Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「困りもの」ビミョーにそんなの、、、、

先日、某テレビ番組でやってました。
今、教育現場では、結構、先生方が、困ってらっしゃると。


注意したときに、生徒が、「そんなの関係ねぇ」と答えることがやたらと多いそうで。(笑)

今昔を問わず、その時々の「はやり言葉」は、生徒の間では、「旬」なんですが、
先生にとっては、「困りもの」であることも多いようで。。。。

なかなか罪なものであります。。。(笑)


そういえば、数年前、知り合いの塾の先生が、言ってました。

「生徒が、何を聞いても、「ビミョー」と答えるので、困る」と。


「わかった?」「ビミョー」

「宿題、多い?」「ビミョー」

「自信ある?」「ビミョー」

「中間テストできた?」「ビミョー」

「学校は楽しい?」「ビミョー」

「友達はなんて言ってるの?」「ビミョー」

「この歌手、人気あるの?」「ビミョー」

「さっき聞いてたCD、お気に入りなの?」「ビミョー」

「志望校はどこなの?」「ビミョー」

「お母さんにちゃんと報告した?」「ビミョー」

・・・・

以下略。


全て、「ビミョー」で片付けられる、と、ほとほと困ってはりました。

全然片付いてないんですけどね!(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月30日(金) | コメント (0)

徒然なる「主張」湯より水!

以前から私、主張していることなんですが、、、、、

これからの季節、寒ーい冬、、、、

手や顔を洗うのが、大変いやな季節でもありますが、


「お湯」だと、大変気持ちよく洗えますよね!!

まあここまではみんな一緒だと思うんですが、、、、

ここから先、僕だけでしょうか?

実は、僕、お湯で手を洗うと、そのあと、
手が、やたらと、「ひびわれ」というんでしょうか、「あかぎれ」というんでしょうか、、、

要は、かさかさになって、血が出たり、
大変痛くなるんです。。。。

ところが、水だと、そうでもないんです!!

これは、随分前から、ずーーっと、そうなんです。
決して思い込みではないんです。。。。

だから、私野村明大、


冬場、気持ちの良い「お湯」に逃げずに、

堂々、「水」で、手洗い、顔洗いを、励行しております!!


皆さんも是非お試しあれ!


まじで、死にそうになりますよ!!(笑)

でも、その後のお肌の状態は、そのほうが、格段に、ベターなんです。。。。

僕だけなんですかねぇ??

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月29日(木) | コメント (0)

徒然なる「手触り」わかればプロです!

わたくし野村明大、
去年の春先、

売り出されたばかりの「ワンセグ携帯」を、速攻で、ゲットいたしました!!


当時のお金で、5万円くらい払ったかと記憶しております。

その2ヶ月後、「業務上の必要性」から、
部員全員に配布された携帯電話をみて、

わたくし野村明大、愕然としました!!

私が5万円払って2ヶ月ほど前に手に入れた携帯が、そこには燦然と輝いていたからです!!!

いや、正確にいいますと、僕のプライベート携帯は白で、
会社から支給された携帯は、黒でした。。。

まあでもそれ以来、色だけ違うその2つの携帯でもって、


プライベートは白で、仕事は黒で、
日常生活を送っております。


ポケットに2つ入れてて、
「仕事用の携帯を取り出そう」と思って、

ポッケ(死語?)に手を突っ込み、

その感触から、「仕事用の携帯」を取り出そうとするのですが、

不思議なもので、


色以外は全く同じ形状なのに、1年半も使っていると、

手触りで、今ポッケの中で触っているほうが、黒なのか白なのか、

判別できるようになってまいりました!!(ぱちぱちぱち。。。。)

真っ赤な嘘です。。。。。


いまだに、

「こっちだろ!えいや!!」

とポケットから取り出すと、

白のつもりが黒だったり、黒のつもりが白だったり。。。。。

感触でとりわけることができません。。。。。


寒い初冬に、ポッケの中から手を出したり入れたりするのは、
結構、辛いんです。。。。

でも、電池がなくなったとき、即座に「替え」がきくから、
意外と便利だったりもします。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月28日(水) | コメント (0)

徒然なる「悔しい時」誰にも気づいてもらえない時。。

ちょっと早く目が覚めたので、いつもより早く家を出ることができた!

「これは、普段より、30分くらい早く出社できるかも!!」と
胸を躍らせながら、駅まで、軽やかに、


それこそスキップする勢いで!


軽快に歩いていって、(うちから最寄り駅までは、緩い下り坂、徒歩約10分です)


駅に着いて定期を出そうとしたら、、、、、


さ、財布がない。。。。。。


そう、財布を忘れたんです。。。。。

秋晴れの中、あんなに心地よかった、爽やかで緩い下り坂が、

一転、


ものすごく急勾配の、洒落にならん上り坂に、早変わり!!

しかも、もうかれこれトータル10分歩いているもんだから、

すれ違う人たちは、みんなコート着て、なんだったらマフラーまで巻いているのに、

わたくしめひとりだけ、コートもジャケットも脱ぎ捨て、シャツ一枚。

なのに、汗びっしょり!!


で、上り坂を上って、家までUターン!


家で財布をゲットし、すぐ折り返しターンで、また駅へ。。。

駅へ着く頃には、既に30分歩き、汗だくで、

通勤途中のしゃきっとした皆さんから見ると、
既に、ちょっと、いや、かなーり怪しい感じ。。。。

でも、早く起きて早く家を出たから、

別に、会社に遅刻しそうには、全くなってないんです!

だから、出社しても、誰にも、「朝、そんな悲惨な出来事があった」ことが
ばれるわけでもなければ、


「すいません!!財布忘れたんで、遅刻します!!」という緊急電話をする必要もなし!

「不幸中の幸い」という捉え方も可能な出来事ですが、


自分がこんな悲惨な目にあったのに、
誰にも、、、、この辛さを伝えることもできない苦しみ、、、って、

結構ダメージ大きいです。。。。(涙)

というわけで、今日ではないですが、先日、

そんな出来事を経験し、その日の朝、誰にもいえなかったので、

いまさら、徒然と、ここでカミングアウトします。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月27日(火) | コメント (1)

徒然なる「悩み」やっかいな仏様

美容院ネタで、おします!!


