Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「エンタの神様」…

エンタの神様、なう。。。


面白いわ(*^_^*)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月30日(土) | コメント (0)

徒然なる「意表」を突くマッチング…

民主党の小沢グループの若手

大谷議員が、


けさの讀賣テレビ「ウェークアップぷらす」に

出演すると

本人から聞いたので、

今朝、

テレビをつけました。


大谷議員は、

中学高校大学と

私の先輩で、


2学年上・・・ なのです。


中学高校時代、
私はバレー部だったのですが、

毎日、体育館の隣のコートで
練習をしていたバスケ部の
2学年上のキャプテン・・・ でした。

その大谷さんが

ウェークに出演するというので、


TVをつけてみたら、、、、

中京テレビのスタジオから、

民主党の山尾議員も出てきたので、


びっくりして、

腰を抜かしそうになりました!!!


というのも、


山尾議員は、

私の大学時代の

クラスの後輩で、

大学時代、

とても仲良かったので。。。


旧知の先輩・後輩が、


消費税法案に

「反対票」を投じた、「賛成票」を投じた、

それぞれの「代表」的な役回りで

自分の局の番組に
共演していたので、

びっくりした・・・・わけです!!!


ちなみに、


この2人をブッキングした

Yプロデューサーは、


私が入社して

アナウンス部に配属されたのと入れ替わりに、

アナウンス部を卒業した

元アナウンサーで、


後で聞いたのですが、


山尾議員に、

30年近く前に、

「アナウンサー」として、

インタビューしたことが、あるそうです!!!


30年前、

山尾議員が

何でインタビューを受けたか、、、というと、、、、、


山尾議員は、

うちの局の系列で
毎年公演している

ミュージカル「アニー」の

初代アニー役!!! だったのです。。。


その「アニー」に、


Yプロデューサーは、

アナウンサー時代、

インタビューをしていた!!!! そうです。。。


山尾議員は

元「アニー」なので、


お互いアラフォーになった今でも、

私は、

山尾議員のことを

「アニーちゃん」と呼んでいるくらいです。。。笑

と、話はそれましたが、、、、


きょうのウェークアップは、

そういうわけで、

私にとっては、

なんだかよく分からない

「腐れ縁??(笑)」

が、

複雑に絡み合った

「マッチング」・・・・

でした。。。

肝心の中身、、、ですが、、、、、

民主党のごたごた内紛に、

国民全体が、「うんざり」、、、している中、、、、、

上記2人の議員は、

一生懸命に、


それぞれの主張を、

説明していたと思います。

それぞれの言い分に

それぞれ、それなりの「理」はありましたが、


ウラを返せば、


それぞれの言い分に

視聴者が「理」を感じられないポイントも、

やはり、あるわけで、、、、

要するに、

組織として、

国民のために、

何をやってくれるのか?やってくれたのか??

というのが、


どこまでいっても、

国民にとっては、

「最大の関心事」、、、、なのであります。。。。


懸命&賢明なる

2人の先輩・後輩は、


そのことを、

重々、頭では、理解している、、、、ことだと思いますので、、、、、

今後の「働き」を、

引き続き、「注視」。。。 させてもらいたいと、思います。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月30日(土) | コメント (0)

徒然なる「阪神」が借金4!!!

弱い・・・・


能見投手、リリーフ陣、、、、

ともに、ピリッとせず。。。。


平野選手も、

まさかのエラー。。。。。


まあ、

そういう時も、

あります!!


気を取り直して、

いきましょう!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月30日(土) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」の球宴先発は……??

ダルビッシュ投手の

メジャー球宴での先発が、

あるのか、ないのか、あーるのっか、なーいのっか、

論議を呼んでいる、、、、そうです。。。。。

う~ん、、、先発、、、、してほしいですねぇ。。。。。!!

先発したら、、、、見ちゃいます。。。笑


先発しなくても、、、、見ちゃいますけどね。。。。!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月29日(金) | コメント (0)

徒然なる「犬税」…やっぱり……

犬税……


やっぱり、心情的には、

賛成かも………(^^;)


それくらい、犬のフンって

多い……… ですからねぇ。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月28日(木) | コメント (0)

徒然なる「泉佐野市」が犬税!!?

ふん対策だとか。。。。。

まだ、

詳細は把握、、、、していないのですが、、、、、、


一報の段階では、

「賛成!!!!」・・・に近い心境かも。。。。。

放置されている

犬のふんを

見つけるたび。。。。

本当に、、、、気分が、、、、悪いのです。。。。。。

他の飼い主の方が

見つけた場合でも、、、、、、

対応する、、、、


くらいのことがあっても、

いいんじゃないかと、、、、、、

思っているくらい、、、、、

苦々しく、、、、日ごろから、、、、感じている、、、、もので。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月27日(水) | コメント (0)

徒然なる「ウソ記載」の検事処分…

一般市民の人生を狂わせかねない

報告書の「ウソ記載」。

処分が、

減給????


また、

同じことが、

起こるでしょうね。。。きっと。。。。

この「当事者意識のなさ」では。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月27日(水) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」が10勝目!!

