第50話 ラストプレゼント
クリスマス直前でにぎわう新宿。ワクチンが完成して楊芳玉が帰ってきた。だが楊には他に目的があった。それは、香瑩をある結婚式に連れてゆくことだった。わけもわからず式場にやってきた香瑩は控え室で花嫁のスゥチンを一目見た瞬間、心臓の鼓動が高鳴り、涙が止まらなくなる。スゥチンは楊が引き取って育てた戦災孤児の一人で、15歳の時に日本で勉強したいと言い出したスゥチンを、楊は香に託したのだった。

| ストーリーのリストへ |