わたくし野村明大、小学生の頃は、ボーイズソプラノもこなせる勢いで、声が高かったのですが、

中学1-2年の声変わりの時期、

1-2ヶ月ほど、異様に声が出にくくなり、
気づいたら、童顔の割に、ものっすごい、低音系の声に、生まれ変わっておりました。。。。

よって、高校生の頃は、バンドブーム(今の20代から見ると、この響きが、そもそも古い。。。笑)
の中、高音を駆使した楽曲が巷で流行る中、


満足に高音部分を歌いこなすこともできず、
カラオケに行く度、欲求不満が溜まったことを、覚えております。


(今もそのストレスは、継続しておりますが、、、、)


そもそも、アナウンサーには、歌がやたらと上手い御仁が多くてですねぇ、

一度、沖縄方面に部旅行に行ったとき、


カラオケラウンジのような店で、ばったり、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの物まねタレントのAさんグループと、
讀賣テレビアナウンス部グループが、同じ店内で鉢合わせ、

客として、一緒に時間をすごすという事態におちいりまして、、、、


なぜか、その物まねタレントの方と、うちのアナウンサーの、
「カラオケ物まねバトル」ガチンコ対決!!


みたいな流れに自然となったのですが、


うちの部代表・小澤アナ、尾山アナは、その物まねタレントさんに、勝るとも劣らない、、、、
いや、正直、身内のひいき目かもしれませんが、、、、、


「物まね度」「上手さ度」で、「負けてない」どころか、「勝って」おりました、ハイ。。(笑)

そのほかにも、三浦アナも、物まね上手では有名ですし、

大田アナの、上手いかどうかは別として、すごい声量のシャウトも、


実は、知る人ぞ知る、アナウンス部内名物であります。。。。

女性アナの皆さんも、大体において、お上手と認識しております。

というわけで、話が、全然違う方向にそれましたが、


僕が言いたかったのは、

僕は、「低音」なので、「のど仏が出ている」ので、


美容院で、マントみたいなのを巻きつけられて、
「苦しくないですか?」といわれ、

「ハイ」と答えてはみたものの、


カットしてる途中に、ごくんとつばを飲み込むたび、のど仏がマントとすれあって、

結構息苦しいことが多い、、、、

という、これが言いたかったんですけどね。


話が大分横道にそれてしまいました。。。

しかも、それた話題のほうが面白かったですね、反省です。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月26日(月) | コメント (0)

徒然なる「後悔」いつまで続くか、美容院での。。。。

美容院にて後悔シリーズ・第4弾です!!

そろそろ、自分の学習能力の無さに、ほとほと呆れ果て、
ひとり苦笑いが出る状態になってきました。。。。

詳しくは、
8月26日、9月6日,10月14日のエントリーをご覧あそばせ。


要するに、美容院(床屋ではありませんよ、くれぐれも。神戸三宮の、イケてる店です)で
シャンプーが終わり、タオルで頭をふいてもらい、

続けてその流れで耳の穴もふかれる、、、、


その瞬間に、「耳の穴をぴっかぴかにしておくべきだった!!」と
激しい後悔に襲われる、ちゅう、あの話であります。

ちょっと前回から今回までは、仕事も忙しかったので、

月に一度と決めている美容院も、若干、一月より遅れての
来店とあいなりました。。。。

もちろん、耳の穴内は、今回も、これ以上ないくらい、無防備に汚かったと思います。。。
(ご飯中の人、すいません!!)

ふぅう、一体、いつになったら、
店員さんに、

「わぁ、この人、耳の穴、ぴっかぴかだ!!」と思ってもらえるような模範的な清潔な客に
なれるのか。。。。


でも、きっと、一見小奇麗な神戸ジェンヌの中にも、
同じ過ちを犯してしまっているお客さんは、案外多いはず!


自分だけが、、と自意識過剰になる必要なんてないよ!

と、自分自身を慰めている間に、

日ごろの疲れからか、シャンプー台の上で、ぐっすりよだれをたらす勢いで熟睡してしまった
私でありました。。。。


いびきもかいたかも。。。。(涙)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月25日(日) | コメント (0)

徒然なる「善人」バス亭にて。

先日、とあるホテルから、シャトルバスでターミナル駅に向かうため、
ホテル前のバス亭で、待っていました。


すると、てくてくと歩く子どもさんを連れたお母さんがやってきて、私の後ろに並んだのです。


その子は、まだ小学校には上がる前といった感じの男の子なんですが、
なかなかやんちゃで、

バスが入ってくる道に飛び出そうとしたりして、


お母さんが、「ゆうくん(仮名)!もうやめなさい!!」とか叫んだりして、
なかなか大変そうです。。。


その様子を見ていた私の口をついて、思わず!自分でも無意識のうちに!!とっさに!!!
「何歳ですか!?」と言う言葉が出たのです!!

自分に子どもができる前までなら、絶ーーーーっ対に考えられない一言。。。
「何歳ですか?」

これは、女性の多くにはわかってもらえないかもしれませんが、
男性の多くには、理解してもらえるのではないでしょうか?
(もちろん、男女に限らず、全員がそうというつもりは毛頭ありませんが)


子連れのお母さんに、街角で声をかける、、、なんて、
つい1年前の僕には、考えられなかったことなんですが、、、


不思議なもので、自分に子どもが出来てからは、
街で見かけるお子さんを、みんな自分ちのプリティチルドレンに、
オーバーラップしてしまうのです、、、、(にやけ笑)

というわけで、、、、、

「何歳ですか?」

「4歳なんです!」


「へぇぇ、4歳なんですか!4歳になると、こんな風に元気に動き回るんですね!
うちは1歳なんですけど、ようやくつかまり立ちをするようになったんです」


「ああ、大変になってくる頃ですよね!男の子ですか?女の子?」


「あっうち、双子なんです。男女の。」

「えーー!!そうなんですかぁ!!それはお母さん、大変そう!!」


「ええ、ほんと、横でみてても大変そうで、、、、でも、ほんと、かわいいですね、子どもは」、、、、(以下略)


お前は一体誰やねん!?
というくらい、初対面の子連れのお母様と、会話を弾ませてしまいました。。。。

たぶん、近くで僕のことを見かけた人は、
僕のことを、「大変な善人」と思ったに違いありません!(笑)


でも、甥っ子ができたばかりの某後輩と、赤ちゃん話をしていたとき、

その後輩が、言ってたんです。
「なんとなく、赤ちゃんを見ていると、博愛主義になりますよね」と。

僕は、その言葉に激しく同意をしつつ、、、
「博愛主義」うーん、これは、まさに、今の自分にしっくりくる「ことば」だ!と思ったのです。。。。


というわけで、これは大げさではなく、今の僕は、基本的に、世の中の全てに対して、
割と、「博愛主義的」な感じに、なっております。。。。

いやほんと!これは、「偽善」ではなくて、、、、(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月24日(土) | コメント (0)

徒然なる「心境の変化」ソーセージも、、、

焼肉とご飯は大変相性がよく、美味しいということは、

先だって紹介しましたが、(言われんでも知ってるって!?)

