プロフィールバックナンバー

第34期モニター隊はのちゃん


2016年11月12日

「ボクシングダイエット」

今回の日記は、私の趣味(日課)になっているボクシングのことを書いてみたいと思います。

五年前(2011年9月)、買い物帰りに通りかかったジムの前で、
「ボクシングでダイエット」
という看板に目が止まり、勢いでジムを見学。

必ず痩せれます!と言う会長の言葉を信じ入会を決意。

最初は、久々の運動でヘトヘト、しかも体力を消耗した分、いつもより食欲が増して、減量どころか、2キロ増えてしまい、会長に文句を言ってしまってからが、地獄のはじまり。

「うちのジムへ来て、太った人は、いない!」と激怒され、練習メニューが厳しくなり、食事制限、毎月2キロ減量(月末に体重測定)、体重が落ちていなかったら、罰金!!(会費を払っているにもかかわらず、まだ、取るのか?)なんとも理不尽な約束をさせられ、
私の本気ボクシングダイエットは、スタートすることになりました。

平日の昼間は、毎日ジムで1時間半の練習。
練習中は、1リットルの水を飲み、2リットルの汗をかくこと、食べたものを会長に報告し、食事指導。罵倒される日々。
大好きなパンも半年間禁止。

毎月末を恐怖におののきながら、2キロ減を達成し続け、9ヶ月で18キロの減量。
ついに目標体重達成!

3ヶ月間、体重を維持できたら、リバウンドはしないと会長様に言われ、もう3ヶ月だけ通うつもりが、
サンドバックを夢中で叩いたり、リングでマスボクシング(パンチを当てない)をしたりして、汗をかくのがストレス発散になり、今は、楽しくジムに通っています(天国?)。

ちなみに、食事制限が自己管理になったため、3キロくらいは、増加してしまいましたが、リバウンドしていません。


現在は、ボクサーのような美しい筋肉に憧れ、ボクシングに加えて、筋力トレーニングを週2回、個人トレーナー(厳しいが男前)に教えてもらっています。
美尻、くびれとパーツに合った指導をしてもらえるので、辛いけど美しくなるために頑張れます!
(トレーニング後は、マッサージもしてもらえます。飴と鞭?!)


ボクシングは、ちょっとなぁと思う人でも、筋トレなら自分に合ったやり方で練習していけるので、オススメです。


体を動かして汗をかくのは、気持ちいいです。
心身の健康のために、これからも続けていきます。

プロフィールバックナンバー