Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「回顧」一年を振り返る。

大晦日であります。


皆さんにとっては、今年はどんな年でしたでしょうか?

僕にとっては、人生観が大きく変わった年でした。

その最大要因は、、、、やはり、、、、、「子供」であります!


3日間みないと、見違えるほど成長しているその様子は、
人間の本来持っている生命力を、痛感させてくれますし、


なによりも、「可愛い」「可愛い」といいながら育児の「一端」の、さらに「一端」を担っていると、


「自分も親にこうやって育ててもらったのかな」という、
親への感謝も、自然と芽生えてきます。。


祖先への感謝の気持ちも生まれました。。。(笑)


自分が今存在し、人生を謳歌できているのは、
ひとえに、ご先祖様のおかげだしなぁ、、、


なーんていうのは、今までは、恥ずかしながら、おじいちゃんおばあちゃんに言われても、
右から左に流れていたんですけどねぇ。。。


そういう気持ちになって、街に出てみると、


我が子をいとおしそうに見守りながら、あるいていらっしゃるお母さんがたが、
たくさん目に付きます。


今まで、ほとんどそういうシーンを気に留めることもなく、
街を素通りしてたんですけどねぇ。。。

どんな大人も、「誰か」にそうやって愛情をかけてもらいながら、

絶対に自分ひとりだけで大人になったわけではない、

ということに、気づかされます。


当たり前のことばかりですが、


今まであまりにもそういうことが意識できていなかった自分に、気が付き、
恥じ入る毎日でありました。


そういうことに改めて気づかせてくれた、我が家の子供達に、感謝の一年でした。

子供を教育しているつもりで、親が教えてもらっている、、、というのは、本当ですね!

というわけで、今年は、このブログでも、親ばかシリーズを何度も展開してまいりました。

来年も、その傾向は、継続することになるかと思われますが、

どうぞ、そこんところ、ご容赦を!!


それでは、皆様、良いお年をお迎えください!!


2007年のご愛顧、ありがとうございました!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月31日(月) | コメント (0)

徒然なる「類似」○○に似ている!

「○○に似ている!」シリーズ・第○弾!!であります。

(たぶん第二弾)

先日、人生で初めて、「ある人」に似てる、といわれました。。。。


その日、私は、めがねをかけていたのですが、、、


なんと、来年1月の大阪府知事選に立候補を表明している、H下弁護士に「似てる」
と、食堂のおばちゃんに、言われました!!(笑)


似てますー?自分では、全く似てないと思います、はい。

ちなみに、大阪府知事選には、このH下氏以外に、大学教授のK氏、
同じく弁護士のU氏も、今日現在までに、立候補を、会見で正式に表明されております。

さらに、このほかにも、今後、新たに表明される方も、いらっしゃるかもしれません。

大阪府民の方は、是非投票にいって、これからの4年間の大阪府政を託す人物を、
選んでくださいね!!


しっかし、私野村明大、「似てる」といわれる人物、随分、変わってまいりました。。。。。


その変遷を、ここでご紹介いたします!


ただし、ご当人に失礼にあたっては困るので、全て、イニシャル処理させていただきますが、、、、


20代前半の頃は、I田・Jさん、I田・Iさん、T・S郎さん、O・K二さん、I・Kさん
20代後半になって、S・K平さん、N岡・Tさん、、、、、
最近はじめていわれたのが、、、KことM・T史さん(でも、立て続けにいわれました!!)

そして、、、、H下氏、、、、


恐らく、このイニシャルの羅列を見ただけで、
皆さん、吐き気をもよおされると思いますので、
(ほんと!テレビのイニシャル処理」も、むかつき、いらいらしますもんね!)


このあたりでやめておきます。。。。

おわかりになった方も、お怒りにならないでくださいね!

リストには、大変男前の方も入ってますので(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月30日(日) | コメント (0)

徒然なる「継続」最高のダイエット法

先日、


一冊の大学ノートを、使いきりました!!!ぱちぱちぱち!

使い始めは、、、2003年1月2日。
使い終わりは、、2007年12月13日。


使い始めた日の私の体重は、70.2キロ、体脂肪率25.3%。

身長175センチですから、当時30歳としては、
体重は、決して「太りすぎ」のレベルまではいってませんが、


体脂肪率は、ちーーっと、やばいんじゃないの!?


という感じですねぇ。


で、ノートを使い切った日、12月13日の私の体重は、66.9キロ。体脂肪率18.8%!

30歳から35歳にかけて、「増える」人が多い体重が、なんと、減っております!


アンチメタボであります!!ぱちぱちぱち!!


なんで、そんなことがわかるかといいますと、
このノートが、毎日毎日、大学ノートの一行に一日、

その日の体重をはかって書き留めていたノート、、、だったからなんです!!

自分でも「よう続いたなぁ。。。」と感心しますが、

まあ、最初から「絶対続けよう!」と思わず、
漫然とやっているうちに、「結果的に続いた」からよかったのかもしれません。。。

ちなみに、2003年以前も、友達からもらったバカボンのカレンダーに、(なんでやねん!?)
2年くらいは体重記入を続けてたので、

トータル丸7年くらい!
ほぼ毎日!!

体重をはかって記入してるんですけど。。。。(笑)


でも、これって、実は、最高のダイエット法だと思います。


なぜかといえば、体重をはかって、1-2キロ増えてたり、体脂肪率が増えてたりすると、

急速に、食欲が減退しますからねぇ。。。

その反面、体重が減ってると、食欲がめちゃくちゃ増進して、
ばか食いしてしまいますけどね!(笑)

というわけで、5年かけた割には、3-4キロ減、というのは、
たいした成果ではないようにも見えますが、


健康にも影響ない範囲の、極めて良質の「ダイエット」だと、自負しております!!

なんか最近、
テレビや雑誌で、
「毎日体重を記録することが最善のダイエット」

という説が紹介されていることがやたらと多くて、


僕からすれば、もちろん賛同はするんですが、


僕だって、7年くらい前から、誰に言われるまでもなく、やってるんですけど!!

と、


大々的に取り上げられていることに対し、ちょっと、嫉妬心を感じている次第であります。。。(笑)


参考までに、、、

この5年間に計測した、

最高体重72.3キロ、
最低体重63.6キロ、でした。。。。

この約10キロの間を上がったり下がったりしながら、
徐々ーーに、体重が減ってきた、というわけですね!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月29日(土) | コメント (1)

徒然なる「類似」○○に似てる!