焼肉屋さんに行ったときに、

「ソーセージ」


も、意外と、、、、というか、めっちゃ美味しいの、ご存知でしたか?

もしご存知なかった方は、是非今度お試しあれ!!

僕も、かつては、焼肉屋さんのメニューに、「ソーセージ」と書いてあるのを見ながら、

「なんで焼肉を食いにきてるのに、よりによって、ソーセージを頼む必要があるねん!?」


と、常々大変な疑問を禁じ得なかった、、のですが、


某先輩が、ソーセージを、当然のようにお頼みになり、そして、、、、、大変美味しい、、、、ことに、気づいてしまったのです!!

「な!意外といけるだろ?」という先輩のことばに、黙ってうなずき舌鼓を打つしかありませんでした、、、、
完敗です。。。笑

なぜかわからないですが、いつも家などで食べている、あの「ソーセージ」とは、全然違うのです!!


いや、ひょっとすると、家で食べてるソーセージのほうが、「高級」かもしれないのに。。。。


残念ながら、焼肉屋さんで食べる「ソーセージ」には、かなわないのです。。。。

「焼肉とご飯」はメジャーですが、「焼肉とソーセージ」は、そんなにメジャーではないのでは?
是非お試しあれ!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月23日(金) | コメント (0)

徒然なる「心境の変化」焼肉とご飯だぁ!?

わたくし野村明大、焼肉が、大好きです!

特に、高くて良いお肉を、少量、味わいながら食べるのが大好きです!
(お財布との相談という高いハードルが常につきまとうのですが)

もちろん少量、、、よりも「たくさん」に超したことはないんですが、


まあ、ゆっくり味わって食べていると、そんなに沢山、食べられるものでもないですよね。

なんか話があっちにいったりこっちにいったりしてますが、

要は、食べ放題とかで、リーズナブルなお肉をがんがん食べるよりも、
特上などのお肉を、味わいながら食べるほうが好きだ、ということがいいたかっただけです。


と、前ふりがやたらと長くなってしまいましたが、

「焼肉を食べるときは、ご飯がないとなぁ」などと、言う方おられますよね、よく。


わたくし、そういう方に対し、今まで、心中ひそかに、多大なる疑問を感じておりました。


「なぜ、美味しいお肉を食べるのに、わざわざご飯を一緒に食べて、
胃のキャパシティーを、肉でなくご飯で満たすようなもったいないことをするのか?」と。

いうわけで、わたくしは、今まで、「ポリシー」として、
焼肉とご飯は、一緒には、食べませんでした、はい。

このブログを書いていると、自分自身が、いかに「しょーもない」ポリシーを沢山持っているかという
ことに、いつも、気づかされます。。。(笑)

それはさておき、先日、

「流れ」的に、思わず、焼肉で、「ご飯と焼肉を一緒に」食べてしまいました。。。。

決して自ら積極的に、、、ではなかったのですが、
なんというか、、、、断れず、、、、、


「う、、、う、旨い。。。。」

なぜ今まで自分は、わけのわからない信念のもと、
焼肉とご飯を一緒に食べなかったのだろうか?


自分自身を激しく責めざるを得ませんでした。。。。

というわけで、宣言いたします。

私は、今後は、焼肉とご飯を一緒に食べることを認め、
いや、認めるどころか、積極的に推奨する立場に回ることを、宣言いたします!

(ふぅ、、今日も、どうでもええことを書いてしまった。。。)


投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月22日(木) | コメント (0)

徒然なる「祝福」おめでとうございます!!

三浦アナのところに、双子のお子様が、お生まれになったとのことです!

本当におめでとうございます!!

もちろんこれは、スクープでもなんでもなく、
三浦アナ自らがテレビでも公表してらっしゃることなのですが。。。。

このブログでも何度も書いていることですが、うちも双子。
三浦アナのところも双子。

以前にもご紹介いたしましたが、アナウンス部所属既婚子持ち男性アナ(部長除く)
の、50%が、子どもが男女の双子でございます!!


これは、ギネスにも載ることが可能なくらいのすごい確率なのでは!?


とにもかくにも、三浦さん、おめでとうございます!!


PS-生まれる前、三浦さん、僕に、「明大さぁ、双子用のベビーカー、使い終わったら
譲ってね!」なんておっしゃってたんですが、


なんのことはない!陣内さま紀香さまご夫妻より、
ベビーカーのお祝いがあったとかなかったとか、、、、

うちの使い古しを進呈しなくて、本当ーによかった!(笑)
と安堵しております。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月21日(水) | コメント (0)

徒然なる「あるある」何しに行ったんだか。。。

最近こういうことが頻繁に起こるので、大変困っているのですが。。。。。。

何かの事情で

(たとえば、職場の同僚に、小銭でお金を返さないといけないのに、
財布の中に小銭が200円くらいしか入ってない!など)


小銭が必要なとき、、、、

「じゃあ、近くの自販機で、お茶でも買って、1000円札崩してくるわ!」

と言って、自販機までいって、


普通に、財布の中に「150円ほど」はある「小銭」を使用して
お茶を買い、戻ってきて、強烈な自己嫌悪に陥る、、、、、

本来、小銭を、600円とか700円とか作り出すため「だけ」に、自販機に行ったのに!


よりによって、お茶だけ買うてきてどないすんねん!?

札を小銭に崩すことも一切せず、、、、

というような出来事を、最近やたらと、僕、やらかすんですが、

皆さんはないですか!?

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月20日(火) | コメント (0)

徒然なる「親バカ」過剰敬語は抵抗ありますが。。

私が、普段、抵抗を感じるものの一つに、

過剰敬語というのか、そういう表現ではちょっと適当でないのか、わからないのですが、、、、


何でもかんでも「お」をつける、という現象が、あります。

「おうち」とか、「お赤飯」とか「おつまみ」とかは、まあ抵抗ないんですが、

「おビール」、、果ては、「お教室」って!!!!!?


