Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「大晦日」…

今年一年も、

きょうで最後。。。。

今年一年、、、、

どちらかといえば、、、、、

辛いことのほうが、

多かったような気が、、、、、しますが、、、、、、


来年から、

気持ちを切り替えて、

いきたいと思います!!!

皆さん、良いお年を。。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月31日(月) | コメント (0)

徒然なる「香川選手」が復帰!!復活!!

とても良いプレーで、

監督も、現地メディアも、

納得させたとか。。。。。


さすが。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月30日(日) | コメント (0)

徒然なる「ワンダー」ならず……(T_T)

ワンダーアキュート、

勝てず………(:_;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月29日(土) | コメント (0)

徒然なる「松井秀喜選手」引退…

松井選手が、

引退を表明……

それを受けての、

NYYジーター選手や、トーリ元監督の談話が、


いちいち、、、、泣かせる、、、、んです。。。。。涙


それらが全て、

松井選手の「人格」を、

物語っているんでしょうね。。。。


いつも、

ふっと気がついて、

落ち込むんです。。。。

彼が、、、、自分より、、、、、

年下であることに。。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月28日(金) | コメント (0)

徒然なる「師走」…

しっかし、

今年はホントーに、

月日のたつのが、

はやかった!!(x_x)


特に10月以降!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月27日(木) | コメント (0)

徒然なる「不言実行」内閣を期待する!!

デフレ脱却、円高対策……


女性活力、子育て支援……


地方分権、地域活性化……

どれもこれも、

素晴らしい文言が、並びます。。。。

文言はいいので、

実行、実現、してください。。。。


ここ10年くらい、

そんなんばっかり、、、、なので、、、、、


拉致問題担当、、、、、少子化問題担当、、、、、


もっともらしい肩書きの

特命大臣ばっかり、やたらと増えて、、、、、

短期間で、

どんどん交代して、、、、、、

実態は、

何にも、変わらない。。。。。


もういい加減、

もっともらしいサブタイトルは要らないので、、、、、


黙々、粛々と、

実現、実行する内閣を、、、、、、、

と思っていたら、

「民主党政権と違い、

 リアルに仕事をする、

 仕事師内閣です!!」

的なアピールが………  テレビから聞こえてきた。。。。。 苦笑


だ~か~ら~~~~、、、、、

そういうの、

言わなくていいので、

真に、

実現・実行する内閣を。。。。!!!!!

是非、

期待、、、、します。。。。。。

今回、

入閣したり、党の要職についたりしている方の中にも、

何人か、、、、いらっしゃいますよ。。。。。


過去に、

仰々しい肩書きの「特命大臣」だったにもかかわらず、

な~~~~んにも

実績、、、残さないまま、、、、、


短期間で、、、、代わっていかれた、、、、、

元大臣様が、、、、、、、、

今内閣は、

そういうこと、、、、なきよう、、、、、 願います。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月26日(水) | コメント (0)

徒然なる「新大臣」は……

最近、
組閣のたびに、思う……


「新大臣に、○○が内定」… 報道……

意味、

あるんでしょうか。。。。

そういうことに血道をあげる。。。。。 ????    個人的所感です。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月25日(火) | コメント (0)

徒然なる「有馬記念」の所感…

有馬記念ご覧になりました!!!? 

なにあれ?? 
横綱相撲もいいとこ!!


ですやん!!! 