うちの可愛すぎるプリティツインチルドレンシリーズ
「親ばかのつぶやき、、、、、」第○弾!です!!

このシリーズでは、うちのかわいい双子が主役なのですが、


「かわいい」「かわいい」と、私がオウム然と繰り返すばかりで、
実際にどんな顔をしているのか?

問い合わせが殺到しております!(笑)


かといって、さすがに我が子の写メかなんかを、

讀賣テレビの公式ホームページにぺたぺた貼り付けるのも、

親ばかここに究まれり!!


で、どうかと思いますので、


今後、このシリーズのときに、皆さんが、「イメージ」しやすくなるように、


うちの双子が、「どんな感じか」という描写だけ文章でしておきたいと思います。


まず、前提条件として、「子供は親に似る」というのがありますので、

親がどんな感じかいっておきます。

私野村明大は、こんな感じであります。讀賣テレビのHPもしくはオンエアで、
顔をチェックしてくださいね。


うちの妻は、、、、、
美人かどうかは、見る人の主観によりますので、明言を避けますが、、、、(笑)


間違いなく、「男前」!であります。

有名人でいうと、
「タッキー」もしくは「キムタク」にそっくりです。

ジャニーズ系の、超のつく男前であります!!


というわけで、うちの双子のうち、男の子のほうは、
母親の影響をうけ、
きっと、「超ハンサムボーイ」になるであろう!!


というのは、
年の瀬、多忙な皆様に置かれましても、想像に難くない、と思います。

ということで、発表します!

うちの男の子が、「有名人」でいうと、誰に似ているか??


ジャカジャカジャカジャカ、、、、、(ドラムの音)

発表します!!!


今のところ、、、、

「ジャイアン」
に似ております。。。。。


性格は、、、、、、


「のび太」に似ております。。。。

今後の、容姿と性格面の一層の成長に、期待する毎日であります。(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月28日(金) | コメント (0)

徒然なる「論争」UFOと血液型。。

まだ、それほど、研究したわけじゃありませんが、、、、、


UFO論争。。。。。

でも、僕、思うんです。

宇宙人がいるという明確な根拠がない以上「いる」とは断言できない。
でも、
宇宙人がいないという明確な根拠もない以上「いない」とも断言できない。


これって、、、、、

何かの論争に似てると思いませんか??


そう!


僕の大好きな、血液型の論争の構図と、同じであります。

血液型が性格の違いに関係している、という、明確な根拠がない以上、
「関係している」と断言することはできませんが、


かといって、「関係していない」という、明確な根拠もない以上、
「関係していない」と断言することだって、できない、というわけです。


だから、宇宙人も、血液型も、、、


信じたい人は信じ、信じたくない人は、信じなければいい,,,,
ということなんでしょうね!!


くれぐれも、「信じろ・信じるな」の強要は、やめましょう!!(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月27日(木) | コメント (0)

徒然なる「論争」UFOは存在するか?

巷で(一部で)、「論争」となっているようですねぇ。。。。

UFOが存在するのかしないのか。。。。

まあ、UFOは、確か、日本語に訳すと、「未確認飛行物体」なので、

世の中には、なにものなのか「未確認」ではあるが、
「飛んでた」「物体」は、

確実に、存在するわけですからね!

まあ、その物体が「なにものか」確認された時点で、UFOではなくなる、という理屈です。


さて、こんな「理屈」はさておき、、、、

今論争になっているのは、要するに、「宇宙人はいるのかいないのか」的な論争、ですよね?

僕の解釈が間違っていなければ、、、、


だとすると、、、

「宇宙人はいる」という明確な根拠はないので、「いる」と断言はできないし、


かといって、


「宇宙人はいない」という明確な根拠もないので、「いない」とも断言できない、、、、、


としか、言いようがないじゃないですか!!?

ちなみに、僕も「いる」派です。

だって、宇宙は、本当に、ほんとーーうに、広いんですよ!!


「あまりにもスピードが速すぎる」がゆえに、新幹線の「愛称」にもなった「ひかり」が、

何万年もかかってようやく到達できるくらい遠いところに、


星とか、あるんですよ!!たくさん!!

そりゃ、この広い宇宙に、宇宙人(宇宙生物)が、いるかいないか?どっち!!?


と清水健アナウンサーに聞かれれば、


僕は、「いる」と答えますね。自信を持って。

ただ、その「宇宙生物」が、「乗り物」にのって、地球を偵察にきたり、
あるいは、襲撃したりするのか、、、、、と問われれば、、、、


わからない。。。。。

たぶん、今、論争になっているのって、こういう部分ですか?


僕も、自分で書きながら、


今、政界をも巻き込んで論争になっている「UFO論争」は、


一体何が「争点」「論点」になっているのか、

よくわからなくなってきました。。。。。

また研究して出直します。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月26日(水) | コメント (1)

徒然なる「選択」やらなくてよかった。。。。

親ばかシリーズ第○弾であります!!


昨日、、、、24日の夜は、クリスマスイブ。


うちの家族も、「夜」ではないものの、
「昼間」に、1歳のかわいいかわいい双子ちゃんを連れて、
お出かけすることに!


近所のおしゃれなキャフェで、ちょっと遅めのランチ兼お茶を楽しもうと。。。。。。


意見が割れたのが、子供達の衣装。


今年、我が家では、既に、妻の実家や、親戚まわりで、何度か、「クリスマスホームパーティー」に
参加しており、

その時のちび達の衣装として、「サンタさん」の「赤白服」を購入したのですが、


私野村明大、、、


「外に、あの衣装を着せて出られるのは、今日24日しかない!!


せっかくあの服を買ったのだから、

あのサンタの衣装を二人に着せて、お出かけしよう!!

そうすれば、二人は、町中の注目の的だぞ!!」


と主張。


妻に、あっさりと、「恥ずかしすぎる」と、全否定され、

あきらめました。。。。結局。

まあでも、良かったです、やらなくて。。。。今思うに。。。。


あのおしゃれなキャフェーで、二人がサンタの衣装でずっと周囲のちらちら注目(冷ややかな視線)を
浴びてたかと想像すると、、、、、


絶対、食事もお茶も、喉を通らなかったに違いないですから。。。。。

あー、やらなくてよかった。。。提案する前に気づけって話ですね!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月25日(火) | コメント (0)

徒然なる「感傷」今宵はクリスマスイブですよぉー!