皆さん、どう思われますか!? 
世のセレブと言われる奥様がたの中には、「お教室」を普通に使われている方も、
多くおられるのですよ!!(笑)


というわけで、何でもかんでも「お」をつけるのは、僕は、個人的に、大変抵抗があり、
大嫌いなんですが、


ひとつだけ、
なんともいえず、気に入っている「お」があるんです。。。。

うちのプリティーな赤ちゃん(一歳になったばかり・男女の双子)が、


どうも、風邪をひいてしまったようで、


こんこんと、咳をしていた時、、、、、

うちの妻が、「あれ、○○ちゃん、お咳が出るの?」


と言った、その「お咳」という響きが、

不肖私、大変気にいりまして。

以来、子供がこんこんとやるたびに、


「あれ?風邪か?お咳が出るのか??」

と、積極的に、「お咳」という単語を使っております。

なぜかわからないんですが、

子供にまつわる「お」の過剰な付けすぎは、
なんとなく可愛くて、個人的には、許せてしまうんですよねぇ。。。


「お咳」「お風邪」「お靴」「お洋服」、、、、

バカですね、、、せいぜい過保護な親にならないよう、気をつけます。。。。(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月19日(月) | コメント (0)

徒然なる「不安」水掛け論必至!

レンタルビデオ(CD,DVD)屋さんは、チェーン店も含め、数多いですが、、、、

僕がよく利用する店では、

DVDを返却しても、

「ピッピ」と、バーコードを読み取るだけで、


「返却されました」という証明の紙切れのようなものが、貰えません。


これ、いつも、僕、不安になるんです。。。。


「どうしよう!?あとから、「返してもらってないので、延滞料2か月分で1万2千円です!」
とか言われたら、、、、」

なんていう妄想に悩まされ。。。。。

ビデオ屋さんによっては、「これとこれを返してもらいました」という返却伝票みたいなのを
発行してくれる店も、あります。

そして先日、、、、、その、発行してくれない店で、


ついに、不可解な事件が、起こってしまったのです!!!


僕が、借りていたDVDを4-5本返し、「これで全て返し終わった!!」と晴れ晴れした気持ちで
帰ろうとしたところ、

「それでは、お客様、未返却は、あと、DVD6本と、CD1枚になりますね!」と
言われたのです!!!!


びっくり仰天!僕はもちろん、全否定。

したところ、「あれ、おかしいですね!?○日に、○○のCDと、
DVDの○○のシーズン2の3から8、お借りでないですか!?」


「いいえ、借りてません」

「ご家族の方も?」


「はい」

とにかく、身に覚えのない出来事。家族も誰も借りてないし、
カードが不正利用された形跡も、結局発見されず。。。。

最終的には、僕の主張が全面的に認められ、
「借りた」という情報は、ばっさり削除されたようですが、、、、

「これって、相手が、「いや、お借りになったはずです」と主張を譲らなかったら、
どうなるんでしょうか?

あるいは、客が、返してもないDVDを、「返した」と主張したら、どうなるんでしょうか??

もともと感じていた不安が、さらに増幅している、今日この頃であります。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月18日(日) | コメント (0)

徒然なる「プロ魂」凄い体力&瞬発力!!

先日、仕事中、凄いものに遭遇してしまいました!!

ある取材相手を追いかけていた、カメラマンと音声さんと私の3人。

その取材対象が、な、なんと、我々を一瞬のうちに置き去りにして
エレベーターに乗り込んでしまったのです!!

そこは一階。
他にもエレベーターは数台ありますが、結構上の階でもたついているようで、
しばらく降りてきそうにありません。

取材対象が10階に行くことはわかっていたのですが、


もう、10階に行って彼を撮影することは、「不可能」と、私はあきらめました。

一応、他のエレベーターが1階まで降りて来るのを待って、そのエレベーターで
10階まで追いかけるしかないなぁ、、、と観念したその瞬間、

いきなり、何もいわず、非常階段のドアを開けて、
重い重ーいカメラを担いで、非常階段を駆け上がり始めた、カメラマン!
(ちなみに、僕より年下の後輩です)


さらに、その動きに一瞬の遅れもとらず、
その後を追い、なんと、重い重ーい三脚と脚立を両腕に担いで、
カメラマンを追いかける、音声さん!(な、なんと、女性です。。。年齢は僕より随分若いですが)

申し訳ありませんが、僕は、10階まで到達するのに、
エレベーターより階段で早く行ける自信が、絶対的になかったので、
エレベーターを待ちました。

そして、ようやく来たエレベーターに乗り込み、
どきどきしながら、上がり始めました。

6階でエレベーターが止まり、
はあはあ言いながら、女性の音声スタッフが、同じエレベーターに、
乗り込んできました。


そう、僕は、彼女に、6階で、追いついたわけです。


ところが、その後ろから、、、、、、カメラマンが、、、、現れないのです!!

僕は、音声スタッフの彼女に、尋ねました。


「あれ?山井(カメラマンの仮名)は??」

彼女は、肩で息をはぁはぁしながら、答えました、、、、

「さ、、、、先に、、、行きました、、、、、、」


我々が10階に到達し、エレベーターを飛び出すや、、、、、

取材対象をしっかり撮影している真っ最中の山井カメラマンが、そこにいました。。。。。

僕は、彼の凄い根性と、プロ魂と、体力と、精神力と、瞬発力に、
感動、感心を、抑え切れませんでした。。。。。

さすがに、山井カメラマンの、撮影するカメラを持つその手は、
ぷるっぷる、震えてましたが。。。(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月17日(土) | コメント (0)

徒然なる「お奨め」マスクはいいですよぉ。。

いよいよ、空気が乾燥してきましたねぇ、、、、最近。

空気の乾燥は、喉にダメージが大きくて、

その結果、喉から風邪をひいてしまうことも、多々ありますが。。。

それを防ぐには、皆さん!やっぱり、「マスク」ですよ!!


僕は、もう10年くらいは、励行しております。  冬場のマスク!


もちろん、人ごみの中では、風邪のウイルスから防御する役割も果たしてくれると
思うんですが、


なんといっても、「乾燥」を防ぐ効果が、本当に大きいですよ!!


なにせ、僕、マスクを使い始めるまでは、冬場にはリップクリームが欠かせない人間だったのですが、
ここ7-8年は、リップクリームなんて、使ったことないですからねぇ!!

でも、マスクを始めた頃は、大変でした。


みんなに、「変質者」扱いされ、、、、あるいは、「風邪」なんじゃないかと警戒され離れられ、、、


「予防」してるだけなのに。。。。。


でも、ここ数年で、マスクも、随分、世間に浸透してきましたよね!!