ゴールドシップ、強かったですねぇ… 

3コーナーからまくりにまくって、
あの圧勝だもんなぁ…

きょうのメンバーでは、結局、
やっぱり、敵はいなかった… 

てことか… 


ゴールドシップ。 


いや本当は、
一番の敵は、ルーラーシップだったんでしょうけど、

なにせあの出遅れは… 

これまた尋常じゃなかった。 


まあ、あそこから3着まで追い上げたのも、
地力といえば、地力でしょうねぇ…


でも、ゴールドシップが、
日本競馬界の頂点に立ったとは、当然、
思ってませんよぉ。。。 

なにせ、
オルフェーヴルともジェンティルとも、

まだ勝負してませんからねぇ…

オルフェもジェンティルも、
三冠馬ですからねぇ… 

まあ、ゴールドシップの二冠も、
十分凄いんだけど…


ゴールドシップの強さを見れば見るほど
思いを馳せてしまうのが… 


「ワールドシップが健在だったらなぁ…」
ってこと。。。 

皐月賞は位置取りだけの差だったし
(むしろそこを補正すれば、ワールドエースのほうが…と思わせる内容)、


ダービーだって、ほとんどあの2頭、
やってること、おなじだった…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月24日(月) | コメント (0)

徒然なる「有馬記念」から徒然といろんなことを…

有馬記念。
一銭も馬券は買っていませんが、
純粋に「スポーツ」として、楽しみにしております。^^

今年は、ゴールドシップが、やはり強いのでは…?? 
世代牡では、明らかに最強。 
ワールドエースが無事ならば… と、今でも思っていますが… 
逆にいえば、「故障も実力のうち」「無事是名馬」…

世代最強! 
とまでは言い切れないのが、

やはり、ジェンティルドンナの存在ですね! 

牝馬で最強は分かっていましたが、
オルフェーヴルとの叩き合いを制したのは、正直、度肝を抜かれましたよ!! 
JCを経て、いまや、「日本最強」の称号は、
現時点ではジェンティルのものでしょう。

JCでは、
オルフェーヴルとジェンティルが、壮絶な叩き合い。
その3着だったルーラーが、有馬記念では大手を振って戴冠最右翼… 

なのですから、

序列的にはやはり、
ジェンティルとオルフェが、現時点での日本現役競走馬の横綱…
ということでしょう。


横綱抜きの一戦になったとはいえ、
やはりつわものがぞろぞろと集結して、盛り上がってきた有馬記念。

ゴールドとルーラーがその中では少し抜けているというのが私見ですが、

こういう時に一発がある、エイシンフラッシュという馬もいる…

エイシンフラッシュは、文字通り一発がありますからね… 
一発屋さんではないけれど、ムラ駆けだからなぁ… 

あと、密かに私が期待しているのが、トゥザグローリー。 
有馬記念では、上位にくるからなぁ… 

エイシンフラッシュは、ライスシャワー的ですね。
トゥザは、ナイスネイチャ的ですね!!笑


トゥザグローリーが上位3着までに突っ込んできたら、
馬券を買わなかったことを、後悔しそう… 
即座に100円が一万円札に化ける配当の成立!
となるでしょうね…


ナイスネイチャなんて名前をあげたら、
マチカネタンホイザなんて名前も、思い出しちゃいました… 

3着ナイスネイチャ、4着マチカネタンホイザ。
ついこの間のことのようですが、
最近のファンからみれば、古き良き時代… 
的なかんじでしょうか…

ちょうど我々が、オグリキャップやトウカイテイオーのレースをリアルタイムで見ていたときに、
「テンポイントは…」「トウショウボーイは…」と語っていた
おじさん世代… 

のイメージですかね。。。笑

きのうのラジニケ後に、
エピファネイアやキズナのレース振りを寸評して、
それでアグネスタキオンのラジタンを思い出したので、

久しぶりに当時のレースを、みましたよ。

いやはや、タキオン強かった! 
クロフネやジャングルポケットといえば、両方とも「名馬」だと思いますが、
それらを置き去り…ですものね。

でも当時は、
一瞬にして「ワープ」した、という印象でしたが、
そこまででもなかったな…みなおしたら…… 

追えば追うほど、グングン引き離して、
永遠に同じレースでは追い越せない… 

という感じではありましたけれど… 


皆さんももし良かったら、一度、みてみてください!!笑

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月23日(日) | コメント (0)

徒然なる「ラジニケ」を振り返る…

キズナ…(T_T)

キズナ、負けました。 
勝つと思っていたから、残念… ガックシ…… 

きょうのレース、
どう評価すればいいのかな… 


きょうの時点では、
エピファネイアには、完敗だなぁ… 

でも、クラシックシーズンには、
差が縮まってくると、信じたい…


エピファネイア、強かったなぁ… 

現時点では、今年の2歳世代の、
クラシック最右翼ですね!! 