標題に、「感傷」と入れてはみたものの。。。。。

すみません!
私、嘘をついておりました。。。。

僕は、個人的に、全ーーーく、
クリスマスイブに、思いいれはありません。

12月になると、街のイルミネーションもきれいになり、
切ない、あるいは、わくわくした気分になる、、、、

という声も、女性を中心に多く聞かれるようですが、

こと僕に関しては、

全くそういうことも、ないです!


というわけなので、若い皆さん!
彼氏や彼女がいる皆さん!!

どうぞ、ご自由に!ロマンティックな夜を、お過ごしくださいね!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月24日(月) | コメント (0)

徒然なる「あるある」コンビニにて。。。。

コンビニもしくはファーストフードなどでの「あるある」です。。。。


会計時、立ち去るとき、、、

思わず、、、


「ご馳走様でした!」


実際にこれを「やっちゃった」ことがあるかないか、
記憶に定かでないのですが、、、、(笑、昨日と同じかい!!)

しそうになってしまったことは、200回はあります!!

それもこれも、外食したあと、会計時、「ご馳走様」と言う、
躾のいい癖が身についてるからですね!(自画自賛)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月23日(日) | コメント (0)

徒然なる「あったあった」先生を呼ぶときに。。。。

学生時代の「あるある」


ていうか、

「あったあった」です。


女の先生に対して、

「先生!」と呼ぶつもりで、

いきなり、、

「おかあさん!」と呼んでしまったこと。。。


これ、思春期の男子にとっては、痛恨に恥ずかしいですよねぇ。

僕、実際に「やっちゃった」ことがあるかどうか、、、


記憶が定かでないのですが、


「呼ぼうとして思わず寸止めでとどまった」
ことは、100回くらいあります!(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月22日(土) | コメント (0)

徒然なる「根拠」サンタさんのサイン

クリスマスも、間近に迫ってきましたね!!

今日のエントリは、
サンタさんからのプレゼントを心待ちにされている方は、読まないで下さい!!

以下の文章を読むと、サンタさんから、プレゼントがもらえなくなってしまうかもしれませんから!!

ですから、絶対に、読まないでくださいね!!

もう一度、繰り返しますけど、サンタさんからのプレゼントを待っている方は、絶対に読まないで
くださいね。

これを読むと、サンタさんが怒って、プレゼントをくれないかもしれないですよ!!

ーーーーーー
さて、

それでは、ここから先は、

サンタさんからのプレゼントなど、一切期待していない人向けに、進めてまいりたいと思います。


「サンタさんなんていない」


そんな可愛げのないことを言ってらっしゃる方も、大勢いらっしゃるかもしれませんが。。。。


そんな可愛げのない皆さんの中にも、


昔は、サンタさんからのプレゼントを、毎年心待ちにされていた方も、きっと多くいらっしゃるはず。


そして、「サンタなんていないよ」という、心ない大人、もしくは、ませた同級生の一言に、


「いるよ!サンタさんは。だって、プレゼントもらったもん」


と、反論を試みていた、、、、


そんな方も多いのではないでしょうか?


でも、たいてい、「プレゼントくれたのは、サンタじゃないよ。親だよ」


という、

確かに説得力のある、心ない、冷たい反論が、返ってきたものです。。。。。


そんなときに、それに対するさらなる反論として、うちの妻は、、、、、


「親じゃないよ。だって、サンタさんは、きのう、プレゼントくれただけじゃなくて、
サンタさんのサインも書いてくれたもん」


と言ってたそうです。。。。。

プレゼントを頼むと同時に、「サンタさんのサインを下さい」と、必ず頼んでいたんだそうです。。。

そしたら、必ず、プレゼントの傍らに、サンタさんのサインも書かれていたんだそうです。。。。

で、妻にとっては、「そのサイン」が、サンタさんが実在する「動かぬ根拠」だったそうです。。。。。

いま考えると、、、、

プレゼントをくれるのも、、、、
サインをかくのも、、、、、

両方、親ができるのに、、、、、、

なぜ、「サインを書いてくれている」ことが、確固たる「サンタ実在」の「動かぬ根拠」になるのか、、、、、


全くもって、とほほで薄弱な根拠ではありますが、、、、、、

子どもというのは、そういうことをよりどころにするから、可愛いんですよね!


もう一度、あの純真だった子ども時代に、戻りたいものです。。。(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月21日(金) | コメント (0)

徒然なる「苦情殺到」反省しております。。。

昨日、おとといのエントリーであります。。。。。

いろんな方から、苦情が殺到しております。。。。(笑)

オチのハードルをあげられたり、、、、、
(ハードルがあがっても、オチのレベル自体は上がらない、、、という悲しい現実。。。)


森若アナは、「ああいう風にもっていかれると、明日も読みたくなりますね!」と、
さすがに、先輩に気を遣った優しい表現でしたが、
目は笑ってませんでした。


道浦アナには、「だめだよ!あんなところで終わるなんて!」と怒られたので、

「僕、どんなところで終わってましたっけ?」と
聞き返したところ、

(徒然=漫然と書いてるために、どんな内容をどういう構成で書いたか、
全く覚えていないんです。。。。)

「F君の話をします。あ、でも、F君は先日のF君とは違うからF2君にします。
あ、でもそれだと感情移入できないから花山君にします、とか、
本筋と違うことばっかり書いてるうちに、

何にも話進まないうちに、「続きは明日!」になってたじゃないか!」

と指摘されました。。。。。

た、たしかに、、、、、

指摘されて改めて気がつきましたが、

ほ、ほんまに中身がない。。。。。

特におとといのエントリは。。。。。


しかも、昨日のエントリは、じゃあ中身があるのか?と問われれば、、、、、

な、ない。。。。。。


でも、それを自覚してるだけましってもんでしょ?(開き直り気味)


ソクラテスの言葉に「無知の知」というのがあるのをご存知ですか?皆さん!


ソクラテスは無知である、でも、自分が無知である自覚を持ってる分だけ
ましだっちゅう、そういう逸話だったと思います、確か。。。。


微妙なニュアンス違ってたら、指摘してください!(笑)


とにもかくにも、「確かに中身はない!でも、中身がないことを自覚してる分だけ、
まだソクラテス的である」とすら、言えるわけですなぁ。(自画自賛)


こんな屁理屈をこねくりまわしている時点で、ソクラテスというよりは、ソフィストですね!
なんか、きょうは、受験生の皆さんと共感を分かち合えそうな「受験知識」を、
得意気に披露しております、野村明大でございます!!


まあ、今回の手法は、確かに、テレビの、一番いいところにいく直前にCMにいく、
いかにも「こすい」やり方でした。すんません!!