点をとられても、

レンジャーズは、打ってくれるんですねぇ。。。


きょうは、

松坂投手のほうが、

好投・・・ だったようですが・・・・・・

10勝目をあげたのは、、、、、、

ダルビッシュ投手、、、、!!!! でした。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月27日(水) | コメント (0)

徒然なる「消費税法案」の採決に、いろいろ思う…

元蔵相の藤井さんが、
野田さんに対し、
「1内閣で1つ大きな仕事をすればいいんだ」と言い聞かせてきた、と以前披露していた。

たぶん、野田さんの頭の中も、
「自分の内閣での一つの大仕事」の完了で、いっぱいなんでしょう。

それが一歩進みました。


この消費税法案の成否は、
いずれ、歴史の評価を、いやでも浴びることになるわけですが、
さあ、どちらと評価されるでしょうね。 


いずれにせよ、野田さんは「偉業」と評価されると信じ切っているし、
それを成し遂げた総理として歴史に名が刻まれることに、頭が一杯なんでしょう。

野田さんがそんな思いで突っ走っているのだとすれば、
その思いの前に、
「やれ造反だ」「党が割れる」「内閣不信任案だ」「マニフェスト違反だ!」

そんなことは、野田さんにとっては、
「どうでもいい、小っぽけなこと」なんだろうということは、
容易に想像がつきますね。


消費税法案が通るワクワク感の方が、
圧倒的に上回っているんでしょう。野田さんの中では。 


確かに民主党政権が、
選挙のときには「増税しない」ことを強くにおわせていた以上、
多くの国民が「とんでもない約束違反」と感じていることは間違いないんでしょうが、

当の野田さんの思考回路が、
恐らく、既に別の次元にいっちゃってるんだものなぁ……


まあ、マニフェスト違反だろうが何だろうが、
次の選挙のときに、
「やっぱり、この人たちに、もう一度、任せよう」と思わせてくれさえすれば、
国民にとっては、いいのかもしれませんがね、極端な話。 

さあ今の政権与党は、次の選挙までに、
そういう信頼を、国民から、取り戻せるでしょうか…


でも肝心なのは、
野田さん自身が、既に、そういう思考からは解き放れたところに、いる… 
ということでしょう。 

政権与党の野田さん以外は、
「いかにそういう信頼を取り戻すか」に必死のパッチなのに、

野田さんだけは、その呪縛からは、実は、解き放たれている。。 


ここがミソですよねぇ…

ある意味、そういう思考回路にスイッチが入った時、
人間は、強いですよねぇ。。 


「やめる気になれば」「死ぬことを思えば」というヤツですね! 

党分裂も、内閣不信任案も、怖くない!! 
法案さえ通しちまえば… という心境なんでしょう。。。

でも、「一内閣・一大(おお)仕事」と位置づけるのは結構だし、
ある意味正しい考え方だと思うんですけど、

であるならば、本当にいい加減、
分権を、進めるところは進めないと、いけないでしょうね。

そうしないと、本当に、な~~んにも進みませんよ。 


さて、「約束違反」はさておき、
消費増税の日本経済に対する影響は、
実際のところ、どうなんでしょうか? 

これは、複雑な話で、
やってみないと分からないというのが、
正直なところではないでしょうか。

もちろんタイミングも大事ですし、
いろんな要素が、ありますからねー。

増税→消費冷え込み→税収は逆に減。 
という説も、まことしやかに囁かれ、
一定の説得力はありますが、

そう単純化できる話でもないと思います。


というか、絶対にそうなのなら、
そもそも、
思い切った減税を、もっと声高に主張すべきでしょうしね。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月27日(水) | コメント (0)

徒然なる「秋」の風??

なんか、今朝、

起きて外に出たら、

涼しくて、秋の風みたいだった………(^^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月26日(火) | コメント (0)

徒然なる「碧さん」死す…

碧(みどり)さん?? 誰??

と、お思いかと思いますが……


私事ですが、


私の「母方の祖母」でございます。。。。

25日、、、、、


94年の生涯を、

閉じました。。。。


羨ましい。。。。。94歳まで生きるなんて。。。。。


碧(みどり)さんにとっては、

私は、「初孫」、、、、だったので、、、、、

それはそれは、

可愛がってもらいました。。。。

40歳になった今でも、


小学生の頃に

可愛がってもらったことを、


はっきりくっきりと、

思い出します。。。。


身内びいきな話ではありますが、


大変、

美人で上品で優しい、、、、祖母でありました。。。。

94歳で

「碧(みどり)」という名も、、、、、


これまた、、、、出色の「ハイカラ」で、、、、あります。。。。!!


名付け親は、


碧さんの大叔父に当たる

島村速雄大将(「坂の上の雲」で、舘ひろしさんに演じて頂きました)


であります。。。


またまた身内びいきな話ではありますが、


その命名センスは、、、、

なかなかに、、、、「ハイセンス」、、、、、 だと、、、、、


思っているんであります。。。。わたくし。。。。。


といったようなことも、

思ってみたり、、、、、


いろいろ、、、、生前の「碧さん」のしてくれたことに、

思いを馳せる、、、、、、

そんな、、、、梅雨の、、、、夜、、、、、、

であります。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月25日(月) | コメント (0)

徒然なる「安藤投手」!!熱投!!

きょうの阪神は、

良かった!!!! 最高!!!!

試合を通じて、

六甲おろしを、

10回くらい、歌えた!!!!

あの天敵・三浦投手を、

打ち崩した!!!!


そして、、、、安藤投手、、、、、

良かった!!!!!!

完封目前でしたけどねぇ。。。。 惜しかった!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月24日(日) | コメント (0)

徒然なる「香川選手」が、マンチェスターユナイテッドの一員に!!

遂に、

その日が、やってきたんですよね!! (^^)/(^^)/

香川選手、大ファンです!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月24日(日) | コメント (0)

徒然なる「金本選手」が、また新たな…

金本さんが、

また、新たな節目の数字に到達!!


