お預かりした募金は、経費を一切差し引くことなく、東日本大震災の復興支援を始め、
全国各地の福祉、環境保護支援、災害援助に役立たせていただきました。
 
読売テレビでは、2011年6月26日(日)に滋賀県彦根市の
びわ湖湖岸で【びわ湖プロジェクト2011】を実施。
約1600名のボランティアが清掃に参加し、13tのごみを回収しました。
 
読売テレビでは、リフト付きバス1台、スロープ付自動車9台
、車いす2台の合計12台を近畿2府4県の団体及び個人に贈呈を行いました。
 
第34回(2011年9月以降)においての災害援助
・2010年11月 奄美地方大雨災害 (500万円)
・2011年 7月 新潟・福島豪雨 (500万円)
・2011年 9月 台風12号大雨災害
奈良県・和歌山県・三重県
(各県500万円)
 
 
その他「24時間テレビ」では、障害者の情報のアクセスを促進するために、図書館に対して拡大読書器、音声パソコン等の障害者サービス用機器等の贈呈や、身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)に関する正しい知識と理解を深めていただくため、ガイドブックを広く配布する活動を行っています。
 
◆「24時間テレビ」では、震災の翌日より東日本大震災緊急募金を開始し、
全国から寄せられた募金を義援金として贈呈 (総額11億5000万円)
・3/31 第一次支援(岩手県・宮城県・福島県) 3億円
・4/28 第二次支援(岩手県・宮城県・福島県・茨城県・千葉県) 5億3千万円
・8/11 第三次支援(岩手県・宮城県・福島県・青森県・栃木県)
3億2千万円
◆震災遺児や孤児の基金に贈呈 (総額3億円)
・いわての学び希望基金   1億円
・みやぎこども育英基金   1億円
・ふくしまこども寄附金    1億円
 
◆被災地車両支援
津波で流出した車両の補填や仮設住宅の交通手段確保、
復興支援のためのトラックなど (岩手、宮城、福島、千葉の4県)
・福祉車両(リフト付きバス他) 49台
・普通車両(ワンボックスカー他) 20台
◆岩手県への支援
・仮設グラウンドへの照明設備設置の支援
・三陸の浜に、番屋を!漁業復活の支援
・ボランティアの拠点に対する支援
・JPF(ジャパンプラットフォーム)を通じての支援
◆宮城県への支援
・障害者の地域活動を支援する施設にパワーカッターやミシン等の作業機材等を贈呈
・仮設住宅住民の心のケアに調理器具やパソコン等を贈呈
・児童障害者通所施設に遊具類や専門書の支援
・JPF(ジャパンプラットフォーム)を通じての支援
◆福島県への支援(ホールボディカウンタ車の贈呈)
ホールボディカウンタ本体(人体の内部被ばく測定器)の購入
※ホールボディカウンタ車の車体は本年度募金額を充当
◆被災地環境保護支援
・重機が入れない岩手、根浜海岸で人手による瓦礫撤去
・仮設住宅には花のプランターを贈呈
◆障害者情報保障支援
・宮城、白石図書館など震災により蔵書が落下、破損等の被害を受けた図書館への支援

24時間テレビ