まあでも、中身がない分、そんな小手先のことで引っ張るしかなかったんです。。。

すみません!!

え?わかっててやったんだったら、なおたちが悪いって!?

申し訳ございません。。。。


平謝りです、、、、けど、今後もまたやっちゃうかも。、、、、、、、、

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月20日(木) | コメント (0)

徒然なる「気にする」傘・後編

で、昨日の花山くんの話なのですが、、、、


昨日のエントリをまだ読んでない方は、まず、そちらを先に読んでくださいね!


おおらかでのんびり、細かいことを気にしない花山くんが、


友人に対して本気で怒った「瞬間」とは、、、、、?


一人暮らしで大変雑然と散らかった、汚い花山くんの部屋で、

友人Aが、

「傘を広げて置いた」瞬間、、だったのです!!


断っておきますが、

「ぬれた」傘ではないですよ。


「午前中雨が降ってたので使ったけど、
午後は雨がやんだので使わなかった、
それで、かばんの中に入れっぱなしにしてあった、
もうほぼ乾いている」「折り畳み傘」です。


私もよくそうしますが、


傘って、一見乾いているように見えても、
広げておいておかないと、金属部分が、目に見えない湿気でさびやすくなったりしますよねぇ?

というわけで、通常、玄関先で、広げて置いておいたりすると思うんですが、


花山君の家は、
一人暮らしで、玄関先も散らかってて、
置くスペースがなかったので、


部屋の片隅に、友人Aが、傘を広げておいたのです!

そうしたところ、花山くんが、


「それは、やめてくれ!!」と、怒ったのです!!

まあもっとも、「怒った」というか、

「不満を口にした」くらいの感じでしたが。。。。(温和な花山くんだけに。。。)


でも、僕は、

「いつも、あんなにアバウトで、細かいことを気にしなくて、
どちらかといえば「不潔な」(笑)花山くんが、

まさか、そんなことで怒って、その行為をやめさせた」ことが、

かなり意外だったのです!!


なぜなら、僕なら、家でそうされても、たぶん、気にならないからなんです。。。。。


でも、花山くんにとっては、

チョコレートを服でふくことよりも、
そっちのほうが、耐え難いことだったんです!!
(僕なら、チョコレートのほうが、イヤです。。。笑)


感性、価値観、、、、って、親友どうしでも、親子でも、夫婦でも、、、、、

「違うもんだなぁ、、、、」と、


つくづく思った出来事でした。。。。。


すんません!いつものように、長いが中身が空っぽな話で!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月19日(水) | コメント (0)

徒然なる「気にする」傘

このシリーズの第○弾であります!!

(第3弾なんですけどね。
一応お約束で)

僕の友人に、F君という男がおりまして、、、、

これ、先日話に出したF君と別人なので、F2君とさせてもらいます。


いや、イニシャルでは感情移入がしにくいので、やっぱり仮名にします。


F2君ではなくて、花山君とします。

花山君は、結構アバウトな感じで、普段から、あまり細かいことは気にしない、
おおらかでのんびり、ふにゃふにゃしたタイプなんです。

いかにも、敵を作らなさそうーーなタイプで、怒るところなど、殆ど見たこともありません。


彼は、独身で、一人暮らしをしているのですが、、、、、

部屋の中は、とても汚いです。。。。僕の一人暮らしの時も、相当汚かったですが。。。。


雑然と、ものが産卵、、、ではなく、散乱しています。。。。

(でも本当に、なんか変な虫が、それこそすみっこで産卵してても不思議でないくらい、
散らかっています。。)

で、35歳にもなって、いまだに、ときどき、彼の家に泊まりにいったりするのですが、
(学生気分抜けてねぇーーー!)


花山くんは、チョコレートを食べたあと、
そのまま、そのチョコの手を、着ている服で拭いて、「はい、それで終了!」
みたいなタイプなんですが、

そんな彼が、一度、友達に向かって、
「それはやめてくれ!」と本気で注意しているのを、目撃してしまったんです!!

ちょっと長くなってきたので、続きは明日に。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月18日(火) | コメント (1)

徒然なる「工夫」検索サイトのトップページ

昨日、驚き、感心したことが一つ、あります。

日本時間の昨日早朝、フィギュアスケートのグランプリファイナルが海外で行われました。

私は、朝刊をみて、いきなり、「結果」を、知りたくもないのに
知ってしまったのですが、

昨夜のTV放送を、とっても楽しみにしていたうちの妻には、

なんとしてでも、この「結果」を教えてはならないと考え、

妻に、「情報をシャットダウンするよう」アドバイスしました。

この情報化社会で、朝から夜まで、

旬の情報を完全シャットダウンするのは、至難の業です。


何気なくついてるテレビのニュースで、
何の予告もなく、「教えて」くれますし、


テレビを消してパソコンに向かえば、
いきなり検索サイトのトップページに、文字で結果が表示されています。


情報に対して厳戒態勢をとることを決めたうちの妻は、


というわけで、昨日の日中、テレビにもパソコンにも見向きもしなかったのですが、、、、

そこまで厳戒態勢でもなかった私野村明大が、

何気なく開いた「パソコン」の「検索サイトのトップページ」をみて、


大変、驚き、感心したのです!

いつもなら

「荒川、銀!金メダルならず!」(例)

など、頼みもしていないのに目に飛び込んでくるはずが、、、、

昨日、私が見たときは、

なんと!


「フィギュア・グランプリファイナルの結果」という見出しだったのです!!


なかなか心憎い配慮だと、率直に思いました。


きっと、苦情も多かったんでしょう。

同時に、検索サイトの立場からすれば、
そんな心配りをする必要性も義務も、ありません。

でも、総合的に判断して、

そのほうが、世間に対する「サービス」になると考えての、決断だったんでしょうね。

一利用者として「拍手」した瞬間でした・・・・・

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月17日(月) | コメント (0)

徒然なる「気にする」鉛筆

「気にする気にしないシリーズ」第○弾です!!


(○弾とかいわなくても、第2弾か、、、、)

私は、昨日書いたように、「水」は気にしません。

でも、「鉛筆の芯」(シャーペンの芯)が、

ものすごーーく、気になる、、、、ていうか、大っ嫌い!!なんです!!

高校時代頃までは、もちろん、そんなこと全く気にならなかったんですが、、、、、


いつしか気づいたら、すごーく気になるように、なっていました。。。。。

だから、僕は、鉛筆とかシャーペンの芯が、

自分の手についたり、服に触れたり、、、、


というのが、とても嫌なんです!!現状。


でも、僕の親友のF君は、


「スーツのYシャツの袖が、鉛筆の芯で、ちょっと黒くなってるとか、格好よくない!?」

といってました。

でも彼は、水が服に付くのは、とても嫌なんですって!!