でも、
図抜けたものまで示せたかといえば、
私の個人的見解では、NO! 


スローだったとはいえ、
着差も少ないしね。


それでも十分な着差で、
圧倒的に強かったとは思いますけどね。


基本的には、

エピファネイアとキズナのマッチレースに、
最後、割って入った形のバッドボーイ

という構図… 

でしたね。 

キズナには2着は死守して欲しかったけど、

まあ、そうできなかったからとて… 
という程度でしょうか…


しかし、きょうのレース後、
改めて思ったのが、


「タキオンって、やっぱり、凄かったんだなぁ…」
ってこと。 

時計もそうだし、


あのクロフネ、ジャンポケという後の名馬たちを、
一瞬にして突き放したもんなぁ… 


ワープでした… 

あの瞬発力が、自らの寿命をも縮めたんだろうけど…


きょうのエピファネイアには、

あのタキオンほどの瞬発力は、なかった… 


時計的にも、
超スローだったから仕方ないとはいえ、
特筆すべきものなし… 

タキオンの凄さと比べちゃ、ダメなんでしょうけど…


キズナは、血統的にも、
これから、まだまだ、伸びてくるでしょう… 

期待したいな…  

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月22日(土) | コメント (0)

徒然なる「ラジニケ」は…

キズナが

強い…

と思います……(^^)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月21日(金) | コメント (0)

徒然なる「撤回」?? それとも……

橋下さんが、


「あべさんを首班に推す」アイデアを「撤回」したことについて、

「撤回じゃない!」と怒っていますが、


「撤回は撤回だろう」と思います。


確かに
「個人的見解」と明言していたので、
「個人的見解の撤回」に過ぎないと思いますが、

そうだとしても、
撤回は撤回だと思っています。

ただそれを、

鬼の首をとったように批判したり、
「ぶれた」だの「撤回だ!」だのと問題視するのも、

全くちがうと思っています。 


私の「個人的見解」ですが…笑

要するに、

「撤回」かどうかは、
単なる言葉の使い方の問題だけの話だし、

「撤回」だったとして、
そんなことは大した話ではないと思います。


橋下さんが奇抜なアイデアを出して、
石原さんがより合理的な意見を述べ、

「なるほど」と思って当初のアイデアを「撤回」


それだけの話だし、

当初の奇抜なアイデアから大勢の報道陣を前に披露し、
数日後に「撤回」するのも橋下さんらしいし、

その「修正能力」も、
彼の一つの大きな武器だと思っております。

少なくとも、

批判を恐れて、
アイデア一つ披露するにも奥歯にモノが挟まったような言い方しかしないより、

よっぽど。


アイデアを披露し、
石原さんにどういわれどう納得したかも披露し、
最後は意思を決定するのなら、

何の問題もないと思いますがねぇ… 

もっとも、
その「変遷」の部分も、明確に明らかにする必要はあると思いますが… 

石原さんと一緒になると、
とにかく、

もったいつけて秘密主義的になる傾向があるので…

そこをうやむやにして
「政治判断」とか「これが政治」とか言ってあいまいにしたまま、
当初案から違ったものに変遷したのなら、

激しい批判を浴びて然るべきだと思いますが、

今回は、そういう類には当たらない、

と思いますが、どうでしょう!!皆さん!!
(菅さんもしくは公明の山口さん風に…笑)


そもそも、
「首班をあべさんに」などと言い出すことが、
「政党の体をなしていない」

と批判する向きも多いようですが、

そんなしょーもない「常識」にとらわれていては、
何の突破力のあるアイデアの一つも、
出てこないと思いますね。私なぞは…


大体、

したり顔で識者がいう
「政党の体をなしていない」…

という批判ですが、

それでは、

その「政党の体をなしている」政党たちが、
この10年、何を出来たというのでしょうか?? 