しかも、

記録のための記録ではなく、

価値ある一撃で、お立ち台……(^_^)ノ

頭が、下がります………

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月23日(土) | コメント (0)

徒然なる「議会」に最後通牒!!

小学生の頃、「議会」について初めて習ったとき、知ったとき、
すごーくわくわく高揚して、

「すごくすばらしいしくみだな」と思ったんですが、


今の日本の政治の状況をみていると、
辟易としますね。

 「あるべき」議会の姿と、あまりにもかけ離れていて…

政党政治って、こういうものなのか? 
なら、政党政治って、やっぱり、どうなの??

 と、率直に思ってしまう。 

有権者は、

良いものには賛成票、良くないものには反対票を、
投じてほしいだけだ。

ただそれだけだ。


党利党略、党議拘束、そんなものは、どうでもいい。


議員の数だって、
やっぱり、多過ぎますよね。 


だって、ワーワーやって、
最後は一人に「一任」って!!? 


じゃあ、何百人も、いりませんやん!!? 


密室議論の挙句の「一任」システムだけは、どう思考してみても、永遠に納得できない。

物事を決めるのに、基本は多数決。

なんで「一任」するの?? 


そして、多数決にしても、
「51対49」だったら、100の総取りは、おかしいでしょ? 


なぜ、それに違和感を感じない? 51対49なら、「自主投票」にすべきでしょ??


といったことに、何の疑問も感じず、
嬉々として「政治ごっこ」を永遠に続けている議員たちが、情けない。


何で「密室」にするか知ってます?

オープンに出来るほど、高いレベルの議論をしていないから。

「密室」にしてもったいぶって、値打ちをこいているだけ。

まあ「政治ごっこ」の象徴でしょう。

一番笑ったのは、「野田ー小沢」会談。

それだったらオープンにしろっての。

できるわけないか。
オープンにしたら、びっくりすると思いますよ、

たぶん。あまりにレベルが大したことなくて… 


まあ、「非公開」なんて、
レベルが低い、自信がない、と
公言しているようなものだと思っています。

政治家どうしのハナシは「密室が常識」と思いこんでいること自体、
私は、「思考停止」だと思いますね。


政策のハナシなら、密室にする必要性も必然性も、ないはず。
要するに、しょーもない「政局」も絡んでいるからこそ、密室にするわけで。

「政局じゃない、政策だ」というなら、
密室でなく、堂々と、表に出てきて議論しろっての! 


まあ、できないくらい中身が大したことないってことと、
あと、「政治家」であることに自己陶酔することが、その理由ですかね。

「密室」だったら、もっともらしいですものね。

「政治家になって料亭に行きたい」とのたまった小泉チルドレンもいましたっけ?? 

そういう議員のことを笑えないくらい、中堅・ベテラン議員も、思考停止・劣化してるんじゃないですか?

まあそれでも、結果を出してくれりゃ文句ないけど、
結果も全然、一向に出ないしなぁ…

書けば書くほど、腹が立ってきた。 


一度、取材した政治家で、
「俺は、政策のことは、わからん」とのたまっていた政治家がいましたよ。


ええええ??政策のこと分からずに、なんであなた、国会議員やってんの?????

選ぶ国民にも、責任ありますね…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月23日(土) | コメント (0)

徒然なる「テン」!!

きのうの

「関西情報ネットten!」。

沢山の人にご覧頂きまして、

ありがとうございました!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月22日(金) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」が9勝目!!

9勝目って…………(^^;)

まだ6月ですよ………(^^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月21日(木) | コメント (0)

徒然なる「イチロー選手」が2500本!!

ついに、到達しました!!!

アメリカだけで… ですからねぇ(^^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月20日(水) | コメント (0)

徒然なる「ご飯」……

きょうの昼食は、

美味しくもなんともない「トンカツ屋」で、食べた。。。。


夜ご飯も、

美味しくもなんともない「ラーメン屋」で。。。


なんか、、、、


あんまり満足感もなかったのに、、、、、

胃が、、、もたれる感じで、、、、、、

良いこと、、、な~し!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月19日(火) | コメント (0)

徒然なる「橋下市長」が就任半年。

19日に、

就任半年。。。。

というわけで、

テンの番組内でもお知らせしましたが、


21日に、緊急生出演が決定!


橋下市政半年に対する

「評価は?」を、


番組では、

ファクスやメールで、

募集しております。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月18日(月) | コメント (0)

徒然なる「グルヴェイグ」が開花!!

父ディープインパクト
母エアグルーヴ

競馬ファンにとっては、
垂涎の血統馬・グルヴェイグ号が、、、、、

開花!!!!! と思わせる、、、、、勝利!!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月17日(日) | コメント (0)

徒然なる「さしこ」が移籍!!!?

びっくりしました!!!

このニュース。。。。

AKBの、

特にそんなに、ファンとかいうわけでもないのですが、、、、、


そんな私でも、


「へえぇ、、、そうなんだ。。。」と、

思ってしまう、、、、

AKBメンバーの知名度、社会的認知度の、

凄さを、、、、感じます。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月16日(土) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」…圧巻!!!

ダルビッシュ投手、圧巻!! 


特に終盤。 

5回まで3奪三振が、

6から8回まで、
9つのアウトのうち、8奪三振だものなぁ(^。^;) 

テキサスのファンの心をガッチリ掴む、
最高のパフォーマンスでした!!

球審の好ジャッジも、光りましたよぉ !! 

バッターが手が出ない素晴らしいアウトローなどを、
ことごとく、きっちり、とってくれていた。

日本なら、
あれが何球、球審の手が出ず、
ボールジャッジされてただろか(^。^;)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月16日(土) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」登板試合!!