今の僕とは、180度真逆の美学、価値観であります!!
この件に関しては、、、、

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月16日(日) | コメント (0)

徒然なる「気にしない」水

僕は、「水」が、ほんとーに、気になりません。

そう言われても、???、、、かと思いますが。。。。

要は、「水」だったら、

床にこぼれても、
手についてても、
服についても、、、、、、


全然気にならないんです!!

でも、世の中、そういう人ばかりではもちろんなくて、

ちょっとそこに「水」がついているだけで、
それを、ものすごーく気にする方って、結構いますよね!


というか、むしろそういう人のほうが多いかも!!


決してそれを冷ややかに見るつもりはありません。

そういう意味で書いてるわけではありません。

人によって、「気にする」ものって、全然違いますよねぇ。。。

不思議ですよねぇ、、、、、


と、言いたかっただけです。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月15日(土) | コメント (0)

徒然なる「指摘」裏に秘められた真意

あくまで、私野村明大の、わずか35年間の人生経験に基づく、経験則にすぎません。

そう思って、聞いて(読んで)ください。

何かミスをして、上司なり先輩なりに謝ったとき、、、、、

その上司なり先輩が、

「俺はいいから、○○さんに謝っておけよ!」
と笑顔で答えてくれたとき、、、、、、


実はその上司なり先輩なりも、腹の中が煮えくり返っている確率、、、、


90%!


くらいだと思いますが、皆さんはどう思います?


85%くらいですか?(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月14日(金) | コメント (0)

徒然なる「年の差」レギンス??

昔、「年の差」をテーマにするクイズ番組が、ありましたね!!

大変面白い番組で、毎週?楽しみにしてました。。。。

この番組のことが、「ピーンとくる」か「こない」かで、
既に、それが「年の差」なんですが。。。。。(笑)

今、レギンスというアイテムが、(若い)女性の間で流行っているんだとか。。。

それは、我々世代が若かりし頃、「スパッツ」という名で流行ったアイテム、、、、
のことだそうですが、、、、、、


それを「スパッツ」と呼んだら、年齢がばれるんだそうですね!!(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月13日(木) | コメント (0)

徒然なる「男女差?」美味しいケーキ

先日、とあるコンビニで、いろいろ購入して、

そのついでに、350円くらいの、とっても美味しそうな、
豪華絢爛な、ミニチョコレートパフェ風の、ケーキを購入しました!!


帰宅途中だったので、妻の分も、買って帰りました。


帰って一緒にケーキを食べると、

妻が「美味しい」「美味しい」と連発してたので、


私野村明大、大変鼻高々に、

「美味しいやろ?コンビニのケーキは、俺は、実は、かなりレベル高いと思ってるねん。
なんでみんなあんまり買わへんねやろう?と思ってるくらい」


と言ったところ、

妻曰く「まあ、美味しいのは、知ってるのよ。

ただ、「350円」払うくらいなら、近くの美味しいケーキ屋さんに行って、
同じ値段で、もっと手の込んだ美味しいケーキを買えるのよ。
だから、女はそうするのよ。

男の人って、そういう感覚がないよねぇ」


とのことでした。


まあ、男も女もいろんな人がいますし、
これはあくまで、うちの妻の個人的な見解であり、
一概に決め付けるのはどうかと思いますが、


確かに、

僕に限っていえば、


「そうだ!美味しいケーキを食べよう!! 近くのあの美味しいケーキ屋さんによって、
美味しいケーキを買おう!」

と思いたったことは、人生で、一度もありません。。。

コンビニで、手軽に、そこに、美味しそうなものが、売っているから、
買ってるだけです。。。。。

そう考えると、やっぱり、「デザート類に関しては、女性のほうが、数段上手(うわて)だなぁ、、、」と
思い至り、


「な、美味しいやろ?」と、得意げにコンビニのケーキを自慢してしまった自分に、
ちょっと照れくさくなってしまったのでした。。。。

でも、僕も妻も認めているように、
コンビニで350円くらいで売られているケーキは、ほんと!

侮れないレベルに、かなり美味しいと思いますけど!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月12日(水) | コメント (0)

徒然なる「不信」寿司がタイムスリップ!?

食に対する「不信」シリーズ第○弾!
連日のキャンペーンであります。


これは、大分前の話なので、
ひょっとしたら、以前に、このブログで、書いたことが、あるかもしれません。。。。


もしあったら、すんません!!


なにせ、最近、そういう面での記憶力の減退が著しく、、、、、、


さて、これは、あるスーパーでの話です。

比較的高級とされているスーパーでの話です。


そこのスーパーでは、「お寿司コーナー」があって、
奥で職人さんが握っているようで、大変美味しいんです!!


さらに、「お寿司が作られた時間」が、パックに、明確に、
「15時8分」など、分単位で明示されるので、
大変良心的です。

たくさん並んだ美味しそうなお寿司の中から、
まあ、普通の感覚として、
一番近い時間に作られたお寿司パックを選ぶわけですが、、、、、、


この間!(といっても、大分前ですが)


なんと!!


正確な時刻は忘れたのですが、


現在時刻16時16分だったとしましょう。

「16時23分製造」と銘打たれたパックが、店頭に並んでいたのです!!


仰天しました。お寿司が四次元ポケットをスルーしてきたのかと思いました!


で、そこに居た店員さんに、老婆心ながら、具申いたしました。
(まだ35歳の若造ですが)


「今、4時16分です。
ここのお寿司には、4時23分に作られた、と書かれてますよねぇ」と。

「今のご時世、偽装表示が、社会問題になってるんです。

きっと、悪意はないと思います。いつも新鮮なお寿司を売ってらっしゃるということも、
よく存じ上げております。

きっと、自動で表示されるタイマーが、10分早く設定されていたとか、
その程度のケアレスミスなんだと思います。

でも、こういうことで、信用がなくなってしまうので、お気をつけられたほうがいいと思いますよ」と。


もちろん良心的で美味しいお寿司をいつも販売されているお店なので、
平謝りで謝られ、さらには、異変に気づいて奥から出てこられたもうちょっと偉い方も、
平謝りで謝られ、

「言っていただいてありがとうございます!設定ミスに気づいてなかったと思います。
すぐ調べて直しておきます」とおっしゃってました。

僕も、そこのお店は、そんなことをするお店ではないと信じてましたし、
今も信じていますので、


きっと、そのちょっとしたケアレスミスを改善されて、今は適正表示されていると思いますが、、、、、


長く培ってきた信用でも、失うのは一瞬ですから、本当に、怖いですよね!

