第31話 最後の夜に見た奇跡
早百合は香の記憶を夢として見ていた。香の義理の兄で警察官の槇村は、実は裏でリョウと組み、法で裁けない人間を裁くシティー・ハンターとして活動していた。それを知った香は、父が殉職したときのような辛い目にはあいたくないと槇村に訴えるが、正義感の強い槇村は、「誰かがやらないといけないことだ」と言ってやめようとしなかった。リョウは香のためにも槇村を絶対に守り抜くと心に誓うのだった。

| ストーリーのリストへ |