第33話 神から授かりし子
かつての仲間・白蘭が暴力団・隼鷹会に潜入し、死を覚悟して幹部・早川暗殺の手引きという危険な任務についていることを知った信宏は、彼女のため自分も組織に潜入すると言い出す。だが香瑩は組織に面が割れている信宏に代わりに自分が動くといい、熱くなった彼を止める。香瑩はまず早川の警護の堅さを確かめるため、狙撃のシミュレーションを試みるが、それに気づいた白蘭が身を挺して早川を守ろうとする不可解な行動に出る。その夜、香瑩は早川の自宅に侵入し、対峙した彼に自分を警護に雇わないかと持ちかける。

| ストーリーのリストへ |