ytv アニメーションON THE WEB
スワッチのアニメ日記タイトル
■2010年03月04日  『犬夜叉ラストアフレコ』



 ついにこの時がやってきてしまいました。「犬夜叉 完結編」第26話のアフレコです。YTV斎藤Pが言うには前シリーズ167話、劇場4作、CDドラマ3本そして今回のシリーズ26話、全部合わせてなんと200作!そんな10年かかった膨大な犬夜叉の旅もついにゴールを迎えようとしています。

 高橋留美子先生による極上の最終話を受けて、我らが豪腕脚本家・隅沢さんのシナリオは、今までの200話の歴史をすべて受けてやる!の意思を持ったかのような熱を放ちます。「犬夜叉」という作品がまるで大きく優しい生き物のごとく目の前に静かにたたずみます。それをしっかり支えるこの話数の出演声優は犬夜叉役かっぺーちゃんやかごめ役ゆきちゃんはじめ全25名。

 気持ち汗ばむ緊張感漂う中、文字通りひと言ひと言噛み締めるようにみなさんセリフを味わうかのように演じます。鶴岡音響監督もなにかいつもと違う空気を受け止めたかのような演出、その時間のすべてを堪能させてもらいました。

 もうひとつ特筆すべきは前回紹介した、和田さんがこの最終話のために書き下ろした珠玉の音楽たち。その楽曲を先に映像にあてて、リハーサル時にスタジオに流しながらのアフレコをしたんです。なんていうか、先に一部ダビングしちゃった感じ?こんなことは前代未聞、この26話に込めたスタッフみんなの想いの凝縮を魅せつけるかのような出来事であります。

 アフレコ後は斎藤Pやサンライズ小形Pらが用意した花束や記念品を、スタッフそれぞれが全員に手渡し、順にご挨拶をいただいて10年間の締めくくりのひとつとしました。まだダビングやいろんな作業が残ってます。この話数までDVDにしてみなさんにお届けするまで、優しく楽しく丁寧に扱っていこうと思います。声優やスタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。冒頭の写真は完結編全26冊のアフレコ台本です。妙にカラフルなのが良いですね。

 3月6日土曜よる6時「名探偵コナン」はアニメオリジナル「露天風呂に降る殺意」。これでコナン2作目気鋭の脚本家・金子遊さんのミステリー。毎度おなじみコナン・蘭・小五郎の一家?が温泉パークで巻き込まれたのは事故か事件か。小五郎のミスリードが見どころ、ってなんかヘン?

 あとこの回から最新映画のパブリシティも兼ねた電話でのプレゼント企画がスタートします。題して「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)公開記念スペシャルプレゼント」。週替わりのプレゼントもすごいのですが、なんと言ってもポイントは電話先での豪華なキャラクターたち。週替わりでTVや映画にまつわるさまざまな情報や出来事を、声優さん演じるキャラクターたちがわざわざこの電話のためだけに収録。毎週欠かさずチェックして、TVでお知らせする電話番号にかけてみて下さいね。電話をかければ自動的にプレゼント応募になります。

『アニメ村のステキな住民』略してアニ民30人目。

 今週は映画「名探偵コナン」監督の山本泰一郎さんです。

 山本さんはTVシリーズで数年監督したあと、映画「名探偵コナン 銀翼の魔術師(マジシャン)」からずっと監督を務めてくれて今回の「天空の難破船(ロスト・シップ)」で7作目となります。

 「名探偵コナン」TVアニメスタートして1年目に演出でスタッフ入りしたという山本さんですが、僕にとってはしょっぱなから一緒なスタッフだったように思ってます。TVの方もこだまさんが監督してた時、作品を支える四天王と呼ばれてたメインスタッフがいてそのうちの一人が山本さんでした。

 もともと寡黙な山本さんは会議でも多くを語りませんが、その演出的な注意力や配慮はたいしたもので、青山先生や僕らスタッフの提案で納得したものはすさまじいフトコロの深さで映像表現してくれます。リアリティの追求と感情表現のバランスが良い、と言えばいいのでしょうか、リリースされるフィルムは大人の気品さえ漂うようになってきましたね。特にこのことは昨年の「漆黒の追跡者(チェイサー)」で確立されたように思います。

 背が高くてヒゲがトレードマーク?でどこか山奥で修行した仙人を思わす風貌の山本さん。コナンスタート3年目くらいに行なわれた、スタッフ150人での箱根温泉ツアーの大浴場で、ご自分のお子さんを懸命に洗っていた姿が妙にステキに記憶に残ってます。なんだか手がけている作品に対するそれとオーバーラップしたのかもしれません。

 いよいよ「天空の難破船(ロスト・シップ)」出航の時が近づいてきました。最新作ではありますが、山本さんにとっては前作と作業がスライドしながら1年近く向き合ってきた作品です。映像としては僕もまだほんの一部しか触れられていません。音響も含めさらにこれから作品に命を吹き込む作業が続きます。どうか身体には気をつけて監督自身のリズムを大切にして、そして僕らプロデューサーやスタッフの方もチラッと見ながら、この船の船長としての舵取りをお願いしますね。そして完成してからは先頭に立っての映画パブリシティ行脚が待ってます。楽しみながら噛み締めながら一歩一歩興行成功に向けて歩いていきましょう。

 そして、今年も3月5日に開催される大イベント「日本アカデミー賞」で映画「名探偵コナン」は4年連続で優秀アニメーション賞をいただいています。年間5作品が選ばれるこの賞のこの快挙に肩を並べる作品は他にありません。そして山本監督だけが全部あのレッドカーペットを歩いています。4回目の今年はどんな気持ちで歩くのでしょうか。そして3回目の時には着ていなかった、2回目受賞の時にあつらえたというあのおしゃれでカッコいいイタリアスーツはどうされたんでしょうか。




ytv TOP