さあ!


きょうは、

勝てるでしょうか。。。。


さすが、強打のレンジャーズ!


逆転しました!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月16日(土) | コメント (0)

徒然なる「脳死」判定を受け…

脳死と判定された富山県のお子さんのご両親のコメントを聞いて、
涙が止まりませんでした。

なんとか手術、成功してほしい。

そして、息子さんが
誰かの体の一部となって生き続けられることを、
心からお祈りしています。   

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月15日(金) | コメント (0)

徒然なる「精神論」はドッチ!!??

「福島のような事故は、決して起こさない」
「精神論だけでは乗り切れない」


と言っている
偉い人がいますが。。。。


一概に
スパンと正解が出せるような
簡単な問題ではない


ということは、


そもそも十分承知していますが、、、、、、

どちらが「精神論」かといえば、
むしろこっちの方が…?? 

という指摘は、

結構、的を射ている気が…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月15日(金) | コメント (0)

徒然なる「降着」にすべきか否か……

中央競馬で


「降着にすべきかどうか!!?」

で、


随分、近頃、議論になっているレースが、

あるそうな。。。。


私の友人が、

怒りに怒っていました!!!!

「あれを降着にしないなら、

 何を降着にするんだ!!?」

と。。。。

まだ、

そのレースを、

見てない、、、、のですが、、、、、、


近いうちに、、、

絶対、、、、、


みてやろうと、、、、思っている、、、、んですが、、、、、

友人が、、、、そこまで、、、言うなら。。。。笑


でも、、、、忙しくて、、、、、、

まだ、、、、見ることが、、、、できてません。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月14日(木) | コメント (0)

徒然なる「サッカー」…やっぱりおかしい!!

日付が変わっても、

「やっぱり、おかしい!!!」


この思いは、、、、 消えないですねぇ。。。。。


昨日のサッカーの「不可解判定・てんこ盛り!!」


「アウェイだから…」

の一言で、、、、


片付けられる、、、、レベル、、、、、なんでしょうか?????

片付けられる、、、レベルか、、、、苦笑

「サッカーにおけるアウェイ」って、、、、


もーーっとひどいことも、、、、沢山起こる、、、、、ものですものね。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月13日(水) | コメント (0)

徒然なる「日本」×オーストラリア戦…

審判によって、

どうとでもなるスポーツだなぁ……全く……


と、

思わざるを得ない……試合でしたね………(*_*)

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月12日(火) | コメント (0)

徒然なる「マートン選手」の暴言的冗談?問題…

そもそも、


マートン選手が「暴言」的冗談を言った、、、、

その場にいなかったので、、、、

「真意」とか、「空気感」とか、

到底、、、、分かり得ない、、、、 のですが、、、、、


まあ、

「そんな発言、けしからん!!!!」

と、


その発言の「内容」を、

「真(ま)に受けて」怒っている人は、

メディア、ファン含め、


あまり、、、いないのでは、、、、ないでしょうか。。。。。


発言の「内容」については、


「いや、、、、当然、冗談でしょう。。。。

それが逆に『本心』だったら、

これくらいの騒ぎでは、おさまっていないでしょう。。。。」

というのが、


多くの人の、一致するところ、、、、でありまして、、、、、

いろんな人が、


問題視したり、同情したり、


いろんな「感情」を、

突き動かされるのは、、、、、


もろもろの「経緯」とか、

発言が出てしまった「タイミング・場所」であったり、

まあ、


そういうことを、踏まえて、、、、、


なんですよね。。。。。

ちなみに


私は、個人的には、、、、、

マートン選手の

「大ファン」、、、ですので、、、、、


今回のことなどで、へこたれず!!!


タイガースのために、

今後、

「大活躍」で、

払拭(ふっしょく)!!!!!

してほしい、、、、ですけどね。。。。。!!! 素直に…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月11日(月) | コメント (0)

徒然なる「松坂投手」が復活!!

日曜朝。

早起きして、松坂投手の復帰登板みてるなう。

最初のアウト9つのうち、5三振なんて、上々!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月10日(日) | コメント (0)

徒然なる「辻元議員」と橋下知事の討論を思い出す…

けさの毎日新聞を読んでいたら、

「橋下さんが府知事時代に、テレビ番組で、
都構想を巡って、辻元議員と討論」

した際の過去話が取り上げられていて、

懐かしく、思い出しました。 


都構想も橋下さんも辻元さんも、
それぞれ現在進行形ですから、

ただ、懐かしがってもいられないのですが…


あの時、
3か月後に迫った統一地方選を前に、

「都構想」を前面に打ち出す橋下維新に対し、
各党は、「大阪浮上」のための、どういう策を打ち出すのか? 


それを、
維新だけでなく、いわゆる国政の2大政党である
民主、自民にもお聞きしたくて、
テレビ討論を、企画しました。

自民からは、
谷川秀善さんが代表として出てこられましたが、

民主党は、なんと!!!!


どなたも出られなかったのです!!! 

どなたでも結構ですから、
出演して、都構想の問題点を指摘してください。
貴党の「策」をアピールして下さい!


と、

再三、頼んだのですが…

当時の民主大阪府連の代表が
都合がつかないというので、


それなら、

代表代行でも副代表でも、
どなたでも結構ですから、
出演してください!

視聴者に語りかけてください!


頼んだのですが、


結局、皆さん、
尻込みされましたね。

橋下さんと討論して火だるまになることを恐れたのでしょうか?

公開の生討論の場で、
政策議論をたたかわすことができない政治家って、

一体、何なんでしょうか?? 