まあそれは、食べ物を扱うお店だけでなく、


人生の全てにおいて、

我々全員にとって、

他人事ではない「教訓」なので、


自分自身も、常々、緊張感を持って、生きていかないとだめですね!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月11日(火) | コメント (1)

徒然なる「不信」で、どこ産?

お茶の話です。


お店でお茶を買おうとしたときに、


「どこどこ産」の茶葉、と明記されているものと、明記されていないものがあることに
気づいたんです。


僕が気づいたのは、一流といわれる、名の通った、飲料メーカーの商品なんですが、、、

ある商品(緑茶)のほうには、原材料の箇所に、はっきりと「日本産」と書かれていたのに、
別の商品(麦茶)のほうには、くまなく探しても、「どこどこ産」の表示が、ないのです。

その表示がいるのかいらないのか、ちょっと調べてみようと思っています。

「日本産」だから「いい」「安心」「安全」と頭から信じ込むつもりもないですし、
「どこどこ産」だから「不安」「危険」と決め付けるつもりも、ありません。

ただ、同じメーカーなのに、こういう差があるのは、

随分恣意的だなぁ、、、&消費者をなめているなぁ、、、、

と、率直に感じてしまいました。


とにかく、その「どこどこ産」の表示がない商品には、
どこをどれだけくまなく探しても、

一体、そのお茶が、どこの国の茶葉を使って、どこで加工されたものなのかも、
さっぱりわからないのです。


はっきりしているのは、ただ一つ。


「今、日本で売られている」ということだけ。。。。。


今度、その商品に書かれていた「お客様相談電話」に、聞いてみようと思います。


結果をご報告しますので、ご期待ください。


決して、たちの悪いクレーマーになるつもりはありませんが、

こういうご時世だからこそ、
消費者に対して、誠実すぎるくらいの誠実さを、求めてしまいますよね!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月10日(月) | コメント (0)

徒然なる「エコ」割り箸は不要

まあ、特段、目新しい話ではございません。


要は、スーパーのレジ袋と同じ構図です。

僕の行きつけの「おにぎり屋さん」がありまして。。。。。

(おにぎり屋さんが行きつけ、、、という概念自体が???かもしれませんが、、、、)


まあ、そこのおにぎり屋さんは、テイクアウト専門で、
おにぎりが大変美味しいので、

よくそこでおにぎりを朝食として購入します。


朝なのに、いつも列もできてるくらい美味しいのですが。。。。。

毎回、頼みもしないのに、

おにぎりしか買ってないのに、

「割り箸」を入れてくれるのです。。。。。。。。

で、僕が、「割り箸は結構です」と言うのです。

で、店員さんが、「わかりました」と割り箸を取り出した上で、
商品を渡してくれるのです。。。。


店員さんは、その都度違うのですが、


そうはいっても、大体、3-4人くらいの店員さんで、顔ぶれは、同じなんです。


毎回そのやりとりが繰り返されるので、

いい加減、言わなくても、割り箸を、僕のときには、つけないでもらえないかな、、、と
思っているのですが、

店員さんにとっては、

怒涛のように列をなしておにぎりを求める多くの客の中の「ひとり」である僕のことを、

「ああ、いつも割り箸をいらないというあのお客さんだな」


などと意識することもなく、


黙々と、流れ作業的に、おにぎりのマニュアル販売を、繰り返すという構図なんです。


まあ、短時間で大量のお客さんをさばくわけですから、
仕方ないのですが、、、


どうせマニュアル化するなら、このご時世、

「割り箸を入れる」というマニュアルではなく、
「割り箸はお入用ですか?」と確認するマニュアルに変更したほうがいいのに、

と、毎回思うのでありました。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月09日(日) | コメント (0)

徒然なる「苦悩」入るべきか入らざるべきか、、、

巷では、インフルエンザ、普通の風邪、ウイルス性胃腸炎など、

さまざまな、ウイルスなどが引き起こす病気が、流行しております。

皆さんもお気をつけください。

僕も、完全防備態勢をとって、気をつけてはおります。

先日も言いましたとおり、マスクを出来る限り、着用するようにしております。

さて、仕事から帰って、、、、

電車の中で、ありとあらゆる、そういった風邪系のウイルスに、衣服、髪の毛、手先指先に至るまで
付着された状態で、

毎日、我が家に帰宅するわけですが。。。。。。


帰宅時間が、微妙なのです。。。定時だと。。。。。。


残業などをして少し遅くなった時には、

帰宅時には、既に、我が家のプリティ双子チルドレンは、熟睡しております。

その場合は、まあいいのですが。。。。。

ーーーー

ああそう、言い忘れましたが、この文章は、親ばかシリーズ第○弾ですので、
あらかじめ、ご承知のほどを! 

「またバカがなんか言うとるわ!」という、寛大なお気持ちで、お読みください。(笑)

ーーーー
さて、定時で帰宅すると、微妙な時間だと申しましたが、

どういうことかといいますと、

要は、「ただいまー」と玄関を入り、そのままリビングに直行すれば、

1歳になったばかりの双子たちは、
まだ起きているのです。


で、彼らは、どうやら、パパのことが好きで好きでたまらないらしく、


僕が、「ただいまー」とリビングに入るやいなや、


この世のものとも思えないエンジェルのような笑顔を満面に浮かべながら、
物凄い高速ハイハイで、

我先にと!二人して競争で、パパに向かって猛突進してきて、
パパに抱きついてくるのであります!!


「パーパー」と、言葉になるかならないかのような音声を発しながら!

その愛らしさを、体全体で受け止めようとすると、

イコール


巷で飛び散らかっている風邪系のウイルスを、我が子になすりつけているのと
同じことである、、、


ということは、皆さんにもお分かり頂けるかと思います。


というわけで、僕は、玄関を入るやいなや、

「ただいま」もそこそこに、速攻でお風呂場に直行、

シャワーで全身から風邪系のウイルスを流し終えて、
キレイさっぱりしてから、

うちのチルドレンのもとへと登場したい!

