、
その後、ダメになっちゃいました… 

あの年の馬たちは、
本当にその後、
数奇な結果をたどりましたよね。

不可解な「その後」ばっかり… 


ロジだって、
ラジニケとか弥生賞勝った時は
「無敵」でしたが… 


なぜか皐月大敗、
そしてダービーで復活、
その後ダメ…

リーチザクラウンもそう。
結局、無冠。 

2歳の頃の「凄まじさ」と、
「無冠」という点では、
ロイヤルタッチに通ずる部分もありましたね。 

結局、
あの「幻の新馬戦」で、
その後出世したのは、ブエナビスタのみ… 

あっ4着の馬も、
後のG1馬か… 

凄い新馬戦だ…ロマンですね…

あの年のダービー時点での「一線級」の、
その後の落ちぶれ方は、
長いこと競馬やってても、本当に不可解です。 

前にも後にも、
ああいうのは、見たことありません。 

今年だって、エピもコディーノも、
掲示板レベルには、
皐月もダービーもきてるし…

などなど、

やはり伝統のある「ダービー」というレースのあとには、
様々な過去の出来事を
「回顧」してしまいます。 

やはり、競馬というのは、
面白いスポーツ…ですね。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月26日(日) | コメント (0)

徒然なる「競馬の必要経費」判決に、何かしら…

さて、
注目していた「競馬の判決」。


必要経費の、
あの例の裁判です。


当初一報を聞いたときは、
「やるやん!裁判所」と感じましたが、

どうも、
判決内容について
より詳しく知れば知るほど、
釈然としない思いになりつつあります。

私だって、
継続的にPATで買い続けている一ファンなわけで、

たとえそれが
「事業」として現実的に
成立していない状況であっても、

やはり、
回収率を全ての中心に据えて、
馬券を購入する際は考えている… 

のは、

全く、
当該の男性と
一緒なんですけどねぇ…

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月25日(土) | コメント (0)

