8月15日からの大雨は、兵庫県を中心として大きな被害をもたらしました。特に丹波市では、浸水被害だけではなく、土砂崩れや崩土・落石、土砂流出による被害が甚大で、国道175号線の橋も落橋するという被害も発生しました。

兵庫県では災害対策本部を設置し、丹波市に災害救助法が適用。自衛隊の派遣要請も行い、消防防災航空隊なども出動しました。また18日からは災害ボランティアの派遣を受け入れていました。
公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会は、国内災害援助活動の一環として、災害義援金500万円を兵庫県に贈呈しました。

9月26日、読売テレビ24時間テレビチャリティー実行委員会の藤門浩之副委員長から、 井戸 敏三 兵庫県知事へ、500万円の目録が手渡されました。そして、井戸 敏三知事より感謝状が贈られました。
 
▲兵庫県・井戸知事へ目録を渡す藤門副委員長 ▲兵庫県・井戸知事より感謝状が贈られました

24時間テレビ