という崇高な理想を持っているわけです。


で、その理想を、しっかりと理性で体現できていて、
さらに運が良いときには、


なんと!僕が、二人を順番にお風呂に入れてあげるという
至福の瞬間すら享受することができるのですが、

(至福であると同時に、大変疲れますが、、、笑)

運が悪いときには、

僕が風呂から上がって、(特に子供を風呂に入れる役割を仰せつかることもなく)

「ただいま」とリビングに入った瞬間、


嫁に、「しーー!!」とか言われながら恐い顔でにらまれ、

「今二人とも寝たから、静かにして!!」とか注意されて、

寝顔をそーっと、こっそり寝室のふすまから垣間見る、、、、

ことくらいしか許されない、というわけです。。。。


ちゅーことで、定時に帰宅した際には、毎回、


「ウイルスを洗い落としてから寝顔しか見られなくてもやむなしか、
それとも、
ウイルスをなすりつける覚悟で、愛情深く抱擁してやるべきか」


大変悩むわけであります。。。。

で、大体、7-3くらいの割合で、我が子に、外から持ち込んだ、様々な風邪系のウイルスを、
なすりつけております。。。。

あまり過保護にするのもよくないそうなので。。。。。(笑)


風邪のウイルスに耐性をつけるということも、大事なことですしね。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月08日(土) | コメント (0)

徒然なる「季節感」今は何の時期?

さて問題です。

皆さん、ご自身の学生時代を、よーく思い出してください!!

今は、何の時期でしょーか!?


正解は、、、、、期末試験。。。。。


朝の通勤電車は、電車の中で、必死に勉強をする学生で、溢れています。

昔懐かしの「チェックペン」(僕らの時代には、そういう商品が売られていました)も、
今もその商品が売られているのかどうかは定かではないですが、

少なくともその用途を満たすのであろう「ペン」でマークされた部分を、
その製品付属の下敷きで隠して、

学生の皆さんが、必死で一夜漬けしているシーンが、あちこちで。。。。(笑)


異国の方がこの風景を初めて目にしたら、きっとこう思うに違いません。


「WHY?なぜ、日本の学生は、こんなにも勉強熱心なのに、
最近の国際的な学力テストでは、さまざまな科目で、軒並み、
世界各国に比べて、順位が下がってるんだ!?」

と。

ご指摘のとおりです。。。。
(まだ指摘されてませんが、、、あくまで勝手な妄想ですが。。。。)

きっと、勉強の仕方が悪いのですね。。。(笑)


テストの前に、一夜漬けで詰め込む、、、、
こんな勉強の仕方では、そりゃあ、本当の学力なんて、身に付かないですよね!!

でも、自分もそうだったなぁ、、、、と、懐かしく感じたりもする自分も居たりして、、、、
そういう寛大な大人たちが、また日本の子供達の学力水準を、押し下げていくのでしょうか?(笑)

笑い話ではありませんね!反省です。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月07日(金) | コメント (0)

徒然なる「最悪の事態」一兎を得ず。。。

昨日の続きです。


嫁の母親(おばあちゃん)の家の一室で、雑魚寝することになった我がファミリー。

1歳になったばかりのプリティ双子に「風邪をひかせまい」という一心から、

エアコン、パネルヒーター、加湿器、の3種の神器をフル稼働させ、
(タイマーなども駆使)


万全の状況で床に就いた、われわれ。。。。。

僕が、凍てつくような寒さに耐え切れず、目が覚めたのは、

昔でいうところの丑三つ時、夜中の2時を過ぎた頃でした。


僕は、羽根布団をかぶっていたのに、
寒さで目が覚めたのです!!

そして、僕の横で、ちびたち二人は、
布団を脱ぎ捨てて、口をぽっかーんと開けて、
熟睡してはりました。。。。


「な、なんでこんなに寒いんだ!」
「しかも、寒い上に、喉が、からっからに乾燥している!!」

僕は、慌てて、パネルヒーターや加湿器をチェックしました。

全部消えている。。。。。。

スイッチを押しても、、、つかない。。。。。


なぜだ!なぜだ!!なぜなんだ!!WHY!??

すぐ謎は解けました。
要は、ヒューズが飛んだってやつだったわけですね!!


これが、自分の家ならば、何の問題もない。


ヒューズのある場所までいって、ぱちっと元に戻してやれば解決!

なんでしょうが、、、、、、


さすがに、僕も、嫁の実家のヒューズの場所は、、、、


知りません。。。。。

嫁は爆睡、、、嫁の母もたぶん2階で熟睡。。。。。。


こうなれば、自力でヒューズを探し当て、復旧するしかありません。。


夜中、、、、、あまり勝手がわからない一軒家で、、、、、

寒さに震えながら、暗闇の中、
僕は30分ほども、ヒューズの場所を探したでしょうか。。。。。


ようやく見つけ、復旧!!


しかし、、、、1歳になったばかりのわが双子にとって、、、、


あまりに長い時間、、、「寒く」「乾燥した」中に、放置されすぎました。。。


翌朝、、、


嫁は声が出ず、
男の子は、芸大に進学できるのではないかというくらい「ゴッホゴッホ」と咳を繰り返し、
女の子は、38度の体温を計測しておりました。。。。


暖かさと加湿、、、、二兎を追ったばかりに、
一兎も得られなかった、、、、


きっと、本来の使い方からいえば、いまいち間違った用法で、使っております。
すんません。。。


やっぱり、過保護にしすぎるのは、よくないですねぇ。。。。


投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月06日(木) | コメント (0)

徒然なる「最悪の事態」二兎を追うもの、、、、

先日、最悪の事態が発生したんです!!

家族揃って、おばあちゃん(嫁の母親)の家に泊まりに行ったときのこと。。。


僕、妻、そして、かわいいうちのプリティツインチルドレン達の4人は、
同室で、「雑魚寝」することになりました。

まあ、俗に言う、いわゆるひとつの、「幸せなひととき」ってやつですね!(笑)


しかし!


そのささやかな「幸せ」が、不幸の始まりだったのです。。。。。

まさに、禍福はあざなえる縄の如し。
人間万事塞翁が馬、とも言います。


すんません!ムズカシメの故事成語系を連発いたしまして。

要するに、「幸せと思ったことが不幸の始まりであったり」
「不幸と思ったことが、実は幸せの始まりであったり」することを

上のような「難しい」言い方で言ったりするわけですが。。。


まあ、実をいいますと、今回のうちの家族を襲った事例は、
微妙にニュアンスは違うんですが。。。。。


話がそれすぎたので、本筋に戻します。


我々、愛情深い両親は、


我が家のプリティチルドレンに風邪をひかせまい!とする「過保護なほどの愛情」一心で、


部屋のエアコンとパネルヒーターを、がんがん暖かくしたのです!