関西より、東京の街中で、冬場、マスクをして歩いている人が、大変多いような
印象があります。

うちのアナウンス部でも、ここ数年は、結構、マスク姿をみかけること、多いですよ!

是非、まだ体験されてない方は、一度、お試しあれ!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月16日(金) | コメント (0)

徒然なる「指摘」素敵、、、ていう言葉って、、、、

天邪鬼(あまのじゃく)の戯言と思って、聞き流してください。。。。。

「素敵」っていう言葉って、「素敵」ですよねぇ。。。。

その「響き」といい、「ニュアンス」といい、、、、、、


でも、、、、、最近、世間で、「乱発」されすぎじゃないですかねぇ??

何でも「素敵」、あれも「素敵」、これも「素敵」、それも「素敵」、どれも「素敵」、、、、、

ここまでくると、なにやら、「素敵」なものは、「素敵」と言いたくなくなってくるのが、
天邪鬼なところなんでしょうか。。。(笑)


というわけで、僕は、あんまり、「素敵」という言葉は、使わないようにしております。


なんか、逆に、「素敵」という言葉が、「素敵」じゃなくなってきているような気がして。。。。

(もし、今日、うちのアナの誰かが、「素敵」という言葉を、ブログ上で使ってたら、、、、、
ほんと、すみません!! 決して、「因縁」の類ではないので、誤解なきよう!(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月15日(木) | コメント (0)

徒然なる「発見」赤ちゃんに真似できないもの

親ばかシリーズ第○弾!であります。。。。

うちのプリティーなチルドレン(双子の男女・1歳)は、


最近、我々、親のすることを、よく真似するようになってきました!

「ごちそうさま」と手をあわせると、手をあわせるし、
「「こんにちは」とアタマをぺこりと下げると、アタマをぺこりと下げるし、
「ひゅー」と言うと、「ひゅー」と言います。


母親が化粧をする様子を傍らで見ていた女の子のほうは、
ほっぺを手でぺたぺた触って、化粧の真似事までこなしてしまう程!!


そんな赤ちゃんたちが、
真似できないアクションを、ついに私!
発見いたしました!!!


先日、母親が、あまりの双子の騒々しさに疲れ、「ふぅー」と、ため息をついた時、、、、、

二人の赤ちゃんは、そのアクションに大変興味を示し、

「ふぅー」とやろうとするんですが、
どうしても、できないんです!!

面白がって、僕も、横で、「ふぅーー」と大きなため息をついても、


それを真似しよう真似しようとはするんですが、
どうしても、それは、できないんです!!

その時、はたと気づいたんです!!

ため息は、ストレス社会に生きる大人にだけ許された行為。。。。

ストレス「レス」な赤ちゃんには、どうしても「できない」アクションなんじゃないか!!?と。


「君達は、まだまだストレスがないから、ため息をつくには、10年早いんだよ!」

と、1歳の赤ちゃんに対して優越感を持つ、大変大人気ない父親でありました。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月14日(水) | コメント (0)

徒然なる「再発見」東西海山。。。。

皆さんご存知でした!?


というより、いろんなところで、実は、もう言い古されている話、、、なんだと思うんですが。。。。。。
たぶん。。。。。

今から書きます話。。。。


先日、神戸元町のブティック街を、車でぐるぐると回りながら、
駐車場を探していたときのことです。

右折、左折を繰り返したので、
ちょっと「方向音痴」の傾向がある妻に、


「右折左折しすぎて、もう東西南北わからんようになったやろ!?」

と、ちょっと、からかい気味に聞いてみたところ、、、、、


「わかってるよ!左側が海でしょ!!」


という答えが。。。。

た、、、確かにあっていたんですが、、、、

こっちは「東西南北」を聞いているのに、、、「海」って!!?


あんたにとっては、「南」ではなくて「海」かい!!?
「北」ではなくて「山」かい!!??


と突っ込みそうになったんですが、

よく考えると、、、、、
そうなんですよね、神戸の人って。。。。

「南ではなく海」だし、「北ではなく山」、、、なんですよね。。。。

「東西南北」ではなく「東西海山」なんだということ、
少なくとも、神戸人にとっては、それが「方角」なんだということを、


改めて思い知らされた出来事でありました。。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月13日(火) | コメント (0)

徒然なる「代償」ニンニク摂取には覚悟が必要

ニンニクシリーズ、続けてまいります!


昨日書きました、「深夜のニンニクたっぷり入りラーメン」


実は、仕事が大変遅くなって、夜ご飯を食べる時間もなく、
深夜に電車もなくなり、タクシーで帰るしかない時間になってしまった、


そんな日だったのであります。

ニンニクたっぷり入りラーメンを食した後、
タクシーには乗ったはいいものの、

私、自分がきっとニンニク臭を発しているだろうということに、
きわめて自覚的だったので、


運転手さんに、

「ニンニクたっぷり入ったラーメン食べたので、きっととってもくさいでしょうから、
窓開けてもらって結構ですよ」

と、提案したわけです。

運転手さんは、「いやあ、そんなの、全然大丈夫ですわ!」

と答えていたのですが、

3分後に、今一度、「いやほんと、窓開けてくださいね」と提案したところ、


今度はあっさり、「じゃあ、あけさせてもらいます」と、窓を半分くらい開けられました。


まあ、いいとは言ってみたものの、3分間、運転手さんにとっては、地獄の辛さだったのでしょう。
想像するに。。。。

ところがこの季節、深夜、窓を半分開けて、高速道路を車で走行する、、、、


というのは、結構、、、、、というか、かなーり寒いものがありまして、


私、3分くらいして、耐えられなくなったのですが、

さすがに「窓を閉めて」とはいえなかったので、

「運転手さん、窓は開けたままで、暖房つけてもらってもいいですよ!」
と、にこやかに提案してみたのです。

今思えば、「寒いので、窓は開けたままで結構なので、暖房もつけてもらえますか?」
といえばよかったのですが。。。。。

残念ながら、私、そうは言わず、「暖房つけてもらってもいいですよ」
と言ったんです。

なんでそんな言い方をしてしまったのか、自分でも原因不明なんですが。。。。


したところ、運転手さんは、「いやあ、いいですよ」
とあっさり答えられ、特に、エアコンに手はのばさないまま。。。。。


(い、いやあ、、、「いいですよ」じゃなくて。。。。こちらとしては、
「つけてほしい」んですけど。。。。。)