橋下さんと従軍慰安婦発言を巡る問題…

さて昨日、
慰安婦の方が橋下さんとの面会を拒否するという
新たな展開がありました。

この問題、
いったん収束するかに見えましたが、
やはり、まだまだいろんな方向へ、
いろんな広がり方をする余地を秘めているのは、
間違いないのでしょう。

今回、橋下さんはいつもの如くに、
本当に沢山の発言をしてきたわけですが、

実はこの問題、
そもそもが、
そう単純な話でもないと思っています。

要するに、
「橋下発言のここが問題だ」
「いや問題ではない」という、
単純な白黒構図ではないんですよね、

実は今回の話は…


橋下さんは得意の論理構成力で、
今回の問題の論点整理を繰り返してきました。

そして本人も述べているように、
徐々に「言説が固まってきた」
印象を受けます。

今や、
内容への賛否、あるいは
国益への利益不利益について
意見分かれるとしても、

少なくとも、
橋下さん自身の論理は
明快になってきました。


くれぐれも断っておきますが、

「論理が明快である」ということは、
あくまで、
「論理破たんをきたしていない」
という意味であって、

無条件に、
「内容が正しい」「内容が有益だ」
ということを意味するわけでは
勿論ありません。

ただ、橋下さんの言説が、
論理矛盾なく整理されてきたことは、
確かです。


橋下さんに批判的なメディアも、
また橋下さん自身も、

「論理的」であろうとするわけで、


「理屈でここがあっている」
「ここが間違っている」
「こう言ったではないか」
「いやそれはこういう意味で言った」

という議論に
終始しがちなところがあります。

が…


実は今回、
最初にわーーっとこの問題が大きくなった背景には、

橋下さんが当初、
自身の「理屈」「論理」を表現しようとした際に、
橋下さんが用いた
コトバ、価値観、本音に対し、

女性の多くが、
理屈でなく無条件に
「嫌悪感」を感じる部分が含まれていた… 

というのが、

冷静な分析だと思っています。


もちろん、

嫌悪感を感じなかった女性、男性も
数多くいましたし、

逆にそこには嫌悪感を感じなかったが、
「理屈」の部分に承服できないと感じる人も
多くいたでしょう。

もちろん、
嫌悪感と理屈ダブルでNO!という人も、
いたでしょう。


多くの人が、
本当に様々な感じ方をしたことは、
間違いないでしょう。


いつもなら、時を経るごとに
「論点」がどんどん整理されてきて、

「要するにこの問題について、白なのか黒なのか」
という二元論に集約することが得意な
橋下さんですが、

今回、
その手法は不発だったと感じます。


むしろ、
説明を繰り返せば繰り返すほど、
「100%は同意できない」という人が
次々出現してきて、
収拾がつかなくなっていったと思います。


石原さんが一番良い例で、
「あれは侵略戦争でない」議論で、
また新たな対立軸が生まれたりしました。

まあ結局それは、
一旦収束した形ですが…

橋下さんに批判的なメディア・記者・識者もあれば、
橋下さんに好意的なメディア・記者・識者もあります。

揚げ足取りのような対峙の仕方をするものもあれば、
太鼓持ちになってしまっているケースもあります。

ただ、それもこれもひっくるめて、
オープンに、繰り返し、説明し続ければ、
「分かってくれる人には伝わる」と信じてやってきたのが、
従来の橋下流だったわけで、

「カコミ拒否」を打ち出した時は、
一瞬、その姿勢を放棄するのかと思いましたが、

結局そこを思いとどまったのは、
好判断だったと見ます。

さらに今回の問題は、
世界中でさらに様々な人が、
「関心を持ったり」「誤解に基づいて理解したり」
「事実誤認したままイメージで受け止めたり」
「訳されていく中でニュアンスを誤解したり」、

様々な受け止め方をしたことによって、

一つ説明したり釈明したからといって収束しない…
展開となりました。

ちなみにいろんな人の意見を聞きますと、

やはり最初の頃の、
「戦場という昂ぶった場で猛者達の性的エネルギーを…」
的な趣旨の発言に対しては、
理屈云々を抜きにして、
嫌悪感や違和感、不快感を持ったという女性は、
多かったように感じています。

その「嫌悪感」や「不快感」にとっては、

実は、
強制連行されたか否か、
あるいは、
他国も同じようなことをしていたのかどうか、

などの話は、

どちらであっても、
実は、
感じ方が変わる話ではないんですよね。 

そこが、
今回の問題の
「理屈だけじゃない」難しさなんだろうと、
思っています。

さて橋下さんも言ってるように、

「慰安婦問題について格好良いことばかり言っていた国会議員」たちが、
確かに皆、
だんまりを決め込んでしまっているような印象は、受けます。

今ここで発言しても、
誤解される可能性が高い、
と考えての選択なんでしょうか。

いずれにせよ、

国内で威勢の良いことを言うのは簡単だが、
国外に向けて通用、わたりあえることを言おうとすれば、
相当な覚悟と周到な情報収集・勉強・深い歴史認識が必要ですね。

それなしの、
国内向けの威勢だけが良いのは、

本当に内向きのナショナリズムですね。

各国が一斉に内向きのナショナリズムに走る状況が
一番怖いというのは、

まさに
歴史の教訓でもありますし、

逆説的な意味ではありませんが、
今回の橋下さんの件は、
いろんな意味で、
日本人の目を覚まさせる
キッカケになる部分も、
あるのではないでしょうか。

もうひとつ、

歴史認識の問題で、
ともすると、
対中韓、
だけが語られがちでしたが、

少し前の総理に対するものもありましたが、

「アメリカ」という国は、
やはり、
歴史認識に関していえば、
どちらかといえば、
どちら側にいる国家なのか、

ここは、
よく踏まえておかないといけないと思います。

歴史をみれば、
どちら側にいるかは一目瞭然だと思います。

領土問題に関してはそうでなくても、
歴史認識に関してはやはりそうなんだということを、
肝に銘じておく必要がありますね。

橋下さん言うところの
「威勢のいい政治家」は、
そこをどう考えていくのか。


真剣に主張するなら、
覚悟がいるでしょうね。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月25日(土) | コメント (0)

徒然なる「美BODY」の秘訣…

会社の健診で
「ボディバランス」を計測するというのを
オプションでやっていて、


計測してみたら74点で、

その時点の暫定で
「4位」だった!


「凄いですねぇ!!」と言われ、
写真を撮っていただき、
写真と共に掲示されることに!

写真の下に
「美BODYの秘訣」というのを書く欄があり、
「書いてください!」と言われたので、

「特に何もしていないのですが…」と
書きました… 

ていうか、

それ以外、
書きようがなかった……笑

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月24日(金) | コメント (0)

徒然なる「大谷投手」………

やっぱりフツウに凄いな…

大谷投手(^。^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月23日(木) | コメント (0)

徒然なる「競馬」の判決

明日ですか。。。。


「競馬の判決」が、あります。

(面倒なので、「競馬の判決」で済ませますが…)

