びわ湖プロジェクト2017〜6月24日 実施〜

「びわ湖プロジェクト」について

滋賀県では、毎年7月1日を「びわ湖の日」と定め、この日を中心として2週間にわたり「びわ湖を美しくする運動」という大規模な清掃活動を展開してきました。読売テレビでは、2006年より24時間テレビの環境保護活動支援「びわ湖プロジェクト」を通じて、びわ湖清掃活動に協力しています。
また、今年は並行して、ナガエツルノゲイトウの駆除と、ニゴロブナの放流を行いました。
詳細は下記をご覧ください。

ナガエツルノゲイトウ等、外来水生植物について

ニゴロブナについて
実施日時 2017年6月24日(土) 10:00〜11:30(開会式 9:30〜9:50)
開会式会場 滋賀県立大学 交流センター前
清掃場所 彦根市内の琵琶湖湖岸
(石寺湖岸 三津屋湖岸 八坂湖岸 八坂北湖岸 大藪湖岸 松原湖岸)
 
 
▲ボランティア受付:ビブスや軍手等の
備品を受け取ります
▲晴天の中、開会式から沢山の方に
お集まりいただきました
▲今年も地元のゆるキャラたちが
応援に駆け付けてくれました
▲各清掃場所まで
バスで移動します
▲ビバッチェくんが
お見送りに来てくれました
▲砂浜いっぱいに広がって
手分けしてごみを拾っていきます
▲特定外来生物である
ナガエツルノゲイトウを駆除しています
▲清掃活動後、
ニゴロブナの稚魚を放流しました
 

   今年で11回目となる「びわ湖プロジェクト2017」は、昨年は雨天中止となったため、2年ぶりに、1,600名の参加により開催されました。
1時間ほどの清掃活動により、約2.4tものゴミを回収することができました。
ナガエツルノゲイトウの駆除は、滋賀県立大学の学生も参加して行いました。
清掃活動後のニゴロブナ放流にも、たくさんの方にご参加いただきました。
当日は晴天に恵まれ、暑さによる熱中症の発生なども心配しましたが、怪我、体調不良になられた方は一人もおられませんでした。

ご参加いただいたボランティアの方からは、
●滋賀県を象徴する綺麗な湖なので、周辺も綺麗にする必要があると思う。
●お世話になっている琵琶湖を綺麗にしたいと思って参加した。大変だけど、綺麗になって気持ちいい。
●自分の住んでいる所のために何かできたらいいなと思って参加した。思ったよりごみが多かった。

などの声をたくさんいただきました。ご協力ありがとうございました。

参加者

ボランティア・市職員含め、1,600名

回収したごみの量
● 可 燃 ご み 2,240s
● 不 燃 ご み  140s
● 粗 大 ご み   60s  ※タイヤ7本、漁業用ブイ6個等

合計 2,440s
 

過去の活動記録

2011年度
(24時間テレビ34)
 2012年度
(24時間テレビ35)
 2013年度
(24時間テレビ36)
 2014年度
(24時間テレビ37)
2015年度
(24時間テレビ38)
 

24時間テレビ