Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「誤用」1歳児による。。。。

PTC・親ばか転じて「バカ親」シリーズ第○○弾!です。


一ケタを、二ケタにしてみました。。。。。


さて、うちのかわいいかわいい双子のうちの男児の「はあくん」


最近、

「いいよー!」

という言葉を覚えました!


しかし、、、、

どうも、

使い方を間違っているようなのです。。。。。

まもなく「ご飯」が始まる時間帯、、、、


食卓の上に並んだ

「はあくん達のご飯」

と、わたくし、、、、、先日、、、、、目撃してしまったのです!!

「はあくん」が、


「いいよ!」


と叫びながら、

勝手に、食卓の上のご飯を、

わしづかみにして、

おもむろに、わが口に

放り込んでいる姿を!!


母親である妻は、気づいていません。。。。


双子の女児のほう「うーちゃん」は、

「そんなことしていいのかな? ママに怒られちゃうよ!」

という、冷ややかな視線を、送っています。。。。


しかし、はあくんは、もちろん、そんな視線は気にも止めず、、、、


ひたすら


「いいよ!」「いいよ!」

と叫びながら、

食料を、口の中に、放り込んでいるのです。。。。。。

誰も「いいよ」と言ってないのに。。。。。。

たぶん、

母親(妻)が、

いつも、

ご飯のときに、

準備が整ったあとに、

「はい、いいよ!食べて」

と言って、


それを合図に「いただきまーす」で、食べてるんだと思うんですが、、、、、、


完全に、


「いいよ」

という言葉さえ発すれば、


ご飯を口に放り込んでいいものだと、

彼は誤解しているようなのです。。。。。

妻が気づいたときには、、、、、

はあくんのご飯は、半分なくなっていました。。。。。。


▽▽

(気づいた妻の目・・・・・そりゃそうだ。。。。)

投稿者: 野村明大 日時: 2008年06月20日(金) | コメント (0)

アナウンサー