何も出来ていない。 

それこそが本来、
「政党の体をなしていない」と批判されるべき本質でしょう。


というわけで、

「撤回」であることは認めるべきだと思いますが、

別に批判されるべき「撤回」ではない、と思う… 


というのが、私の意見ですが、
どうでしょうか皆さん!!?
 (菅さんもしくは公明の山口さん風に… もうええって!笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月20日(木) | コメント (0)

徒然なる「あべさん」の経済政策について…

さて自民党です。


まず、あべさんの「経済政策」。
これについて触れないわけにはいきませんよね。

一連のあべさんの、「経済」に関する発言を注視してきましたが、
私は率直に言って、怖いです。


経済は本当に複雑で、正解がない… 

だからどの国も、不況から抜け出すのに苦労するし、
いろんな危機に陥る…わけですが…… 

あべさんの発言を聞いていると、
「5+7=?」くらいの簡単な問題のように、
経済のことを甘くみているように映ってしょうがない…


あべさんの考えは、
あくまで一つの選択肢であるに過ぎない… 


はずなのですが、


なぜか、唯一絶対解かの如く語られるのが、
非常に気になります。

私も経済学部出身ですし……


そもそも、民主党の肩を持つわけではありませんが、

これだけの財政状況、
がんじがらめで身動きのとれない年金や社会保障システム、

作り上げてきたのは、全て、自民党政権です。

その自覚と反省なしに、
即座に景気回復が実現可能かの如くに経済を語れることに、

大きな疑問を感じます。


とはいえ、
麻生さんが、


防衛や憲法は、参院選まで触れるな! 経済だけに集中しろ!! 

とアドバイスしたとかしないとか… 


戦略としては、
正解ではないでしょうか…笑 


人間、衣食足りて礼節を知る… 

経済の復活なしに、
国家も防衛も、あったものではありません。


逆に、

これまで衣食足りなかったことが人生で一度もないがゆえに、
やれ国家だ、やれなんだと、

理念的抽象的で威勢の良いワードが
次々と飛び出してくるのではないかと… 


そう斜めに分析されても仕方ないんじゃないかと思うくらい、
威勢がいい…ずっと…… 

そこに私は、
一抹の不安を、感じるのです…


にしても、今回、
自民党は、勝ちましたねぇ…… 


これが、小選挙区の…

政権交代が起こりやすいシステムの

「醍醐味」「ダイナミズム」…

でしょうか…… 


前回にしろ今回にしろ、
「政権交代」に対して否定的な気持ちには、
私はなりません…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月19日(水) | コメント (0)

徒然なる「有馬記念」は……

ゴールドシップが

強いんだろうなぁ……

やっぱり……(^。^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月18日(火) | コメント (0)

徒然なる「取材」そして……

昨日は、
大阪の維新の会場で取材してきましたよ!!(^^)