と心中私、不本意に思いながらも、


「暖房つけてもらってもいいですよ」と言ってしまった手前、


「いや、別に(暖房つけなくても)いいですよ」と答えられた運転手さんに、
それ以上何かをリクエストするということが大変しづらくなり、


結局、その後30分ほどにわたって、
結構猛烈に寒風が吹き込む車内で、高速走行にひたすら我慢の時間を、
すごしたのでありました。。。。。

あれ、きっと、運転手さんも、寒かったと思うんですが、
なぜ、暖房をつけなかったのか、、、??なぞであります。。。。。


ひょっとしたら、「エコ的発想」で、
「窓を開けたまま暖房などつけられるかい!この不届き者めが!!」と
心中思われていたのかもしれません。。。。。

だとすれば、責められるべきは、運転手さんではなく、
この私であります。。。。(反省)


というわけで、


皆さんも、この季節、にんにく入りのラーメンを深夜に食べる際には、

地球のためにも、

寒風吹きすさぶ中、必死で我慢するくらいの覚悟を前もって決めた上で
食べられますよう、お気持ちをしっかり持って召し上がってくださいね!(笑)


投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月12日(月) | コメント (0)

徒然なる「疑問」果たして赤ちゃんは!?

今回も、
汚くはありませんが、清潔感を欠く話です。ご覚悟の程を。

もう既に、清潔感のかけらもありませんね!このブログの読者の方にとって野村明大は。。。(笑)


先日、深夜に、にんにくたっぷり入りのラーメンを食べて帰宅したら、

妻と、二人のプリティー過ぎるわが子(双子・1歳)は、

(親ばかにも程があるとは、こういうのを指していいます、世間では)

既に熟睡しておりました。


で、、、、翌朝、、、、、

その日は休みだったのですが、

妻に、激怒されました。。。。

「くさい、くさい」と。


ところが、うちのプリティな双子ちゃん(何度指摘されても、親ばかは貫き通します!)ときたら、


ふぅうーーっ、と、にんにくブレス(息)を吐きかけても、

うへへへーー(笑顔)、にこにこにこ(笑顔)と、上機嫌なのです!!

なんだったら、「もっと息を吹きかけて!もっともっと!!」と要求する仕草すら見せる勢い。。。。


一体これは、どういうことなんでしょうか?

ニンニク臭が「くさい」というのは、
人間が後天的に刷り込まれた「思い込み」なのか、

それとも、
本能的に刷り込まれた「真実」なのか、、、、、、、

そんな解明困難な命題について思いを馳せながら、
ひたすらわが子に、にんにくブレス攻撃を続ける、休日の一コマでありました。。。。。

暇な父親の、哀れな犠牲になってしまったわが子よ、ごめんよ!!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月11日(日) | コメント (1)

徒然なる「聞き耳」マヨラーも行き過ぎると。。。

先日、とんかつ屋さんで食事をしていた時のことです。


私はカウンター席に座り、私の隣には、ちょうど大学生くらいのカップル
(確認しますけど、、、「カップル」は死語ではないですよね?
「アベック」は死語かと思いますが。。)


が、座っていました。

私は、黙々と、一人で(さびしぃー!)とんかつ定食を食べていたのですが、

カップルの男性の方は、「エビフライ」に「タルタルソース」をたっぷりつけて
食されていました。

で、二人の会話に、私は、聞き耳を立てていた、、、、

というと人聞きが悪いですね、

勝手に会話が耳に入ってきて、かつ、すぐ横だったため、カップルそれぞれの表情も、
十分うかがい知れる状況、


だったのですが、、、、、


以下のような会話が、、、展開されていました。

男「俺、めっちゃマヨラーやからなぁ。何でもマヨネーズつけるし,
もちろんいつも持ち歩いてる。」

女「ああ、多いよね、そういう人。私も結構好きやよ」

男「ほんま、居酒屋で刺身とか出てきたら、即、かけるもんな」

さ、、、刺身にマヨネーズぅーー??


思わず、私、それを聞いた瞬間、カップルの女性のほうの表情を、覗き込んでしまいました。


私の期待に違わず、女性も、目がテンになっていました。。。。所さんばりに。。。。


というわけで、


私も、結構なマヨラーです。マヨネーズ大好きっこです。

かつ、食生活には、いろんな好みがある、、ことも十二分に承知しております。

そういったことを踏まえたうえで、、、

そのカップルが、今頃、まだ別れていないことを、ただただ祈るばかりであります。。。。

食べ物に関する好み、価値観って、男女がつきあったりする上で、大変重要、ですからねぇ。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月10日(土) | コメント (0)

徒然なる「あるある」水と油の相容れない関係

最近「徒然」によくありがちですが、ちょっと汚い、、、、話ですので、ご注意を!

特にご飯どきに「徒然」を読んでらっしゃる方は、、、、、(もうええって!!?)

「汚い」というか、「清潔感のない」話なんですが。。。。。

脂っこい「カツ丼」などのお昼ご飯を食べて、若干顔が脂っぽくなっている昼下がりなどに、、、、


女性のように「油とり紙」とかを手元に常備していればいいんですが、


まあ当然、私はそんなものは常備しておりませんで、

(アナウンサーである以上は、男性アナでも、常備している人間は、結構いるとは思うんですが)

そうこうしてるうちに、昼食後の満腹感もあいまって、
ちょっとした眠気に襲われ、

「あーーーー」と大あくびでもしようものなら最後、

あくびとともに出てきた「涙」が、顔の「脂」と融合して、

目の中に流れ込み、

目がつぶれそうなくらいに痛くなり、


その「痛み」に伴ってまた新たな「涙」が溢れ出し、


その「涙」が、また顔面の「油脂」と融合し、、、、、

という、完全な「負のスパイラル」を生み出して、


一人、悶絶してしまう、、、、
(周りからみれば、「あの人、涙流しながら目をこすって、何してるんだろう???」)
という状況に陥ることが、結構あるのですが、、、、


僕だけでしょうか。。。。?


きっと、僕だけなんでしょうね。。。。


まあでもそのおかげで、
昼下がり、眠気に襲われても、実際に、うとうと居眠りに至ってしまうことは、
ございません、良かった良かった。。。


すみません、しょーもなく、しかも微妙に清潔感を欠く話で。。。


投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月09日(金) | コメント (0)

徒然なる「後悔」一生の不覚。。。

せっかくですので、

おじいちゃんシリーズ第2弾を!