何のために政治家をやり、
何をもって有権者に説明し説得しようと、
考えていらっしゃるのでしょうか? 


結局、討論の場に出てこなかった民主党に対し、
激しい失望を感じたものです。


当時、
討論の冒頭でも、


「今からでも遅くない。
民主党さんを代表して、どなたか出て下さい」

と訴えましたが、


結局、出てこられませんでした。


当時、まだ民主党でなかった辻元議員も、

民主のその対応について、


「え?出てこーへんて??それはあかんわ!!」
と、
呆れ顔だったのを覚えています。


辻元さんと橋下さんは、
意見も価値観も大きく違いましたが、

非常に見応えのあるやりとりが展開されましたし、

そのやりとりを見た視聴者に対しても、
非常に有意義な情報と選択肢が、
提供できたと思っています。


それにしても、なぜ、
あの時民主党さんは、

誰も出てこられなかったのか?

大事なことを説明しようとしない、
その場さえ放棄する政治家って、


一体、何なんでしょうか?? 


野田さんは、昨日、
ようやっと、国民に対し、説明をしようと口を開きましたが、

遅すぎます。

それにまだまだ、

正直さ、率直な説明姿勢が、
足りないと思います。 


普段から、

自らの政策、思いについても、
発信がなさ過ぎます。 

もっとも、「結果」を出してくれれば、
それでいいんですけどね。


結果も出さない、
発信もしない、

じゃ、一体、何なのか??

何のために政治家をしているのか?? 



思いたくなります。 

もっとも本人の思いは、


「下手な発信はせず、結果は残す」


というもの
なのでしょうけど… 

なかなか難しい
命題ですね。

それをやりこなせるセンスが、

あるんでしょうか?

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月09日(土) | コメント (0)

徒然なる「福井県」の知事の発言など…

野田さんの会見は…… 


う~~ん、、、、

諸手をあげて「良かった!」とは、
到底いえる代物では、ありませんでした。


「民主党政権が」というより、

「野田総理」が、これくらいのレベルの政治家である、ということ… なんでしょうね。


今までより「頑張った」ところも、あった。

「暫定的な…」と明言した時には、

一緒に居た新聞記者やテレビ記者からも、

「おおーーっ!! 言ったか!!」という、
ちょっとした「感心」めいた声も、
上がってましたけどね。


福井県知事の

「スーパーの安売りじゃない」発言は、
いかにもトンチンカンな発言ですね。

誰も、

「期間限定」の話を、
スーパーの安売りと同じレベルで
論じているわけではない。

真剣に「どうあるべきか」を議論している時に、
何を言っているんだ?

実は、
議論の本質から遠ざかってしまうような発言をしているのは、
自分のほうだ… 

ということにすら、

そもそも、無自覚なんでしょうね。 

官僚出身の
「上から目線」な物言いといい、

典型的な感じだなぁ~~ と思いながら、呆れていました。

大体が、

きのう、辛坊さんも指摘していましたが、


福井県よりも原発に近い京都府だって、
あるわけです。


福島であんな惨事が起こった以上、
誰もが真剣に、原発のことを考えなくてはいけないわけで、

その中には、「期間限定」というオプションも、
当然、ある。


「期間限定」というオプションを、
「スーパーの安売り」としか結び付けられない、

あなたの発想こそ、
「ありき」ありきの
貧困な硬直化甚だしい!!! 


ということに、

早く気づいて欲しいものであります。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月09日(土) | コメント (0)

徒然なる「NYY」黒田投手が好投!!

いいね、いいね~~~~!!!

ヤンキース黒田投手。

勝ち投手、、、いけそうです。。。!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月09日(土) | コメント (0)

徒然なる「日本」先制!!

いい時間帯での

先制ゴーーーーール!!!(^^)/(^^)/(^^)/

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月08日(金) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」… 全然……

なんか、、、、

全然、ダメだった、、、、、 みたいですね。。。。。××

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月08日(金) | コメント (0)

徒然なる「左手」が…

左手が、猛烈に痛い……(>_<)

指先からヒジにかけて……

何なんだろうか!??一体???

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月07日(木) | コメント (0)

徒然なる「香川選手」が、マンチェスターユナイテッドへ!!!

とにかく、


凄い快挙だ!!!

あとは、

どれくらい、、、活躍できるか、、、、、ですね!!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月06日(水) | コメント (0)

徒然なる「金星」が太陽を横切る!!!

なんか、

日食メガネをかけて、

太陽を見てみたんですが。。。。。

全っ然!!!! 分からないんですけどぉーーーー!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月06日(水) | コメント (0)

徒然なる「新境地」!!!

ついに、

40歳に、、、、なりました!!!!

手の指が、、、、痛い。。。。。

何の、、、症状、、、、なんだろうか。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月05日(火) | コメント (0)

徒然なる「あと1分」だ…

いよいよ、、、、


あと1分だ。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「あと10分」だ…

30代も、

あと10分!!!!! だ。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「あと1時間」だ…

30代も、

あと、1時間だ。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「30歳台」も、残りあと……

30歳台でいられるのも、、、、


残りあと、2時間弱。。。。。

この2時間弱の過ごし方で、

一発逆転!!!!