競馬ファンからすれば、

この判決は、かなり「注目」です。

要するに、

3点買いであろうと、5点買いであろうと、


必要経費は、

「当たった1点分」しか、認めないのかどうか…


というハナシでありまして。。。。。


「ルール」の「解釈」の問題なので、

決められたルールに従うしかないのですが。。。。


判決内容次第では、

「競馬」の楽しみ方自体が、

変わってくる話・・・・ですし、、、、、


JRAも、

毅然と意見表明しないといけない大問題だと、

思っています。

公営でギャンブルをやる以上は、

参加者が「楽しめ」て「納得できる」ような形で

やるべきだし、


それすら担保できないような「公営ギャンブル」なら、

「営むな!」と、

言いたいですね。

一競馬ファンとして、

強く、そう思いますが。。。。


競馬ファンの多くは、

同じ気持ち。。。。ではないでしょうか。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月22日(水) | コメント (0)

徒然なる「橋下市長」のカコミ再開

橋下市長が「カコミ」を再開。

いろんなご意見はあるでしょうが…


その判断で良かったのではないかと、

個人的には思っています。


再開の「理由」についても、

「らしい」ロジックを、披露していましたが。。。

妥当で現実的な「判断」だと思います。

今回の問題で、

いろいろありましたが、


最大の「らしさ」を、結局、自ら放棄しなかったことについては、


率直に、

良かったのではないでしょうか。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月21日(火) | コメント (0)

徒然なる「オークス」………

一晩たっても、

やっぱり悔しい………


デニムアンドルビー (-.-#)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月20日(月) | コメント (0)

徒然なる「オークス」デニムアンドルビーは…

デニムアンドルビー。。。。


彼女は、

実力を、

出し切ったのだろうか。。。。。

1番人気だけに、

多くのファンが、

そう思ったことでしょう。。。。

「負けて強し」…


そういわれるより、

「結果」が、欲しかった・・・・ ですね。。。。


勿論、鞍上も、

人一倍、同じ思いを、

持っていたでしょうが。。。。。

う~ん、、、、残念。。。。。

私も、

応援していたので。。。。苦笑

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月19日(日) | コメント (0)

徒然なる「橋下市長」のぶら下がりは………

やめるべきではないと、

個人的には、

思っています。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月18日(土) | コメント (0)

徒然なる「西村議員」の発言………

これは、
完全に、「ダメ」だと、おもいます。

しかし、まったく…………(x_x)(x_x)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月17日(金) | コメント (0)

徒然なる「イチロー選手」………

不調……(x_x)(x_x)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月16日(木) | コメント (0)

徒然なる「青木選手」!!

好調!!(^O^)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月15日(水) | コメント (0)

徒然なる「オークス」………

クロフネサプライズの前評判が………


えらい低い………(+o+)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月14日(火) | コメント (0)

もう1か月…

淡路島の大地震から

もう1か月…

つい昨日のことのようですが……

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月13日(月) | コメント (0)