うちのおじいちゃん、一年ほど前に、何かの拍子で滑って転んだ際に、
なんと、右ひじのあたりを骨折してしまいました。。。


今年94歳と高齢にも関わらず、大変しっかりしていて、
物覚えもよく、年齢を感じさせない知的好奇心の旺盛な人物ではありますが、

さすがに、肉体面では、少なからず衰えがあったようで、

ちょっと転んで打っただけなのに、骨折にまで至ってしまったわけです。


というわけで、、、、、


おじいちゃん、病院にいき、治療。


ギプスで骨折箇所ー右ひじ辺りを固定し、


順調に、月日とともに、回復、、、、、、


していたはずだったんですが、、、、、、


なんと、数週間たったところで、

「骨折箇所が、大変痛い。きっと、ギプスの中で、何らかの異変が起きているに違いない。
あるいは、何らかの治療段階でのミスかも!?」


と騒ぎ出したのです。

もちろんその旨を、主治医の先生にも訴え、

先生は、「いや、間違いなく、きちんと処置したので、大丈夫。

今ギプスを外すと、せっかく固定したのがぱあになってしまうので、
様子をみてください」


との見解を示されたそうなんですが、


うちのおじいちゃんが、あまりにも毎回、通院のたびに、

「いいや、絶対に、何かがある。一回ほどいてくれ!」と
執拗に主張するため、

ついに、主治医も、おじいちゃんの同意を得た上で、ギプスをほどき、
中身を点検することに。。。。。


結果は、、、、、、、、

「何の問題も、異状も、なし!」

(主治医の先生、すみません。うちの祖父が、大変なご迷惑をおかけいたしまして。。。)


というわけで、せっかく固まりつつあった?骨折箇所の回復が、大幅に遅れ、


おじいちゃんは、延べ半年くらい、ギプスをしたままの状態を強いられることとあいなり、


その状態で、大好きな囲碁や競馬をせざるを得ない、大変不便な状況に。。。。


その当時のおじいちゃんの口癖は、、、、

「ギプスの内部で、何か異状があると思い込んでしまったのは、わしの痛恨のミスじゃった。
90年以上生きてきたが、あれだけは、一生の不覚じゃった!!」

と大変深刻な表情で後悔の念を口にする、、、、というものでしたが、、、、、、


「94年も生きてきたんやから、もっとひどい「一生の不覚」があるやろー!!」


というのが、周囲の一致した心の声だったことは、言うまでもありません。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月08日(木) | コメント (2)

徒然なる「神業」驚異の的中率

昔、ラジオで何度も触れたことがあるのですが、

うちの「おじいちゃんシリーズ」第1弾です!(ブログでは初めてなので)

うちの祖父は、大変元気で、
94歳にして、驚異的にしっかりしてます。


足腰は少し弱っていますが、


なんとオンラインでパソコンで株をやってますし、

週に2回ほど囲碁に行っては、「あの人は弱い」とか、いきまいています。。。。

2年ほど前には、そこの主催の囲碁大会で優勝して、
僕も、賞金の一部を小遣いとしてもらったくらいです。。。。(もう30過ぎたおっさんなのに、、、、)


そんなおじいちゃんは、土日は競馬が好きで、

朝から夕方まで、ほぼ毎レース、馬券を購入。

もちろん、在宅で、電話投票。

100円単位から、馬券は購入。

そして、凄いのが、その的中率。

レースごとの的中率でいえば、8-9割に達するのではないでしょうか!?

とにかく、レースごとに、「当たった、当たった」と喜んでいる姿が、
いつも目に付きます。。。。

その秘密は、、、、、、


秘儀、、、、、「60点買い!!」

競馬では、1通りの組み合わせを購入することを、1点買い、
3通りの組み合わせを購入することを、3点買い、


などと称するわけですが、


うちのおじいちゃんが馬券を購入する様子を横でみていると、


な、なんと、、、、、60点くらいの勢いで買ってるんです!1レースごとに!!

だもんだから、当たるのなんのって!!

とってもよく当たります。


大体、おじいちゃんの買った馬が、1着とか2着とかに入ってきます。(そりゃそうや)

でも、な、なんと!!

驚くことなかれ!!


よくよく検証してみると、

どの馬券が当たっても、トータルで見ると、必ず、金額的には、損をするんです!!
買う前から、明らかなんです、、、、明らかに。。。。(笑)


というわけで、おじいちゃんは、「当たった当たった!」と無邪気に喜んでいますが、

レースごとに、お金は、着実に、右肩下がりに、消費されていっております。。。。。


ちなみに、うちのおじいちゃん、94歳ですが、理系の大学を卒業していて、

その辺の「数学的」な理屈は、わかってるはず、なんですけどねぇ、、、、(苦笑)


投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月07日(水) | コメント (0)

徒然なる「ちょっといいこと」徒然のおかげで。。。

ここのところ、立て続けに、ちょっといいことが、起こりました。


讀賣テレビの公式HP上で毎日ブログを書かせてもらっているおかげで
(「内容」はまったく「ないよう」、なんですが。。。)

昔の知人とか先輩で、長らく互いに連絡がとどこおっていた方たちから、立て続けに、
「ブログ読んだよ」


などの連絡をいただけたのです!

この職業をやってていいことの一つに、


テレビにちょこちょこ出て昔の知り合いに顔をさらしているので、
久しぶりの同窓会などに出席しても、久しぶりと思われない感じで接してもらえる、

というのがありますが、

ブログに関しても、同様。

昔の知人や先輩の記憶から、忘却の彼方へと葬り去られない程度に
存在を思い出させることができる「効果」がある、というのは、嬉しいことであります。

讀賣テレビのHPに限らず、

最近は、いわゆる、「ソーシャルネットワークサービス」によって、

昔の知り合いと旧交が復活した!なんて事例が、
ほんと多いようで。。。。

世の中、どんどん便利になっていきますね!

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月06日(火) | コメント (0)

徒然なる「乗り逃げ」あやうく犯罪!!

昨日、あやうく食い逃げ行為をしでかしそうになってしまったことを、報告しましたが、

な、なんと!!


実は、その食い逃げしそうになったその日の翌日!!

今度は、「乗り逃げ」しそうになってしまったんです!!

タクシーに乗って、、、、、

降りるとき、、、、


メーターが、660円。。。。。。


僕は、千円出しておつりが340円、、、硬貨が7枚もじゃらじゃら返ってくるのがいやだったので、


わざわざ、小銭入れから、160円分を出して、


1160円を出して、おつりを500円玉一枚、もらうことに決めました。

で、お金を出しながら、運転手さんに、「1160円から払いますので、500円おつりと、あと、
領収書、お願いします!」といいました。


運転手さんは、「かしこまりました。。。」と返事して、まず、500円を渡してくれて、
そのあと前を向きなおり、ジジジジ、、、と機械から出てきた領収書を手にもって、
後ろを振り向かれたのですが、


一向に、その領収書を、こちらにくれないんです!!