「いい30台だったなぁ~~~~」


と、

大逆転できるような、、、、、


そんなことがあれば、、、、、、


いいんですけれど。。。。。

そんなの、、、もちろん、、、、、、、、


なさそうだ。。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「大飯」再稼動問題。 「変節」か、それとも…

大飯原発・再稼動問題。

関西広域連合の「豹変」「変節」について、
世の中が騒然としています。 

橋下市長の言動を継続的にウォッチしてきた身としては、
「豹変」や「変節」というよりも、
ごく自然な形での「変遷」に映っていたのですが、

これは、世の感覚とは、多少のズレがあるようだ。

このズレに対しては、
何をおいても、敏感にならないといけませんね。

永田町・政治部系の記者は、
大体、世間感覚と、「ズレ」てますものね。 

自分もそう陥らないように、気をつけなければ…

広域連合や橋下市長の「変遷」を、
「変遷」と伝えられず、

「豹変」「変節」と、
視聴者側に受け取らせてしまっていることについては、

メディアの一員として、忸怩たる思いもあります。 


メディアとしては、限界もある・・・・ とはいえ。

そもそも、あの「声明」を、「容認」とは、私は、受け取っていなかった。

ただ、政府サイド、そして政府周辺のメディアは、
敢えてか自然にか、「容認」と解釈した。 

それは「ゆがんだ解釈」だと私は受けとめていたが、

橋下市長は、いとも簡単に、「容認ですよ」と、認めた。


橋下市長の「容認」発言は、
極めて大きく報じられた。


裏を返せば、メディア側も、
声明を「容認」と報じながらも、

なおかつ、

関西広域連合の「真意」は、
「容認」とは言い切れないと、

半信半疑だったからだと、
私は思っています。

橋下市長の「容認」発言には、
正直、度肝を抜かれた。

予想していなかった。

あれは、当初から、
「容認」と認めるつもりだったのか?


それとも、朝刊の各紙のトーンを見て、
自らの発言を「微修正」したのか… 


私は、そちらの真実のほうが、知りたい… 実は……


いずれにせよ、

関西広域連合の声明は、
橋下市長の、いわば『潔い』発言によって、

「事実上の容認」から、

「れっきとした、紛れもない容認」へと、

お墨付きを得た。 


いまやあの声明は、
紛れもない「容認」だ。


なぜなら、中心人物である橋下市長が、
はっきりと認め、「敗北」宣言までしたから。

橋下市長としては、

「細野大臣に、暫定的な稼動であることを認めさせた」ことが、
一つ大きなターニングポイントだとしている。

細野発言を、どの程度重くみるか… 

橋下市長は、極めて重く受け止めているが、

どうも、政府サイドの姿勢は、、、、 あやしい。。。。


細野大臣にしても、
積極的に、認めたわけではない。


どちらかといえば、

ギリギリと理屈を詰められた結果、
「言わされた」感、
アリアリだった。

細野発言の後、
政府サイドからは、一切、
その手の発言は、出てこない。

あの発言を、そこまで重く受け止めて、よいのか???

これまでの「政界常識・非常識」に照らせば、

細野発言を重くみることは、
「お人よし」そのものだと思うのですが。。。。 


橋下市長は、
常識を覆すことを最大の特技とする政治家。 

そんなこれまでの「慣例」など、

「くそくらえ!」もいいとこなのかも、しれませんね。。。。

さあ、

「細野発言」が、どれくらい効いてきて、
どれくらい、政権自身を、「呪縛」するのか。。。 

秋以降が、「みもの」です。 


現時点では、政権サイドは、
それほど重いとは、見ていないようにみえる。


さあ、どうなりますやら… 

橋下市長の、
政治家としての「若さ」「甘さ」を露呈する結末に、
行き着くのか… 

それとも、


ここを突破口に、
得意の「理屈爆弾」を炸裂させ、

一気に、政権サイドを追い詰めることができるのか。。。 


ここは、橋下市長の「政治家」としての力量をもはかる、
良いテストケースになるんでしょう。


私個人としては、


「大飯の再稼動は、暫定のもの」という解釈を、
世のコンセンサスとして、共通の理解として、
明確にすることができたなら、

「大した大成果」だと、
思っています。


もっとも、そうできるのかどうか、
ここからが、正念場だと思いますが……

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「杉内投手」の…… やっぱりおかしい!!

6月2日の
「杉内投手・ノーヒットノーラン達成時の
球審の技術について指摘」エントリの数々は、

今読み直しても、
我ながら、
怒りが改めてこみ上げてくる、エントリだった。 

やっぱり、あのジャッジは、おかしい!!!絶対に!!!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月04日(月) | コメント (0)

徒然なる「ストロングリターン」…

福永騎手。。。。。

ストロングリターンで勝てるなら、、、、

ワールドエースでも、、、、、勝てたんじゃ。。。。。


と、

多くの人が、

きっと、思ったであろう、、、、、


そんな、、、、、


「あっ・・・・」という、、、、、、

レース、、、、でした。。。。。


いやまぁ、、、、、

ストロングリターンも、、、、、強い、、、、、馬、、、、、


ではありますが、、、、、、

にしても、、、、、

こんな風に、、、、、 レコード勝ち、、、、、

するとは、、、、、、

思いませんでしたよ。。。。 全く。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月03日(日) | コメント (0)

徒然なる「30歳代」最後の……

気がつけば。。。。。


明日が、

30歳代、最後の、、、、、


日。。。。。


振り返れば、、、、、

30代も、、、、、、、

いろいろ、

ありましたが、、、、、、

決定的、画期的なこともなく、、、、、

それなりに、、、、、

過ぎて、、、、、

いった、、、、、

というほど、、、、、


平々凡々、、、、、、

だったわけでも、、、、ないのですが、、、、、、

かといって、、、、

「波乱万丈」、、、、 といえるほどの、、、、、、


波乱も、、、、なく、、、、、

まあまあ、、、、ほどほどに、、、、、、


刺激的に、、、安定的に、、、、、、

すぎていった、、、、、、、 

感じ、、、、、です。。。。。。。

なにはともあれ、、、、、、

なんとか、、、、やってこられた、、、、、、


それを、、、、サポート、、、、、、して下さった、、、、、


周囲の皆さんに、、、、、、


感謝!!!!! 、、、、、 する、、、、、、 ばかり、、、、、、、

です。。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月03日(日) | コメント (0)

徒然なる「本田選手」…ゴォォ~~~~!!