と同時に、「それで部屋が乾燥してウイルスの増殖を許しては、本末転倒やん!」と考え、


去年購入した超上等の「加湿器」も、がんがん作動させたわけです。


寝る時は、実にぽかぽか、しかも、室内の空気も程よく潤いを感じさせてくれる、

最高の状況でした。

で、朝まで家族揃って熟睡するはずだったのですが、、、、、

事態は急変するのです。。。。

長くなり過ぎたので、続きは明日に。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月05日(水) | コメント (0)

徒然なる「感傷」もう師走ですねぇ。。。

本来なら、12月1日に書くべきエントリーなんでしょうが。。。。。

ほんっとうーに、光陰矢のごとし、ですねぇ。。。。

もう12月です。

12月は、「師走」というだけあって、本当に忙しいですね!

やることが異様にたくさんあります。

その最右翼が、、、、「年賀状」
(まあ、やらなくてもいいのかもしれませんが、
僕は、やっぱりやらないと落ち着きません。。。)


毎年思います。

「追い込まれる前にやっておけば良かった、、、、」と。

人間は、本当に学習能力のない動物ですねぇ。。。


投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月04日(火) | コメント (0)

徒然なる「寂しさ」阪神の浜中でなくなっても。。。。

もう一週間ほど経ちます。。。。


阪神・浜中選手の移籍が決まってから。。。。

阪神の生え抜きとして、
絶大な期待を背負って、ここまでタテジマを着てプレーしてきましたが、


来季からは、全く別のチームでプレーすることになるんですね。。


浜中選手といえば、2003年・星野阪神が、劇的な優勝を果たしたあのフィーバーの年、
前半戦、赤星選手ー金本選手のホットラインの後ろにどっしり座る「若き4番」でした。

去年のシーズン直前、オープン戦で絶不調だったのに、4月に入るや大爆発して
月間MVPに輝いた記憶もよみがえります。


甲子園で、巨人が優勝した時、「巨人が勝利しての胴上げ」を阻むホームランを
打ったシーンも、ついこの間のことのようです。

なんといっても、肩の故障、その故障からの復活、、、、

山あり谷ありの阪神時代でしたが、
やっぱり、いつも華のある選手でした。。。

昔、僕がトラトラタイガースという阪神応援番組を担当していた時には、

「頑張れ浜ちゃん」というコーナーまで作って、
番組をあげて浜中選手を応援していたことも、懐かしく思い出されます。

浜中選手がルーキーとして入ってきた当時、
あの新庄選手が、

「浜ちゃん、面白いよー」と、よく言ってたのも思い出します。

近くで話せば、
そういう、周りを癒してくれる、ユニークなキャラクターの持ち主でもあります。


そんな浜中選手が、、、、、

阪神を離れてしまう、、、、

いまや、スポーツ担当をはずれ、1ファンとしてタイガースを応援している僕ですが、

とても寂しい気持ちはあります。。


ただ、

オリックスの浜中になっても、
もちろん、応援し続けていきます!!

なぜなら、浜中選手個人の大ファンでもありますから。。。。。

オリックスに行って、きっと、阪神時代よりもう一回り大きくなって、
一流選手として末永く活躍してくれるでしょう。

なんか、本当にまとまりのない文章になってしまいましたが、

要するに、今後とも、浜中選手を、応援していくってことです!


投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月03日(月) | コメント (1)

徒然なる「迷惑」テレビ取材は困ります。

ほんっと、困るんです。テレビ取材。。。。。


自分がお気に入りの、美味しいお店が、テレビで紹介されると、特に、がっくりきます。。。。。


(普段は自分が取材する立場のくせに、
立場変われば、、、で、大変身勝手なことを申しておることは重々承知なのですが)

美味しいお店がテレビで紹介される→客がどっと押し寄せる→大量に提供しないといけないため、
やや味が落ちる→熱が冷めた客足が、落ち着く→味は落ちたまま。。。。


という顛末が、最悪のパターンですね。。。


もちろん、こんな顛末に陥らない、しっかりと味を守られるお店も多い、、、
否、そんなお店のほうが多い、ということは、申し加えておきますが。。。。。


さて、なんで、こんなことを言い出したかと申しますとですねぇ、、、、


先日、大田アナと、「旨いラーメン談義」をかわしていたときにですねぇ、


大田アナが、「○○ラーメンが、関西で一番旨いですよ」と言うもんだから、


私野村めが、「いや、京都のホニャラララーメンには負けるよ!あそこのほうが、
○○ラーメンより数段旨い!」と応酬したところ、


大田めが、な、なんと、、、、
「ああ、あそこは、確かに、めちゃ旨いですね!ロケに行って、びっくりしました」
とのたまいやがったのです!!!

「そうやろ?旨いやろ!!?」と答えたあと、

僕の脳裏にひっかかった「ロケ」という単語が、頭から離れず、、、、、

恐る恐る、、、、


「ところで大田くん、今、「ロケ」って言ったけど、僕の聞き間違えだよねぇ?」


と聞いたところ、

「ええ、ロケで行きました。もう放送済みですよ!」
とあっさり答えられ、わたしゃ、がっくり、膝から崩れ落ちた次第であります。。。。


「なんでそんな勝手なことすんねん!!行列が長くなって、食われへんようになるやないか!!」


と、私が心からの叫びで訴えると、

大田アナは、いとも平然と、あの冷たーい口調で、


「いや、あそこは、我々がロケに行く前から、行列、長かったですから」

って、「その長かった行列が、さらに長くなるんだよ!!」(涙&怒!)


と、私は、大田アナの言葉に、二度も三度も、打ちのめされたのでした。。。。。


でも、憲法にも保障された「取材の自由」がある以上、


大田アナの番組(どうせ朝の番組でしょ!)が、美味しいラーメン屋を取材するのを
止める術は、ちっぽけな私個人は、あいにく持ち合わせておりません。

それどころか、旨いラーメン屋を知っていながら、
行列が長くなるのがいやなあまり、
今まで「あそこを取材しましょう!」と誰にも提案しなかった、

その心の狭い行動は、場合によっては、

会社に故意に損害を与えた「特別背任」に問われる可能性だって、
0%とはいえません。
(ほぼ0%だとは思いますが、、、、)

というわけで、私は、がっくり肩を落としながら、


また、あの京都の、旨い、ほにゃららラーメンで、
長ーい行列に並んで、食することを、心中新たに、誓ったのでした。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年12月02日(日) | コメント (0)

アナウンサー