選挙。

きのうは、大阪の維新の会見場で、
ずっと取材していました。


維新の50余議席。

ついこの間までの、
いち「ローカルパーティー」が、

多くの有権者の支持を得ました。


橋下さんの突破力、実行力を評価する民意が、
数字に結びついた部分は、
あるんでしょうね。

その反面、

選挙に向けてのプロセスの中では、
多くの人が???と首をひねる「戦略」「方針」もあったことは、事実。

その最たるものが、
石原さんとの合流…

でしょう。

各局順番の橋下さんへのインタビューでも、
殆どの局が、そこを聞いてきた。

偽らざる、有権者の「声」でしょう。


橋下さんがセンターピンと声高に叫んでいた話について、
いとも簡単に、

石原さんの「上から目線」な言い方で、
全く逆の話になって出てくる。


「一体、維新は、どうするつもりなんだ??」
そう思わされる機会が、やたらと増えた。

そんな「合流後」の姿…でした。


橋下さんは橋下さんなりに、
逐一、説明はしていたと思う。

しかし、あれだけ発信力の強い石原さんが独善的に喋ると、
丁寧な説明が吹き飛ぶ。


その二つを見せられる有権者は、
やっぱり、

「維新は、どっちの方向を向いているんだ?」と、
迷わざるを得ない。

そんなことが、幾度も繰り返されました。


あれだけ何者に対しても物怖じしない橋下さんが、
石原さんには、遠慮してモノを申せていないように、映る。

それは、ひょっとすれば事実ではないのかもしれないですが、
二人の発言を見ていて、率直に、
そういう印象を持ってしまうのだから、仕方が無い。

それも、多くの人に共通する思いでした。

ちょっと前まで、
「維新に抱きつこう」としているようにしか見えなかった「みんな」が、

気づけば、毅然として映るようになってきました。


逆に、維新は、
「漂流している」ように見え始めた。


何度も繰り返しますが、
それは、事実ではなかったのかもしれない。

でも、「そう見えた」。そこが、重要でした。。。

橋下さんは、「どう映るか」を、大切にする政治家だ。

「どう映るか」は、必ずしも、
事実ではないかもしれない。

それでも、「どう映るか」が大事なことを
知っている政治家だ。

そして、それが大事なことには、
また、理由がある。

100%真実ではなくても、
真実の一部、それも「肝」の部分が、
実は映し出されるからだ。 

だから、テレビは、怖い。 


橋下さんは、それを、
最も熟知している政治家だろう。 


だからこそ、石原さんとのペアで、
「どう映ったか」について、

実は、もっとも自覚的であるはずだ。


「より多くの議席を獲得する」。
こと目的をここに絞れば、

石原さんとのタッグが、ベターではなかったこと… 

本人が一番、
分かっているはずでしょう。

それを補ってあまりある「プラス」があるのだと、
橋下さんは言う。

「経験と知識」が、
あるのだという。


巷の有権者には分からない「要素」だが、

ひょっとすれば、
あるのかもしれない。 


あったとして、

「無党派のふわっとした民意」と、「それ」と、
どっちを重く考えるのか?

というだけの話…

ですがね。。。


今回に限っていえば、

「ふわっとした民意」をないがしろにした部分が、
多々あった。

それは、今までの橋下さんと
少し違う部分だと、多くの人が思った。 


それが「正解」だったかどうかは、
今後の結果が、教えてくれるでしょう。


この議席数で、
何が国政で出来るのか? 

そして、

その際、「経験と知識」を持つ石原さんが、
どういう役割を果たされるのか?? 

それを今後は、注視したい。 

「なるほど。橋下さんは稀有な才能の持ち主だった…やっぱり…」


そう思える結果を出してくれることを期待しながら、
注視したいと思います。


なにせ橋下さんは、

これまで多くの「常識」を、
平然とひっくり返してきた人物ですから。 

知事選に、自民・公明の推薦で出馬したときなど、
心底、軽くみえましたけどねぇ… 


それが軽くしか見えなかった、
自分たちの目の節穴ぶりを、

後から、まざまざと気づかされたわけですし…


そういう意味では、

今回の維新は、極めてお上品でしたね。

常識的でした。

石原さんと組んだのも、
立候補が過半数にいかなかったのも、
当選者が50くらいにとどまったのも、

全て、
並み居る政治部記者の貧困な想像力を上回れない
「常識的なレベル」…でしたね…


そして、

舐められるわけであります。

「維新、維新って… 所詮は、時々出てくる、新党ムーブメントでしょ。」 


はい、それで分析終わり!! 