本田選手!!!

先制ゴォォォ~~~~~~ル!!!!


さすが。。。。!!

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月03日(日) | コメント (0)

徒然なる「ダルビッシュ投手」…敗戦!!

残念!!!!

まあ、

いつもいつも、

勝てない、、、、ですわね。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月03日(日) | コメント (0)

徒然なる「松井選手」またHR!!

全く。。。。


凄い人であります。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月03日(日) | コメント (0)

徒然なる「杉内投手」の大記録の際の…

ちょっとだけ前の話になりますが、
杉内投手がノーヒットノーランを達成した試合の球審の判定は、
ちょっとひどかったと思う。

最後のバッターに対し、
きわどいが、「ストライク」とジャッジすべき球を、
「ボール」と判定していた。


その球を「ボール」とジャッジされたことで、
結局、
このバッターを、四球で歩かせてしまった杉内投手。

最後の四球になった球は、
きわどいが、「ボール」だったと思う。

このジャッジは妥当と感じた。


さて、最初に指摘したその球を、
球審は、なぜ、「ボール」とジャッジしたのだろう?? 

私の目には、「明確にジャッジ」した結果の「ボール」とは、映らなかった。

では、どう映ったかというと、

「素晴らしいボール過ぎて、バッターも、思わず、手が出なかった。
それと同じように、審判も、思わず、手が上げられなかった」
という風に、映った。

プロの球審が、そんなことはなかろう!!? 
と言われそうだが、

残念ながら、そんなことはないことはない、と
私は思っています。

実況アナとしても、
何百試合も試合を見てきましたが、

その手のジャッジが、本当に多いと、感じていました。

素晴らしいボールが、バッターのアウトコースに、ズバッ!! 
バッター、ぴくりとも動けず!! 
球審が高らかに「ストラーーイク!!」とコールして完結…

してほしいところで、

残念な球審の場合、球審自身も、ピクリとも動けないのだ……

メジャーリーグの場合、
ボールがミットにおさまってから、ワンテンポあるんです、
ストライクジャッジまで。

だから、日本に比べて、
格段に、その手のミスジャッジは、少ないと感じる。


メジャーの球審は、
あまりに素晴らしいボールがきて、バッターが手が出なかった場合、
自身も一瞬、金縛りにあうのだが、

ワンクッション置いて、改めて、
「ストラーーーイク!!!」と、高らかに、コールする! 

素晴らしい球を、素晴らしいと、きちんとジャッジできている。

ところが日本では、
1クッションおいて「ストラーーイッ!!」という作法に、なっていないんですね。 

良い球過ぎて、瞬時に、ストライクジャッジが出来なかった
→間が空いた
→もう今さら「ストライク」と言えないから、
なぜかうやむやのまま「ボール」 

という帰結をたどる…

井川投手が阪神のエースだったとき、
何度、そんなシーンを、見ただろう…

井川投手の、惚れ惚れとするようなアウトコースの直球に、
バッターも審判も、同様に手を動かせず… 

1-1のカウントから、2ボール1ストライクと、
バッター有利のカウントになる… 

というシーンを。。。。

そして、
2ボール1ストライクのカウントから、
落ちるボールを投じる。

ストライクボールが逆なら、
思わず振ってしまいそうな球を、

カウント有利なバッターはしっかりと見極め、
カウントは、3ボール1ストライクに……


結局、あの球を「ボール」とジャッジされたことをきっかけに、
その打者に、
四球を与えたり、ヒットを打たれたり、最悪の場合、HRを浴びたり…

何度も、そんなシーンを、見てきました。。。

杉内投手の「あの球」は、
まさに、「そんな球」「そんなジャッジ」だった。。。。 

そして、「あのジャッジ」をきっかけに、
結局、杉内投手は、
初めてのランナーを、許した。。。。

「初めてのランナー」の、
四球となった最後の球は、

際どいが、「ボール」だった。
そのことに、文句を言うつもりは、ない。

だが、その前の、際どい投球は、
あれは、ストライクだ! 

あれを「ボール」とジャッジしたのでは、投手が、かわいそうだ!!


以前、実は、
たまりにたまっていた、この「不満」「疑問」を、

開幕投手を何度も務めたこともある某投手に、
直接ぶつけたことが、ある。


彼も、100%同意してくれた。

「本当に、よく見てくれてるね。その通りだと思う。
試合の現場では、球審に対して、言わないし、言えないんだけどね」と話していた。

さて、その杉内投手。

次のバッターは、最後、
際どいが「ボール」だろうという投球を、
「ストライク」とジャッジしてもらい、

見事、ノーヒットノーラン達成!!! 

何なんだ!!!?この、一貫しないジャッジは!!??

杉内投手が、最後、ノーヒットノーランを決めた「ストライク」と、
その前の打者に対して四球を与えた「ボール」は、
ほぼ同じところだろう。 

なぜ、ストライクになったり、ボールになったり、するのか!!?


ボールならボール、ストライクならストライクと、
一貫して、ジャッジすべきじゃないのか!!?? 


