ytv アニメーションON THE WEB
スワッチのアニメ日記タイトル
■2010年08月19日  『COMIC MARKET 78』



 第78回を数える「コミックマーケット」へ行ってきました。御存じのような酷暑の中を新橋からゆりかもめに乗ってお出掛けです。CX夏のイベントもあって、3分に1本出ているゆりかもめ列車も超満員。1日20万人近くが集まると聞いているので、覚悟はしていても会場に乗り込むのはほとんど戦場に赴く気分です。昨年に続いて次回の冬にはブース出展する予定という、読売テレビエンタープライズの角田P、井沼P、そしてコナンの北田Pが同行でした。

 でもホント、一人で行かなくてよかった。初めてではないものの、どこをどう通ればどの会場に行けるかなどはパンフを読みこまないとけっこうヤバイ。角田Pの知り合いの筆谷さんは「ヤングキングアワーズ」編集長にして、コミケの共同代表。以前食事をした事もある彼に表敬訪問、申し訳ないほど忙しそうな時間に短く会話と挨拶をしていざ会場に出陣。まず一般の同人誌フロアの様子をチラチラ見て、そのパワーに飲み込まれないようにしながらとにかく企業ブースを目指します。人の流れに身をまかせて歩みを進めて、アニプレックスや小学館、ポニーキャニオンなどおなじみのブースも訪ねました。知り合いのスタッフが笑顔も汗にまみれながらひたすら販売員をしています。ああ、これが夏コミケなんだなあといった風景。

 前回は分かりませんが、今回一番人気がありグッズ販売などの列がすごいのはカルトなゲーム関係でしょうか。列の最後尾がどこまでいってるのかわかりません。私はこの列に並んでいるんですよ、と主張するかのようにみな手をあげて列をなして係員についていく姿に、その作品やグッズに対する執念を感じます。こうなると作り手としてもその作品の面白さやクオリティ維持に、ファンと同じ以上の執念を必要とすることは間違いありません。

 それにしても本当の敵はこの暑さ。もうみんな汗だらだら。でも参加者は一様にみんな元気なんだよな。なんだかすごい。感心します。こうやって倒れる人がいないのが不思議なほどの環境の中で、日本が誇るマンガやアニメーション文化が立ち向かうべき戦争の、本当でリアルな一面をこのアマチュアニズムからスタートしたイベントが、見事に担ってきているんだと強く実感しました。冒頭の写真は会場内延々と続く人の列、コスプレイベント広場の俯瞰です。

 8月21日土曜夜6時放送「名探偵コナン」はいよいよ来ました「白鳥警部の失恋」。なんとなく初々しくも幼いニュアンスを感じる小林先生と白鳥警部のカップル。あろうことか、警視庁内でのうわさ話がお2人を意外な方向に展開させてしまいます。花火をバックにした事件もからんで抜き差しならないトコロにやってきたこのカップルにぜひじっくり注目してくださいね。で、倉木麻衣さんの新OPテーマ曲と映像はいかがですか?

『アニメ村のステキな住民』略してアニ民54人目。

 今週はアセンションプロデューサー・茂木仁史さんです。
 TMS吉岡さん、サンライズ富岡さんと並んで僕と同学年である茂木ちゃんはもとシンエイ動画のプロデューサー。この4人がつるんで飲んでいたのはまだ20世紀のころ。思いだせばこの4人で飲んだ時には毎度、見事にバラバラなキャラがぶつかり合っていた気がします。でも全然いやじゃない、ってな感じ。

 で、茂木ちゃんと初めて食事したのがまさにこのメンバー最初の時。第一印象は何だか冷静な話し方をするやつだな、でした。あまり語り口が強くありません。でもその後すぐ打ち解けていろんな場面で面白い発想をしてくる、ちょっと突っ張り的な性格が妙に合う気がして、何かと連絡を取り合うことになります。

 茂木ちゃんが「クレヨンしんちゃん」のプロデューサーになったのはいつだったでしょうか。僕はおそらくその直後に「コボちゃん」をするのですが、同じ月曜日に前後して放送し、同じ5才児を主人公にしていたこの両作品。なので僕は勝手に?"しんちゃんコボちゃん"なんて呼び方を流行らせようとして、パブリシティにひっかけよう盛り上げようとがんばったのです。しかしご存知のようなあちらの爆発的なヒットにはかなわず、ちょっとグチって飲んだ時にも茂木ちゃんが暖かく相手をしてくれた記憶があります。

 送り手として同世代の僕も感動した名作「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」の原恵一監督とは盟友だそうですね。1度お店でご一緒させてもらったことがあります。そんな彼と、長年勤めたシンエイ動画を飛び出す決意を聞いた時には正直かなり驚きました。外から見た僕に茂木ちゃんの立ち位置は悪くなさそうでしたから。でも直接話を聞き、冒頭書いたような冷静な話し方に触れ、これは茂木ちゃんの行く末を見てやろうと思ったのは事実です。

 その行く末のひとつが映画「Colorful(カラフル)」です。今週土曜日、8月21日公開のこのアニメーション映画、舞台を二子玉川にもってきたのが意外でした。ジブリ的世界観がもてはやされる中で、リアルな郷愁と哀愁にポイントを置いた、誠実なストーリーとじっくりとした映像の創り方に好感が持てました。すぐ近い将来、この景色に対してこんな描き方をしてこんな想いを込めることができるんだ、といういくつものメッセージを受け取ってニコタマのあのロケ地を歩くだろう自分が見えます。

 かなりの武闘派で今も身体を鍛えてる、物事やトラブルにほとんど動じない、色黒いタヌキのような笑顔がいい、50才近くなって独立しちゃう、など僕には備わっていないキャラクターがうらやましい茂木ちゃん。見えている部分よりそうじゃない面に、よほどいろんな物事や無理難題があるのだろうけど、ぜひ自分のペースを守ってください。そして正直に言います。とにかく一緒に仕事をしましょう、作品を創りましょう。お互いが持つこの50代の10年を茂木ちゃんとなら、標高高く面白く過ごせそうです。




ytv TOP