その程度の分析しかなされない「常識レベル」を、
今回の維新は、持ち合わせてしまっていましたねぇ……

でも、そんな中でも、
常識にとらわれないとんがった部分も、
随所で見せてくれました。 

大阪で記者会見やったり、
「首班指名は、あべさんで」と言ってみたり… 


今後は、「政局」ではなく、「是々非々」でいくとのこと。 

それを貫けば、それなりの存在感を示せるか… 

それとも、50程度の議席では、
それも難しいか… 

どんなものか、注視したい… と
なるわけであります。


さてまあしかし、
民主党はお粗末でした。 


野田総理は、どういうつもりで選挙に打って出たのか? 
ホントに勝てるつもりだったのか? 

だとすれば、

大局が見えていないことこの上なかったですね。 


そんな政治家には、
怖くて日本を任せられない…


と言われても、
仕方ないですよ、この惨敗ぶり。


「嘘つきといわれることがイヤだった」

のでしょうか…??? 

それで戦争始めて惨敗したら、
取り返しつかないわけで… 

そういう恐ろしさ、浅さを、
感じずにはいられません。 


少なくとも、

解散権を持ちながら選挙で大敗する首相は、

指揮官としての器ではないでしょうね。

で、

コディーノの敗退にも、びっくりしました!! 


民主党の大敗には、
驚きませんでしたが…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月17日(月) | コメント (0)

徒然なる「きょう」は…

大阪の維新で

取材……

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月16日(日) | コメント (0)

徒然なる「藤川球児投手」の豪速球!!

球児投手の
阪神時代を振り返る…


みたいなVTRを


先日、、、、ある番組で、、、、見ましたが、、、、、、

やっぱり、、、、

2005年頃の、、、ストレート、、、、、

ハンパない。。。。。


あれは、、、、、打てんわ。。。。。

あの頃に、、、、、、行かせてあげたかった、、、、、


とも思うけど、、、、、

阪神にも、、、、、、、

必要不可欠な存在でしたからね。。。。。。

もちろん、、、、今も、、、、、、

本当は、、、、不可欠なんだけど、、、、、、

なんとなく、、、、今は、、、、、、

「当然」、、、、行かせてあげるべきだな、、、、と、、、、、、


多くのファンが、、、、感じていた、、、、、、

ですものね。。。。。。!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月15日(土) | コメント (0)

徒然なる「朝日杯」…

朝日杯は、

コディーノで、

決まり!!!!


なんでしょう。。。。たぶん。。。。

確かに、、、、ローズキングダムちっくだな。。。。。もろもろの面で。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月14日(金) | コメント (0)

徒然なる「スマホ」故障!!

スマホが壊れた!


4月に購入してから、

壊れるの、

3回目!!!!


特に、

バンバン落としたり

しているわけでもないのに!!!!


9月に故障→新しいモノに交換

10月に故障→新しいモノに交換

そして、

12月に故障→新しいモノに交換…

となるんでしょう。。。恐らく。。。。。


そのたびに、

半日以上かけて、

データとかアプリの

移しかえとか、再設定とか、、、、、

どうにかして欲しい。。。全く。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月13日(木) | コメント (0)

徒然なる「まさか」……

まさかの出来事が起こってしまい、

きょうは1日、

その対応に追われる日… でした……

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月12日(水) | コメント (0)

徒然なる「藤川球児投手」のお宝VTRが!!

先ほど、
すまたんのVTRを作っている最中の同期に
会いました。

「藤川球児投手の振り返りVTRを作ってたら、
明大が、二軍戦でのプロ初勝利後に
インタビューしてる映像が、出てきたでえ~」

と、言われました。

その瞬間、
思い出しました!!

脳裏に
蘇りました!!!

したした!

インタビュー!!

