Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「眼鏡」たこの糸が切れたように。。。

というわけで、


昨日までの続きであります。。。。。

「メガネ」を、「眼鏡」に

変えてみました。。。。。


もしお時間の許す方は、

是非、5月26日あたりのエントリから、


ざざーーーっと、読み飛ばしまくって頂けましたら、

ベストです!!

さて、パワフル・カナこと大山選手の、文字通りパワフルなアタックによって、


自分自身の不注意が主な要因なのですが、

お気に入りの「イケ眼鏡」が


ぐにゃぐにゃのふにゃふにゃの傷だらけ!

になってしまったわたくし。。。。。


フレームのゆがみこそ、眼鏡屋さんで、簡単に修正したものの、、、、、


レンズの傷は、、、

「レンズを換えるしかないですねぇ、、、ええ」


といわれ、


値段を聞くと、

「この視力ですから、、、高価で薄いレンズに換えるとなると、、、、


3万円くらいはかかりますねぇ、、、、、

だったら、もういっそのこと、眼鏡自体を、フレームも含めて、

新調されたほうが!!」


と、言われたわけであります!!

そう、勘のいい読者の皆様は、もうお気づきですね。。。。

その後、約10年に渡って、


眼鏡屋さんを訪れるたび、


同じ問答が、続いているのであります。


「レンズを換えるなら、3万くらいはかかる。

それなら、いっそのこと、新調したほうが。。。。」


そこで、躊躇(ちゅうちょ)して、結局、眼鏡レンズを換えられない、、、、、、、

そんなこう着状態のまま、10年。。。。。

その間、一度傷のついた眼鏡レンズは、


持ち主(わたくし)の扱いも、ついついぞんざいになりがちで、

傷の数が、倍々ゲームで、右肩上がりに、増加!!


温泉旅行に行っても、

その眼鏡をかけたまま湯船に入り、

硫黄だかなんだかわかりませんが、


とにもかくにも、化学的な気体や液体にさらされるがまま、、、、、


といったような

「横着」な扱いを繰り返すうち、、、、、、


もう、レンズは、「傷のない部分」を探すのが困難なほど、


傷だらけになってしまったのです。。。。。

大事に、大事ーに取り扱っていたものでも、

たこの糸が切れたように、

一旦気持ちが切れると、


そんな気持ちも、どこか彼方に、ふっ飛んでいってしまうようです。。。。。


ということで、わたくしの眼鏡は、、、、、、

いまや、すっかり、

「傷だらけのメガネ」なわけであります。。。。。。


つまり、

「傷」といっても、、、、

実は、最初のきっかけは、

女子バレーを背負う「メグカナ」によって、

間接的に刻まれた!

「お宝の傷」なんであります!!


お分かりいただけましたでしょうか?


(さらに明日以降に続く)

投稿者: 野村明大 日時: 2008年06月12日(木) | コメント (0)

アナウンサー