第32話 組織から来た女
かつて信宏とともに青龍部隊にいた仲間・白蘭が突然彼の前に現れた。信宏が死んだと思っていた白蘭は、彼が生きていたことを知って喜びの涙をこぼす。部隊内で孤立していた信宏に唯一思いを寄せてくれたのが、彼女だった。自分の任務について一切語らない白蘭だったが、別れ際、自分が現在所属する白虎部隊の部隊章を信宏に託して立ち去る。それを見て愕然とする信宏。白虎部隊とは敵に潜入して情報収集する最も生還率の低い部隊だった。

| ストーリーのリストへ |