まっこと失礼なことに、
広末涼子さんのこととか、
しつこく聞いたよなぁ……あの時………

今振り返れば、
ほんと、失礼な話です………(゚o゚;

さあ、
きょう朝のすまたん。

どんな振り返りVTRを、

流してくれるのか…………

私のお宝インタビューも、
一緒に流してくれるのか???(>。<)


楽しみに、

待ちたいと思います!!(^_^)/

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月11日(火) | コメント (0)

徒然なる「朝日杯」……

さあて、

朝日杯は、
 
どうなりますかねぇ……(^。^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月10日(月) | コメント (0)

徒然なる「阪神JF」……

コレクターアイテム~~!! (T_T)(T_T)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月09日(日) | コメント (0)

徒然なる「朝日CC」!!!

レースをみた
友人の感想メールを転載。

以下…………………………

ショウリュウムーンが久々に勝ったようですが

着差がクビ、クビ、クビ、クビ、ハナ、クビ、クビ、クビ、クビ、クビ、ハナ、
アタマ、クビ、ハナ、1/2、ハナ

1着からシンガリ17着まで0.6秒差
30年近く競馬を見てますが、多頭数でのこんな競馬、見たことないです。
ハンデキャッパーのドヤ顔が目に浮かぶようです。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月09日(日) | コメント (0)

徒然なる「2歳女王」決定戦!!

コレクターアイテム号。

絶好枠です!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月09日(日) | コメント (0)

徒然なる「楽天」に入団!!?

このたび、

楽天に入団が決まったとか

決まってないとか・・・・

取り沙汰されている

ジョーンズ選手・・・・・


と、、、、とんでもない、、、、、

実績の持ち主、、、、、


ですね。。。。!!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月08日(土) | コメント (0)

徒然なる「藤川球児投手」がカブスへ!

あのストレート。

メジャーでも、

キリキリマイさせて欲しい!!!!

ものであります。。。


球児投手は、

私がトラトラタイガースをやっていた頃に

入団してきた選手で、


当時のことを、

昨日のように思い出します。。。。

2001年頃だったか、、、、、

久しぶりに、

当時2軍だった球児投手の球を、

甲子園(時々、2軍戦が甲子園で行われるのです!)の

バックネット裏で見た時に、

もっのすごぉ~~~く、(入団当時に比べ)球が速くなっていて、

びっくりしました!!!!


そして、、、、

それから程なくして、、、、、


球児投手は、ブレークしたのです!!!

東京ドームで、

解説の江川さんが、


「このピッチャーのアウトローへのストレートは、

 これは、、、、凄いね!!!!」

と、

驚いていたことを、

はっきりと、

覚えています。。。。

当時は、

球児投手の代名詞の、

あの「浮き上がる」ようなストレートよりも、

アウトローに、

バシィィィィッ… と決まる

ストレートが、


最高、、、でした。。。。。


まあ、いろいろ、

球児投手についての「うんちく」を、語りだしたら、、、、


キリがないので、


きょうは、このあたりで、やめておきますが、、、、

カブスにいっても、

本当に、

がんばって欲しいです!!!!

楽しみですね!!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月07日(金) | コメント (0)

徒然なる「ルミナリエ」スタート!

きょう6日から、

始まりました!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月06日(木) | コメント (0)

徒然なる「ルミナリエ」……

あす

6日からです………(*^^*)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月05日(水) | コメント (0)

徒然なる「今年」の2歳世代は…

今年の2歳世代・牝馬は、

「コレクターアイテム」を、

応援することに、、、、、しました。。。。決めました。。。。。!!!

