ヘッダー Space 『すべての経済はバブルに通じる』
(小幡 績、光文社新書:2008、8、15)
トップページ
過去掲載分
ヘッダー

Space
「バブルはそのこと自体がすべて」 という説明は、最初、「説明を逃げてる!」と思いましたが、読み進めるうちに、ちょっと納得。しかし、「バブル」は人をうらやむ、相対評価だから起きるのであって、「人は人、自分は自分」という絶対評価の中では起きないのではないか?とも感じた。
そして「金融資本主義」は「キャンサー・キャピタリズム」であると看破する著者、この本が出た時点では、まだ「リーマンショック」は起きていないにもかかわらず(直前!)、緩やかにそれを予言している!鋭い透視は、冷静なデータ分析と巨視的な視点に支えられているのだろう。
これを読んで、改めて勝間和代氏は金融資本主義の走狗・広告塔に過ぎないということが、よくわかった。経済を「ガン化」させることを促進させているのだ。それは一部の人の精神を「ガン化」させているかも知れない。(うまくフィットする人は、いいのでしょうが)

★★★★

(2009、10、17読了)
Space

コピーライト