ytv アニメーションON THE WEB
スワッチのアニメ日記タイトル
■2009年12月17日  『倉木麻衣さん10周年』



 忘年会のシーズンですね。僕は毎年業界内外の友人を集めて新宿歌舞伎町で忘年会をしています。今年で丸23年になりますが会場のお店Kはずっと一緒です。今回はそのお客さんに珍しい一行を迎えることができました。僕の小中学校の同級生のお嬢さんが入るコーラスグループです。

 僕の同級生といえば50歳を迎える年。さすがにこの会も世代交代か、と言わせるステキなアカペラハーモニーが歌舞伎町の居酒屋に響き渡りました。アニメソングレパートリーもたくさんありますよ、と言ってた東洋大学アカペラサークル「HUM(ハム)」の徳山さん岡田さん長谷川さん芳見さん岸川さん辻田さん、個性豊かな「アカペラでいこう」ありがとうございました。


 というわけで世の中忘年会や感謝パーティが花盛り。毎年恒例ではありますが集英社と小学館のパーティが、都内ホテルの同じ会場で日を続けて行なわれました。写真は2日連続で同じ場所で撮影したものです。なんとなく閉塞感のただよう今の社会に少しでも明るく楽しい空気を送り込もうと、マンガやアニメという武器を駆使するクリエイターたちが集う会場は熱気ムンムン。その参加人数の多さに、いざ誰かを探そうとすると一苦労でしたね。

 さて、倉木麻衣さんがデビュー10周年と聞きました。デビューしたのは1999年12月8日。デビュー曲から数えて3曲目がコナンED「Secret of my heart」でした。それから今年の映画「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」主題歌「Puzzle」まで数えること11曲。倉木さんのキラキラ輝く10年はコナンにとっても光輝く10年でもあります。これからもトップアーチストとして、「名探偵コナン」をサポートしてもらえるとうれしいです。

 そして新年に放送15年目に突入する「名探偵コナン」。その新EDは新人バンドHundred Percent Freeの楽曲『Hello Mr. my yesterday』でスタートします。このバンド、名古屋出身ということで僕とは同県人であります。コナンの歴史をも織り込むようなステキなEDテーマを、毎回きわめて快調な演出を見せてくれる於地監督が、際立つアイデアで描く映像とともにお楽しみにお待ちください。これは来年1月9日スタートです。

 冒頭の写真はあと2回を残すのみとなった「名探偵コナン 死亡の館、赤い壁」シリーズに出演中の3ショット。左から諸伏高明役・速水奨さん、大和敢助役・高田裕司さん、毛利小五郎役・小山力也さんであります。なんというか土曜夜6時にふさわしい?重量級のベテラン役者たちのキャラクターバトルを存分にお楽しみくださいね。12月19日放送は「(死せる孔明)」です。

『アニメ村のステキな住民』略してアニ民19人目。

 今週の住民は「犬夜叉 完結編」音響監督・楽音舎代表鶴岡陽太さんです。

 またまた引き続き絶好調「犬夜叉 完結編」からのアニ民です。それにしても鶴岡さん、仕事しすぎです。担当作品がいったいいくつあるんですか。直接音響監督された作品でも100を超えてますね。この業界に風雲を巻き起こしたタイトルや長く続いているものまで、その作品が鶴岡さんの実力のほどを示しています。

 犬夜叉で初めてお付き合いしたのが2000年、そこで僕とお互い同学年なのが発覚、40歳過ぎたばかりのアブラ?の乗った4年余りをご一緒しましたが、遊んでいるという姿を見たことがありません。以前の「犬夜叉」の音響すべてを制作していたのが新宿御苑近くにある「スタジオごんぐ」。コンクリート仕立てのおしゃれな建物の地下スタジオへ降りる時、いつも“骨喰いの井戸”を通ってタイムスリップするがごとく、現実から犬夜叉世界へ変異するような気持ちになっていたものです。

 建物やスタジオが経営者でもある鶴岡さんのセンスによって統一されてると確信したのが「犬夜叉 完結編」の新音響スタジオ・楽音舎「Studio 2010:」。ここもまた地下へ下りる階段と、ロビー天井を這い回る巨大な空調パイプがさらなる異世界を想像させます。パーフェクトな音響のため、ハコやそこの雰囲気さえも大切にしていく音作りに、こちら側も自然に作品世界へのアプローチができていきます。アニメーションはエンターテイメントで楽しいフィクションであるべき、みたいなメッセージがスタジオから感じられます。スタジオ作りも含めて鶴岡さんは、いったいどれだけの時間を音作りテーマにささげているのでしょうか。

 そんな仕事漬けの鶴岡さん、この日記の数回前に載せた犬夜叉役・山口さんと桔梗役・日高さんとの3ショット写真の場所は新宿ゴールデン街。実はお酒をほとんど飲まない鶴岡さんですが、逆に仕事のメドがつけば結構われわれに付き合ってくれてます。ぱっと見、物静かな印象ですが、その経験から湧き出してくる明るい会話の勢いは役者のそれをしのぐほどで、飲んでるこちらが負けてどうするといった感じです。

 そういえばあれは何年前かの、忙しいさなか針の目を縫うようにして参加してくれた「宮古島鉄砕牙ツアー」。短い時間を惜しむように身体を日に焼いた結果、全身が真っ赤になって大騒ぎした3人がいましたね。その中に鶴岡さんがいたのをスタッフ一同、まさかと思ったものです。だって沈着冷静がモットーのような印象な人ですから、そんな愛すべき一面をよけいにおかしく感じちゃいましたね。

 作品のクオリティはもちろん、キャステイングなど作品の中に存在するバランスみたいなものを重視して、見事な音響を仕上げていくプロフェッショナルな鶴岡さん。「犬夜叉 完結編」はまだまだ半分作業が残ってますが、また新たな作品世界でもその実力をお借りしたいものです。そのためにもまずはこの結束10年犬夜叉チームのイベントすべて?に参加してくださいね。



ytv TOP