つい、先ほど……

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月04日(火) | コメント (0)

徒然なる「清盛」を見ているうちに、あれこれ…

なんか結局、

平清盛を、一年間、見通してしまいそうな今日この頃… 

やっぱり自分、
「源平の時代」とか、
好きだわぁ… 

自分が日本史好きな原点。

小学生の頃、源氏、好きでした… 
義経、大好きでした… 

いいですね、富士川の戦い… 

公家に「成り下がってしまった」平氏を、
源氏が蹴散らす…

「清盛」が面白いので、

昔小学生の頃読んだ「日本史マンガ」の「源平」の時代の分、
読み返してみたら、やっぱり面白かった… 

その勢いで、
「平安時代&道長」とか、「天智・天武→聖武&大仏」の辺りも読みました。 


面白かった&昔の知識が、蘇ってきた… 

とにかく、面白いんです…


長屋王とか、道鏡とか、大津皇子とか、
大海人皇子とか、藤原仲麻呂、平維盛とか、藤原頼通とか、清原清衡とか、、、、、、 

面白いんですね… やっぱり……

で、きょうの「清盛」を見て感じたこと… 

やっぱり、聞く耳を持たない「ボス」「総大将」は、
ダメですね… 

良い忠言を部下が言っていても、
聞く耳を持たない。
それが分かっているから、部下も二言はしない。

その結果、「惨敗」… 

これを見て感じている人は、
そういうことは、現実社会でも、しない。


「あっ自分が独善的になっているな…」とは、
独善的な人は、思わないんです。

それだからこその「独善」ですからね。 

そこでそういうことを自覚できる人は、
そもそも、「独善的」に、なりようがない… 


世の中というのはこういうところが、
良く出来てますよねぇ…本当に……


清盛が維盛を総大将にしたのも、
維盛が富士川で遊び女を呼ぶのも、

ボスとしてそれぞれ、
確信を持ってやっているわけで… 

それにストップをかけるには、
「違う」といえる部下を配置し、
その忠言に耳を傾けるしか、ないわけで… 

まぁ負ける大将は、
そういうことはしないから、負けるわけで…


で、
日本史漫画を久々に読み返して、
いろんな「気付き」が、ありますねぇ…

「へえぇ…平城京が都だった時代って、
案外短かったんだなぁ…」

とかね… 


「平城京って、短かった割に存在感あるなぁ…」 

とかね。


子供の頃、一年間だけ奈良に住んでいたのですが、
最寄り駅は、「新大宮」駅でした。 

特急の停まる「奈良駅」と「西大寺駅」に挟まれて、
少し肩身が狭かったのですが… 

平城京の地図を見返すと、
要するに、


新大宮のあたりが、「内裏」なんですね… 

東大寺とか、東の端っこ… なんですね!!

家の前を平和に流れていた「佐保川」とか、
都のど真ん中を流れてるし… 

朱雀大路って、ひょっとして、
今、あの大きな道になってるあの道??とか… 


そもそも小学校は、
「大安寺」の横にあった「大安寺小学校」でしたし… 


歴史の舞台の真っ只中に、
あの当時いたんだなぁ…と、


感慨深いんであります…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月03日(月) | コメント (0)

徒然なる「選挙」に関連して、ある人の…

選挙に関連して。


ある人のツイッターをみて、
率直に思ったこと。

「みんな、同じこと、思ってるんだなぁ…」 

民意というのは、
素直になればそれほど難しいものではないと思うのですが、

なぜに、ここまでトンチンカンな方向に、
皆さん、いってしまうのでしょうか…


それは恐らく、
民意とは違う「邪念」を、
ああだこうだと、考えてしまう…

からなのでしょうね。 


まあ、人間の本質… 
ですね。 


弱い弱い…人間というものは……笑 


私自身も含めて……

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月02日(日) | コメント (0)

徒然なる「ニホンピロアワーズ」…

ローマンレジェンド号が、

人気を集めたものの不発…


歴戦の

トランセンド、エスポワールシチーも、

不発…


本格化のワンダーアキュート号こそ、

2着にきたものの、、、、


勝ったのは、

アワーズ号…

これだから、

分かりません。。。 まったく。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月02日(日) | コメント (0)

徒然なる「ダノンバラード」も……

ダノンバラードも、
フォゲッタブルも、

応援してたのに、
全然、
駄目じゃん!!!(@_@)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年12月01日(土) | コメント (0)

アナウンサー