第36話 幸せを運ぶ女の子
新宿西警察署署長・冴子の自宅に、指名手配犯の潜伏場所の写真など、捜査の重要な手がかりとなる物がこのひと月の間に4度も何者かから届けられた。冴子はそれが1ヶ月ほど前から自分につきまとっている不思議な女の子の仕業ではないかと感じていた。だがリョウたちは、子供にそんな探偵のような真似ができるわけがないと信じない。夜、気になった香瑩が冴子のマンションを見張っていると、女の子が現れる。その女の子は「幸運の少女」と呼ばれ、都市伝説のようになっていた。

| ストーリーのリストへ |