徒然なる「香川選手」にとって……

マンチェスターUの監督が代わり、
香川選手にどう影響があるのか、大変心配で、
そういう意味での興味があります。 

いろいろと書かれているものなどを読んだりした範囲では、
「吉と出る」という意見より、
「厳しい」という意見が多いようですね。

新監督は、
オールドタイプのイングランド的パワー&フィジカルサッカーのスタイルが
ベースにあるだろうから、

そうなると、
香川選手は、
「居場所」を見つけるのに厳しい状況を強いられる… 

という意見が、
割と多いようです。

唯一、
香川選手に優位に働く… という見方をしていた論評にも
出くわしましたが、

いろいろ沢山見た中でも、
その一件くらいでした。 


曰く、
新監督は、勤勉タイプを好むから、
香川選手も、それでいくと好かれるはずだ… 

的な感じでした……

新監督とルーニー選手の関係も
最大の注目点です。

ルーニー選手は、
香川選手の、ポジション巡る「ライバル」的位置づけの部分も
確かにありますが、

そのプレーのクレバーさから、
香川選手とのコンビネーション、
活かし活かされ… のプレーは、

マンU内で一番できていたといって、
過言じゃないでしょう。


つまり、
新監督とルーニー選手があわなくて、
ルーニー選手が放出… 

となったとしても、

それをもって、
「ポジション争いのライバルが一人減る!」と
ぬか喜びするような状況では、
ちょっとないのではないかと… 

むしろ、
ルーニー選手がいなくなることで
香川選手が被るマイナスの方が大きいかも…

さらに、
ルーニー選手が放出された場合、
エバートンの、新監督肝いりのトップ下を、
マンUに引っ張り込む… 

という展開も、
十分あり得ます。 

実際、
そう報じられてもいます。 


こうなると、香川選手の居場所は、
極めて厳しい状況に、なりますよね…

とあれこれ考えれば考えるほど、
香川選手が、この状況をどう打破し、
どう生き抜いていくのか…
生き抜いていけるのか… 

暗澹たる気持ちに、
襲われます… 


全く、
香川選手や、もっといえばルーニー選手ほどの、
才能溢れる「人材」でも、

ボスが誰かで、
運命ガラッと変わっちゃうんですよね…悲

野球でも、
そうですもんね。


今岡選手や、
あのイチロー選手でさえ、

時の上司に認めてもらえず、
出番を満足に与えられなかった(といわれている)
時代があったわけで、

今振り返ると笑い話になりそうな逸話が、
結構、転がっています…

イチロー選手や今岡選手は、
その後、一流選手として開花したので、
今や「笑い話」で済みますが、

その裏で、
才能あふれる逸材が、
時の監督やコーチとの相性、指導などでつぶれ、
花開かないまま球界を去っていった…
という例も、ごまんとあるんですよね…

それもこれも、
「人間社会とは、そういうもんだ」と割り切らないと
仕方ない話… 

ではありますが、 


やっぱり、
理不尽なものであります、誠に… 

是非、香川選手には、
そういう壁を打ち破り、
超一流への道を駆け上がっていって欲しいなぁ…と、

心底願うばかりであります… 

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月12日(日) | コメント (0)

徒然なる「ハナズゴール」!

ハナズゴールと

ドナウブルー。

いつも、この二頭

応援してます!!(^^)/(^^)/

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月12日(日) | コメント (0)

徒然なる「錦織圭選手」まさかの………

負けちゃったみたいですね……

残念(T_T)(T_T)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月11日(土) | コメント (0)

徒然なる「フェデラー」撃破!!(^O^)

錦織圭選手!! 

「快挙」の一言で済ませられない程の
インパクトが………!(^^)!!(^^)!

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月10日(金) | コメント (0)

徒然なる「ヴィクトリアマイル」!

ヴィルシーナと
サウンドオブハートは

当然強いし、
人気もする…んでしょう。


ボクは、
ハナズゴールとドナウブルーを
応援しますね! 勝手に……笑


ドナウブルーは、
ヴィルシーナの天敵
ジェンティルドンナの

姉!!! ですしね~~(^^)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月09日(木) | コメント (0)

徒然なる「ファーガソン監督」が退任!??(+o+)

退任を発表したとの報道………

香川選手にとって、
吉なのか凶なのか…………


それは、次のボス次第………(+o+)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月08日(水) | コメント (0)

徒然なる「黒田投手」好投も援護なく…

NYY黒田投手。


好投するも、
援護なく・・・・・


敗退・・・・


被弾の一球は、

痛恨・・・・でした。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月08日(水) | コメント (0)

徒然なる「地震」に備える…

きのう

淡路島からも中継しましたが。。。。


地震への「備え」は、

大事ですね。。。。。

兵庫県独自の住宅共済制度「フェニックス」は、


基本的には、

大変手厚い、充実した、

システムだと思います。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月07日(火) | コメント (0)

徒然なる「柴田大知騎手」の涙…

良かったなぁ…

なんか……


伝わってきました、、、、なんとなく。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月06日(月) | コメント (0)

徒然なる「同点HR」2本!! に動転…笑

最近、

とんと見ない、、、、ですよね。。。。。


同点2ランとか、

同点3ランとか、、、、、、

そういうの、

二本も見られて、、、、、

5日の試合は、

負けたけど、、、、、


なんか、、、、「消化不良」、、、、じゃなかった。。。。。個人的には。。。笑


同点HRとか、

やっぱり、

めっちゃ楽しいし、、、、、、 特に現場で見てたら。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月05日(日) | コメント (0)

徒然なる「マイルC」は…コパノリチャード!!

キズナは、

やっぱり、強かった… ですね!!


マイルCは、

コパノリチャードとインパルスヒーロー。


この2頭、

もっと人気してもいいと、、、、思うんだけどなぁ……

あと、

当然、


エーシントップ、レッドアリオン、ゴットフリートは、

怖い存在、、、、だと思ってます。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月05日(日) | コメント (0)

徒然なる「京都新聞杯」は………

当然、

キズナが、

断然強いと、思ってます……(^_^)v

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月04日(土) | コメント (0)

徒然なる「阪神」爆勝!!(^O^)

打つときは、

こんなもん………(^。^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月03日(金) | コメント (0)

徒然なる「バルセロナ」が………

…………(T_T)

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月02日(木) | コメント (0)

徒然なる「黒田投手」と………

ダルビッシュ投手が、

ともに勝ったとか…………

めでたい(^O^)(^O^)(^^)/

投稿者: 野村明大 日時: 2013年05月01日(水) | コメント (0)

アナウンサー