既に、僕は、お金を、そこに置いているというのに!!

互いに沈黙すること、10秒ほど。。。。(1分ほどにも感じられましたが。。。)

意を決して、僕はいいました。。。

「あのう、、、、領収書をもらえますか?」

すると、運転手さんは、クロスカウンター(ボクシングの必殺技です)を浴びせてきました!


「あのう、千円札、もらえますか?」


ぎょ!!!


として、よくそこを見ると、

確かに、160円の小銭こそ置かれているものの、、、、


千円札は、置かれていませんでした。。。。。

運転手さんから、先に500円玉のお釣りを受け取ったのをいいことに!

自分は千円札を、ずうずうしくも、出していなかったのです!!


この出来事が、うどんのあわや食い逃げ騒動と、わずか二日の間に立て続けに連続に
おきてしまった、、、ことに、僕は、大変遺憾の意を感じると同時に、

ショックを受けているんです。。。。。35歳の自分自身に。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月05日(月) | コメント (0)

徒然なる「食い逃げ」あやうく犯罪!!

食い逃げは、れっきとした犯罪行為であります。
当たり前ですが。

先日、危うく、食い逃げしてしまいそうになりました!!
もちろん無意識にではありますが。。。


もっと正確にいうと、食い逃げでもなく、「食う前」なんですが。。。。


会社の食堂で、、、、、


すいてる時間だったのですが、、、、、(午後2時ごろ)

うどん売り場で、うどんを作ってもらった後、

すぐその脇にある「レジ」で、「僕が会計する」のを待っていらっしゃる従業員の方の前を、


堂々と、悪びれる風もなく、、、


うどんの乗ったトレイを持って通り過ぎて、どっかと着席して、うどんを食べ始めようと、してしまったんです!!

もちろん従業員の方は、すぐ追いかけてこられて、


「あのう、、、お会計、、、、」と言われまして、


その瞬間、、、「し、、、しまった!そういや、お金払ってなかった!!」と気づき、


あわてて払って平謝りに謝ったので、ことなきを得たのですが。。。

従業員の方も、「きっと疲れてらっしゃるんですね。。。。」と、
同情の声をかけてくださいました。。。。とほほ。。。。

疲れてるんですかねぇ!?(笑)。。。。


疲れてるんでしょうねぇ。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月04日(日) | コメント (0)

徒然なる「疑問」それって意味ある?

しょっちゅうで申し訳ございませんが、

今回も割と汚めの話ですので、
ご飯中のご愛読は、ご遠慮ください。。。。

(だから、、、、ご飯食べながら徒然読む物好きはいないっつーの!と突っ込まれるのは重々覚悟してますが)


よく聞く話で、、、、


「俺、パンツの替え、持ってきてなかったから、二日目は、裏返しではいた」


的な話、ありますよねぇ??

ええ?ない??

いや、僕は、何度か、聞いたことあります。。。人生で、5回くらいは聞いたことあります。

でも、その時いつも漠然と思っていたことなんですが、、、、

にも関わらず、漠然だったんで、思わず質問できないままこの年齢まできていることなんですが、、、、

パンツの替えがなかったら、まあ、同じパンツをもう一日はくのは、どっちみち「汚い」ことでは
ありますが、


どうせ履くなら、「裏返し」よりも、「同じむき」で、二日目も履いたほうが、
まだましじゃないですか??


少なくとも、僕ならそうしますし、現に、そうしたことも、あります、、、これも人生で5回くらい。。

皆さんなら、どうされますか?

裏返しにしたら、汚い面がズボンとかにもついて、二次被害になるんじゃ。。。


などと、おせっかいな妄想を繰り広げてしまうのですが。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月03日(土) | コメント (0)

徒然なる「お叱り」タクシーに乗る際のマナー

タクシーに乗ったとき、降り際に、「領収書」をもらうことが、ままあります。


私、そういうとき、大概、

「じゃあ、その四つ角まがって、つきあたりまでいって、つきあたりを右折したところの
赤い看板で、とめてもらえますか!?

あと、最後に、領収書だけください!」


と、言う事が、多いんですが、、、、、、


この「ものの言い方」に、何かしら、問題点って、含まれてると思います?


お分かりになられた方は、凄い!!と思います。。。。

実は先日、運転手さんに、叱られたんです!諭されたんです!!


何をどのようにか?と言いますと。。。。。


「お客さん!その、「領収書だけ」ていうの、やめてもらえますか?」と。。。。


皆さん、なんでか、わかりますー?

その運転手さんは、続けてこんな理由をおっしゃってました。


「そういう風にいわれて、たとえば、720円のメーターで、お客さんから1000円出されたときに、
私、どういう風にしていいもんだか、困ってしまうんです。。」と。


「領収書だけください」というのが、「お釣りは結構だから、領収書だけください」という意味に
受け取っていいのかどうか?ということに。。。。

もちろん大原則として、お釣りは運転手さんからお客さんに支払われることが
ビジネス上の契約締結、に従えば当然のことなんですが、


皆さんもご存知のとおり、タクシーの運転手さんに、「お釣りは結構です」という
支払われ方をされる方は、結構多いですよね!

上のようなケースの場合、「領収書だけください」というのが「お釣りはいらないですから」という
意味なのか、

はたまた、そう深い意味はなく「だけ」とつけているのか、、、、


わかりにくい、、、、かといって、そこについて明確に聞きなおすのも、無粋だ、、、、


といった葛藤が、その運転手さんには生じて、それでいつも困るんだそうです。


それを聞いて、僕も、これからは、「だけ」は省いて、「領収書をください」と頼むことに
しました!

ま、どうでもいい話っちゃあどうでもいい話なんですが、


運転手さんにいらぬ当惑を与えるのは、本意ではないですしね。。。。(笑)

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月02日(金) | コメント (0)

徒然なる「実感」光陰矢のごとし

ほんっーーーーーとーーーーーーに、、、、月日のたつのが、

やたらとはやいですね!!


今日で11月1日。

一ヶ月前に、郵政民営化の取材に行った、あれから一ヶ月たったと思うと、、、、

ため息が出ます。。。。ふぅーーーー。。。

すみません。いつも中身ないですが、今日はその中でも特になくて。。。。

投稿者: 野村明大 日時: 2007年11月01日(木) | コメント (0)

アナウンサー