球審の気持ちを勝手に代弁するなら、


前の打者の、最初の際どいジャッジの「ボール」判定を、
心中、ずっと、ひきずっていたのではないのか??


自分が「ストライク」を「ボール」とジャッジしたことに端を発し、
杉内投手の「完全試合」は、なくなった… 

そのことに後ろめたさを感じていた球審は、

最後、下駄をはかせて、
ノーヒットノーランの達成を助けた… 


そう見られても仕方のない「不可解」判定だった。。。。

スポーツにおいて、審判は、絶対! 
野球において、その「絶対的」存在である審判は、
ストライクボールの判定で、試合の「命運」を、大きく左右する… 

であるならばなおさら、
素人ファンにこういう指摘をさせるような、
不可解・一貫しないジャッジは、なくしてほしい。


そう切に願った、
そんな、杉内投手の「ノーヒットノーラン」達成試合…… でした。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月02日(土) | コメント (0)

徒然なる「愚痴」大飯の話に端を発し…

大飯原発再稼動を巡る、
ここ2か月ほどのドタバタ。

まあ、ひどいもんではあった。

一言で言うと、

「もっと早く対策練っとけよ」

に尽きるんでしょうね。


夏休みの宿題に追われる小学生か? 

ここまでどれだけの時間があったのか??


まあ、

真剣に本当に、
震災後の「電力供給」の枠組を、考え直さないといけない!!


と、政府や電力会社が考えていたら、

こうはなっていなかったでしょうね。


「あんな大事故はあったけど、
願わくは、現状維持できれば…」

と思う人が、

結構多かった

ということ…なんでしょうね。

まあでも、

それも、人間社会の「現実」の「一側面」なのではないでしょうか? 

例えはちょっと違う!といわれそうですが… 

アメリカだって、
あれだけ銃乱射の悲劇が繰り返されても、

いまだ一向に、それを何とかしようという大きな動きには、ならない。


人間というのは、
とても「小っちゃい」存在だと、
いうことでしょうね。


人類皆の平和とか快適とか、最大幸福とかを、
理想では目指したくても、

いざ、ちょっと、自分の日々の生活、日常のほんの一部がかするだけで、

声高に大義や理想を口にすることが、
怖くなる… できなくなる…


まあ、一般人は、
大概、私も含め、

そういう「ちっぽけ」な思考回路でしか、
物事を考えられない… 

のは、
まあ、仕方ないにしても、、、 


本来、大きな思考で、
現実社会にダイナミックにメスを入れていかないといけない立場の
「政治家」に、

そういう人が、殆ど、いないんだもんなぁ…

あ… いるんですかね… 
ひょっとしたら…… 

それを「実現」するための「戦略」を持っていないだけで。

「理想」を持っている人は、実は、いるのか…  

どっちでもいいですわ、もう。。。苦笑  


政治家たるもの、
「理想」と「戦略」を、両方、持ち合わせてほしい… 

ものですよね。

大体、野田総理も、
消費税のこと以外は、全く、考える余裕なし! 


という印象ですものね。。。 


いや、いいんですよ。

消費税は確かに、
「大きなテーマ」だから。 

でも、それ以外が
ここまで置き去りになるんだったら、

ほんと、地方分権で、
どんどん権限権力を分散した方が、いいんじゃないでしょうか。

結局、野田さんが、民主政権が、
原発を、どうしていきたいのか?どうしたいのか? 

本当に、全く、見えてこないものなぁ… 苦笑するほどに… 

しかも、最大野党の「自民党」がどうしたいのかも、
結局、いまだ、見えてこないものなぁ。。。


原発を再稼動することに伴う「リスク」は、
確かにあるわけで。 


同時に、

原発を動かさないことによる、経済面での「リスク」も、
確かにあるわけで。 


その「リスク」のどちらが大きいのか?? 
明確にそこを答えられる人は、
誰もいないわけで…


である以上は、

両方に内在する「リスク」を、
きちんと明示、説明したうえで、


これこれこういう理由で、こちらのリスクをとります! 

という手続きが、必要でしょう… 

という、ただそれだけの話… 
なんですが、


少なくとも、政府は、ここまで、それが、できていない。


なんでそれができないのか??

私には、分からないのです。 


たぶん、


「そんな説明したら、政権終わりますよ!」
という官僚の「愚民思想」を真に受けて、

正直に情報を出さない、言わない、説明しない、

そちらがベターだと、本気で信じているから… なんでしょうが。


官僚は、
選挙を経ないから、お気楽なものですよ。無責任だし。 

政治家は、本来、
「選挙」があるから、そこはもっと、敏感に、世論の空気を感じ取ってほしい… 

ものですが。。。 

ほんと、「鈍感力」、凄い… ですよねぇ。。。。 

ある意味、羨ましい。ここまで鈍感とは……


日本の今の政治家の皆さんくらい、「鈍感」で「楽天的思考」に、なりたい・・・・・ 

本気で、羨ましい!!!! 

人生、、、悩み事とかなくて、楽だろうなぁ。。。。


 「悩まなきゃいけない」ことが目の前にあっても、それが見えないって、、、、


ほんと、、、ラクで楽しい人生… だろうなぁ……


そもそも、
鈍感で楽観的じゃないと、今の日本で政治家なんて、
なれないし、ならないですもんね。。 


そういう人たちの集団が、
国全体を動かす「力」を、持っているんだものな。。 

でも選挙で、民の代表を選んでいる以上、仕方ないですよね。。 


何か良い「対案」がないものかと、いつも思いますが…

投稿者: 野村明大 日時: 2012年06月01日(金) | コメント (0)

アナウンサー